« おうちでクラシックその13 | トップページ | おうちでクラシックその15 »

2020年4月 8日 (水曜日)

おうちでクラシックその14

緊急事態宣言なるものが発令されたので、本日は自主的に会社を休んでおうちに引きこもってる。しかし仕事はあるので明日はちゃんと会社行くけどさー。別に会社も仕事も嫌いではないけど(もちろん好きでもないけど)、何がイヤだって朝の電車通勤が無理。普段より30分は早く出ているのでギュウギュウというほどでもないけれど、他の乗客との距離は20センチくらいだ。これは濃厚接触と言えよう(何故ここでコーホー)。

まあ大体の人は電車の中でマスクして黙って乗っているものの、たまーにアタマのおかしい人いるからやなんだよね~。べちゃくちゃしゃべってるJKとか、キタナイ咳払いしながらしゃべってる男女とか(毎朝同じ電車に乗り合わせてしまうので避難する)。こないだは電車の中ででっかい声で携帯で電話しながら歩いてる若い男がいて(マスクなし)、足を引っかけて転ばしたろうかと思った。

派遣の友人は6割の時給で自宅待機だそう。お金が減るのは困るけど羨ましい。命あっての物種。(ところで、ずっと私は「命あってのものだね!そうだね!イエ~!」みたいに勘違いしていた。)

昨日、某ドラッグストアにゴミ袋とキッチンペーパー買いに行ったら、レジのおねいさんにこそこそっと「マスク、入ってますよ。丁度今箱から出してるとこ」と言われて、5枚400円弱で「ちょっと高いな」って思ったけどユニチャームのいいやつだしせっかくなんで買ってきた。なんかなじみの飲み屋で「ダンナ、今日はいい酒入ってますよ」とか「今日はいい馬刺しが・・・」とか言われてるみたいでなんかおかしかった。まあ、ポイントカードのポイントで買ったんで実質タダだけどね。

<配信鑑賞記録>
1.「西部の娘」メトロポリタン歌劇場 デボラ・ボイト他
・東尾理子さんのことではない(それは西武)。プッチーニでもあんまり人気のないオペラだが私は観るの初めて。曲は昔のハリウッド映画みたいで大変素晴らしいと思うんだけど目立ったアリアがないというのが難点。ところでアメリカ人がこのオペラを観るのってもしかして我々が「蝶々夫人」を観る時の若干恥ずかしい?居心地の悪い(なんかちょっとカンチガイ日本みたいな)感はあるのかなあ。

2.「オテロ」ザルツブルグ復活祭音楽祭 ティーレマン/ドレスデン ホセ・クーラ他
・歌手や演奏が超一流なのは当たり前として、お衣装がクリスチャン・ラクロワなので大変素晴らしい。合唱団一人ひとりのお衣装のフリルや刺繍が素晴らしくてお金かかってそう。セットも白黒で簡素でこれくらいでちょうどいい。オテロ役はこないだ観たグールドのほうが良かったな(声が)。

|

« おうちでクラシックその13 | トップページ | おうちでクラシックその15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おうちでクラシックその13 | トップページ | おうちでクラシックその15 »