« エリザベス女王の崩御に寄せて | トップページ | ブラームス/ドイツ・レクイエム ヴァイグレ/読響 »

2022年9月18日 (日曜日)

トップガン&トップガンマーヴェリック 連続上映(ネタバレほとんどなし)

3dc33f1968d74a098d1278d4b4695362
Eebc97664b524aeb8ecef020036ee7d8

公開からずいぶん経っているが、最近友人が「大変によかった」と激賞していたのと会社のおにゃのこも見ていて「絶対映画館で観た方がいいですよ」とのことだったので、全く興味なかったけど観に行くことに。

飛行機爆音系なのでどうせなら思いっきり音のいい映画館で、と思って川崎チネチッタのサイトを見てたら、ちょうど新旧トップガンを続けて上映するとのことで(川崎だけじゃないけど)、ちょうどいいからこれに行く事に。関東地方でのトップガンマニアは「チネチッタのライブザウンドで観るのが一番!」的な感じで多く書かれていたので、なおさらいいなって思った。昨日行ってきたのだけど、土曜日でまあまあ混んでいたのであまり人のいない前から6番目にした。人と間隔を空けたいので。

合計4時間を超える鑑賞時間で、17分ほど休み時間があったくらいだが全然退屈しなかった。さすがはハリウッドの王道映画である。1986年の旧トップガンは「オープニングのロゴがやっぱり今より古い感じがするな~」とは思ったけど、リマスター版とのことで画像はなかなか奇麗だった。そしてまだ若いピート役トム・クルーズの肌がつやつやしているのと(シワとかほとんどない)、ヒロイン・チャーリー役のケリー・マクギリスの美しさ、そして同僚パイロットたちの美しい筋肉美をおおいに楽しんだ。どっちかっつーとずんぐりしているトム・クルーズよりも、ライバルであるアイスマン役のヴァル・キルマーのほうがスタイルもよくかっこいいなあと思って見てた。

映画館行く前にYouTubeでの「トップガントリビア」みたいなのを見てから行ったので観ながら「なるほどなあ」とは思った。これから連続上映を見る人はこれを見てから行くといいよ。ベッドシーンは、アメリカでの試写会の時にはなかったんだけど「なんでベッドシーンないの?」って観客から抗議がきたので付け加えられたのだとか。ヒロイン役の人はもう次の映画の撮影に入っていたので、髪の毛がブロンドからブラウンになってたもんで暗い部屋で撮影されてたし、別の追加シーンでは髪の色をごまかすために突然帽子を被ったりしてる。

さて、続編のマーヴェリックだが、(前作観ないで観た人は)「相変わらずトムはかっこいいなあ」とか思った人が大部分だろうが、何しろ36年も経っているので続けて観ると「いやいや、やっぱりずいぶん年は取ったな」とは思う。あいかわらずかっこいいことはかっこいい。渋いセクシーなおっさんになっている。前作同様あいかわらずバイクをぶっとばしているが、画面に映るバイクのおしりの「KAWASAKI」の文字に「わーい、なんか川崎の映画館で観てるから嬉しい」とか思ってしまった(関係ないけど)。あと、前作では出てこなかったPCやiPhoneなど普通に出てきて「文明の発達は凄いな」とか思った。


旧トップガンに出ていたヒロインの女優さんは現在はどうも外見のイメージが変わってしまったらしく(西洋人はしかたないね)、続編はジェニファー・コネリーが新しく相手役で出演。シングルマザーで飲み屋のおかみさんをしているという役。ベッドシーンは(文句の出ないうちに)一応あり。続編は旧トップガンと色々なシーンをリンクさせているので、続けて見ると「ああ、これは旧トップガンでも出てきたあのシーンね」って思い出しながら観れる。飲み屋でさんざんな目に遭わせてしまった人が、翌日教官として配属されて生徒が気まずいとか、ビーチバレーのシーンがビーチラグビー?になってたりとか。もちろんマーヴェリックだけ観ても十分に楽しめるようにできているけど、「あ、元親友の息子さんが・・・(感動)」とか「あのセクシーでかっこよかったアイスマンが。。。(涙)」とか10倍くらい感情移入しちゃうので連続上映おすすめ。

旧トップガンから続投のアイスマン役のヴァル・キルマーが続編でも出演しているけど、この俳優さんは(プライベートで)のどのがんを発症して声を失っていたらしく、演技うまいなと思ってたけど家帰ってWikipedia見てびっくりした。AI技術により会話はできるようになったみたい。

などとまあ・・・色々説明するよりも「テレビじゃなくて映画館で観た方がいい」って思うし、できれば音のいいなるべく大きなスクリーンで追加料金を払ってでもみたほうがいいし、ついでに言うと川崎チネチッタは追加料金なしで低音のがんがん利いたよい音で大きなスクリーンで見られるので、行ける距離に住んでる方はかなりお勧め。3000円で新旧観れますし。なんかもうクライマックスの爆撃シーンはあまりの音の大きさと迫力で(座席が・・・ぶるぶる震えるのよ)口をあけたまま半分固まって見ていた。難しいことは何にも考えずに轟音と迫力の大画面に身をまかせるのがよろし。

|

« エリザベス女王の崩御に寄せて | トップページ | ブラームス/ドイツ・レクイエム ヴァイグレ/読響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリザベス女王の崩御に寄せて | トップページ | ブラームス/ドイツ・レクイエム ヴァイグレ/読響 »