« こんにゃくダイエット | トップページ | 日本三大浮世絵コレクション(東京都美術館) »

2020年8月22日 (土曜日)

ピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナル

7dad54a9b6f14c9a8a8b5f278637d9db

1.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調
 谷昂登(ピアノ) 高校2年
2.ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調
 山縣美季(ピアノ) 大学1年
3.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調
 尾城杏奈(ピアノ) 大学院1年
4.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調
 森本隼太(ピアノ) 高校1年
岩村力指揮/東京交響楽団
(2020年8月21日 サントリーホール)

昨日、給与計算も終わり、午後半休を取った。そもそもピティナの特級ファイナルのYouTube実況を見たいために半休したんだけど、「サントリーでやるんならいっそ聴きに行ったほうがよくね?ナマで聴いたほうが感動もひとしおでは」という考えがふつふつと湧いてきたので、ピティナのサイトより予約。

しかし。何故かクレカの入力がものすごくめんどくさく(一個数字を入れると4つくらい勝手に数字が入る。しかも×で消すのが難しい)て途中でやめようかと思ったけど、なんとか購入。券はメールでバーコードが送られてくる。B席で3500円。コンクールにしては高いなあと思ったけど(だって前に日本音楽コンクールのファイナル行ったけど一等席で3500円だったとの記述)まあ、このご時世だからしょうがないかな。しらんけど。

このコロナ禍の中、まあまあの人の入り。もちろん、座れる席は千鳥格子だけど。観客はマスク必須、マスクをちょっとでも顔からずらしたりすると、すかさず係員から教育的指導。1人演奏が終わるたびに「鍵盤ふきふき隊」が登場し、鍵盤のすみからすみまで拭きまくる。コロナ対策は万全。

観客のほとんどの人はピアノ習ってる人か、その親か、出場者のご家族ご友人か、ピアノ教育関係の人かなあと。私みたいに「ピアノほぼ弾けないのにタダの物好きコンクール・ウォッチャー」の人はいるのかな。

それにしても。

コンクールどうこうより、生オケ聴くの久しぶり。しかも東響っつー。なんと有難いことだろう。今までコンサートなんてホントに日常茶飯事みたいな感じだったけど、オーケストラの人々を久しぶりに見てなんか泣きそうに嬉しかった。オケは別に遠く離れて座っているというほどではなく、弦楽器と打楽器の人はマスクしてた(指揮者も透明なやつしてた)。管楽器はどうしようもないのでマスクなし。管楽器命がけだ。

さて、演奏だが。私は特級セミファイナル(よく知らなかったのだがこのピアノコンペは特級、Pre特級、G級とあり、特級は年齢制限なしの最上級らしい)はネット配信で見たものの、実はあとのほうしか観てないので、森本さんと山縣さんしか観てないのである。どちらも素晴らしかったから観に行ったんだけどね。とくに森本さんはものすごい巨匠感を醸し出す演奏で、たいへんあどけない外見がまたギャップがある。

手短な感想
・谷さん トップバッターで若干硬さが見られた(と思った)が、スケール大きくこの難曲をよくまとめてた感じ。「男子」って感じ。

・山縣さん 今回唯一のショパン。「ラフ3だらけの水泳大会」の中、一服の清涼剤のよう。ピアノのタッチがきれいに揃っており、まるでコロラトゥーラソプラノのアリアを聴いているよう。本家のショパンコンクールでもあまりなさそうな美しさ、好きな演奏。セミファイナルの「アンスピ」もよかったなあ。

・尾城さん スキがなくまとまっており、最年長のためかさすがの安定感。コンクール向きか。(関係ないけど紹介文に「トルン交響楽団と共演」とあり、「あの、トルンと??」とちょっと嬉しくなった。)

・森本さん 最年少だがほんとにすごいスケール感。(私、すでに巨匠と呼んでる) ただ、ちょっとオケをドライブしすぎだし、私でもわかるくらいのミスタッチも多い。でもこの年で自分の世界を持っているのは凄いし、あまりない才能かと。何年後かにはメジャーな海外コンテストに挑戦してるのかなあ・・・と心が躍る。チャイコンなんてどうですかね。誰よりも礼儀正しくお辞儀が深いのもよい。

なお、女性軍は二人ともチャーミング(←いらない情報)。

私の予想では(というか、単なる演奏の好み)。
1位 森本さん
2位 山縣さん
3位 尾城さん
4位 谷さん

だと思ったけど、実際には
1位 尾城さん
2位 森本さん
3位 谷さん
4位 山縣さん
であった。

まあ、自分が初めて(配信で)見たコンクールがショパコンだったんだけど、その時に自分が好んでいた演奏をした人でなく「なんかあんまりすきじゃない演奏」だったアヴデーエワが優勝。ポーランドでも大きな話題になったけど、演奏のポピュラーさよりもコンクールでは「正確な演奏」が第一に求められるのだ、という事を知った。だから今回の審査は妥当だと思う。


Ada5cde757c4432ab06292b0475c77b5
(表彰式の写真は司会者によると撮っていいとのことなので載せるけど問題あれば消します)

優勝者には「スタインウェイ賞」として1年間楽器貸与。(2018年の優勝者、人気YouTuberのかてぃんさんは借りたスタインウェイがなじみすぎてそのまま買い取ったとな。YouTubeで弾いてるスタインウェイはそれなのね、と確認。)

会場の人と、配信で観てた人の投票で「聴衆賞」が与えられるのだが、こちらは私の予想通りの順位。ぶっちぎりなの最高。

Eab93ebf6b5a468ea684e1dab3a3a9c7
東響なので伴奏は本当に素晴らしく。あの長大でエネルギーのいりそうなラフ3を3回も演奏して大変だなとは思ったけど、こんな中、演奏会が開けて(いい演奏を聴けて)よかった。この日一番うれしそうだったのは指揮者だった。


|

« こんにゃくダイエット | トップページ | 日本三大浮世絵コレクション(東京都美術館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんにゃくダイエット | トップページ | 日本三大浮世絵コレクション(東京都美術館) »