« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月31日 (木曜日)

2020年に行ったライヴ!総括

今年は例年よりはライヴは行けなかったなあ・・・とは思ってたけどこうやって並べてみるとこのご時世のわりには頑張って行ったかなあという感じ。数々の催しが中止になったけど、東京春祭とラ・フォル・ジュルネの中止はとくに痛かったなあ。シャーガーさんが来なかったのが・・・一番残念であった、ある意味オリンピック中止よりも・・・(慟哭)。


第63回NHKニューイヤーオペラコンサート

マーラー/交響曲第9番 ブルーメン・フィル

ハンス・ロット/交響曲第1番 オーケストラ ハモン

ピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナル

東京音楽コンクール本選 ピアノ部門

新日本フィル定期演奏会 サン=サーンス「オルガン付」他

未来の音シリーズ/チェルカトーレ弦楽四重奏団 めぐろパーシモンホール

ブリテン「夏の夜の夢」新国立劇場(初日)

アンサンブル<ヴェネラ> チェレプニン、伊福部ほか

能「隅田川」/ブリテン「カーリュー・リヴァー」連続上演「幻」

ヘンデル/歌劇「リナルド」 BCJオペラシリーズVol.2

日生オペラ2020 特別編「ルチア〜あるいはある花嫁の悲劇〜」(高橋組)

藤倉大「アルマゲドンの夢」新国立劇場(最終日)


<ライブ配信・映画館など>
びわ湖ホールプロデュース ワーグナー/神々の黄昏(無料ライブストリーミング配信)3月7日組

びわ湖ホールプロデュース ワーグナー/神々の黄昏(無料ライブストリーミング配信)3月8日組

METライヴビューイング/ヘンデル・アグリッピーナ

METライヴビューイング/さまよえるオランダ人


コロナ禍の今年を象徴していた上演といえば、ネット鑑賞であったけれどびわ湖の「神々の黄昏」かな。パソコンで見聞きした時のTwitter実況とともに大変楽しめたし、関東人なのでなかなかおいそれと出かけられないびわ湖のリングを初めて見られて(券買って楽しみにしてた方々には申し訳ないが)とても幸せであった。この上演にかかわる方々の数々のドラマもネット等で読んで、それにもとても感銘を受けた。この上演でびわ湖ホールは「菊池寛賞」を受賞されたそうで、おめでとうございますとこの場を借りて言いたい。

あと、それと並ぶ上演が新国立劇場の「アルマゲドンの夢」だと思う。まあ、わたし自身は(アホなので)音楽をすごく楽しんだというよりは、ただただとんでもないものに圧倒された、という感じだったのだけれど。この状況下であの凄い演出の新作の世界初演を日本で観ることができたのはただただ凄いなあと。わたしが見ることのできたもので日本の団体では読響の「アッシジ」と並ぶ歴史的な上演であったと思う。

他にはヘンデルの「リナルド」の上演も質の高いもので、工夫された楽しい演出とオール日本人の独唱者と楽団の熱演が忘れられないものとなった。ヘンデルのオペラが楽しいと思えるようになった意外な一年であった。

あと、コンクールや演奏会などで若い演奏家たちの演奏も楽しめた。若い方もベテランの音楽家の方も、リモートなどで何とか働ける我々と違ってとても大変な状況であったけれど、わたしも(感染には気を付けながら)なるべく行けるものには行ってお金を落としていこうかと思う。(自分では全く職種にはこだわらず就職したが、流通関係はコロナ禍では業績は下がらずむしろ前年より上がった位なので、それだけは不幸中の幸いであった。いやほんと、神様ありがとう。)

今年の更新は今回でおしまい。誰にとっても大変な年だったけど、みんな・・・それぞれ頑張った。生きてるだけで、生活ができてるだけで大丈夫!って思いたい。来年も(どうなるかわからないけど)細々と更新していきたいと思いますのでどうか宜しく。

A9b9891fe2534358b627c069cb141f92

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土曜日)

蟹を注文

026200d5fdf8406a997c2d452b2f94f9

相変わらず演奏会に行ったりしないので、ネタがなく日記のような記事ですいません。

年末調整頑張ったので(しかし、年が明ければ給与支払報告書の送付と法定調書が待っている)、年末年始のちょっとした贅沢に巨大ずわい蟹をお取り寄せ。

今年何回かお世話になった「うまいもんドットコム豊洲」。実は移転前の築地市場はしょっちゅう行ってたけど、豊洲に引っ越してから一回も行った事がない。お取り寄せばかり。

今年、コロナ禍になったので高級食材が余り、普段なら高すぎて絶対に購入しない食品をお取り寄せしたりした。その最たるものが「シャトーブリアン」(のステーキ)。本当にあれは美味しかったなあ。お店で食べたら・・・何万もするんだろうな。まー、普段は残業帰りの夜遅くにスーパーに行き、サバ半身150円のとか大喜びで食べてるような貧しい食生活なので許して。

今回の蟹は、とてもでっかいもの。半身だけど40cmもあるのだ。そしてぶっとい。ウチの冷蔵庫に入るか心配だったが、ななめに入れば何とか入った。半身が2つで6980円・・・安いと思って買ったけど・・・安いか高いかは人それぞれ。まだ食べてないので美味しいのか、身がちゃんと詰まっているのかはまだわからない。年末に姉の家にお土産に持って行く予定・・・までもつのかな。平らげてしまいそう。

71647da8fc6c4dd7b25261f6c0e9a9ac

大きさがわかるように、CDを添えて写真を撮ったけど、正直これじゃわかんないな。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土曜日)

インフル予防接種

(年末調整業務真っ最中でもう、コンサートとか行く気力も勇気もなく土日は死んでる。ミッチーのブルックナー行きたかったなあ。どこにも行ってないのでネタがない・・・)

本日インフルエンザの予防接種を受けてきた。会社での健康診断会場で実施されるのでそれで受ける予定だったのだけど、健康診断はもう自分で受けてしまったところだったので、わざわざ遠い営業所まで行って受けるのも面倒くさく、近所の病院で受けることに。

ワクチンが不足、とか 予約がなかなか取れない、とか色々な情報があったものの、ネットで色々調べてみたら病院によるみたいだった。値段は色々。会社の健康保険組合から補助が2000円出るので、探しようによってはタダで受けられることも。たまたま電話かけた医院は「予約しなくても直接来ていただければ受けられますよ~」とのことだったし、3000円だったのでそこに決めた。会社で受けると(補助差し引き前で)3850円なので、850円お得だった。

しかしまあ、そもそもインフルエンザ流行ってなくね。みんなコロナで予防はばっちりだからインフルエンザさんも活躍の場がないようだ。

さて、ネットで見て初めて行ったクリニックは。そうか内科ってことは小児科もあるわけね(大体のくくりとして)。小さなお子さん連れが多く、土曜日なのでまあまあの込み具合。10人くらい待ったかな。全部が予防接種というわけではないが。

その中でもなんか凄いお母さんがいて。3歳くらいの女の子連れだったのだけど、ほとんど待合室がご自宅かなってくらい普通に遊んであげてて。お母さんが待合に備えつけの「アンパンマン」の絵本を大声で朗読、最初っから最後まで大熱演してて。いやなんかジェラートちゃんだかバニラちゃんとかいうキャラが出てきて、バイキンマンがジェラートちゃんを食べちゃうんだけど(?)、食べ過ぎて頭がキーンとなっちゃって、アンパンマンに倒されて「はーひふーへほー」とか言って逃げて行く、みたいな内容であった。メロンパンナちゃんとかバタコさんとかみんな声色変えてて凄かったなあ。感銘した。声優志望だったのかな。

小児科ってこんなの普通なのかなあ・・・。今は別に「すげえおもしれえな」くらいな感じだったのだけど、もし38度の熱があったりして病院に駆け込んで行ったのだったら、こんな人いたらもう許せない感じかもなあ。

やっと私の番が回ってきて。なんか予想してたお医者さんと大きく違っててなんだか・・・若手ミュージシャンみたいな感じで(ちょっと米津さんっぽいかも)、しかも白衣でなく普通のスーツだったりしたので「本当にこの人は医者なのだろうか」とか思ったけど、さすがに普段子供を相手にしているせいか優しくていい人そうだったので、また行きたいな。でもちょっと家から歩くからもし本当にインフルになったら行けないかなあ、などと考えたりした。あ、注射はそこそこ痛かったわ。

7cfbe3d22ca14a95b42127122934a00a

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »