« 1個83円の卵でTKG | トップページ | 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン (ネタバレあり) »

2020年9月20日 (日曜日)

新日本フィル定期演奏会 サン=サーンス「オルガン付」他

D9160e43eb674250b2e547f680943cf2

Cf238d6540594ca7ac4907379feacc04

ストラヴィンスキー:バレエ音楽『カルタ遊び』
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 op. 78「オルガン付き」
沼尻竜典指揮/新日本フィルハーモニー交響楽団
實川風(ピアノ)石丸由佳(オルガン)
(9月19日 すみだトリフォニーホール)

音楽コンクールの最終戦に二度ほど行った他は、コロナのあと久しぶりに行った演奏会。本当は金曜日の初日に行く気まんまんだったのだが、休み明けが在宅勤務であいにく重たいパソコンを家に持って帰らなければならなかったのでその日は諦めた。コロナってこういうところでも弊害があるのねん(←たいしたことではないけど)。

コロナの影響で、客席はやはり千鳥格子状に座る感じ(席の緩和はしない模様)。まあほぼ埋まってた感。実は珍しく3階席を取ったので全体を見渡したわけではないけれど。ケチったお蔭で舞台の前のほうが手すりで隠れて見えず。指揮者やピアニストはあんまり見えなかった。しかし、「オルガン付き」は曲が曲だけに天から何かが降りてくる・・・ような神々しい感じがとても良かった。上のほうの席がいいこともあるよね。

そもそもこのコンサートはデュトワが振るらしかった。ピンチヒッターは沼尻さん。私の行くコンサートにしては珍しくポピュラーな曲目なため、場内歩き回ったけど知人には出っくわさず。まあ・・・そうかな。

オケの登場で拍手が起こるときと起こらない時があるが、この日はいつもより盛大な拍手が。テレビやネットなどで伝わってくるこのオケの苦難をみな知っているせいなのか。このご時世にコンサートを開いてくれた感謝と、お祝いの意味の拍手だったのかな。オケは弦楽器と打楽器はマスクしてるようだった(よく見えないけど)。管楽器はノーマスクで命がけ。

1曲目の「カルタ遊び」。ブリスの「チェックメイト」オネゲルの「ラグビー」とともに世界三大ゲーム音楽のうちの一曲だが(←大嘘)、私的には子供の頃ラジオでたまに耳にしたくらいであんまり熱心に聴いたことはなかった。私の頭の中ではピカソやブラックのキュビズムの絵画が踊っているようであった。

2曲目のリストのコンチェルト。小学生の時にショパンとともにリストが大好きだったのでこの曲もよく聴いてた。「これがリストだ!」という(企画物でよくありがちの)オムニバスの2枚組を持っていて、とくにこの曲とソナタがお気に入りだった。この協奏曲は第3楽章でトライアングルが活躍するので「当時の評論家からはトライアングル協奏曲と揶揄されていた」との解説をよく覚えている。

ソリストの實川風さん(風と書いてかおると読むのだよ)は中川大志系のイケメンだが(←適当に書いてみたが本当はよくわからない。異論は認める)先に書いた通り3階席であんまり見えなかった。オペラグラスも重くて置いてきたし。うう。ピアノは素晴らしかった。曲はぜんぜん違うけど、やっぱりこのところ足を運んで聴いたコンクールの人たちの演奏とは格が違うなと。盛大なる拍手のあとのアンコールは「火祭りの踊り」。オケに負けないくらいのカラフルな演奏。

こんなご時世でなければブラボー出るやつや。

休み時間のあと、メインのサン=サーンス。この曲はそんなに熱心に聴いたことはなく、もしかしてナマでは初めてかな(ちがったらすいません)。曲の個人的な印象としては、第1楽章の最初はブラームスやシューマンの交響曲みたいなドイツっぽい感じなのに、途中でパイプオルガンが荘厳に入ってきて、第2楽章ではなんかニュース番組のBGMみたいになって、そのうちピアノが華麗に入ってくるので「こりゃ、やっぱりフランス音楽っぽいかな」と思わせといて最後は壮大に終わる感じ・・・かな(なにそれ)。構成は交響曲の伝統とは外れて色々とユニークな曲だが、メロディは聴きなれた感じ。

大体の曲はそうだけど、この曲はナマで聴くべきだなと思った。私の席はオルガンのあるちょうど向かいにあったので、天井から光が降り注いで天使が降りてくるみたいな感じで心が洗われ、ちょっと泣きそうになった。最後は沼尻さんらしく壮大にもりあがり、釣られて聴衆はちょっとフライング拍手っぽくなってしまった。待ちきれなかったなあ。ブラボーが言えないのが苦しい。

 

大拍手の中 団員の方が大きな花束を貰ってたので、定年退職かな?と思った(あとでTwitterで調べてそうらしかった。お疲れ様でした)観客はアナウンスによりコロナ対策のために2回に分かれて退場したけど、すみとりの帰りで飲みに行かずにまっすぐ帰るのって珍しいのでなんか「あ~あ」って思った。ずっとクラヲタ談義をしていない。まあ、健康診断が1週間後だし何にしろダイエット中なのでちょうどいいかもね。


-----

イベントごとが復活しつつあり、コンサートやオペラの券を大喜びでたくさん予約してしまった。楽しみは楽しみだが、ちゃんとやるのかなあ。ちょっと不安だ。少なくとも自分は健康に気を使って死なないように気を付けよう。死んだらおしまいよ! 

読者の皆様もくれぐれもお元気で。最近訃報が多い・・・。

 

|

« 1個83円の卵でTKG | トップページ | 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン (ネタバレあり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1個83円の卵でTKG | トップページ | 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン (ネタバレあり) »