« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月31日 (日曜日)

藤原歌劇団/ラ・ボエーム (伊藤・笛田組)

293715e7c74e4b3a88050e8f2ef85c01

(チラシ写真は愛知公演のもの)

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」全曲

総監督:折江忠道
指揮:鈴木恵里奈
演出:岩田達宗

ミミ:伊藤 晴
ロドルフォ:笛田博昭
ムゼッタ:オクサーナ・ステパニュック
マルチェッロ:須藤慎吾
ショナール:森口賢二
コッリーネ:伊藤貴之
ベノア:豊嶋祐壹
アルチンドロ:東原貞彦
パルピニョール:井出 司

合唱:藤原歌劇団合唱部
児童合唱:多摩ファミリーシンガーズ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
(1月30日 東京文化会館)

過去記事:藤原歌劇団/ラ・ボエーム (砂川・村上組)

初日に鑑賞。前回鑑賞時はムゼッタ役だった伊藤晴さんが今回はミミに昇格。人気若手テノールの笛田さんがロドルフォという配役。マルチェロは前と一緒で須藤さん。ちょっと前に見た感じなのに、もう6~7年経っているのか。月日のたつのは早いものである。

とはいうものの、前回の名演と同等に感想を述べるのは少しためらう。予定ではセスト・クワトリーニが指揮する予定だったが、鈴木絵里奈さんという知らないおねいちゃんに変わった。

更に、直前になって少年合唱団が出演しなくなった。「録音での演奏になります」的なTwitterを見て、たいそうガッカリした。前回見た時は少年合唱団が演技も歌もとても上手で、とても楽しみにしていたのである。でもまあ、しょうがない。第2幕の激混みのパリをこのご時世で舞台に乗せるわけにはいかない。

だもんで第2幕はちょっとさみしいものになった。大人の藤原歌劇団の方々は頑張っていたけど。パルピニョールのシーンは見てて厳しかったな。

さらに、歌手の皆さんはフェイス・シールドを着用しての歌唱となった。声が前に出ないのでは、とも思ったけど私のいた2階バルコニー席ではまあよく聴こえた。

オケは編成通り入ってた(と思う)。管楽器以外はマスクはされていたようだが、管楽器は仕方ないのでマスクなし。昨年の「ルチア」みたいに、感染リスクの大きい金管楽器は入れずに代わりにピアノで補強していたのを見聞きしてたので、大好きなボエームはちゃんと演奏されてたので本当にありがたかった。感染とか、何もないといいけど。

指揮者はちょっと知らない人だったので心配していたけれど、(演奏慣れている東京フィルだからかもだけど)わりと気にならない程度に良かった。この曲のヒロインに寄り添うこともできる若い女性が指揮しているということで、逆にキュンとしたりした。

ミミ役の伊藤さんは堂々とした歌唱でよかった。まるでアイドルみたいな可憐な砂川さんとは違い、伊藤さんは遠目に見ると若いころのフレーニみたいに見える。リアルなミミ、って感じ。

笛田さんの美声を生で聴けて嬉しい。ただ、ただそれだけでもう、有難い。須藤さんのマルチェロも最高。ステパニュックさんのムゼッタも可憐な歌声で素敵。たった一人だけ西洋人のキャストだけど、そんなに違和感はなかったな。

ミミの死を見ると、普通はただかわいそうだな、と思うのだけどこのコロナ禍、「自分の大好きな人たちに囲まれて死ぬなんて、まだ幸せじゃないか?もしコロナだったらせいぜい病院の人しかいないところでたった一人で死んでいくのに。」とか思ってしまった。

日本の伝統ある歌劇団による王道の舞台、佐伯祐三の絵画をもとにした美しい舞台は相変わらず何のひねりもなく、変わったこともしていないのに、見られて何て幸せなのだろう。色々と大変でしょうが、陰ながら応援して行きたいです。

-----

オペラがはねて、友人と会食して家に帰った。百恵ちゃんの伝説のラストコンサートを録画していたのでちゃんととれてるかちょっと見てみるつもりが、引き込まれて全部見てしまった。いや本当に百恵ちゃんは歌うまいな、っていうか舞台で演じてる感。友人との鑑賞だったのでボエームではさっぱり泣かなかったのに、さすがに「さよならの向こう側」には泣いてしまった。服部克久先生の指揮とは豪華な。

 

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日曜日)

埼玉ゆかりの名歌手たちによるニューイヤーコンサート

7116ce962d4543d79066ed215d42768f

 

D51f529f56884896b1f322cd24dc638b

 

 

小川里美(ソプラノ) 藤田美奈子(ソプラノ)
増田のり子(ソプラノ) 光岡暁恵(ソプラノ) 坂本 朱(メゾ・ソプラノ)
林 美智子(メゾ・ソプラノ) 小川明子(アルト) 大槻孝志(テノール)
高橋 淳(テノール) 友清 崇(バリトン) 原田勇雅(バリトン)

大井剛史(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
大林奈津子(司会)
(1月16日 川口リリアメインホール)

去年から券を取ってあったもの。緊急事態宣言発令のため開催を危ぶんていたが(わたしが)、前日リリアホールに問い合わせてみたところ「やります」とのことだったので、行ってきた。埼玉県出身または在住の、二期会や藤原をを代表するようなベテラン名歌手の名がずらりとならび、しかもシティ・フィルという豪華版なのに、謎の3,500円という低価格。やっぱりホール使用代が安いからかな。友人を誘って鑑賞。

リリアホールは昨年で開館30周年だということで、このコンサートは本当は去年やるはずだったのだけど、コロナのせいで延期になったということである。延期になってなければ私に情報は入ってなかったはずなので、結局(わたし的には)よかったかなと。リリアホールは遠い昔に母親と「蝶々夫人」を観に行ったことがあり。大変素晴らしかったのを覚えている。

なお、出演予定だった澤畑恵美さんは体調不良のため、欠席。とっても残念。

座席は一人置きに設定。近隣住民の観客が多いのか、高齢の方が多い感じ。まあ・・・こういうコンサートでは仕方ないのかカバンのチャックを開け閉めしたり、演奏中にお茶飲んだりとかしてる人が周りで見受けられた。券が安いとしょうがないね。

曲目は有名どころが集められているが、どうしてもドイツオペラはこういう時は少ないねえ。フィデリオだけだ(モーツァルトはドイツオペラか?)。代わりに?レハールやカールマンのオペレッタのアリアが聴けて、これはとても嬉しかった。そしてフランスものが若干多かった感じもしたのも嬉しい。

印象に残った歌。

藤田美奈子さん。「椿姫」のアリア、お美しい外見と悲劇性を感じる芯の強い声質でヴィオレッタに合っていた。この曲はとっても有名だけど、ただ音を外さずうまく歌えばいいってわけではなく、難しいアリアだよなあ。

大槻孝志さん。フェデリーコの嘆き、オネーギンのアリア。美声で素晴らしい。しびれる。ナマでこんな美声を聴けるのはとても幸せ。やっぱりナマはいいなあ。

増田のり子さん。月に寄せる歌。久しぶりに彼女の声を聴くなあ。ドヴォルザークのアリアいいよね。じいいいんと心に沁みる。

林美智子さん。ハバネラ。「日本でカルメンと言えば私よ!」みたいな感じで堂々たる歌唱(そういえばテレビのニューイヤーコンサートでも歌ってた)。双子のお子さんいるのかあ。

高橋淳さん。星は光りぬ、君こそ我が心のすべて。ひところ体を壊されて出演されなかった時期があって心配していたが、元気になられたようで良かったなあ。ミーメなどの性格テノールの第一人者だけど、普通の役も行けるのいいよね。

小川里美さん。チャルダーシュの女王。指揮者とともにノリノリで踊ったり楽しい。ところでオペレッタのオケ伴奏って生で聴くと本当にいいんだよね。

友清崇さん。フィガロの結婚のアリア イタオペ・フランスオペが続く中、突然のモーツァルトで新鮮に感じた。

原田勇雅さん。闘牛士の歌。何故か自然に手拍子が発生。この曲で手拍子起こったの初めて見た。埼玉の風習?

坂本朱さん 君の声にわが心は開く。この曲好きなので聞けると嬉しい。深いお声でうっとり。

他の方もみなさん素晴らしかった。司会の女性の方も(なんだか暗い棒読みの今年のNHKニューイヤーの司会と違って)明るく知性的でよかった。出演者のインタビューも良かったんだけど、男の方にもインタビューしても良かったかなと思う(と、一緒に聴いてた友人が言ってた)。

色んな国の曲を振り分けていた大井さんはとても楽しそうだった。思うに、演奏家やオペラ歌手は自粛生活の中何とかYouTubeなどで演奏を発信できるけど、指揮者はなんもやりようがないから、実演のうれしさはひとしおだろう。

とても楽しいコンサートだった。しかしまあ、相変わらずブラヴォー禁止なので何か気が抜ける。ブラヴォー言いたい。

----

友人と久しぶりに会ったので、手短に川口駅周辺で(3密を避けながら)会食。パチンコ屋さんの8階の「千の庭」という和食チェーン店で。高級っぽい店構えなのに比較的リーズナボーで良かった。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月曜日)

年末年始 テレビ視聴2020-2021

あまりに更新しないのもどうかと思ったんで更新。しかしぜんぜん書くネタがないわ。年末年始は姉夫婦の家に行ってたけど、ほとんどテレビばっかり見てた。

M-1グランプリ

ヒマだったので昼間の敗者復活戦から観てたけど、申し訳ないけど敗者復活戦のほうが全然面白かった。そもそもインディアンスが好きだったので、トップバッターじゃなかったらなあ・・・と思った。ゆにばーすもよくできていたと思う。マジカルなんとかはラップバトルは好きだったが。

クイズ 正解は1年後

一年で一番楽しみにしている番組。今回はロンブーの亮さんが復帰していたのでちゃんと放送されてうれしい。「今年離婚した人」でFIJIWARAの人がスルーされてて優しいな、と思った。1年前に出演者が持ってた1000円札を(番号を控えておいて)一年の間に使い、番組放送時に視聴者が持ってたら10万円もらえるっていうのは、たまたま千円札8枚おろしてきたばっかりだったので本気でチェックしたがなかった。芸能人が買い物するエリアに住んでるのに・・・。

ゴットタン 芸人マジ歌選手権

一年で2番目に楽しみにしている番組。毎年面白いが、私は単に大竹マネージャーが見たいだけかもしれない。 

紅白歌合戦

YOASOBIが角川武蔵野ミュージアムで歌ってたのがよかった。歌もよかったけど場所もよかった。今度行ってみたい。

有吉の壁

毎週見ているのでいつのだか忘れちゃったけど、三四郎の小宮さんが歌った髭男の「プリテンダー」を、会社で嫌な事があったり落ち込んでいる時とかに見ている。結構元気になるのでよい(YouTubeにあるので探して)。あとJKボンバースも好き。お笑い番組はこういう暗い時こそ必要だなと思う。

0097021d88204f16a2bd3074ef4fec65

おもしろ荘

優勝したダイヤモンドよりもEverybodyのほうが好きだな。クリティカルヒットしたわ。わんこそばのさんだるも好き。ぺこぱとかこの番組からブレイクする芸人はたくさんいたけど、ダイヤモンドはブレイクしなさそう。

クラシックハイライト(って題名だったか忘れたけど紅白のウラ)

姉の家で見ていたが、紅白のほうが見たいので同じ部屋で音声を消して見ていた(録画してなかったので)。「音声消してクラシック番組見てる人初めて見た」と言われた。だって、もしかしたら私が観た「アルマゲドン」とか「リナルド」とか放送するかもしれんじゃん。何にもやんなかったけど。

ライジング若冲

大好きな若冲のドラマとあって楽しみにしていたが、ちょんまげ七之助さんと美坊主瑛太さんのまさかのBLで、誰得だと思った。いや、わたしは嬉しいけど。ほとんどフィクションなり。

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »