« 映画「天気の子」(すがすがしいほどネタバレあり) | トップページ | IKEA に行けや(カーテン作ろう) »

2019年8月24日 (土曜日)

劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜(初日舞台挨拶ライブビューイング)※ネタバレなし

Ossan_movie
会社があまりにヒマなので(いつも残業60時間越えだったのに何故)、午後半休を取得。来月上映される「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のチラシを貰いたかったので、いつもの亀有の映画館へ。もしかして予告をまた上映するかもしれないし。(ヴァイオレット・・・のチラシは大変美しく、額装してもいいくらいだったが、文章が少なく絵ばっかりで内容がほぼ不明。わかるヤツだけ観に来いって感じか。テレビアニメ版は全部観たので映画も行くけどね)

昨日(8月23日)がおっさんずの映画の初日。舞台挨拶が日比谷TOHOであり、抽選はとっくに終わっているためここでの鑑賞は夜になってしまうし、大好きな日本橋TOHOも昼間の分は残り少なかったので、このところよく通う亀有で観ることに。亀有を含めて全国の主要映画館で上映後(または上映前)の出演者舞台挨拶の生中継があった。どんなもんか観たかったんで。

ドラマ放映中は夢中になって観てたし、聖地巡礼したり公式本まで買ったりしたけど、言うまでもなく私のブームは嵐のように過ぎ去るので(平均3か月)、今はそんなに熱狂的にファンでもない。田中圭氏のドラマも実は・・・最近観てない。どうも私は田中圭氏が好きというより「はるたん」が好きなのかな、と思う。

亀有の映画館は私の行った回は満員というほどでもなく、前の方は3列くらい空いていた。ここはニューファミリー層が多く集まるショッピングモールの中にあり、このような内容の映画なのに小学生を含む家族連れも何人か。ちょっとおしゃまな(死語)女子小学生が見たがって家族連れで来たのか、おっさんずの民(たみ)のママが無理やり家族連れで来たかどっちかかな。あとは夏休みの女子高生の二人連れとか、ちょっと年齢の上の女性たちの民が多数。

「民」の女性はネット等で見たところ「イベント等で初対面の民に出会ったら”わんだほう!”と挨拶すれば”わんだほう”と返してくれる」ということだったので、私は初対面の人に話しかけられるのが苦手なのでちょっとビビりながら参加。「話しかけるなオーラ」を一杯にして鑑賞。ただでさえ道を聞かれたり、駅では電車の乗り方を聞かれたりする(親切そうな)外見なので戦々恐々としていた。

映画は・・・まあ始まったばっかりなのでネタバレは避けるけど、あの懐かしいおっさんずの世界が戻ってきたようで懐かしくて胸がいっぱいになった(一年しかたってないんだけど)。「はるたん」は相変わらずの「はるたん」で、やっぱりこれは田中さんの最高の当たり役だと思った。以前より少し醒めた目で見られたので正直に感想を述べると、「(脚本のとくおさんも監督のるとーさんも)すごく頑張って作っているが、頑張りすぎ」な感じだった。日本映画の常として、TVドラマを映画化するとスケールが大きくなりすぎて「なんか、ドラマのほうがこじんまりしてていいかも」とか思ってしまう。大好きなドラマ「相棒」も映画が作成されると必ず映画館で観ているが、やっぱりそのように思う。「おっさんずラブ」というよりは「バックドラフト」とか「ターミネーター」みたいな感じ。

とは言え、このおっさんずの映画はとても面白かったし(普段映画ではそんなに笑わないがかなり笑った)、みんな楽しんで作ってる感もありなんか「別の世界にいる自分の家族」を見ているみたいな不思議な感覚だった。ただ、ドラマを見てない人が突然映画館で観て楽しめるのかなあとは思った(わかるようにはつくってある)。自分が生活に支障が出るくらいハマったからそう思うのかもだけど、やはりドラマのほうを何かネットで全部観てから観に行ったほうが数倍楽しめるのではとは思う。あの「間の絶妙さ」は他の作品では出ないし、このシリーズ独特のものである。

あと、何日か前「アメトーーク」で観たのだが「おっさんずラブ大好き芸人」のおかずクラブのオカリナさんが、この映画出演のオファーを受けたが、「おそらく映画になったら何回も映画館に通うことになるので、そこに自分が登場したら正視できないから断った」そうで、もったいないなと思いつつも、「もし自分だったら」と考えるとそれは正しいなと思った。相方のゆいPさんが代わりに出演しているが、全くの想像だけどゆいPさんのほうが役に合ってた感じはする。

舞台挨拶は「あ、こんなふうに中継するのか」というのがわかって面白かった。今回初参加の志尊淳さんが「今年、ファンの女の子のお父さんから手紙を頂いた。娘さんは亡くなってしまったけど志尊さんのことを生きる糧にして頑張ってた」みたいなことをおっしゃってて、そのあとこの役(山田ジャスティス)のオファーがきたとのことで「へえ、そんなことがあったのか」って思った。ネタバレになりそうなので詳しくは書けないけど、役柄とかぶるエピソードなためこのオファーは運命の出会いだったのかな。

あと、部長役の吉田鋼太郎さんが「この春田役は田中圭の代表作として、『男はつらいよ』の寅さんシリーズのようにシリーズ化すればよいと思う」とおっしゃっていて、たまたまだけど寅さんのお膝元の葛飾区の映画館でこれを言われたので私も運命を感じた(こじつけ?)。だってさ、この映画館て他ではやらない「男はつらいよ」の新作の予告編を毎回やるし、今回は違ったけど「上映前のご注意」は寅さんのアニメでやるんだよ。ただ・・・今の若者が「寅さん」を知っているかは微妙だけど。(こないだのコミケで「何のコスプレかわかんないけどイケてるおっさんを撮影した」とか言って寅さんのコスプレの写真をtwitterで挙げてる子がいて、「寅さん、わかんないんだ」ってショックを受けたんだった)

まだ上映始まって二日目だけど、すでに大ヒットの予感なので、「これでおしまい」にせずに何度もやってほしい。牧春の結婚式をするまでは。元「民」として生暖かく見守りたい。あと、まっしーお気に入りの学大のソフトクリーム屋を探したい(実家の近くか)。

(映画「おっさんずラブ」の主な内容を画像で表すと)

Ossan_movie1

Ossan_movie2

Ossan_movie3

Ossan_movie8

Ossan_movie4

Ossan_movie6

Ossan_movie7

-----

あれほど「話しかけるなオーラ」を発していたのに、となりの女性(40代か50代か)が上映前もしきりと「話しかけたいオーラ」を発していたので恐れていると、やっぱり上映後話しかけられた。せっかく映画の余韻に浸っていたのに「あの、ちょっとお聞きしたいんですけど、あの座席の横にあるピカピカ光っているのは何なんでしょうか。私、上映中ずっと気になってしょうがなかったんですけど。何でしょうね?」などと。私は「ごめんなさい知りません」と答えたけど、あとで調べたら(いや調べなくても)暗闇で移動するお客さんのためのもののようだ。そんなの係員に聞いて下さい。

|

« 映画「天気の子」(すがすがしいほどネタバレあり) | トップページ | IKEA に行けや(カーテン作ろう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「天気の子」(すがすがしいほどネタバレあり) | トップページ | IKEA に行けや(カーテン作ろう) »