2021年5月16日 (日曜日)

飯守さん傘寿記念コンサート/ニーベルングの指環ハイライト

857fc3d1ae4c4b56b2707018b2ea34ec

R.ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指環」ハイライト(演奏会形式/字幕付)
序夜『ラインの黄金』より
―序奏~第1場「ヴァイア!ヴァーガ!…」~アルベリヒの黄金強奪 (ラインの乙女たち、アルベリヒ)
―第4場 神々のヴァルハラへの入城 (管弦楽)
第1日『ワルキューレ』より
―第3幕 第1場 ワルキューレの騎行(管弦楽)
―第3幕 第3場 ヴォータンの別れと魔の炎の音楽
 「さらば、勇敢ですばらしい娘よ!」(ヴォータン)
第2日『ジークフリート』より
―第1幕 第3場 ジークフリートの鍛冶の歌
 「ホーホー!ホーハイ!鎚よ、丈夫な剣を鍛えろ!…」(ジークフリート、ミーメ)
―第2幕 第2場 森のささやき(管弦楽)
―第3幕 第2場 「上の方を見るがよい!… 」(さすらい人、ジークフリート)
―第3幕 第3場 「太陽に祝福を!光に祝福を!…」(ブリュンヒルデ、ジークフリート)
第3日『神々の黄昏』より
―序幕より 夜明けとジークフリートのラインの旅(管弦楽)
―第2幕 第3場「ホイホー!…」
    ~第4場「幸いなるかな、ギービヒ家の御曹司!」(ハーゲン、男声合唱)
―第2幕 第5場「ここに潜んでいるのはどんな魔物の企みか?…」(ブリュンヒルデ、ハーゲン、グンター)
―第3幕 第2場「それから小鳥は何と?…」~ジークフリートの死と葬送(ジークフリート、ハーゲン、グンター、男声合唱)
―第3幕 第3場 ブリュンヒルデの自己犠牲「太い薪を積み上げよ…」(ブリュンヒルデ、ハーゲン)

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ワーグナー特別演奏会合唱団(合唱指揮:藤丸崇浩)
指揮:飯守 泰次郎(桂冠名誉指揮者)

ブリュンヒルデ:ダニエラ・ケーラー 
ジークフリート:シュテファン・グールド
アルべリヒ、ヴォータン、グンター:トマス・コニエチュニー
ハーゲン:妻屋秀和
ミーメ:高橋 淳
ヴォークリンデ:増田 のり子
ヴェルグンデ:金子 美香
フロースヒルデ:中島 郁子
名誉監督:カタリーナ・ワーグナー(バイロイト祝祭劇場総監督・演出家)

コロナ禍緊急事態宣言のため開催が危ぶまれていたが、関係者の皆様の努力のお蔭で見聞きすることができた(ありがとうございます)。都民なので色々としんどい思いをしていたが、東京都民で良かった、地方に住んでいたら鑑賞を諦めていたと思う。聴いていて色々な思いがよぎったけれど、今これを鑑賞している自分を羨ましく思うという謎の感情。演奏会終わったあと、友人に「もうなんか、明日死んでもいいかもって思うくらい良かった(死なんけど)。」ってLINEした。

「完売御礼」との表示だが、もちろん会場は満員ではない。このご時世なので50%くらいで売り切れにしたみたい。だもんで「きっと隣の席は空いているんだろうな」と思ってたら私の列はびっちり。隣の片方はちょっとふくよかな方で肩がしょっちゅう当たるし、反対側はずっとうとうとと舟漕いでいてそれも気になるし(舟漕いでた方は「かみたそ」の前に帰られたので助かったが)。

先日観た新国立「ワルキューレ」がオケ縮小版ってやつだったので(とは言え全然オケは見えない席だったんだけど)、舞台に上がったフルオーケストラは壮観で、それだけでも涙が出そうだった。ホルン何人いるんだい・・・。もうすべてが本気でねえ・・・コロナなんて何だよ!どこも縮小しないよ!っていう飯守さんの意気込みが感じられる。

飯守さんを見たのは2019年の新響との「トリスタン」以来だったんだけど、ご病気されたせいなのか若干足元が不安な感じがして心配してしまったのだけど、指揮ぶりは相変わらずだったのでほっとした。椅子が用意されてたけどちゃんと立って指揮されてたし。

それから、東京にグールドとコニェチュニーがいて、生の声が聴けるっていうのが信じられない。バイロイトのスタメンの歌手が、このコロナ禍で生で聴けるなんて、ああ、あたし本当に生きてるの?って思った。

今回、外人勢は3人いらっしゃって(残念ながらペーゼンドルファーは来日不可能になったので妻屋さんが代役を務めた)、グールドとコニュチュニーはそりゃー何回も見聞きしているのできっとよかろうとは思ってたんだけど、肝心のブリュンヒルデを歌うケーラーって歌手が知らなくて、どんなかなあって思ったんだけど、この人すっごい発見だった。

見た目まだ若い人のようだったけど、やや細めの声ながらよく通り、(私のいる)3階席まで普通に聴こえた。声が高くなる程美しくなる。ブリュンヒルデなんて音楽史上最も難しい役だと思うんだけど、ブリュンヒルデの(ジークフリートに起こされた時の)戸惑い、裏切られた時の怒り、そして最後にこの長い楽劇を〆る長丁場を見事に演じ歌い切った。今にバイロイトのスタメンになる人なんだろうな。カタリナが送り込んだのかな。

ポーランドの星コニェチュニーも大活躍でアルベリヒとヴォータン(さすらい人)とグンターを演じ分けた。最初のアルベリヒの時に演技とかめっちゃしながらの熱演で、本当に歌うの嬉しいんだなって思った。声質からいうとアルベリヒが一番合っているなって思う・・・っていうかアルベリヒでしょこの声は。いやもう何歌ってもこの声量は何。3階席でも普通に聴こえるの凄い。

新国立での飯守さんリングでローゲとジークムントとジークフリートを歌ったグールドは、相変わらずでっかいなあ、スーツなんか普通の4倍くらい布がいりそう、とか思いつつ聴いてたんだけど(なんじゃそりゃ)、本当に・・・シャーガーさんと並んで貴重なヘルデンテノールだよなあ。普通に金床カンカン叩いて歌ってたけど。ミーメの高橋淳さんとの掛け合いも最高。ってか高橋さんはミーメにしか見えないんだが。

話は前後するけど、3人のラインの乙女の日本人の方々も安定感ハンパなし。二期会での「ワルキューレ」のジークリンデ以来、飯守さんは事あるごとに増田のり子さんを起用されているようだし、バイロイト経験者の金子さんはもちろんだし、こないだのびわ湖でワルトラウテを歌われてた中島さんの深い声も最高だし。いやほんと穴がない。

しかしまあ。リングのハイライトで、これだけ濃ゆいものが今まであっただろうか。リングの中の数々の名場面の中で、演奏がハードな部分を抜き出した感。だからオケにとっても演奏がすっごいハードだと思う。最初から最後まで気を抜かずに同じテンションで演奏し続けられるのは本当に凄い。オケの本気を見た。

ギービヒ家のまんねんの人たちの男声合唱も、謎の「ワーグナー特別演奏会合唱団」という団体だったんだけど、きっと実力のある合唱団から集められたに違いない、素晴らしい歌唱だった。マスクして歌ってたけど。びわ湖でもハーゲン歌われてた妻屋さんもさすがの歌唱。

どの曲も最初から最後までとんでもないテンションで演奏&歌唱されたが、最後の「ブリュンヒルデの自己犠牲」のあと、カーテンコールのあとに舞台上全員で「ハッピーバースデー」を演奏。こんな豪華な(バイロイト歌手含む)ハピバは初めて聴いたし、たぶん死ぬまでこれ以上はないな。そのあとも拍手は鳴りやまず。14時から始まり、18時半過ぎに終わったコンサートだが、そのあとも19時くらいまで拍手してた。もうね、オケも合唱団も退出して、コントラバスのあとかたづけしててもまだ、観客の3分の1くらい残って拍手してた。

まったくまとまらない感想ですいませんが、本当に凄かった。ぎりぎりに券取れて良かった。飯守さんお誕生日おめでとうございます(←今頃)。いつまでも長生きして、日本のワグネリアンを楽しませて下さいね。

------

D482d63d871b4ff48fc41cfdd0bc7f72

お昼に上野公園で頂いた「やわらかひれかつサンド」。万世のカツサンドが上野駅で見当たらなかったからしかたなく買ったんだけど、分厚くてやわらかくて美味しかったなあ。また食べたい。からしが別添えなのもグー。

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日曜日)

新国立劇場「ワルキューレ」(2021)

84040c8c71834b8d86b705c5a39bff90

楽劇「ニーベルングの指環」第1日
『ワルキューレ』/リヒャルト・ワーグナー(アッバス版)
全3幕〈ドイツ語上演/日本語及び英語字幕付〉
(3月20日 オペラパレス)

ジークムント(第1幕)村上敏明
ジークムント(第2幕)秋谷直之
フンディング:長谷川顯
ヴォータン:ミヒャエル・クプファー=ラデツキー
ジークリンデ:小林厚子
ブリュンヒルデ:池田香織
フリッカ:藤村実穂子
ゲルヒルデ:佐藤路子
オルトリンデ:増田のり子
ヴァルトラウテ:増田弥生
シュヴェルトライテ:中島郁子
ヘルムヴィーゲ:平井香織
ジークルーネ:小泉詠子
グリムゲルデ:金子美香
ロスヴァイセ:田村由貴絵

大野和士指揮/東京交響楽団
ゲッツ・フリードリッヒ演出

大野指揮の最終日に行ってきた。全体の最終日は城谷正博さんという人(ワーグナーのスペシャリストらしく、この日もプロンプターをされていた)で、大野さんを別に選んだわけではない。そもそも飯守さんが振るはずだったので券を取り、そのあと新国立のサイトを見て、指揮者変更を知った次第。

あー だって、休日の行ける日がこの日で、S席が一個しか残ってなかったんだもん。しょうがないよねえ。だもんで、たまたま誰かキャンセルしたと思しき1階席のまあまあ良席をゲット。

ところで(話はそれるので、いらん人は飛ばして)。

いつもTwitterで鑑賞の前でも後でも感想を検索するけれど、「ワルキューレ」とだけ入れても(今回とくに)なかなか該当の感想にたどり着かず。まあいつもの・・・アニメかマンガかゲームの関係でしょ、って思ったけど、今回は「何がこんなにワルキューレ?」と疑問に思いチェック。何でも、「終末のワルキューレ」というマンガがアニメ化されるってのと、アニメ「マクロスΔ(デルタ)」に登場する少女戦士のグループ「ワルキューレ」がオンラインライブのようなことをやってたらしい。

「終末のワルキューレ」はマンガの第1巻だけ読んだ(無料だったので)。ざっくりとした筋書は、「世界のかみさま」が大集合して人類の終末を決めるが、そこへ元神様で今は人間の(マンガでは半神半人のようだが)ブリュンヒルデが登場し、「一番強い神様と一番強い人類を何人か選んで、戦わせればよくね?」的な意見を述べ、順々に戦わせるっていうバトル漫画だな、たぶん。ヴォータン(オーディン)も出てくる。

「マクロスΔ」はアニメの第1回と第2回だけ見た。西暦2067年、人類が奇病に侵され、それを救うために作られた戦術音楽ユニット「ワルキューレ」の活躍の話。「ワルキューレ」に憧れて入団する少女はりんご農園?の娘でフレイアって名前で(フライアのこと?)、何か特別な力を発するときに「ルン」と言われるものが頭から出てくるので(ルーンのこと?)、「リング」関係がよくわかってるとなるほどなって思う。製作者はワグネリアン?

ルンがピカッと光ったら」は名曲。これはワルキューレの声優さんたちが歌っている。

---


さて新国立のワルキューレだが。

ご存知の通り、指揮者がかわり、コロナ禍のためにほとんどの外国人歌手が来日不可能。日本ではよくワーグナーを歌う東京二期会の歌手の方々はびわ湖「ローエングリン」に出稼ぎに行ってたせいか、なんと普段はワーグナー歌わん藤原歌劇団からジークムント&ジークリンデをキャスティング。

ブリュンヒルデは先日二期会「タンホイザー」でヴェーヌスを歌った池田さん、フンディングがヘルマン歌ってた長谷川さん、ヴォータンは関西でたまたまワーグナー・コンサートに出演してたクプファー=ラディツキーさんを引き留めキャスティング。予定通りなのはフリッカの藤村さんとワルキューレの皆さん・・・かな。

しかも。ぎりぎりまでジークムント役は決まらず。「このぶんだと公演まで発表なくて、舞台に出てきて『おお、この歌手だったのか!』ってゲリラ発表だったら面白いかも」って思ったけど、1~2週間前くらいにやっと発表。1幕と2幕は別の歌手が歌うと。

ご覧になった方々のTwitterの感想を見てて、「第1幕を歌った村上さんがかなり不調で、第2幕の秋谷さんに交代すると突然良くなる」みたいな印象だったけど、(かばうわけではないけど)そもそも村上さんは「ボエーム」のロドルフォを歌うようなリリックテノールである。秋谷さんよりもきめ細かやかな表現では優れていたと思うし、個人的には好きな声なのでスタミナ切れが残念だけどそんなに不調でもなかったと思う。

秋谷さんのスタミナと村上さんの表現力を足して2で割ったらちょうどいいんじゃないかな(←無理)。

それとあと、イレギュラーなのはオケで、普段ワーグナー上演ではぎゅうぎゅうトレイン状態のオケピット人数を減らすために、小劇場・中劇場用に作られた「アッバス版」を使用。金管・木管楽器はいろんなパートを吹いたりするからかなり大変そう。(子供のころ読んだマーラーの伝記で、マーラーが駆け出しの頃地方の小劇場の指揮者で、それこそ人手不足で歌手も楽員もいろいろなパートを掛け持ちしてたみたいなことが書いてあったんで、それを思い出した)

残念ながら1階席のためオケピットは全く見えなかったが、耳で聞いてもやっぱり弦は薄い印象。ただ、それがいい事もあって、日本人はやっぱり声量が足りない人が多いので、縮小編成のせいでオケにかき消されることがあまりなかったこと、あと(個人の印象だが)普段はあまり目立たない木管楽器がよく聴こえて、とくにオーボエのソロが素晴らしくてブリュンヒルデが切々と歌うところなどすごくよかった。

まあ、そんなこんなで色々とアクシデントが多い公演であった。第1幕は日本人しか出てこないせいか何故か「ワーグナーというよりはNHKの朝の連続テレビ小説みたいだ。ジークムントはテルヲ?」と思った。

第2幕から突然「ああ、私は新国立劇場にワーグナーを観に来ているのね」という実感が湧く。ヴォータン役のクプファー=ラデツキーさんは新国立の「フィデリオ」の時のドン・ピツァロで見ていたのだが、その時はどうもあんまりよい印象ではなかったようで(自分の感想を見ると)、どうかなって思ったけど、素晴らしかった。自分の今まで観てきたヴォータンの中で最も泣き虫だった。

ブリュンヒルデの池田さんは。日本人キャストの中でもかなり小柄な方なのに、声のパワーは相変わらず。びわ湖「神々の黄昏」では(まあ、ブルーレイですけどね)ワーグナーオペラでは珍しい「恋する女」を巧みに演じられていたけれど、「ワルキューレ」ではジークフリートに出会う前の「まだ色恋も知らん乙女」で「強いいくさ乙女」というよりはあくまでヴォータンの娘であるちっちゃな可愛いブリュンヒルデを歌い、演じられた。

第2ヒロインであるジークリンデの小林さんは、もちろん初めて聴いたのだけど、初役とは思えない堂々たる声でとても感動した。今回のカヴァーであるオルトリンデで出演されてた増田のり子さんを思い出した。前に二期会で歌われた彼女のジークリンデもよかったなあ。

(小林さんは5月に上演予定の新国立劇場「ドン・カルロ」でエリザベッタを代役で歌われるそうです。ついでにエボリ公女を藤村さんとか・・・ないか。)

藤村さんはいつもの・・・いつもの通り。ドイツ人みたいな歌いぶり。押しが強い。気品たっぷりなのに怖い。藤村さんの出演部分だけバイロイト。前の新国のフリッカはツィトコーワたんだったので全然違うキャラクター。

二期会での「ワルキューレ」でもフンディング歌った長谷川さん。流石の貫禄。演出のせいか怖い。悪い顔選手権に出そう。普段はいい人そうなのに。

さて、ご存知の通り昨日の上演中にかなり大きな地震が東北地方に発生。オペラパレスちほーも結構ゆらゆら揺れた。ちょうど激しいワルキューレの騎行の時だったので、ディズニーのアトラクションみたいに感じが出てて良かった(←そんな物騒な)。我々観客はちょっと「地震?地震?」ときょろきょろしたりしてたけど、なんも気にせず上演は続けられた。(その昔バイロイトの「神々の黄昏」上演中に丁度いいタイミングで雷が鳴ったってのがあってだな・・・)

第3幕最後の最後、ややオケは音量はいつもよりは弱かったものの、やっぱりヴォータンとブリュンヒルデの別れのシーンは本当に素晴らしく(ブリュンヒルデよりヴォータンが泣いてるのは新しい)、わたし的にはマスク着用での鼻水だらだらは本当に辛くて・・・。私の周りの観客のみなさん、鼻すすってうるさくてすいませんでした。まあ、周りも結構泣いてたけど。

カーテンコールは何度も続き、スタンディングオベーション。池田さんちょこまかして可愛いなあ。こんな急場を凌いだ大野さんの指揮も素晴らしかった(小編成を補うティンパニードカドカがちょっと気になったけどしょうがないかな)。残り一回の城谷さんもどんなかな。聴いてみたかったなあ。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日曜日)

二期会/ワーグナー「タンホイザー」(千秋楽)

Fe4d62ab2dda479e82dceaa123bf3bc0

ワーグナー:歌劇「タンホイザー」(パリ版準拠・一部ドレスデン版にて上演)
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
合唱:二期会合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団

原演出:キース・ウォーナー
演出補:ドロテア・キルシュバウム
装置:ボリス・クドルチカ
衣裳:カスパー・グラーナー
照明:ジョン・ビショップ
映像:ミコワイ・モレンダ
合唱指揮:三澤洋史
演出助手:島田彌六
舞台監督:幸泉浩司
公演監督:佐々木典子

ヘルマン:長谷川 顯
タンホイザー:芹澤佳通
ヴォルフラム:清水勇磨
ヴァルター:高野二郎
ビーテロルフ:近藤 圭
ハインリヒ:高柳 圭
ラインマル:金子慧一
エリーザベト:竹多倫子
ヴェーヌス:池田香織
牧童:牧野元美
4人の小姓:横森由衣、金治久美子、実川裕紀、長田惟子
(2月21日 東京文化会館大ホール)

千秋楽にやっと参戦。コロナ禍で最初の予定の指揮者のアクセル・コーバーが来日できなかったので、ちょうど読響のコンサートのために滞在中のヴァイグレが代役を買って出て下さった。コーバーはバイロイトでも振ってる指揮者だけど、正直あんまり知らなかった(ウィーン国立歌劇場のネット配信でリングを聴いた程度)んで、あたし的にはどっちでもよかった。

ヴァイグレのワーグナーは以前、春祭でのマイスタージンガーで聴いたけれど、やけにあっさりした指揮だったので「この人のワーグナーとは相性悪いかも」って思ってた。(音楽監督やってるフランクフルトのリングのDVDは良かったけど)

しかし。

ふたを開けてみると、Twitterでは大評判。そもそも読響はワーグナーに定評があったから、よい演奏になることは想像がついたけれど、とんでもない大名演・・・みたいな感想で溢れてた。なので、かなり期待してた。

演出は、キース・ウォーナー。あの「トーキョー・リング」の演出家だが、あのようなキッチュで面白い演出ではない。以前、コヴェントガーデンのウォーナー演出の「ワルキューレ」を映画館で見て、やっぱり新国のとは全然違ったので「あの新国のやつは特別だったのかな」って思った。

ただ、舞台美術は違ってもその演出家にはいつも共通した何かがあるような・・・気がするんだよね。ウォーナーは何故か・・・いつもハシゴがあるイメージ。(「トーキョー・リング」の「神々の黄昏」の最初のノルンの場面とか、コヴェントガーデンの「ワルキューレ」にもあった)

今回も絶対ハシゴあるよ!って思ったけど、アレ、舞台中央にある籠みたいなやつ、最後にタンホイザーが昇って行ったからやっぱりハシゴだよね、って誰も共感しなそうだけど自分で納得してた。

で、今回の舞台美術の特徴は、名画みたいなのが何回か出てくるってことかな。舞台の後方に「額縁」的なものがあって、幕開けに「ボッティチェルリかなんかの絵画かな?」って思ってたのが実はヴェーヌスベルクのダンサーが静止してて、音楽とともに踊りだすんだよね。あれはすげーかっこいいなって思った。

あと、タンホイザーが人間界に帰ってきて、領主ヘルマンとかが登場するシーンは、レンブラントの「夜警」の絵を思い出す感じだったし、第3幕の最後にヴェーヌスがはだかのダンサーたちと登場する場面は、ワグネリアンで有名な画家ジャン・デルヴィルの絵画(たくさんの裸の肉体が踊ったりからまったりしてるやつ)ちょっと思わせたな。

B01c9cd9a6ae47bb89ee1d045720c1ff

まあ、演出はよくわからないところも若干あったけど(あの男の子は結局何?とか)、全体的に美しくてとても良かった。ダンサーとか合唱団が椅子を舞台上で運んだりなかなか大変そうだなと思った。

歌手は。ダブルキャストだもんでもう一つのほうの歌手の出来栄えは知らんのだけど。今日出演の歌手の皆さんは平均すればかなり良かったと思った。まあ、池田香織さんを目当てに券取ったものの、大沼さんのヴォルフラムも捨てがたく「どうしようかな~」とは思ったものの、私が観た組のヴォルフラムの清水さんも美声でとてもよかった。っていうか全然初めて聴く歌手さんだけど、知れて良かった。

あと、エリザベート役の竹多さんも初めて聴く歌手だったけど、美声だし声量があってすごくよかった。第3幕のエリザベートとヴォルフラムのシーンはとても切ないものなのだけど、二人とも美声で素敵なアリアを聴かせてくれて、ホロリときた。いいなあって思った。そして俺たちのカオリンは言うまでもなく素晴らしい。いつも素晴らしい。何を歌っても素晴らしい。

ところで、私自身はあんまり「タンホイザー」てオペラはワーグナーの中ではあんまり好きじゃなくて、今回観たのはたったの4回目なんだけど、オケと指揮と合唱が素晴らしすぎて、急に遠い昔に観た初めての「タンホイザー」を思い出した。シノーポリのバイロイト音楽祭の引越し公演のね。シェリル・スチューダーの名唱とか、男声合唱団の身振りとか、第2幕の突然遠くから聞こえる合唱とかが急に私の脳裏に蘇った。そして見事にピッチの揃った二期会の合唱団は、あのノルベルト・バラッチュ指揮の祝祭合唱団を思い出した。そのくらい、凄かった。さすがバイロイトで研鑽を積んだ三澤さんのご指導だけある。

しかし、一番凄かったのは言うまでもなくヴァイグレ指揮の読響。流石に常任指揮者だけあって、ヴァイグレがちょっと振って、ちょっと表情を付けるだけで、読響の「こんなですか?」みたいな感じで凄い表現豊かな音楽が繰り広げられる(今回は指揮者とオケが比較的よく見える席だったので良かった)。いやもう見事というしかない。正直ちょっといつも退屈だなって(私は)思ってる「ローマ語り」も、金管楽器の表情がすごく豊かで、全然退屈じゃなかった。

上演が終わったとたんにオケの人々が大拍手してて、それは珍しいなって思ったけど、この上演を救ってくれたヴァイグレへの感謝の気持ちもあったと思う。いや、二期会も私たち聴衆もどんなに感謝していることか。しかもこんな高い水準の演奏で。もちろん私もスタンディング・オベーション。

比べるのも申し訳ないけれど、おととし聴いた新国立劇場の「タンホイザー」よりも数段感銘深いものだった。新国は世界レベルの歌手だったにもかかわらず、全然今日のほうが演奏は素晴らしかったし、感動した。指揮者が違うとこんなに違うのか・・・というか作品に対する向き合い方(もしかして東洋の島国の団体に対する向き合い方かな?)が違ったのかも、と思った。ヴァイグレは日本の団体をリスペクトしてくれているからなのかも。

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土曜日)

シュトゥットガルト歌劇場「神々の黄昏」(ネット視聴)

ワーグナー:「神々の黄昏」

Chor: Ulrich Eistert • Musikalische Leitung: Lothar Zagrosek • Regie: Peter Konwitschny • Bühne und Kostüm: Bert Neumann • Licht: Lothar Baumgarte • Dramaturgie: Werner Hintze, Juliane Votteler

Siegfried: Albert Bonnema • Gunther: Hernan Iturralde • Alberich: Franz-Josef Kapellmann • Hagen: Ruland Bracht • Brünnhilde: Luana DeVol • Gutrune: Eva-Maria Westbroek • Waltraute: Tichina Vaughn • Te three Norns: Janet Collins, Lani Poulson, Sue Tachell • Woglinde: Helga Ros Indridadóttir • Wellgunde: Sahrah Castle • Flossilde: Janet Collins • A Bear: Manuel Garcia
Staatsocherester Stuttgart
Staatsopernchor Stuttgart

シュトゥットガルト歌劇場のカミタソなので、てっきり石野繁生さんがグンターで出るのかと期待していたが出てなかった(がっかり)。でも、ずいぶん昔に「影のない女」の皇后で来日したルアナ・デヴォルがブリュンヒルデ、ウェストブロックのグートルーネということなので全部観ることに。途中洗濯したり料理したりで画面見てないところもあるけど。

このリングの他のはワルキューレしか観てないので「ドイツらしいよくわからん演出」という見識で観てたが、なんか一貫性がないなと思ったらどうも全部ちがう演出家らしい。今回はコンヴィチュニーの息子の演出。観客はこういうのに慣れているようで「ハア?」という感じでもなくブーもなく、拍手喝さいでスタンディングオベーションの客もいた。

そうですか。

最初のほうは「まあこんなもんかな」みたいな感じで見てたが、「いやあ・・・なにこれ」と思うのは最後の最後の自己犠牲で。あの長いアリアの途中で、死んでたはずのジークフリートが「あ、アレ?」ってな感じで起き上がり、指環をブリュンヒルデに渡してすたすたと退場。それからどうするのかな?と思ったら幕が降り、(ドイツ語なのでわからないけど、字面から見てたぶん)字幕でこれから起こることをつらつらと説明してあって、曲が終わるまで幕はあがることはなく。その間観客の表情をずっと画面で映していた。

最後のシーンが肝心なのではないのか。これいらないのか。こーゆー「おのおのの解釈に任せる」的なしたり顔の演出がだいっきらいである。ドイツ人ってなんで・・・。

途中途中は面白いところもあったんだけどな。グートルーネとジークフリートがエプロンしてケーキ焼いてたり・・・。

歌手は全体的にはまあまあ。女声はうまい。ルアナ・デヴォルの歌声が懐かしい(うるっ)。ダイナマイト・ボディのウェストブロックも相変わらず美しかった(ちょっとでっかいけど)。ジークフリートは最初のほうは「なんか・・・声が昔ながらのジークフリート・・・かな?」と思ったけど、グンターの家でスーツに着替えさせられてとたんに良くなった。顔はちょっとルネ・コロに似てるなと思った。声は残念ながら全く似てない。

びっくりしたのが(まあ大体びっくりなんだけど)、ヴォーンさんとかいう歌手がワルトラウテやってたんだけど、天井から釣り下がって出てきた。それがまあすっごい太ってた(120キロくらいありそう)んで、あれをささえる綱?針金は相当強いな、と思った。黒人さんらしく深い声でよかった。

退廃シリーズでお馴染みのツァグロゼクはよく盛り上げていたし、いい指揮だった。演出がああ・・・と思わなければ平均的によい上演だったのでは。なお、DVDで発売されてる模様。


----

本当なら、東京オリンピックだったはずなのだが。4連休は東京者らしくほぼ出かけず。友人から飲みの誘いがLINEであったが、こっちから返事を出す前に断ってきた。はあ、まあ・・・この時期に外飲みは危険。マスクせずに人としゃべるなんてできない。

ゴロゴロしているのも何なので、「もうすぐ会社の健康診断だから、ダイエットでもしようかな」と思い「在庫ロス掲示板」で見かけて気になってた「ヘルシーこんにゃくお楽しみセット」を購入。こんにゃくラーメンとかうどんとか、カロリーゼロのフルーツゼリーとかのセットである。しかし、注文してもすぐ届くわけではないので、届くまでの間のぶんをカルディや業務スーパーで買ってきた。実は業スーでもお取り寄せと同じものは売っているのだが(しかも安い)、お取り寄せのと違いあまりバリエーションがないし、何よりコンニャクは大変重いので(たくさん買うと)、やはりお取り寄せが正解。

わりと普通に美味しいのはカルディのこんにゃくそうめん。そうめんとしてではなく、ベトナムのフォーみたいにして食べるのにハマっている。ちゃんと鶏むね肉をお湯でゆでて、すうぷを取ってナンプラーとか入れて、具は干ししいたけともやしとカイワレなど。歯ごたえにこんにゃくっぽさは若干あるものの、おいしい。カロリーはほとんど気にしなくっていい(まあ、にわとりはカロリーちょっとはあるけどな)。最近のこんにゃく麺はほとんどこんにゃく臭くない。

056a721472ac4bc19b33d192fb7c7089

あと、普通の板こんにゃくと黒毛和牛(豊洲市場から取り寄せたシャトーブリアンのオマケでついてたちっさいやつ)2切れを一緒に焼いて、コンニャクに黒毛和牛の味をうつしてこんにゃくステーキにして食べたがなかなか美味しかった。まあこんにゃくだけ焼いて「ビーフステーキですう」と言って食べるのはなかなか難しいもんでな。

いつかこんにゃくパークにも行ってみたい。 


----

手作りマスクを手縫いしている半沢直樹。「ひと針縫ったら、ひと針の半分返す、半返しだ!」


| | コメント (0)

2020年7月12日 (日曜日)

METライヴビューイング/さまよえるオランダ人

C6d550886faf4eeb8623301f28733e94
ワレリー・ゲルギエフ指揮
フランソワ・ジラール演出
出演:エフゲニー・ニキティン、アニヤ・カンペ 、藤村実穂子 、フランツ・ヨーゼフ=ゼーリヒ、セルゲイ・スコロホドフ 、デイヴィッド・ポルティッヨ
メトロポリタン歌劇場
上映時間:2時間28分(休憩なし)
MET上演日:2020年3月10日(当初の3月14日から変更)
言語:ドイツ語

アグリッピーナに続き、鑑賞。どっちかというとアグリッピーナは観る予定なくてオランダ人は当然観る予定ではあった(藤村さん出るから)。ずいぶん公開は伸びていたようだが。

アグリッピーナに行った時は平日だったので観客は10人くらいだったが、昨日は土曜日だったのでまあまあ人は入っていた。小さめのホールで前3列くらい開けてほとんど入ってた感じ。でも、ご存知の通り映画館は千鳥格子状にしか座れないので、そんなに一杯な感じではない。隣に人はいないので、普通に映画を観るよりは快適・・・。と、うまくいけばいいのだがそんなでもなく。

一席開けて隣に座って男性が(たまーにそういう人いる)普通に「生活音がうるさい人」で。「んっ」とか「むむっ」とかたまにでちゃう人いるでしょ、病気とまではいかなくても。恒常的に咳払いする人とか。なんで、若干気になってしまった。ワーグナーじゃなければそんなでもないんだけど。

さて内容。演出はまあ、とにかくよく踊るなという印象。若干長い?あの序曲中も、ゼンタ(の替え玉のダンサー)がイナバウワーばりにのけぞりながら踊っている。アメリカ人はこんな序曲の間でも退屈なんだろうか。あと、女声の合唱の「ぶんぶん回れ糸車」のときも、糸車を回すような振付で踊っている。糸は上からロープがたくさん降りていてそれをもってぐるぐる振り回したりする。ぱっと見芥川の「蜘蛛の糸」みたいな感じか。

だが、まあメトは(ドイツの歌劇場みたいに)へんな演出はないので、安心して観られる。ぜんぜん普通である。演奏もゲルギエフだからすげえなあっていうほどでもなく、普通に良かった。歌手も平均的に良かった。カンペがメト初出演なのはびっくりだが、その昔観たリスベート・バルスレフのだんだん狂気を帯びてくる歌唱・演技がいまだに頭にあるので、ゼンタは意外とおとなしい印象。いつもながらゼンタのお父さんは(「フィデリオ」のマルツェリーネのお父さんとともに)「目的は金かよ!!」と思ってしまうけど、しょうがないのかな。エリックももうちょっとお金もちだったらね。

それにしても、藤村実穂子さんのマリーはもったいない・・・歌うとこ少ない・・・。ドイツやウィーンだったらマリーはないわ。次は「トリスタン」のブランゲーネとか歌って欲しい。「神々の黄昏」のヴァルトラウテもいいな。いやもう、実穂子さんの実演がまた観たいな。

オペラのほんものはいつになったら見られるのかな。こんなふうに映画もいいけれど、やはり思い切り拍手したりブラボーしたりしたいものである。

-----

家に帰って(演目的になんか物足りなさを感じて)、シュトゥットガルト歌劇場の「ワルキューレ」を鑑賞。「ラインの黄金」はなんか駅のトイレ?みたいな噴水みたいなところにたむろしてる娼婦みたいなラインの乙女たちに辟易して結局全部観なかった。「ワルキューレ」もいかにも「ドイツらしい」演出だし、デノケのジークリンデもベーレのブリュンヒルデもいかにもドイツのおばはん的なショートカットの髪型で可愛くもなんともない。映像見なければそんなに気にはならないのかもだが。ひところサヴァリッシュとともによく日本に来てくれてたヤン・ヘンドリック・ロータリングがヴォータンで、なんか懐かしかった。「ヴォータンの別れ」は何故かリモートで行われており抱擁もキスもなく、テレビ画面ごしの別れ。ソーシャルディスタンスか?「神々の黄昏」は石野さんは出演するのかな。

今夜はBSでウィーン国立歌劇場の「影のない女」の放映なので、ちゃんと録画できればいいな。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日曜日)

びわ湖リング Blu-ray到着

A407557907c34ab6979760c4380efd2d

先月予約しておいた「びわ湖リング」が昨日届いた。「不良品があれば7日以内にご連絡を」とのことだったので、到着日に3月7日全曲と8日の半分くらいを見た。不良品ではないことを確認。(石野さんと池田さんが好きなので迷わず両方購入)

考えてみると、日本人の演ずるオペラの映像を買ったのは初めてだ。そもそも発売されたことあるんだろうか。無観客公演をDVD化するという提案(追加ギャラなしで)に反対した出演者は誰もいなかったということらしいが、考えてみると自分の一番いい時期の歌唱と演技を残してくれるなら、それはそれで歌手としては有難いことだと思うんじゃないかな。日本で活躍している歌手ならばなおのこと。石野さんなど海外のオペラハウスの専属ならば、まあ映像化はあるとは思うけど(コロナのお蔭でシュトゥットガルトから配信されてるのを見るし)。新国立劇場や二期会でさえ、映像ソフトは発売されているのを私は見たことないので(一般発売じゃなかったらもしかしてあるのかな?)、こんなにいい機会はないだろう。しかも神々の黄昏で。

届いたブルーレイは流石に映像が美しく、音も生配信とはくらべものにならないくらい良かった。しかしなんだろう、私は「びわ湖リング」の生の舞台を一度も観ないで終わってしまったもので、このカミタソの映像は「ホントにこれ舞台でやってるの?」くらいの恐ろしい違和感。まるで特撮の映画みたいである。ワルトラウテはちゃんと馬に乗って飛んでくるし、ラインの乙女はちゃんと泳いでるし。なんかもう・・・オペラ上演とは異質の、何か違うジャンルの新しいカルチャーみたいな。古いのに新しい。ワーグナーの頭の中にあった映像がここにある。

日本語の対訳がデフォルトで出てくる(英語とか中国語とか選べない)ので、残念ながら英語圏の人は英語の対訳を観ることはできないのだけど、それでも海外の人に広く見せてあげたいな。例えば上野のハルサイの時のリングだってわざわざ中国からいらっしゃった方もいたし。

まだ全部観てはいないのだけど。歌手の印象としては7日はベテランの味(ブリュンヒルデ以外は)、8日は若さあふれる感じ。ブリュンヒルデは(全く私の印象だから異論は認めるけど)ミュターさんはヴァルナイ系、池田さんはリゲンツァ系かな。グンターとハーゲンは圧倒的に石野さんと妻屋さんが素晴らしい(いやこれ世界に誇れる歌唱でしょ)けど、8日組も若々しくてカッコイイです。どっち買うか迷っている方は、どっちを買っても多分後悔はないと思うけど、必ず「両方買えばよかったかな・・・」という気持ちになると思うよ。


あ、選挙は行きましたよ。当たり前じゃないですか。福島県民の血を引く者としては。

5d33ae601de6415e8499a910733d1ca0

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月曜日)

びわ湖ホールプロデュース ワーグナー/神々の黄昏(無料ライブストリーミング配信)3月8日組

Photo_20200308081901
ワーグナー:「神々の黄昏」
ジークフリート:エリン・ケイヴス
ブリュンヒルデ:池田香織
アルベリヒ:大山大輔
グンター:髙田智宏
ハーゲン:斉木健詞
グートルーネ:森谷真理
ワルトラウテ:中島郁子
ヴォークリンデ:砂川涼子
ヴェルグンデ:向野由美子
フロスヒルデ:松浦 麗
第一のノルン:八木寿子
第二のノルン:齊藤純子
第三のノルン:田崎尚美
沼尻竜典指揮
管弦楽:京都市交響楽団
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル
新国立劇場合唱団

無料配信のびわ湖リング、2日目。この日は川崎での東響演奏会のニコ動無料配信もあり、そっちのほうにアクセスが取られてしまうのでは、と思ったがそんなでもなく。アクセスは1日目とあんまり変わらなかった。若干増えたかな。2日合わせて2万3千人以上の人が鑑賞したというのは(細かいことを言えば、全部見てない人もいるわけだから実際はもっと沢山の人が見てたはずである)、何とも凄いことだ。

2日目はジークフリート以外は全部日本人キャスト。まあ、1日目は主役カッポーは外人だし、他のキャストもベテラン揃い、方や2日目は若干若手を集めた感はあるのだが、実力的には互角な感じがした。そして、(日本のオケによるオペラ公演にはありがちだが)最初よりあとの演奏のほうが全然いい。疲れるというより慣れるということの方が大きいのかな。オケに関しては2日目の方が全然良かった。もしかして配信が改善されて音が良くなっていたのかもだけど。

ジークフリートの葬送行進曲からのあの絶唱(オケだけど)は到底忘れられない。実際にナマで聴いたら大変なことになってただろう(配信はモノラルのようであった)。

2日目のMVPは何と言っても池田香織さんのブリュンヒルデだろう。全編引きの画面だったので細かい表情はあまり見えなくて残念だったが、とにかくきめ細やかな演技と歌唱が胸をうつ。第一幕ではロッシーニやヴェルディのオペラのヒロインなごとく恋する女の心を歌っていて「ブリュンヒルデってこんなに可愛かったの」って思った。まあ、ジークフリートに裏切られてからは最高に強いいつものブリュンヒルデになるんだけどね。前日のミュターも素敵なブリュンヒルデだったけど、方向性がまた違ってよかった。ドイツやようろっぱの人も配信見てくれたかなあ。こんなにチャーミングなブリュンヒルデが日本にはいるんだよって伝えたい。彼女のイゾルデもまた素敵なんだけどね。

ジークフリートのエリン・ケイヴスはカンブルランのトリスタンの時に歌ってた人だ。その時は「最後までちゃんと歌ってたな」くらいな印象しかなかったけど、演技も加わって「結構いけるじゃん」な印象。1日目の大ベテランのフランツと比べて聴きおとりするとか思う人もいたかもしれないけれど、わたし的にはあんまりフランツが・・・そもそも好きでないのでケイヴスのほうがなんか若々しくてよかったな。

1日目の妻屋さんが圧倒的なハーゲンを聴かせてくれたけど、2日目の斉木さんのハーゲンはもっとスタイリッシュでせくしいな印象。なんかもうそのままアニメとか出てもいいかなくらい。アップ画面でないので本当はよくわかんなかったけど。

グートルーネの森谷さんは前日の安藤さんと比べてすっごい強くて、ゆるふわお嬢さまタイプの安藤さんと違っててよかった。どっちもお奇麗な方ではあるけれど。なんかそういうのもいいね。どちらも好き。ダブルキャストを両方見れるのって嬉しい。
その他の皆さん(ああ、もうみんな最高!)もみんな素敵で、ワルトラウテの中島さんもよかったし、ラインの娘たちもみんな可愛くて・・・砂川さんがもう最高に可愛い!!あんまりよく見えなかったけど声でわかった。

・・・という風に最高に素晴らしかった訳でしたが、なんか申し訳ないのでほんのちょっとだけ「びわ湖ホール舞台芸術基金」に寄付させて頂きました(オケでもオペラ団体でも寄付とかしたの初めてかも)。この配信をご覧になったよいこのおともだちの皆さんもできる範囲で寄付しましょう。こんな凄いものタダで観させて頂くの申し訳ないです。クレジットで3000円から可能です。

-----

「神々の黄昏」を視聴中にTwitterを眺めていたら、このblog(神々の黄昏の解説)をご紹介いただいた呟きを2件ほど見つけたので、なんか嬉しかった。Twitterやってないのでお礼に伺うことはできないけど、この場を借りてどうもありがとうね。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日曜日)

びわ湖ホールプロデュース ワーグナー/神々の黄昏(無料ライブストリーミング配信)3月7日組

Photo_20200308081901
ワーグナー:「神々の黄昏」
ジークフリート クリスティアン・フランツ
ブリュンヒルデ ステファニー・ミュター
アルベリヒ 志村文彦
グンター 石野繁生
ハーゲン 妻屋秀和
グートルーネ 安藤赴美子
ワルトラウテ 谷口睦美
ヴォークリンデ 吉川日奈子
ヴェルグンデ 杉山由紀
フロスヒルデ 小林紗季子
第一のノルン 竹本節子
第二のノルン 金子美香
第三のノルン 髙橋絵里
沼尻竜典指揮
管弦楽:京都市交響楽団
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル
新国立劇場合唱団

諸般の事情により、日本のオペラ公演ではおそらく初めてのYouTubeでのライブ配信を鑑賞。私は過去3作はびわ湖行ってないので(東京には東京のリングがあってのう)、神々の黄昏で全く初見である。今回券を取ろうと思ってたがいつのまにか発売日が過ぎていて「あちゃー」と思ってたので、関係者や券が取れて楽しみにされていた方々には申し訳ないが、観られてとても嬉しかった。

しかし、お金の面はどうなんだろう。震災時の東京フィル「グレの歌」の時も中止にはなったが、何年後かに奇跡的に(ほぼキャストは変えずに)再演を行った。しかし、今回はオペラだし、独唱者も圧倒的に多い。外国人枠もあるからこの形での再演はもう無理なのではないか。どうも全席売り切れても公演は赤字だそうだから、払い戻しを行えば赤字はもっと増えるんだろうな・・・とか心配してしまう。

心配はさておき。前もってニュースになったこと(製作費1億何千万円のオペラがYouTubeで無料配信!)や、それがTwitterで拡散されたことで、なんと視聴者数が平均1万1千人。最初は8千人くらいだったが、1幕の終わるころには1万人を超えており、3幕の最後の方では1万1千9百人くらいになってた。わたしはせいぜい3千人かそんなもんだと思ってたので、本当にびっくり。

こんなに(ヒマな)ワグネリアンて日本にいるの?とか思ったが、Twitterでの実況を眺めながら観てたら、どうも「生まれて初めてオペラ見る」みたいな人が相当多かったみたいで。解説もなく日本語字幕もないのにどうして?大丈夫?わかるの?とか思ったんだけど、皆様の意見によると「全然わかんないけど舞台美術が奇麗だから」とか「言葉わかんないけど声が素晴らしい」とか「ワーグナーの音楽がかっこいい」とかで観てらしたようだ。

また、Twitter実況での「ワーグナーガチ勢」の解説がまるで歌舞伎におけるイヤホンガイドのごとくわかりやすく、鑑賞を楽しくしていたのだと思う。私も家で缶チューハイを飲みながら、じゃがりこを食べながら携帯で実況を見ていた。本当に楽しかった。

あと、私の若干の想像なのだがもしかしてゲームヲタの方々が何割かご覧になってたのでは?と思う。そもそもリングはRPGのような内容だし、全編引きの画面が遠目に見てゲーム画面のようだし。それにどうも「Fate/Grand Order」なるRPGの中に「ゲッテルデメルング」という項があるそうで。ブリュンヒルデもジークフリートも出てくるようだ。それを呟くTwitterも見受けられたのでもしかしてその影響もあるのかなと。

何にしろ一万人以上の人がこのご時世なのにワーグナーの(最長に近い)オペラを家で鑑賞しているのがなんか不思議で面白くて最高だった。逐一「ああ!それ飲んじゃだめ!」とか「ああ、飲んじゃった・・・(悲劇の始まり)」とか「ジークフリートうしろ!!」とか実況で流れてきて面白かった。

演奏は、テンポも何ももうオーソドックスそのもの。京都のオケも素晴らしい(2日続けてなんて、連日フルマラソンかよ)。独唱者では「ほとんど主役」と思われるハーゲン役の妻屋さんが信じられないくらいかっこよかった。ふにゃふにゃなさけない男のグンター役を(私の推しの)石野さんがF=Dばりの美声で演じた。フランツはさすがのトーキョーリングのジークフリート。実況ではさんざ「バカの子」とか「脳筋」とか言われてたけど。みんなジークフリート大好きだな。

しかしまあ、素晴らしかったのはブリュンヒルデを歌ったミュターという人。全く初めて聴く人(のはず)だが、私の大好きなヴァルナイをほんのちょっと思わせる声で良かった。最後まで驚異のスタミナで歌い切った。実況でも「ブリュンヒルデかわいい」とか大人気だった。

そして一番の見どころは舞台美術。まるで古今東西の西洋絵画を見ているようで本当に美しい。細かいところまでよくできている。何のひねりもないオーソドックスな演出も初心者を受け入れる要因となったのかと。世界中の人に見てもらいたい。せっかくのYouTubeなんだから。

さて、今日も13時から別のキャストで配信。Twitterの実況は #びわ湖リング で。ちなみに私はTwitterやってません。 
https://www.youtube.com/watch?v=yv5tfl7t_nI

私の過去記事での「神々の黄昏」の解説(わりとわかりやすい)

 

| | コメント (2)

2020年2月24日 (月曜日)

ハイティンク インタビューを見て

昨日BSで放送されてた、ハイティンクのインタビュー見ていたら、自分が唯一彼の生演奏を聴いた(私にとって伝説の)ロイヤルアルバートでのリング(ただし「ラインの黄金」は観なかった)について語られており、なんかとても嬉しくて感動してしまった。本当に素晴らしい演奏でした。長い長い指揮生活の中で、あのリングはハイティンクにとってもエポックメイキングな演奏だったのですね。でも、「こんな大きなホールの聴衆に挨拶するなんて無理だ」なんてハイティンクってホントにシャイな人なのね。

80b1b91eb6a7401caeb091372fb70e5b
3905e48829204d83a680d81b7f569c06
A38b15383b554e668a4bc4c1db854321
Bf31e9b334a54b9794fe5e071083c1e8

過去記事:ハイティンク/リングinロンドン「ワルキューレ」

ハイティンク・リングinロンドン「ジークフリート」

ハイティンク・リングinロンドン「神々の黄昏」



| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土曜日)

新国立劇場「タンホイザー」

Tanheuser1ワーグナー:歌劇「タンホイザー」全曲
指揮:アッシャー・フィッシュ
演出:ハンス=ペーター・レーマン
美術・衣裳:オラフ・ツォンベック
照明:立田雄士
振付:メメット・バルカン
領主ヘルマン:妻屋秀和
タンホイザー:トルステン・ケール
ヴォルフラム:ローマン・トレーケル
ヴァルター:鈴木 准
ビーテロルフ:萩原 潤
ハインリヒ:与儀 巧
ラインマル:大塚博章
エリーザベト:リエネ・キンチャ
ヴェーヌス:アレクサンドラ・ペーターザマー
牧童:吉原圭子
合唱:新国立劇場合唱団
バレエ:新国立劇場バレエ団
管弦楽:東京交響楽団

(千秋楽)
.

最終日にやっと行ってきた。実はTwitter等であんまり評判よくないのを見て、奮発してA席買ったのを若干後悔していたが、行ってきてよかった。とても感動した。
.

新国立で「タンホイザー」観るの初めて。タンホイザーはあまり得意でないので人生たったの3回目である。前回は(すっごい前)皇太子さまと雅子様がご覧になった日だった。アレは演出エグかったなあ。今回の公演は皇太子さまは水曜日に行かれたようで、皇太子で最後のオペラにお会いできなくて残念である・・・って別に知り合いではないんだけど。
.

今回の公演で(わたくし的に)特筆すべきだったのは、序曲がパリ版であることである(解説によるとドレスデン版ウイーン版との折衷版ということだが、よくわからん)。子供の時に(お年玉で)初めて買ったワーグナーのレコードが、カラヤン/ベルリン・フィルのワーグナー管弦楽曲集でありまして、それに入ってたタンホイザー序曲がパリ版だった。中間にカスタネットの「カッカラカッカラ」いうのが入ってて、最後には合唱が入るとても素敵な演奏であった。それで育ってきたから演奏会でタンホイザー序曲が演奏されても決してパリ版ではないので、いまいち物足りなく感じていた。
.

今回は新国立バレエ団がおどるヤツで、カスタネットのカッカラッカッカラが聴けて本当によかった。合唱も新国立の合唱団だから美しき事この上なく。バレエもなんか映画の「アバター」を思い出すようなコスチュームだったけど、過剰にエロくなくてよかった。
.

さて(私が勝手に)期待していた指揮者のアッシャー・フィッシュだが。残念ながら今回は日本のワグネリアン達には受け入れられなかったようだ。決して悪い演奏ではなかったが、いかんせん日本の聴衆は前音楽監督の熱い演奏に慣れ過ぎており・・・私もつい先日新響の「トリスタン」を聴いてしまったものだから・・・演目は違うものの、今回はやっぱり少し物足りなく感じた。恐らく「ヨーロッパ旅行に行ってたまたまスケジュールが合ってたまたま見たふだんのタンホイザー」くらいな指揮レベルだったのかなあと。
.

歌手は総じて良かったように思う。タイトルロール(という割には劇中ではタンホイザーとは呼ばれずハインリッヒって一体お前誰なんだ)のケールは、前に観た「死の都」と同じように、最初の方の公演は悲惨ながらも最後は結構調子よくなるという感じであった。新国立でのケールは最終日とるのがコツよん。
.

エロ担当と清純担当のそれぞれの女声歌手さんは、どちらも同じように良かった。どっちが優れているとかそういうのはなく、それぞれ。どちらも役に合った声質かと。
.

男声の主要歌手では、やはり妻屋さんはもっぱら安定の歌唱。というか妻屋さんが調子悪いの見たことない。我々新国立民は普通に色んな(人間役でも巨人役でもマッドドクター役でも)妻屋さんを見聞きしているけど、これって凄いことじゃないの?
.

ヴォルフラムのローマン・トレーケルは普段はスキンヘッドなのに舞台でカツラ被ると途端にカッコイイパターン。「タンホイザー」を観るたびに思う、「エリザベートはどうしてあんなタンホイザーなんか風俗野郎に夢中なの、ヴォルフラムのほうが絶対いい人なのに、バカじゃないの」って思うけど、今日も思った。「夕星の歌」良かった、泣けた。というかそもそも「夕星の歌」はとってもいい曲だ。
.

その他、大変素晴らしかったのは牧童の吉原さん。朝の光に吸い込まれそうな美声で最初からホロリと泣きそうであった。オーボエも(いやこれは奏者が吹いてるんだけど)素晴らしかった。
.

演出は、普通に受け入れられやすい演出で、よかった。帰る道々ワーグナーにあんまり詳しくなさそうなマダムたちも「なんか今まで一番良かった」って話すのを聞いたので、わかりやすかったんだと思う。ただ、ヴェーヌスがいつも乗って出てくる「ヴェーヌスベルク号」が最後にゆっくりと後方に引っ込んでいくところがなんかじわじわ来て笑ってしまった。
.

しかしまあ、一番良かったのは言うまでもなく新国立劇場合唱団の皆様。もう世界に誇れるレベルかと。トンでもなく昔に聴いたバラッチュ率いるバイロイト祝祭合唱団と張れるよきっと。
.

ただ、本日唯一残念だったのが・・・聴衆である我々がいまいち体調がすぐれない人が多かったことで・・・雪が降るような極寒の中やってきて、劇場内は暖房と満席ですっごく暑くて、私は上はブラウス一枚になって観劇してたくらい。いつもよりすごく咳払いが多くて私の前にいたおじさんがブチ切れたりとか、散々な日であった。まあ、体調は急に悪くなったりするし仕方がないんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧