« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月25日 (土曜日)

シュトゥットガルト歌劇場「神々の黄昏」(ネット視聴)

ワーグナー:「神々の黄昏」

Chor: Ulrich Eistert • Musikalische Leitung: Lothar Zagrosek • Regie: Peter Konwitschny • Bühne und Kostüm: Bert Neumann • Licht: Lothar Baumgarte • Dramaturgie: Werner Hintze, Juliane Votteler

Siegfried: Albert Bonnema • Gunther: Hernan Iturralde • Alberich: Franz-Josef Kapellmann • Hagen: Ruland Bracht • Brünnhilde: Luana DeVol • Gutrune: Eva-Maria Westbroek • Waltraute: Tichina Vaughn • Te three Norns: Janet Collins, Lani Poulson, Sue Tachell • Woglinde: Helga Ros Indridadóttir • Wellgunde: Sahrah Castle • Flossilde: Janet Collins • A Bear: Manuel Garcia
Staatsocherester Stuttgart
Staatsopernchor Stuttgart

シュトゥットガルト歌劇場のカミタソなので、てっきり石野繁生さんがグンターで出るのかと期待していたが出てなかった(がっかり)。でも、ずいぶん昔に「影のない女」の皇后で来日したルアナ・デヴォルがブリュンヒルデ、ウェストブロックのグートルーネということなので全部観ることに。途中洗濯したり料理したりで画面見てないところもあるけど。

このリングの他のはワルキューレしか観てないので「ドイツらしいよくわからん演出」という見識で観てたが、なんか一貫性がないなと思ったらどうも全部ちがう演出家らしい。今回はコンヴィチュニーの息子の演出。観客はこういうのに慣れているようで「ハア?」という感じでもなくブーもなく、拍手喝さいでスタンディングオベーションの客もいた。

そうですか。

最初のほうは「まあこんなもんかな」みたいな感じで見てたが、「いやあ・・・なにこれ」と思うのは最後の最後の自己犠牲で。あの長いアリアの途中で、死んでたはずのジークフリートが「あ、アレ?」ってな感じで起き上がり、指環をブリュンヒルデに渡してすたすたと退場。それからどうするのかな?と思ったら幕が降り、(ドイツ語なのでわからないけど、字面から見てたぶん)字幕でこれから起こることをつらつらと説明してあって、曲が終わるまで幕はあがることはなく。その間観客の表情をずっと画面で映していた。

最後のシーンが肝心なのではないのか。これいらないのか。こーゆー「おのおのの解釈に任せる」的なしたり顔の演出がだいっきらいである。ドイツ人ってなんで・・・。

途中途中は面白いところもあったんだけどな。グートルーネとジークフリートがエプロンしてケーキ焼いてたり・・・。

歌手は全体的にはまあまあ。女声はうまい。ルアナ・デヴォルの歌声が懐かしい(うるっ)。ダイナマイト・ボディのウェストブロックも相変わらず美しかった(ちょっとでっかいけど)。ジークフリートは最初のほうは「なんか・・・声が昔ながらのジークフリート・・・かな?」と思ったけど、グンターの家でスーツに着替えさせられてとたんに良くなった。顔はちょっとルネ・コロに似てるなと思った。声は残念ながら全く似てない。

びっくりしたのが(まあ大体びっくりなんだけど)、ヴォーンさんとかいう歌手がワルトラウテやってたんだけど、天井から釣り下がって出てきた。それがまあすっごい太ってた(120キロくらいありそう)んで、あれをささえる綱?針金は相当強いな、と思った。黒人さんらしく深い声でよかった。

退廃シリーズでお馴染みのツァグロゼクはよく盛り上げていたし、いい指揮だった。演出がああ・・・と思わなければ平均的によい上演だったのでは。なお、DVDで発売されてる模様。


----

本当なら、東京オリンピックだったはずなのだが。4連休は東京者らしくほぼ出かけず。友人から飲みの誘いがLINEであったが、こっちから返事を出す前に断ってきた。はあ、まあ・・・この時期に外飲みは危険。マスクせずに人としゃべるなんてできない。

ゴロゴロしているのも何なので、「もうすぐ会社の健康診断だから、ダイエットでもしようかな」と思い「在庫ロス掲示板」で見かけて気になってた「ヘルシーこんにゃくお楽しみセット」を購入。こんにゃくラーメンとかうどんとか、カロリーゼロのフルーツゼリーとかのセットである。しかし、注文してもすぐ届くわけではないので、届くまでの間のぶんをカルディや業務スーパーで買ってきた。実は業スーでもお取り寄せと同じものは売っているのだが(しかも安い)、お取り寄せのと違いあまりバリエーションがないし、何よりコンニャクは大変重いので(たくさん買うと)、やはりお取り寄せが正解。

わりと普通に美味しいのはカルディのこんにゃくそうめん。そうめんとしてではなく、ベトナムのフォーみたいにして食べるのにハマっている。ちゃんと鶏むね肉をお湯でゆでて、すうぷを取ってナンプラーとか入れて、具は干ししいたけともやしとカイワレなど。歯ごたえにこんにゃくっぽさは若干あるものの、おいしい。カロリーはほとんど気にしなくっていい(まあ、にわとりはカロリーちょっとはあるけどな)。最近のこんにゃく麺はほとんどこんにゃく臭くない。

056a721472ac4bc19b33d192fb7c7089

あと、普通の板こんにゃくと黒毛和牛(豊洲市場から取り寄せたシャトーブリアンのオマケでついてたちっさいやつ)2切れを一緒に焼いて、コンニャクに黒毛和牛の味をうつしてこんにゃくステーキにして食べたがなかなか美味しかった。まあこんにゃくだけ焼いて「ビーフステーキですう」と言って食べるのはなかなか難しいもんでな。

いつかこんにゃくパークにも行ってみたい。 


----

手作りマスクを手縫いしている半沢直樹。「ひと針縫ったら、ひと針の半分返す、半返しだ!」


| | コメント (0)

2020年7月16日 (木曜日)

蟹&生しらす丼を頂く

過去記事:ひつまぶしをを食べる

七色丼

今日はお仕事でとある営業所に行ったのだが、昼食に車で連れてってくれるというので迷うことなく「柏市場へ」と。東京に豊洲市場があるのと同じように(?)千葉には柏市場がある。(あまり知られてないけど)

行ったの6年ぶり。自力では遠いので仕事で営業所に行った時でないと行けない。メニューには色々とラグジュアリーなどんぶりや定食があったが、「蟹生しらす丼」をチョイス。


お店のおねいさんに「かになましらすどん下さい」と言うと、何故か「蟹生しらす丼?蟹しらす丼ですよね?」と言われたので、「ああ・・・もうきっと生しらすは旬じゃないのか。加熱したしらすかな。でもまあいいやしらす好きだし。」と思った。

でも、出てきたのはちゃんと生しらすだった。何なの??

Ad096dcc743545b38fe3ab45b556a07b

蟹と生しらす、どおおおおおん!!!!

3de0ea932d294f38ab784950bd95a759

いやもうホントに美味しかった。コロナのせいで外食あんまりしてないし、いくらお取り寄せ三昧だったとは言え、新鮮な魚介類に勝るものなし。「海!!海の味がする!!美味しい!!」と叫びながら食す。いや、カニが缶詰じゃないんですよ!!もちろん蟹かまぼこでもないし。生しらす丼て外食で初めて食べたけど、もうなんか海しか感じない。鎌倉かここは。


味噌汁とトマトサラダついてこれで千円(消費税外)。東京じゃありえないね。 

ご飯も美味しかったし、後ろに隠れてるガリも、たくあんも美味しかったです。もちろん玉子も。  

----

ついでに、先月に仕事で行った鹿沼で食べたソースカツ丼セットの写真も載せちゃう。 

A8e587b81b1a484d8b53b51fdd6d7862

普通の1.5倍のヴォリュームのソースカツ丼と、普通サイズのお蕎麦。これいくらだとおもう?

660円ですよ!

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火曜日)

「影のない女」を布教する女

NHKBSで放送された「影のない女」がめでたくちゃんと録画されていたので(まあ、心配なので結構リアタイしてたんだけど)、「これで素晴らしいこの公演が未来永劫見放題なのだ」という喜びに溢れてる。

が。

この名演を録り逃しちゃった人、見逃がしちゃった人が結構いるってTwitterで見かけた。

もったいない!!

というわけで、私はこの名演を家にある(東京オリンピック用に買っておいた)DVDに「影のない女」をコピーし、布教と称してこれから開催されるコンサートにおいて会った知り合いに配ることに決めたのさ。(売りません)

まあ、いらない人にはあげないし、別に会いたくない人にはあげないけど。

----

「影のない女」の前に放送されたウィーン国立歌劇場のドキュメンタリーで、私がいつも「名前の読めない(歌のうまい)中国のテノール」と言っている方が出演されていて、リゴレットのアリアを歌っていた。もちろん名前はカタカナで表示されていたのだが、さっぱり覚えられないので、やっぱり次回に見かけたときには「名前の読めない(歌のうまい)中国のテノール」と呼ぶのであろう。韓国のバス、ジョン・ミン・パークさんは覚えているんだけど。

| | コメント (3)

2020年7月12日 (日曜日)

METライヴビューイング/さまよえるオランダ人

C6d550886faf4eeb8623301f28733e94
ワレリー・ゲルギエフ指揮
フランソワ・ジラール演出
出演:エフゲニー・ニキティン、アニヤ・カンペ 、藤村実穂子 、フランツ・ヨーゼフ=ゼーリヒ、セルゲイ・スコロホドフ 、デイヴィッド・ポルティッヨ
メトロポリタン歌劇場
上映時間:2時間28分(休憩なし)
MET上演日:2020年3月10日(当初の3月14日から変更)
言語:ドイツ語

アグリッピーナに続き、鑑賞。どっちかというとアグリッピーナは観る予定なくてオランダ人は当然観る予定ではあった(藤村さん出るから)。ずいぶん公開は伸びていたようだが。

アグリッピーナに行った時は平日だったので観客は10人くらいだったが、昨日は土曜日だったのでまあまあ人は入っていた。小さめのホールで前3列くらい開けてほとんど入ってた感じ。でも、ご存知の通り映画館は千鳥格子状にしか座れないので、そんなに一杯な感じではない。隣に人はいないので、普通に映画を観るよりは快適・・・。と、うまくいけばいいのだがそんなでもなく。

一席開けて隣に座って男性が(たまーにそういう人いる)普通に「生活音がうるさい人」で。「んっ」とか「むむっ」とかたまにでちゃう人いるでしょ、病気とまではいかなくても。恒常的に咳払いする人とか。なんで、若干気になってしまった。ワーグナーじゃなければそんなでもないんだけど。

さて内容。演出はまあ、とにかくよく踊るなという印象。若干長い?あの序曲中も、ゼンタ(の替え玉のダンサー)がイナバウワーばりにのけぞりながら踊っている。アメリカ人はこんな序曲の間でも退屈なんだろうか。あと、女声の合唱の「ぶんぶん回れ糸車」のときも、糸車を回すような振付で踊っている。糸は上からロープがたくさん降りていてそれをもってぐるぐる振り回したりする。ぱっと見芥川の「蜘蛛の糸」みたいな感じか。

だが、まあメトは(ドイツの歌劇場みたいに)へんな演出はないので、安心して観られる。ぜんぜん普通である。演奏もゲルギエフだからすげえなあっていうほどでもなく、普通に良かった。歌手も平均的に良かった。カンペがメト初出演なのはびっくりだが、その昔観たリスベート・バルスレフのだんだん狂気を帯びてくる歌唱・演技がいまだに頭にあるので、ゼンタは意外とおとなしい印象。いつもながらゼンタのお父さんは(「フィデリオ」のマルツェリーネのお父さんとともに)「目的は金かよ!!」と思ってしまうけど、しょうがないのかな。エリックももうちょっとお金もちだったらね。

それにしても、藤村実穂子さんのマリーはもったいない・・・歌うとこ少ない・・・。ドイツやウィーンだったらマリーはないわ。次は「トリスタン」のブランゲーネとか歌って欲しい。「神々の黄昏」のヴァルトラウテもいいな。いやもう、実穂子さんの実演がまた観たいな。

オペラのほんものはいつになったら見られるのかな。こんなふうに映画もいいけれど、やはり思い切り拍手したりブラボーしたりしたいものである。

-----

家に帰って(演目的になんか物足りなさを感じて)、シュトゥットガルト歌劇場の「ワルキューレ」を鑑賞。「ラインの黄金」はなんか駅のトイレ?みたいな噴水みたいなところにたむろしてる娼婦みたいなラインの乙女たちに辟易して結局全部観なかった。「ワルキューレ」もいかにも「ドイツらしい」演出だし、デノケのジークリンデもベーレのブリュンヒルデもいかにもドイツのおばはん的なショートカットの髪型で可愛くもなんともない。映像見なければそんなに気にはならないのかもだが。ひところサヴァリッシュとともによく日本に来てくれてたヤン・ヘンドリック・ロータリングがヴォータンで、なんか懐かしかった。「ヴォータンの別れ」は何故かリモートで行われており抱擁もキスもなく、テレビ画面ごしの別れ。ソーシャルディスタンスか?「神々の黄昏」は石野さんは出演するのかな。

今夜はBSでウィーン国立歌劇場の「影のない女」の放映なので、ちゃんと録画できればいいな。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水曜日)

METライヴビューイング/ヘンデル・アグリッピーナ

60f19215363a4a0b8ced6a9a0d5dba94
ヘンデル:歌劇「アグリッピーナ」
ハリー・ビケット指揮
デイヴィッド・マクヴィカー演出
出演:ジョイス・ディドナート、ブレンダ・レイ、ケイト・リンジー、イェスティン・デイヴィーズ、マシュー・ローズ
メトロポリタン歌劇場
上映時間:3時間56分(休憩1回)
上演日:2020年2月29日
言語:イタリア語

バースデー休暇を取得(ただの有給)。ホントはバースデーは昨日だったのだけど、決算最終日のため取れず。天気悪いので家でゴロゴロしてる予定だったが、Twitter等でめちゃくちゃ面白かったなどという感想をたくさん見かけたので、予約して品川の映画館へ。家から15分でメトロポリタンに行けるなんて近いねえ。

映画館に行くの久しぶり。いつもは「またかよウザイなあ」と思う「映画泥棒」の映像さえ懐かしく。映画好きだからコロナ自粛中もネットで映画はずいぶん観てるけど、やはり映画館は迫力が違う。今は千鳥格子状にしか座れないようになっているけど、平日でしかもオペラなもんで全然混んでなかった。一日一回の上演ながら観客は10人くらいしかいなかったかな。他に上演してたのかしらんが、休日は大賑わいだったはずのシネコンが「死の都」みたいな風情。

はて、ヘンデル(ハンデル)のオペラはどこのカテゴリーに入れるべきなのか、と迷うところだが前に「アリオダンテ」の時にイギリスの作曲家に入れたので同様に。4時間もかかるのかあ・・・などと思ったが(ワーグナーだと6時間でも平気なんだが)結構大丈夫だった。っていうか、バロックオペラの形態をとった吉本新喜劇みたいである。「どうしたらこんなにちゃんとうまく歌ってるのにはっちゃけられるのか」という驚き。何百年も前の、あんなもこもこのカツラをかむった人が作ったオペラだということを忘れてしまうほど面白かった。

内容はまあ、ポッペアとかネローネとかバロックではおなじみのメンバーだが人が死んだりすることはなく、ハッピーエンドである。現代劇ふうにしてあるのでみんなスマホ持ってたり、アップルのノートパソコンとかが普通に使われている。長さを考えなければ、クラヲタじゃなくてもゲラゲラ笑って楽しく観られるように作られている。おおざっぱなあらすじしか見て行かなかったので本当はどういうのか知らないのだけど、居酒屋のシーンはとても楽しく観られた。ポッペアがベロンベロンに酔っぱらってたり、クラブのピアノ弾きがクラブサン弾いてたりとか。

前に「アリアドネ」の作曲家役で大変かっこよかったケイト・リンジーがネローネ役で出演。またもやズボン役ではっちゃけていたが、彼女の「女の人の役」を一回も見たことないので、私の頭の中ではこの人の性別は「男」としてインプットされている(ズボン役の先輩としてはフォン・オッター女史もいるけど、彼女も大体男役でしか見たことない。)。 リンジーはここでもかっこよかったけど(このカッコだとスマホの顔認証ができないらしい)、なんかヤク漬けのような役でコカインをキメたあとアリアを歌ったり、腕立て伏せをしながらアリアを歌ったりとか大変そうだった。

みんな大変素晴らしい超絶技巧を聴かせまくっていたが、タイトルロールの他に印象的だったのが太目のジュリア・ロバーツみたいな容姿のポッペアの役の人の熱演と、ナルチーゾ(だっけ?)役の人が頭はあんななのに(「陸王」のこはぜ屋の経理のおじさんみたいだなって思った)、声は大変美しい男声アルトで、ちょっとカスリーン・フェリアみたいでいいな、好きな声だなと思った。普段はどんな容姿なんだろうか。

なお、休憩時間に次回上演予定の「オランダ人」の予告をやっていて、物陰にたたずむマリー役の藤村実穂子さんを見かけたが、メトデビューとは言えなんでこんな端役なのかしら。次回はヴェーヌスとかクンドリーとかで見たいな、映画館でもいいから。あと、ミレッラ・フレーニの追悼としてちらっとアリアを歌うのが上映されたが(アドリアーナ・ルクブルール)、映画館の大音響で聴くととおーーーーーい昔に実演でミミを見聞きしたのを思い出し、ちょっとうるっと来てしまった。フレーニってすっごい声量なんだよね、ナマで聴くと。ちらっとフォン・オッターが司会者として出てきてかっこよかった(オルロフスキー役のとこなのかな?)。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日曜日)

びわ湖リング Blu-ray到着

A407557907c34ab6979760c4380efd2d

先月予約しておいた「びわ湖リング」が昨日届いた。「不良品があれば7日以内にご連絡を」とのことだったので、到着日に3月7日全曲と8日の半分くらいを見た。不良品ではないことを確認。(石野さんと池田さんが好きなので迷わず両方購入)

考えてみると、日本人の演ずるオペラの映像を買ったのは初めてだ。そもそも発売されたことあるんだろうか。無観客公演をDVD化するという提案(追加ギャラなしで)に反対した出演者は誰もいなかったということらしいが、考えてみると自分の一番いい時期の歌唱と演技を残してくれるなら、それはそれで歌手としては有難いことだと思うんじゃないかな。日本で活躍している歌手ならばなおのこと。石野さんなど海外のオペラハウスの専属ならば、まあ映像化はあるとは思うけど(コロナのお蔭でシュトゥットガルトから配信されてるのを見るし)。新国立劇場や二期会でさえ、映像ソフトは発売されているのを私は見たことないので(一般発売じゃなかったらもしかしてあるのかな?)、こんなにいい機会はないだろう。しかも神々の黄昏で。

届いたブルーレイは流石に映像が美しく、音も生配信とはくらべものにならないくらい良かった。しかしなんだろう、私は「びわ湖リング」の生の舞台を一度も観ないで終わってしまったもので、このカミタソの映像は「ホントにこれ舞台でやってるの?」くらいの恐ろしい違和感。まるで特撮の映画みたいである。ワルトラウテはちゃんと馬に乗って飛んでくるし、ラインの乙女はちゃんと泳いでるし。なんかもう・・・オペラ上演とは異質の、何か違うジャンルの新しいカルチャーみたいな。古いのに新しい。ワーグナーの頭の中にあった映像がここにある。

日本語の対訳がデフォルトで出てくる(英語とか中国語とか選べない)ので、残念ながら英語圏の人は英語の対訳を観ることはできないのだけど、それでも海外の人に広く見せてあげたいな。例えば上野のハルサイの時のリングだってわざわざ中国からいらっしゃった方もいたし。

まだ全部観てはいないのだけど。歌手の印象としては7日はベテランの味(ブリュンヒルデ以外は)、8日は若さあふれる感じ。ブリュンヒルデは(全く私の印象だから異論は認めるけど)ミュターさんはヴァルナイ系、池田さんはリゲンツァ系かな。グンターとハーゲンは圧倒的に石野さんと妻屋さんが素晴らしい(いやこれ世界に誇れる歌唱でしょ)けど、8日組も若々しくてカッコイイです。どっち買うか迷っている方は、どっちを買っても多分後悔はないと思うけど、必ず「両方買えばよかったかな・・・」という気持ちになると思うよ。


あ、選挙は行きましたよ。当たり前じゃないですか。福島県民の血を引く者としては。

5d33ae601de6415e8499a910733d1ca0

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »