« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月29日 (月曜日)

ニュルンベルクのマイスタージンガー 新国立劇場

199d42f03b7646d486b6fec17e7b9858

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲
【指 揮】大野和士
【演 出】イェンス=ダニエル・ヘルツォーク
【美 術】マティス・ナイトハルト
【衣 裳】シビル・ゲデケ
【照 明】ファビオ・アントーチ
【振 付】ラムセス・ジグル
【演出補】ハイコ・ヘンチェル
【舞台監督】髙橋尚史

【ハンス・ザックス】トーマス・ヨハネス・マイヤー
【ファイト・ポーグナー】ギド・イェンティンス
【クンツ・フォーゲルゲザング】村上公太
【コンラート・ナハティガル】与那城 敬
【ジクストゥス・ベックメッサー】アドリアン・エレート
【フリッツ・コートナー】青山 貴
【バルタザール・ツォルン】秋谷直之
【ウルリヒ・アイスリンガー】鈴木 准
【アウグスティン・モーザー】菅野 敦
【ヘルマン・オルテル】大沼 徹
【ハンス・シュヴァルツ】長谷川 顯
【ハンス・フォルツ】妻屋秀和
【ヴァルター・フォン・シュトルツィング】シュテファン・フィンケ
【ダーヴィット】伊藤達人
【エーファ】林 正子
【マグダレーネ】山下牧子
【夜警】志村文彦
【合唱指揮】三澤洋史
【合 唱】新国立劇場合唱団、二期会合唱団
【管弦楽】東京都交響楽団

(11月28日 新国立劇場 オペラパレス)

昨日行ってきた。上演時間5時間55分とのことだったが、体感、もっと長い気がした。あれ?私このオペラの全曲ナマで観たの何回目だっけ?と思ったらたったの3回目だった。こんなに長いと思ったことなかったわ。もしかして、テンポ遅い?(リングやトリスタンと比べてあんまりこの曲聴かないからわからん)

新国では座席に一枚づつお座布団が敷いてあるんだけど(エア・ウィーブ?)、それでももう3幕の最後の方はお尻が痛くなってきた。帰りの京王線で座った時、痛さに思わず「ひゃっ」と声が出た。

演奏は、なんかよかったのかよくなかったのかわからない(←えー)。普通に行われていた気がする(何年か前に聴いたハルサイの時のヴァイグレよりはよい)。10日の間に4回もやってもうなんかみんな疲れてないか? 楽団はとんだブラック企業。

しかも。拘束時間長いのに、愛する二期会では主役級の方々が、「え、いつ歌ったの?」ってくらい歌うとこない。もったいない・・・。鈴木准さん、大沼さん、長谷川顕さん、妻屋さん、好きな歌手さんたくさんなのに。もっと聴きたいよう。

覚えていることをつらつら。(ネタバレ?)
<第1幕>
舞台は現代。しかも今年の話だ。筋書では教会だけど、この演出では舞台上にもう一つ舞台、観客が宗教演劇みたいなのを見ている。マイスターの組合は劇団に読み替えされている・・・のかな。今年の話なので客がはけたあと、椅子をアルコール除菌シュッシュしてフキフキ。他の人が触った本をまたフキフキ。いちいちフキフキ。

現代のってわかるのは、舞台上の方にマイスターたちの写真が飾られるんだけど、そこに"Unsere Meistersinger2021"ってあったんで。あと、挙手するときに人差し指一本立ててたんで(ドイツでは日本人みたいに普通に挙手すると捕まるんだよね??)。

ヴァルターがエーファと結婚したいために、とりあえずマイスタージンガーの歌の試験。ベッグメッサーが舞台幕の後ろに隠れて、黒板に採点。黒板には何故か漢字がいっぱい。(あと1回上演があるけど、1階席前のほうでもオペラグラス必須。あちこちでいろんなことが起こり、小道具にも細かい設定が色々仕掛けられているので。ザックスの仕事部屋にクラナッハ?のアダムとイヴの絵が貼ってあって、まるでこの演出の結末を表しているような。あと演劇とオペラのスケジュール表にポーグナーの広告が載ってたりとか)

何故か熊の縫いぐるみ着ている人がたまに出てくるし、肉襦袢着た3人のおねいちゃんたちも何だろう。ぼる塾みたいな・・・

ヴァルターが怒りのあまり歌合戦に出る人々の写真の額をビリビリ破ったりする。鈴木准さんなど私の好きな歌手さんの写真が破られているのはとても悲しく、辛い。つか、ヴァルターはちっともかっこよくないし、歌もそんなに(悲)。合唱はいつも通りうまい。林さんはいつもながらお奇麗でうまい。安定の山下牧子さんもいわずもがな(長髪のかつらかぶるとお美しいのね。第3幕のお花のワンピース可愛かったし。)。ダーヴィットの伊藤さんは初めて見るな、代役なのか。めっちゃがんばってた。(でも・・・望月さんのダーヴィット観たかったなあ。)あと、コートナーの青山さんがすっごい美声で良かった。彼が座るときに座席に腰かけてた他の人が振動で飛び上がったのは、青山さんがイルデーヴの人だから?

第一幕、なんか眠かった。ワーグナーで眠くなるの珍しい。

<第2幕>
「ずっと眠かったらどうしよう」とか心配していたが、大丈夫だ、2幕は面白いので安心せい。とにかく・・・ベックメッサーを演じるアドリアン・エレート(ヴァイグレの時もこの人だった・・・忘れてたけど)が本当に面白くて・・・なんかもうこの人だけで今回大枚はたいて前の方取ってよかったと思った。YouTubeでゼンパーオーパーの予告編見たら、この人オリジナルメンバーなのね。アレ、まるでMrビーンなんだもん。エーファにセレナーデを歌う時だけちょーちんブルマー履いてたのワロタ。

この演出ではザックスは劇団の団長なのかな?って設定だけど、靴屋の設定は(音楽上)どうしても必要になるので、靴も作っている団長ってことなのかな(ワカラナイ・・・)。

ベックメッサーとダーヴィットの取っ組み合いのあと、大騒ぎになって劇場のブレーカー?が爆発しておしまい。

<第3幕>
ヴァルターが自分の歌を書き留めてた紙をベックメッサーがこっそり持ち出す(ザックスに見つかるけど)んだけど、歌合戦の時にザックスが演説してるときにこっそりその紙をちろちろとみているところがホントにMr.ビーンっぽかった。そんなシーンあったよねえ(第1話「カンニングはダメよ」)

本来であれば、従順な娘のはずのエーファだが、この演出では全然そんなことない。「靴が合わねー!!」って言ってザックスに向かって靴をぶん投げたりする。まあ、林さんが何をやっても、ダナエ役で米研いでたのを見てからびっくりしない。最後の最後のどんでん返しも、私はTwitterで知ってたのでそんなでもなかったし、いやそもそも現代のおにゃのこが「歌合戦の賞品」にされるのを良しとするわけない。あの演出は正しいのよ。

初日は演出に対して?ブー出たらしいけど(ブラヴォーは禁じられてたけどブーはええのんか?)、この日はなし。あとは大拍手喝采。もうなんか「このご時世の中、何度も延期になったけどよくやった」ってのと「こんな長い時間よく演奏した」ってのでもうスタンディングオベーションよ。本当に・・・お疲れ様でした。上演してくれて本当にありがとうございました。

しかし最近また、おミクロン様が出てきて(あたしゃ「なんで憎っくきコロナに『お』なんか付けるの?」ってホントに思ってたわ)、今後の演目はどうなるのか・・・「オランダ人」大丈夫なのかしら(行かないけど。)

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土曜日)

ハイティンクを偲んで ROHのリング(YouTube)

ふと、今日暇だったので「久しぶりにハイティンクのワーグナー聴こうかな」と思い、YouTubeを探したら(いやあ、CDのワルキューレは実家において来ちゃったんだよね)、なんと1996年のロイヤル・オペラ・ハウスのライブの「ワルキューレ」と1995年の「神々の黄昏」ってのがあった。

どうもBBCラジオからのエアチェック(←古い?)らしく、UPして下さった方の説明で「カセットをチェンジする間のパッセージがところどころ抜けてます」的なことが書いてあったので、てっきりエゲレスのワグネリアンさんなのかしらって思ったら違ってた。なんとロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団の首席クラリネット奏者の方らしく。私がロンドンに観に行った時のプログラム本を見たら、ちゃんとお名前があった。おおううう・・・(感涙)。

私がロンドンでハイティンクのリングを見聞きしたのは1998年で、ホールも違うんだけど(当時ロイヤル・オペラ・ハウスは工事中だったんで、ロイヤル・アルバート・ホールで観た)、確かに聴き始めてすぐ「ああ・・・そうだ、こんな音だったわ」と思った。何というか、登場人物や聴く人を大きな暖かな愛で包み込んでしまうような演奏。例えば、私が一番見聞きしているはずの飯守さんのワーグナーは、彼自身のワーグナーへの愛情が痛いくらいに聴衆に伝わる演奏なのに対し。

とりあえず本日はワルキューレを全曲鑑賞。(うーん明日もワーグナーあるでな)
このYouTubeのワルキューレは私が観に行った時のキャストとは若干違うけど6割くらい同じであった。いや何たって私の時はブリュンヒルデはベーレンスだったもんでね。いやはや、いつぞやの同志の方々との飲み会で、私が泥酔すると必ずハイティンクのリングの素晴らしさを語りだすという迷惑な人だったんだけど。この録音を聴けば、どんなに素晴らしかったか(少しは)わかるんじゃないかな。録音の抜けはあるものの、音はさすがBBC、素晴らしい。聞いていてまるで昔のアルバムを何十年ぶりに開けたみたいな気持ちになった。一生の宝物、ずっとこの動画は聴けるといいな、欲を言えば(BBCに残ってたら)CDで発売して欲しいな。あと実はロンドンで観たのでは「ジークフリート」が一番良かったので、ないのが残念。

Die Walküre ROH 25.10.1996 Bernard Haitink

Götterdämmerung ROH Haitink 28 October 1995

7a3d1a99ebeb4b77aef345f270d40ed4

| | コメント (0)

2021年11月14日 (日曜日)

ウルバンスキ/東響 シマノフスキ/ヴァイオリン協奏曲第1番、カルミナ・ブラーナ (川崎)

Daf248e414fa42c089a39bce06c97ba5

シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲第1番 op.35
オルフ:カルミナ・ブラーナ
指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
ヴァイオリン:弓 新
ソプラノ:盛田 麻央
テノール:彌勒忠史
バリトン:町 英和
コーラス:新国立劇場合唱団
児童合唱:東京少年少女合唱隊
東京交響楽団
(ミューザ川崎シンフォニーホール)

サントリーのほうが近いのに、またしても川崎を購入。そもそもボムソリちゃんのシマノフスキを目当てで券買ったのだけど、買ったとたんにボムソリちゃんの来日がコロナの入国制限で不可能に。うああああん。どうしてくれるのよう。

このままではコンチェルトはシマノフスキじゃなくなってしまうかもしれん(心配)。全く好きじゃないチャイコフスキーとかメンデルスゾーンに変更しちゃったらどうしてくれる。しかし、救いの神が現れた。弓新さんである。弓さんは、2011年のヴィエニャフスキ・コンクールのファイナリストであり、私はこの時のコンクールはネット配信で見ていた。その年は小林美樹さん(第2位)とともに日本人としては二人ファイナリストとして残った。弓さんは最年少ファイナリスト。二人とも(ヴィエニアフスキの他に)タコ1を演奏。

その時はガダニーニ1753年製を弾いていたと記録が(あたしのブログでは)あり、今日弾いたのは楽器何だったのかな。とくにプログラムに記述はないけれど、芳醇でとてもいい音だった。妖艶なシマノフスキの曲にぴったりである。

それにしても。コンクールで見たときは可愛らしい少年だったけれど、本日はずっと立派になっていらして。ドイツのオケの第2コンマスを勤められいるとのこと(あいかわらず親戚の男の子を見ているよう)。わざわざ来てくれてありがとうございました。

ポーランドの指揮者で聴くシマノフスキは本当に有難い。音色とか「わかっている感」が凄い。それと、こないだ配信で聴いたワルシャワ・フィルの演奏による交響曲第3番「夜の歌」と同時期の作曲ということじゃないですか。なんと芳醇な音楽なのでしょう。ああ、ポーランド万歳。

それと・・・この曲ってちょっとベルクっぽくないですか?(異議は認める) この曲のどこかで、ベルクの「ルル」の音楽に似たフレーズがちょっと現れるのですよ。いやシマノフスキのこの曲は1916年作曲だし、ルルは1934年あたりの作曲なので全然関係はないんだけど。他人の空似ってあるんだよね。

ウルバンスキはこの曲は暗譜ではなく、譜面をめくりながら指揮。カデンツァの間はソリストに敬意を示して、指揮台を降りた。いやなんというこまやかな心遣い(ほわほわ)。

ステキなシマノフスキの演奏(ポーランド音楽好きとしてはネットでの評判は嬉しい)のあと、わりとメジャーなカルミナ。メジャーとは言え、実際あんまり全曲演奏することは珍しいかと。私はナマで聴いたのはたったの2回目である。前回は飯守泰次郎さんの指揮でシティ・フィルであった。

飯守さんの演奏は素晴らしかったけれど(テンポ完璧!独唱者完璧!)、合唱がなあ・・・アマチュアでちょっとご年配の方が多かったので飯守さんの棒についていけなかった感が惜しかった。

今回は、新国立の合唱団だったのでその点は心配なく。ただ、コロナ禍のため最小人数で行われた。大人48人、少年少女12人という布陣。オケの強奏にかき消されてしまうところもあったけれど、それはしょうがないな。事前に見聞きしていたの2012年のウルバンスキ指揮(トロンハイム交響楽団)のカルミナ・ブラーナのYouTube動画では、本日の4~5倍(もっと?)の人数がいた。

今回は(いやこの人の演奏ではいつものようだ)この曲では結構ありがちの楽しい演出があちらこちらに。第7曲「気高き森」では合唱団が左右にゆらゆら。第22曲ではオケまで一緒に歌っちゃう(おう~おう~おう~とっとすふぉれお~)。丸焼き白鳥さんでは彌勒さんは白鳥のぬいぐるみを持ちながら歌うし、バリトンの酔っぱらい演技も楽しい。(ただ、私が前に見た時に高橋淳さんや萩原潤さんは更に強烈演技だったが)

1曲目も2曲目もとても楽しい演奏で、場内は大変な盛り上がりだったが、このご時世で「ブラヴォー」言えないのが本当に残念。オケがはけた後も拍手が終わらず、ウルバンスキは再度登場しステキな笑顔を見せていた。遠目に見て若き日のブラピっぽいかなってちょっと思ったりもした。いやほんとに足長いよねえ。(心の中はあくまでおっさんクラヲタなのでそういうのを目当てで行ったわけでは全然ないんだけど)

ウルバンスキが今度は、シマノフスキの交響曲を日本で指揮してくれるのを強く希望。第1希望は3番、第2希望は4番。

| | コメント (0)

2021年11月 6日 (土曜日)

ワルシャワ・フィル120周年記念特別コンサート(ネット配信)

ヴィトルド・ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲[28']
カロル・シマノフスキ:交響曲第3番「夜の歌」作品27[25']
クシシュトフ・ペンデレツキ:ポーランド・レクイエムよりアニュス・デイ [7']
ヤン A.P. カチュマレク:合唱団と管弦楽のための幸福へのカンタータ (ワルシャワ・フィルハーモニー委託作品)

ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団
アントニ・ヴィット/指揮(ルトスワフスキ)
ヤチェク・カスプシク/指揮(シマノフスキ)
アンジェイ・ボレイコ/指揮(ペンデレツキ、カチュマレク)
ラファウ・バルトミンスキ(テノール)
バルトシュ・ミチャウォフスキ/合唱指揮
(11月6日 ワルシャワ・フィルハーモニック・コンサートホール)

YouTubeでの生配信(もちろん真夜中)。楽しみにしていたので、絶対リアタイするつもりだった。しかし昨夜も残業だったので、ヴァイオレットエヴァーガーデン外伝の録画を見た後寝てしまった。6時過ぎに起きて追っかけ再生。ワルシャワ・フィルは今年120周年だという。

ポーランドの作曲家と言えばもちろんショパンだけど(いやショパンしかおらんと思ってる人大多数だろ)、知名度的に二番手としては(うーんと下がって)シマノフスキが居り、そして現代作曲家中の古典であるルトスワフスキとペンデレツキがいる。この3大ポーランド作曲家と、最後に存命で今も映画音楽の分野で大活躍のカチュマレクの新作(このコンサートのために作曲された)というなんかマニアックなコンサートである。

指揮者も、ショパコンウォッチャーならお馴染みのヴィット、カスプシク、そして今年のショパコンで12回もコンチェルト指揮したボレイコである。

いやそれにしても何という選曲。日本でこんなんやったら日本中の同志の者が大集合してしまうに違いない。特に、シマノフスキの3番!!もうね、これ大好きなのよね。一生に一度はナマで聴いてみたいわ。いま日本に来ているウルバンスキ、やってくんないかな。やっぱりポーランド語がネックかなあ。いやもう、このゴブラン織りのような豊麗なオケ、官能的な響きは是非ナマで、出来ればワルシャワ・フィルで、堪能したいものですな。ポーランド行かなきゃ無理かな?

(そういえば、こないだ友人と久しぶりに飲んだのですが、先日のショパコンですっかりショパン好き?になった彼女に「コロナ落ち着いたらワルシャワ行こう!」と言われた私は「うん!行こう行こう!!」と大いに盛り上がっていたのだが、頭の中はショパンじゃなくてシマノフスキやらカルウォーヴィチやらルジツキでいっぱいになったので、『うーん、コンサートの8割くらいは別行動かな』とも思ってしまった。)

でまあ、偉大なる3人の作曲家の曲が終わり(どれも個性的!天才的!)、さてカチュマレクとやらの新作。全然知らなかったのだが、ずいぶん色々な映画の音楽をこしらえている。日本でお馴染みな作品といえば、ハチ公のアメリカ版の「HACHI約束の犬」(観てない)の音楽もしているようだ。2004年に「ネバーランド」(観てない)で米アカデミー音楽賞を獲得している。なので凄い人のようである。

が。

聴くと私のようなしろうとでもわかる、あからさまに幼稚な作風なのである。中間部分など、「日本の昔の作曲家の初期の習作」みたいな感じなのである。「こういうの・・・ポーランドの人・・・どうなの」って思った。題名もなんだか。Cantata to Happiness って。なんかダサイわ。まあ、私が思っているだけで、ワルソーの人々は良いって思うのかもしれんし。

が、思った通り? 曲が終わったとたんにあからさまのブーが。1人だけでもなく2~3人は聞こえた。あとで作曲家出てきたけどブーだらけでなんかかわいそうになった。指揮者もカワイソス。こんなんだったら(映画音楽の作曲家だったら)キラールでも演奏したほうが良かったんじゃねえの。

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »