« 我が家にマキタラジオがやってきた | トップページ | 最近のアマオケ鑑賞状況。 »

2019年9月25日 (水曜日)

映画「見えない目撃者」

Mianai

レディスデーなので映画鑑賞。土曜出勤の代休が火曜日に取れなかったので今日半休取って。しかしRー15のせいか若干女性は少な目で何故かスポーツ刈りの制服男子高校生多数。主演の吉岡里帆ちゃんがそんなに高校生男子に人気があるのかは謎なんだけど。吉岡さんのバディ役の高杉真宙くんは女子高校生に人気なんじゃないかな?と思ったりもしたが。そーゆーの疎いのでしらないけど。

この映画は韓国映画「ブラインド」のリメイク。その後中国でもリメイクされたそうなのでよっぽど元の映画は評判よかったのかなと思った。私はどっちも観てなく、前勉強は予告編くらいだったんだけど、予告を見てあまりに面白そうだったので(サスペンス・ホラー大好き人間だから)、迷わず鑑賞。でも、実はサスペンスもホラーも大好物なんだけど、いかんせんスプラッタがダメでねえ・・・。だからR-15なんだろうけど。具体的に言えば身体切り刻む系のホラーである。しかしまあ、私が目を覆わずにみられる程度のスプラッタなので、そんなに恐れるほどではないと思う・・・私はちなみにグリーナウェイがダメだ。

だいたいのあらすじは・・・警察学校を首席で?卒業したばっかりのヒロインが、弟を乗車させて車を運転しているところで、ちょっとした不注意で事故を起こしてしまい、弟は死亡、自分は失明、警察は自主的に退職。弟を殺したという罪に苛まれながら生活を送っていたところ、病院帰りに盲導犬と歩いていたところたまたまスケボー高校生と自動車の接触事故を目撃(見えないから耳で聞いただけだが)。そこで車に乗っていたと思われる若い女性の声を聞き、「これは何らかの事件なのでは」と警察に行くが盲目の人の目撃?談ということでなかなか信じてもらえず。そしてスケボー高校生と協力して真犯人を追い詰め・・・というような感じ。

前記のようにまあまあのスプラッタなのでそういうのが苦手な方にはお勧めしないが、伏線が気持ちよく回収される系はお好きな方はかなりお勧めする。そして今までなかなか作品に恵まれない感じの吉岡里帆ちゃんがやっと代表作と思われる作品に出会えた感じで(全然ファンではないのだけど)とても良かった。かなりの熱演で頑張っている。バディ役の高校生役の高杉真宙君はこの映画に出るためにスケボーを猛練習したとのことで「役者も大変だな」と思った。だって「たまたまスケボー得意だからこの役の抜擢された」わけでもないんだろうしね。

サスペンスなのでネタバレはしないけど、かなり面白かった。だが・・・私のように「相棒」ファンだと、日本の警察は優秀で、どんなボンクラな警察署でも右京さんのような優秀な刑事がいて事件を解決してくれる、っていう妄想があるので、こんなボンクラな刑事・・・と思うとちょっと悲しくなった。なんかもう、わりと簡単に殺されてしまうんでこないだのタランティーノの映画より残酷な感じ。まあ「ワンハリ」はPGー12(保護者同伴ならOK)だしなあ。

観客はみんな固唾をのんで見守っていたし、クライマックスで全くの無音になってしまうところでは誰も音一つ立てなかった。終わって出口に向かう通路で高校生男子たちは「すっげー・・・怖かった。緊張した。」などと話していたのでウケはよかったのではないか。私もかなり緊張して観てたので手汗かいてしまった。実はそのあと(余力があれば)ホラー映画の「アナベル」をはしごする予定であったが、余力がなく疲れてしまったので別の機会に。

あ、あと盲導犬ちゃんが活躍するので犬好きにもあすすめ。

----

最近、亀有が大好きでよく行くのだけど。亀有アリオはシネコンもあるし駄菓子屋もあるし一通り流行りのお店があるし、業務スーパーも向かいにあるし。それも楽しいがちょっと通りの横道にそれると昭和っぽい八百屋さん(腰の曲がったような高齢のおばあちゃんが働いていたり)や、昔からあると思われる漬物屋さん(ハカリとかがね、昔のなの。樽みたいのに漬物が漬かってたりするの)があったりとても懐かしい。小学生のときお母さんに夕飯の買い物に連れられてきたような商店街がある。とてもいいところだ。寅さんの新作が公開されたら(というか、亀有の映画館でしか予告を見たことないんだけど、本当にやるのかな)亀有で見ようと思う。そうそう、初めてアリオの隣の神社に行ってみたけどおみくじは大吉だった(関係ないけど)。

 

|

« 我が家にマキタラジオがやってきた | トップページ | 最近のアマオケ鑑賞状況。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家にマキタラジオがやってきた | トップページ | 最近のアマオケ鑑賞状況。 »