« ベートーヴェン/フィデリオ・原典版(レオノーレ) ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング | トップページ | モニューシコのオペラ「ハルカ」NHK-BSで放送! »

2020年2月 9日 (日曜日)

ヴェルディ/オテロ  ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング

Otello-styanova-und-gould

Giuseppe Verdi Otello
Dirigent Jonathan Darlington
Regie Adrian Noble Ausstattung
Dick Bird Bühneneffekte
Basil Twist Licht
Jean Kalman Kampfmeister Malcolm Ranson
Regieassistenz Joanne Pearce
 
Otello Stephen Gould
Jago Carlos Álvarez
Desdemona Krassimira Stoyanova
Emilia Bongiwe Nakani
Cassio Jinxu Xiahou
Roderigo Leonardo Navarro
Lodovico Ryan Speedo Green
Montano Clemens Unterreiner

ぼくらのヘルデン・テノール、スティーヴン・グールドがオテロを歌うというゴーカ版。有名歌手のタイトルロール、人気演目だからさぞや券を入手するのは大変だったろう。しかもデスデモーナはストヤノヴァ、イヤーゴは昨年新国でジャンニスキッキ歌うのを見聞きしたアルヴァレスである。(アルヴァレスは終演後25年だかウィーン国立で歌ったのを監督に表彰されてた・・・たぶん。「25年以上もここで歌ってるのにドイツ語喋れなくてごめんね」とか言ってた。)


グールドは日本によく来てくれてワーグナーの諸役を歌うのを見聞きしているのでいつも思うのだけど、ガタイが大きいので「普通の人の何倍もの布がいりそうだな」と思う。たとえばシャーガーとレパートリーが被るから同じ役を歌うことは多そうだけど、全然材料費が違いそうだ。

しかし、いつものトリスタンやジークフリートと違う、イタリアオペラなので、髭をたくわえてオテロの衣装を着て歌っているグールドは何だか巨大化したドミンゴみたいだった。いや、声質は全く違うんだけども。

それにしてもまあ、基本は人種差別が主題の物語なのに、あまりに色々な民族が入り乱れていてぱっと見頭が混乱しそう。ムーア人であるはずのオテロがアメリカ人、デスデモナがブルガリア人・・・とまあここまではいいとしてエミーリア役の人は黒人、カッシオがアジア人。他に作業をしながら耳だけで聴いていると全く違和感はないんだけど。

とくに混乱をきたすのがカッシオ役のJinxu Xiahou(読めない)。外見はいかにも気のいい中国人と言った感じで、横浜中華街でにこにこして北京ダックとか作ってたら似合いそうな感じ(←激しい人種差別ごめんなさい)なのに、声だけ聴くと「西洋のイケメンテノール」にしか聴こえない。すっげー美声。この違和感をなんと伝えよう。ウィーンでは普通にロドルフォとか歌ってるみたいで大活躍のようだ。名前なんて読むかだれか教えて。


いやまあ、端役に至るまでみなさん素晴らしい歌唱であったので堪能した。グールドはもちろん凄い嫉妬心をあらわにしたさすがドラマティコねみたいな歌唱だったんだけど、デスデモナのストヤノヴァがほんっとにね、ほんっとに素晴らしい。泣けるわあ。ザルツブルグでダナエ歌ってた人だね。

普通にスペクタクルな演出も素晴らしい。幕が普通のと違うオテロ用のキンキラキンの幕で、前奏が始まったとたんに幕が落ちる演出がかっこいいし、そのあとの嵐の演出もロシアアバンギャルドの映画みたいでかっこよかったし、指揮者の(白髪イケオジの)ダーリントンが嬉しそうに出てきて老眼鏡かけて颯爽と指揮棒を振るタイミングが何よりかっこよかった。盛り上げ上手な指揮者だ。少年少女合唱団も美しく可愛かった。

-----

足の指を骨折して3週間くらい。今や全然痛くないし普通に歩いているので「実は医者の見間違いで骨なんか折れてなかったんじゃないか。」と思いつつ昨日病院に行った。「診察とは名ばかりで本当は毎週ちゃんと更新されている週刊文春を読みに行っているだけ」みたいなスタンスだったのに、レントゲン撮ったらぜんぜん治ってなかった。前よりヒビがはっきりしているみたいだった。会社はしょうがないから通ってるけど、休みの日は近所に買い物くらいしか出かけられない。いつものように日本橋に映画観に行ったり、演奏会に行ったりしたいものだがなんか怖くてねえ。

家でヒマでしょうがないので熱帯魚を飼ったりするソシャゲにハマったり(課金はしない)、「女子高生の無駄遣い」のドラマとアニメを見比べたり、なんかもう本当に時間の無駄遣いだなあと。早く治ってほしい。

|

« ベートーヴェン/フィデリオ・原典版(レオノーレ) ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング | トップページ | モニューシコのオペラ「ハルカ」NHK-BSで放送! »

コメント

Jinxu Xiahou
シャホウ・ジンシュ と書かれたのを見つけました。
合ってるのか良く分かりませんが…

投稿: p | 2020年2月 9日 (日曜日) 20時46分

>>pさん
お調べ頂きありがとうございます。
「X」で始まる名前って、クセナキスくらいしか思い浮かばない・・・。

投稿: naoping | 2020年2月10日 (月曜日) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベートーヴェン/フィデリオ・原典版(レオノーレ) ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング | トップページ | モニューシコのオペラ「ハルカ」NHK-BSで放送! »