« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月26日 (土曜日)

上野リチ展(三菱一号美術館)

41e2d5ad256741bb9e24860399d16722

木曜日に有給をとって参戦。日曜美術館で開催を知り、東京開催を首を長くして待っていた。平日だったのだが意外と混んでいた(ぎゅうぎゅうというわけではない)。女性率は9割ほど。てか、男性がいると目立つくらいな感じ。

ウィーン好きなので、上野リチの名前は前から知っていた。前は「リッチ先生」と呼ばれていたように記憶。日生劇場のレストランの内装を担当したこと、京都の美大の先生で、トリスのCMのアニメーション作ってた柳原良平さんの先生であったこと、など。

上野リチはウィーンの裕福なユダヤ人の家に生まれた。日本人建築家の上野伊三郎と出会い結婚する。夫と共に日本に渡ったが、思うに時代はナチスが猛威をふるってた頃だと思うんで、たまたま日本人と出会って日本に来たということで(当時の他のユダヤ人よりは)そんなに酷い目には遭わなかったんじゃないかな、と想像。女性ながらデザイナーとしてウィーンでも日本でも(京都や高崎)満州までも大活躍した。

彼女のデザインは女性受けする印象。色もとても可愛く、お花や動物で満載である。当時のウィーンらしさもあり(ウィーンのゼセッションで買った沢山の絵葉書があんな感じ)、日本の美術の影響も受けていることもあってとても親しみやすい。もしも布地が販売されていたなら欲しいな。何か作りたい。でも洋服を作るにはちょっと派手すぎるので、鞄とかがいいかな。

彼女のデザインは動物でも植物でも今にもちょこまかと動き出しそうという印象。京都美大での生徒だった柳原良平さんのトリスのCMのアニメーションがすごく印象が似ている(トリスおじさん)。絵のタッチも細い線と貼り絵っぽいベタ塗りの部分で構成されているところなど、柳原さんは上野先生に多大な影響を受けているんだなあと思う。

想像していた通り、グッズは充実。女の子たち(及び元女の子たち)が大喜びで大量購入していた。私は目当てにしてたがまぐちが売り切れていたので、一筆箋を2つ買っただけで済んだ。それよりも・・・ウィーンに行くと必ず利用するスーパー、ユリアスマインルのコーヒーが売ってたのに狂喜した。インスタントコーヒーがついつい欲しくなって大変迷うところだったが、高かったのでやめた。前日に実はとんでもない買い物をしてしまったので(後述)。

それにしても。全く関係ないけど丸の内で平日に遊ぶと謎の罪悪感に襲われる。ビジネスマンたちの昼休みとかち合ったからだろうか。上野だと全然そんな感じはしないのは、上野が観光地だからかな。そして美味しいものにあたるのは難しい。お昼ご飯を食べようにも美味しいところは高いし、混んでいる。たまたま空いていた蕎麦屋さんに入ったが、丸の内で昼時に空いているということは、どういうことか嫌というほどわかった。目当てにしていた寿司屋さんが閉まっていたということもあったが、とても悲しい思いをした(美味しくなかったというよりは、値段の割に貧相だった。もしロンドンやNYだったら美味しく頂いたかも、くらいな感じ)。上野がいいな、ランチは。

Fd533f0916254d08993b67043dd17604


28ff1dd4fa6b4db5997df3e16d0cc5ab


E5cd3950bc464faeba708a368957df5a

ーーーー

前日、iPadならKindleでちょっと前のレコ芸が読み放題ということを知り、懐かしく見ていた(中学から大人になるまで毎月買ってたんで)が、とある記事が目に入った。ああ、これはヤバイ・・・と思ったが密林なら犬や塔より一万円くらい安かったのでポチってしまった。CD36枚組なんていつ聴くんだい、とは思ったけどまあいいや。一生懸命働いてるし。もうすぐ届くそうだ、と連絡がきて嬉しすぎてよく眠れない。

|

2022年2月10日 (木曜日)

ドキドキワクワクしながらわりと普通に観る男子フィギュアフリー

東京は大雪になる予定だったので、課長以外はうちの課は全員在宅勤務。でも、雪はほんのちょっとしか降らなかった。まあ、予想はついてたけどね。

しかし。うちはただでさえ小さいテレビなのに、「大雪のおそれ」とか「革靴やスニーカーははくな」などとでかい文字の画面を狭める奴が教育テレビのとき以外ずっと出てて大変に迷惑。

1  ルーカス・ブリッチギー(スイス)ラビリンスメドレー
まあ、普通に無難な感じに終わったかなという感じだ。

2
アンドレイ・モザレフ(ROC)コロンブス
なんか静かな曲、最後合唱が入る。頑張ってはいるが二回転んだ。

3 イワン・シュムラトコ(ウクライナ)白い雲
白い雲の衣装。最初からしっかり転んだ。ここらへんまでみんなそうだが、緊張してるのはわかるんだけどちっとも楽しそうでないし見てる人も楽しくないし。(3月27日後述、この当時はウクライナがこんなことになってるなんて全然知らなくてこんなこと書いてごめんなさい。世界選手権頑張ってて素晴らしかったです。)

4 コンスタンチンミルコフ(ベラルーシュ)ア・ジャーニー
なんか静かな曲。髭面の人。なんの模様のシャツなんだろうよくわからない。まあまあうまくいった。

5 マヨロフ(スウェーデン)仮面の男
大して映画は名作でもない気がする(一応見た)がよくフィギュアには使われる曲。点数低い順から滑走するから段々安心して観れるな。とてもうまくいったようでうれしそう。

6 ドノバン・カリーヨ(メキシコ) パーハブス・パーハブス・パーハブス
笑顔の可愛いメキシコ人。若い頃の大沢樹生さんに似てるかも。ちょっと転んだけど笑顔で終わって好感が持てる。

7  ウラジーミル・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)ジョーカーより
ジョーカーとか言ってるけど、私の大好きなチャップリンの「スマイル」じゃねえか。ジョーカー見てないけど出てくるのかな。踊りはうまそう。なかなか魅せる人のようだ。

8 ブレンダン・ケリー(オーストラリア)トゥー・ザ・ラバーズ
髭面の人。なかなかきれいに滑ってる。でもなんだろう、面白くない。

9 デニス・バシリエフス(ラトビア)ロミオとジュリエット
ランビエールと同棲してるらしい人だが(今は知らん)、前に見たときは可愛い少年だったのになんか長髪のポニーテールになってて驚いた。ジェイソン・ブラウンが短髪になっ要な(違うか)。曲はプロコフィエフのアレだ。ちょっと氷川きよしっぽい。

10 コンドラチュク(ROC)ジーザスクライストスーパースター
転んだ。なんか出ずっぱりで疲れてそう。頑張ってはいたが。

11 アダム・シャオ・イム・ファ(フランス)ダフト・ファンク・メドレー
スターウォーズの人だ。ネットではなかなか話題になってたようだが。ちょっと転んだがなかなか良い。人種は何系の人なのだろう。

12 マッテオ・リッツオ(イタリア)トゥーメン・イン・ラブ
激しく転んだ。

13 ダニエル・グラスル(イタリア)インターステラー
普通に4回転バシバシ飛ぶタイプ。結構上位までいったようだ。めっちゃガッツポーズ。

14
金博洋(ボーヤン・ジン)(中国)祈りと踊り
盲腸を薬で散らしてるそうだがそう思ってみると痛々しい。頑張ってえらい。早く手術してやってくれ。曲はギター版ボレロ。

15 ケリン・エイモズ(フランス)アウトロ
髭面の人。転んだ。

16 キーガン・メッシング(カナダ)ローラバイ・フォア・アン・エンジェル
ショートの前日に北京入りしたそう。結構身軽にばしばしジャンプを飛ぶタイプ。

17 羽生結弦(日本)天と地と
クワドアクセルとやらに挑戦。挑んだけど転倒。他のジャンプはもちろん素晴らしい。もうさんざ金メダル取ったのだからオリンピックは挑戦の場で良いような。

18 エフゲニー・セメネンコ(RO C)巨匠とマルガリータ
転んだってミスったってロシアはやっぱり上手い。手足が長い。

19 ジェイソン・ブラウン(アメリカ)シンドラーのリスト
何故こんな暗い曲を。相変わらず美しいスケーティング。わたし的には髪長い方が好きだったなあ。

20 モリス・グビテラシビリ(グルジア)フランク・シナトラ・メドレー
個人的に昔のアメリカン・ポップスが好きなので好きなプログラム。こういう曲の方が滑ってて楽しい。

21 チャジュンファン(韓国)トゥーランドット
今更この曲?とは思いつつ、好きなので嬉しい。あら結構強烈に転んじゃったわ。ネッスンドルマは誰の歌唱だろう。ちゃんと曲の盛り上がる最後の合唱使ってた。とても良かった。

22 宇野昌磨(日本)ボレロ
ちょっと転んだけど後は素晴らしい。ずっと不調だったようだけどちゃんとオリンピックには合わせてくるのはすごい。銅メダルおめでとうございます。

23 鍵山優真(日本)グラディエーター
いやはやわたしからいうと1番良かった。金メダルあげたいわ。お父さんはアルベールビルとリレハンメルに出られてたらしいけど、あんなに一生懸命見てたのにちっとも覚えてなかった。男子フィギュアって昔はほんとに日本人はあんまり出てなかったな。お父さんのオリンピックの時の映像見るとあまりにそっくりで笑う。銀メダルおめでとうございます。

24
ネイサン・チェン(アメリカ)ロケットマン
いや誰も文句は言うまい。金メダルおめでとうございます。



70d0b7689299400096710b9423f47b2a
3af7e7cf35d84bd2b8263e9b9b493f54

|

2022年2月 8日 (火曜日)

iPadで入力した結果あんまり調子が良くないけど一応書いてみた男子フィギュアショート

3ecc0b7dfb5b4c248e504deb308bdb62 

私の大好きなラキムガリエフがもう出ないので、ショートがつまらなくなった。すっごい個性的な人は皆無なのでとても残念、でもまあいつものように(記録として残しておくために)簡単な感想を書いていこうと思います。
(パソコンの調子が悪いので、AmazonでiPad用のキーボードを買ってみたんだけど、やっぱりやりにくいねえ)

1.ローマン・サドスキー(カナダ)ブレス・フォー・ミー
頑張ってはいるものの、どうも精彩を欠いているようだ。

2.ニコライ・マヨロフ(スウェーデン)サウンド・オブ・サイレンス
オリジナルな歌唱ではなく、遅い回転数で再生しているのかと思うほど暗ーい歌声。もうちょっと面白そうな曲を使えばいいのに。

3.ルーカス・ブリッチギー(スイス)キーピングミー・アライブ
困った、全然おもんない。感想もない。

4.アレクサンドル・セレフコ(エストニア)ステップ・フォー・ア・ワイル
肩を痛めているそうである。四回転はなし。面白くない。

5.金博洋(ボーヤン・ジン)グリーン・ディスティニー
調子が悪そうだが頑張った。どうも盲腸らしいが四回転をしていた。

6.ウラジーミル・リトビンツェフ(アゼルバイジャン)幻想的小品集
浅田真央ちゃんが滑ったラフマニノフの鐘など。あの暗いスケーティングを思い出す。

7.イ・ジヒョン(韓国)オペラ『イーゴリ公』より
曲がいい!!いやなんでこういう盛り上がる曲をみんな使わないの。転んじゃって残念。

8.ドノバン・カリーヨ(メキシコ)サンタナ・メドレー
目鼻立ちのはっきりした美青年。彼的にはうまくいったようだ。いい笑顔で終わって何よりである。

9.イワン・シュムラトコ(ウクライナ)ユヌ・ヴィ・ダムール
団体はコロナ陽性だったようで出場せず。単独では何故か出場できたらしい。

10.アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)シークレットホープス
耳馴染みのある名前だ。両手をついてしまった。

11.ミハイル・ブレジナ(チェコ)ベイビー・ディ・ドアなんちゃら
何回目かのオリンピック、このくらいショーアップして欲しいよみんな。

12.コンスタンティン・ミリュコフ(ベラルーシュ)くるみ割り人形
ひげつらで全然くるみ割り人形っぽくない風貌。ハードな曲の方が合ってそう。

14.ブレンダン・ケリー(オーストラリア)リーブ・ア・ライド・オン
普通。

15.アダム・シャオ・イム・ファ(フランス)スターウォーズ
自分の大好きな曲で滑るのが1番よ。知らんけど。私もスケーターだったらスターウォーズで滑って思いっきりすっ転んで笑顔で国に帰りたい。

16.マルク・コンドラチュク(ROC)ドラマ『新オスマン帝国外伝 影の女帝ギョセム』より
曲よりも、滑りよりも、このドラマが気になって仕方がない。見てみたいわ。

17.エフゲニー・セメネンコ(ROC)ワットイズイットアバウトハー
一人コロナになって代打で出場。代打でもめっちゃ上手いのがロシアクオリティ

18.ケビン・エイモズ(フランス) ザ・クエスチョン・オブ・ユー
前もこの曲で滑ってる人いたなあ。あ、ジェイソン・ブラウンか

19.デニス・バシリエフス(エストニア)もののけ姫
何故この選曲。もしやアニオタなのか。もののけ姫みたことないんであんまり良くわからん。滑りは良かったようだ。

20.アンドレイ・モザレフ(ROC)ハートクライ
曲名が短くてありがたい。ロシアのヒトみんな若い。

21.羽生結弦(日本)序奏とロンド・カプリチオーソ
そもそもヴァイオリンの曲なのになんでピアノ。氷の穴にはまって4回転が1回転に。まさかの8位発進。

22.宇野昌磨(日本)オーボエ協奏曲(マルチェッロ、ヴィヴァルディ)

美しい。さすがランビエール・コーチだ。芸術的だし曲もいい。

23.チャジュンファン(韓国)

24.マッティオ・リッツオ(イタリア)

25.ダニエル・グラスル(イタリア)

26.キーガン・メッシング(カナダ)

27.鍵山優真(日本)フェンユアスマイリング
大変素晴らしい。私的には金メダルを差し上げたい。

以下、もう使いづらくて頭にきたので省略。

 

 

D11461d9970a4d8bae81157fb7fbc64e

548cfcff743f42cf96145e12d8a5c29e

|

2022年2月 6日 (日曜日)

たこ焼き食べながら興味深く見る団体戦男子フリー

Ce4617f09eb041ffa8fd418c172e4dbd

近所にできたたこ焼き屋。美味しいと評判だが今日初めて買ってみた。やはりとても美味しい。お口の中が大阪。お店はとても近いので帰って家で食べてもあつあつ。前に会社のレクリエーションで電気たこ焼き器を頂いたのだが、箱開けてもいない。蛸が絶望的に高いのと、材料揃えるのに結構手間かかりそうなんでやる気が起こらない。ホットサンドメイカーだったら使うのにな。

ところで、パソコンの調子が絶望的に悪い。起動に物凄く時間がかかる。iPadで入力。正直ブログしかパソコン使わないんでもう買わないかも。ipad用キーボードを買う予定。

1.ローマン・サドコフスキー(カナダ) Chasing Cars
なんか調子悪そう。終わった後絶望感が凄くてコーチに慰められてた。

2.金博洋(ボーヤン・ジン)(中国) ボレロ

フラメンコ風のボレロ。ジャンプが若干うまく行かなかったようだ。(ネット情報だと盲腸を薬で散らしてオリンピック出場とのこと。そこまでして国を背負ってかわいそう。)

3.マルク・コンドラチュク(ROC)ジーザス・クライスト・スーパースター
キリストが守ってくれたのだろうか。衣装がイバラの王冠なのね。よい演技でした。

4. 鍵山優真(日本)グラディエイター
マスクしてるお父さん(コーチ)とおんなじ顔。それにしても今回の日本男子フィギュアは史上最強だな。もしかして金銀銅全部日本人ってのもありえるかも?・・・あ、ネイサンがいるか・・・。

5. ビンセント・ジョウ(アメリカ)グリーン・ディスティニー
ご両親のルーツは北京とのこと。ネイサンの連勝を止めた人だそうだが、今回はジャンプ失敗と若干の回転不足で日本とロシアに届かず。

 

|

ホンワカしながらもわりとドキドキしながら見る団体戦女子ショート

開会式前から男子・リズムダンス・ペアは競技を終わっている。初戦は当然会社なので録画して観た。すでにコロナにかかっていて欠場の選手もちらほら。


1.シュ・エキ(中国)ペイント・イン・ブラック
ローリング・ストーンズの名曲を中華味にしたような曲。
深い色の衣装。まだ若くて可愛い。転倒してしまったし緊張してるようでかわいそう。

2.アナスタシア・シャボトワ(ウクライナ)キャロル・オブ・ザ・ベルズ
少年合唱をポップス調にしたような音楽。ウクライナっぽいお衣装がかわゆす。とても緊張しているようで終わったときの顔が絶望的だった。初めての国際大会がオリンピックという。

3。エリシュカ・ブレジノバー(チェコ)スィート・ドリームズ他
ブレジナの妹~~~!!うまくいったようでガッツポーズ。笑顔がかっこいい。

4.アナスタシア・グバノワ(グルジア)永遠の愛
グルジアなのになんとかシビリじゃないのね、もともとロシアなのかな。曲はシャンソンかな。なんとなくロートレックの版画に出てきそうな風貌。この方もガッツポーズ。ノーミスでがんばった。この時点でトップ。

5.ララ・ナキ・グットマン(イタリア)エリザベス
カロリーナ・コストナーの後を継ぐ方。イタリアは決勝進出は苦しい感じ。

6.マデリン・シーザス(カナダ)My Sweet and Tnder Beast
前回金メダルだった強豪国カナダの代表。インド系かなって感じの風貌。うまくいったようでガッツポーズ。

7.ニコル・ショット(ドイツ)アディオス・ノニーノ
キム・ヨナも滑ってた曲だ。さすがに大人っぽい。ドイツはペア種目で棄権してるのでこの人が最後の演技。コロナめ~~~。

8.樋口新葉(日本)ユア・ソング
のびやかで安定感があって素晴らしい。昨日聴いた小林愛実さんを思い出した。この時点で1位(チーム2位)なので決勝進出決まった。

9.カレン・チェン(アメリカ)レクイエム・フォー・ア・タワー
アメリカは決勝進出を決めている。しっかり転んだ。ちょっと悔しそう。医学部なのねん。きれいなイモトアヤコという風貌(違うかな)。

10.カミラ・ワリエワ(ROC)In Memoriam
ロシアの最終兵器。その名は絶望。ボリショイ・バレエのバレリーナのような滑らかな動き。「ミス?はあ?なにそれ」位な感じの完璧な演技。おまけに可愛いときた。ダントツの1位(樋口ちゃんは2位)

予選通過国
1.ROC
2.アメリカ
3.日本
4.カナダ
6.中国

 

|

北京オリンピック始まる

北京冬季オリンピックが(とっくに)始まった。開会式は、シンプルで良かった(まあ、相変わらず校長先生の話は長かったようだが、残業でリアタイできず録画ですっ飛ばした。開会式リアタイできなかったの生まれて初めて涙)。比べるのも酷いけど、冗長なだけで全然面白くなかった東京のより段違いに良かった。コロナの影響を気遣ってか、選手や関係者、過去の英雄たち以外の有名人は全く出演しなかった。ジャッキー・チェンとかランランとか出ないかなって思ってたけど。

入場行進の音楽は、各国のクラシック名曲のオンパレードであった。誰でも知っているような曲ばっかりだったけど、入場している国の音楽がタイミングよく流れるわけではない。オーストリアが入ってきたときは「美しき青きドナウ」だったり、大英帝国が入ってきたときは「威風堂々」だったりとか、いっさいなし。テキトー。ダンサーは一般市民。

旗入場の時に、往年のフィギュア・ペアの申雪さんが参加しててすごく懐かしかった。申雪&趙宏博は昔私が一回だけ観に行ったグランプリ・ファイナルの東京大会の時に出場していた。いやもう、本当に素敵だったなあ。そういやソルトレイクで氷上のプロポースしてたな(当の申雪さんはプロポーズだと思ってなかったらしく、キョトンとしてけど)。今はコーチとして活躍されているようだ。中国では陳露さんも大好きなスケーターだったけど、オリンピックで金メダル取ってないから開会式は出てなかった。

聖火はなんと、トーチがそのままというSDGsな?仕様。

57b4b94978e5481fbea491d0e299fe91

 

 

|

2022年2月 5日 (土曜日)

N響第1951回演奏会 下野・小林愛実オール・シューマン・プロ

F0405614f1f44f36ac8052b56b3ba55c

シューマン/序曲、スケルツォとフィナーレ 作品52 —「序曲」
シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
シューマン/交響曲 第2番 ハ長調 作品61
ピアノ:小林愛実
指揮:下野竜也
NHK交響楽団
(東京芸術劇場コンサートホール)

久しぶりのN響、久しぶりのゲイゲキ。なんかゲイゲキの内装変わってね?ロビーの印象が違う。気のせい?

シューマン、普段あんまり聴かないんだけど小林愛実ちゃん見たさに券をゲット。本来ならばネーメ・ヤルヴィ指揮でイゴール・レヴィットがピアノでブラームスの2番の予定だったという。私の大好きな2番だ。でも変更になったシューマンのコンチェルトは生で聴いたことなかったし、いいかな。

いやはや。

本当は今日は午前中に美容院を予約してて、キレイキレイしてもらってコンサートに行く予定だった(誰にも会わんけど)。しかし、前日の絶賛残業中に美容師さんからLINEで「熱出してしまった。もしかしてコロナかもしれない。」との連絡で、美容院は行かず。検査の結果陽性だったとのこと。怖すぎる。もし発症のタイミングがずれてたら、私もコロナしてたかもしれん。当分美容院に行くのは遠慮。もういつ感染してもおかしくない。

ぼさぼさ頭を、なんとかセットして池袋へ。

ゲイゲキは見たところほぼ満席。愛実ちゃん効果すごいぜ。こんなに席埋まってたの久しぶりに見た。ケチって3階席にしたので見渡せる。

なんちゃら序曲が終わって、スタインウェイ舞台格納。愛実ちゃんはボルドー色の素敵なドレスで華奢な体を包んで登場。おお、あんなに映像で見てた愛実ちゃんを初めてナマでみるぜ。身長は私と同じくらいだがなんだか大きく見える。

愛実ちゃんは、彼女がまだ小学生くらいのおこちゃまの頃によくコンサートのチラシが入ってたのを覚えている。その頃の私は「なんじゃこんな子供の演奏なんて聞きに行くもんか」って思っていつも速攻チラシ捨ててた。その頃の私をぶん殴りたい。行っときゃ良かった。

愛実ちゃんは今回のショパン・コンクールの時、ファイナルのコンチェルトはテンポが遅くてわたし的には「?」だったものの、YouTubeで演奏が残っている24の前奏曲の演奏を聴いて、私は何故かいつも・・・泣いてしまう。演奏者自身も演奏後、楽屋で泣いておられたので・・・そういう演奏だったのかなって思う。何で泣いてしまうのか私にもわからん。彼女の生き様が聞こえるのかも。

とにかく彼女は天才少女だったから、幼いころの映像はたくさん残っている。以前は前のめりの思いっきり「弾いてやるぜ」的な演奏に聴こえたけど、昨年のショパコンからしっとりとした大人の女性の演奏をされるようになった(と思う)。それがとっても好き。

今日聴いたシューマンも。大事に大事に慈しむように演奏されていた。とても、よかったけれど・・・N響さんが彼女の演奏を消さないように控え目に演奏していたのかなって思う。アンコールにショパンのワルツ(大好き!)をすっごい速度でさらっと弾かれていて本当に素敵だった。ああ、やっぱりショパンは素敵だ。

休憩後、シューマンの2番。正直言って「あんまりよく知らんので(残業続きで疲れてたので)交響曲は寝てよう」くらいに思ってた。でも、意外にいい曲でした。アレ、私は普段交響曲はマーラーかブルックナーかせいぜいシマノフスキしか聴かないのよ。でもシューマンも結構いいじゃない? 普通に感動してしまった。私の耳がおかしいのかな?って思ったけどTwitter検索したら結構みんな褒めてたんで「あ、私の耳普通だった」って思った。

本日の演奏はFMで生中継、昔ながらのテレビカメラが入ってたのでテレビで放送されるんですよね。楽しみ。明日も同じプログラムで演奏されるのでご興味がある方は是非。

|

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »