« Leiden nach dem Sturm | トップページ | マスネー/「ウェルテル」ウィーン国立歌劇場ライブストリーミング »

2019年11月 2日 (土曜日)

映画「名探偵ピカチュウ」

Pikachu1 

auビデオパスのコインが切れるので、無理やり決めて鑑賞。映画館で観てなかったんで。

ポケットモンスターのハリウッド実写版。私はポケモンゲーム世代ではないんであんまり詳しくはないのだけど、前にポケモンGOにハマっていてかなりのメジャーポケモンをゲットしていたので(携帯を機種変したのでそれからやってないけど)、大体の有名どころのポケモンは知っている。だもんで「あ、ベロリンガだ」「フシギダネ可愛い」とか「ミューツーって・・・悪いポケモンだっけ?」とか自然な感じで見てた。

けど、多分・・・ポケモンに何の関係もない人生を歩んできた人が見ても何のことやらわからんと思う。

感想としては、観終わったあとは「(ぜんぜん期待してなかったけど)意外と面白かったなあ」という感じ。ただ、前日テレビでやってた「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」が面白過ぎて(3~4回観てるんだけど)それには遠く及ばないな、とは思った。

ただ、主人公のお父さん役の俳優さんがめっちゃかっこよかったんでそれはおすすめ(なにそれ)。それと、ネット等で言われている通りもふもふのピカチュウは大変可愛い。たまに顔にしわを寄せてシブイ顔をするのもよい。とある理由でおっさん声でしゃべるのもよい。

映画とは関係ないんだけど、またポケGOを入れて休日走ったりすれば、健康診断に引っかかったりしないのかな、痩せるかな、とか考えてしまった。いまだにレアポケモン出るとか?で会社の近くの駅前で人がわらわらと集まっているのを見ると、意外とみんなまだやってるんだなあと。

―――
9月にあまり残業しなかったので(さぼってたわけではない)、先月の給与が何時もより増して恐ろしく安く、しかも会社移転でトンでもなく通勤費が高いのでその関係で相変わらず社会保険料が高い。なのに前に書いたようにパラリンピックの開会式と閉会式に当たったり(嬉しい反面、値段が恐ろしい)、他に金のかかる事案が発生したので(「もしかして、アレでは?」と思ってもここには書かぬよう、競争率高くなるから。もし書いたら消しますよ。Twitterに「券取れるかな」とか書く人の気が知れない。券取りたかったら黙っててほしい)、衣食住のうちの「衣」と「食」を削ることに。「住」は削れないんで。

「衣」は買わない、欲しかったら作る(洋服はバーゲンなどで買ったほうが安いので最近は作ってないけど、偽パールのネックレスを自作したり、会社にもっていくカバンをカーテンの余り布で作ったり)。

「食」は、友人に誘われて飲みに行くのはまあ許すとして(人にもよるが)、外食はしない。なるべく人と会わない(誘われたらホイホイ行くけど)など、自分できまりを決めたりしている。

最近は「1日の食費500円くらいで収める」をやってる。「そんな無茶な」と思われるかもしれんが、結構なんとかなるもんである。あくまで「くらい」なんでそんなきゅうきゅうなものでもないんだけど。

朝は1斤100円しない食パンを一枚と、かっぷすうぷ。昼は10個入りで280円くらいの冷凍焼きおにぎりを3個と前日の残りの野菜いためとか業務スーパーの安い揚げ物とかを詰めて持参(150円くらい?)。夕飯は5食で285円?の「日清のラーメン屋さん」にもやしや豆苗をニンニク・生姜・ウェイパーもどきで入れて炒めて乗っける等。

豆苗はあんまり好きではなかったが(なんか意味もなくグリンピースっぽい味なので)、栄養があるらしいしたくさん入って100円くらいなので最近わりと食べている。卵と炒めると結構クセが隠れて美味しいのでおすすめ。昨日は安い木綿豆腐とかと炒めてチャンプルーにして食べた。

毎日のお買い物や電話代などでauのポイントがまあまあ貯まったので、そろそろポイントを使って映画でも観に行こうかなあ。もちろんauマンデーかレディースディで。

こんなに生活を切り詰めている一方、たあくさん儲けてるくせに社会保険も払わず税金も納めない人がいるなんて、どうして。100円200円の課税とかの計算をしてちょびっとの給料もらってほそぼそと暮らしてるのになんか悲しくなる。あと、毎年外国行く人どうやって暮らしてるのか不思議だ。まあ、私も実家暮らしの時は毎年海外行ってたけど。

まあ、オペラやコンサートは普通に行きますのでご心配なく(←誰も心配してない)。

|

« Leiden nach dem Sturm | トップページ | マスネー/「ウェルテル」ウィーン国立歌劇場ライブストリーミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Leiden nach dem Sturm | トップページ | マスネー/「ウェルテル」ウィーン国立歌劇場ライブストリーミング »