« オーケストラ・ダヴァーイ 「アレクサンドル・ネフスキー」 | トップページ | 貧乏でも美味しい鶏胸肉サラダ »

2019年8月15日 (木曜日)

映画「ライオン・キング」

Lionking-2

(はじめの方、まるでこの映画とは関係ないことが書いてありますので、感想を読みたい方はすっとばしてください)

仕事が暇だったので急遽半休を取って映画館へ。水曜日だったので1200円(なんで1100円じゃないの亀有)。お盆休みということで(世間は)ちびっ子たちと親子連れでめちゃ混みであった。しかし、亀有の映画館のあるショッピングモールはとっても楽しいところだ(と初めて気が付いた。いつも残業終わったあととかしか行った事なくてね)。駄菓子屋さんありいの、亀有派出所の世界観を実現しているゲームセンターありいの、タワレコはあるし(クラシックはない模様)、300円ショップはあるし、まあ、何よりシネマコンプレックスあるし、亀有に住みたいと思った。おまけに大好きな業務スーパーも近くにあるんだぜ。まあうちの近くにもあるけど、いつも売り切れて見たことないトッポギ(韓国の円柱状のお餅。甘辛く煮ると美味しいんだよね)も余裕で沢山売ってるしさー。なんかウチの近所の普通のスーパーで買ったトッポギさー、袋を開けた翌日からなんかアルコール臭がするんだよね。なんでだろう。ま、亀有から家までトッポギの業務用の大袋を買って電車に乗る気はなかったんで買わなかったけどさー。ああ、トッポギ食べたい。

14b48d0c8fd04ce2ba36179957fa577f 

それはさておき。私は人生初ライオン・キング。アニメ版みたことないし、劇団四季のミュージカル版ももちろん見たことない。今回初CG版とのことだが、全く筋書も知らないで臨んだ。でもまあ、子供も観るような映画だし、たまたま時間的にぴったりだったのが吹き替え版だったんで、何が何だかわからないということはない。

しかしまあ、「ジャングル大帝」とやっぱり似てるなあ。マンドリルとか、あの側近の鳥とか、イボイノシシとかジャングル大帝にも出てこなかったっけ(薄い記憶)。

あと、ディズニーのアニメ版は観てないのでわからないのだけど、アニメ版はライオンやハイエナの区別はもっとつくのかな。なんだかCG版はみんなリアル動物なので(毛並みとかすごい)、ライオンとハイエナ、しゃべってる声を聞かないとどの役の動物かわからん。ただでさえ外人の顔と名前の区別がつかない人なのに、結構これは・・・。こんなもんなんだろうか。とくにメスライオンは(おかあさんもナラも)どっちかわからん。辛うじて悪役のライオン、スカーだけはボロボロな毛並みなのでわかったけどさあ。ハイエナに至ってはオスかメスかもわからない。

とはいうものの(?)、こないだの「トイストーリー4」のチョコプラもそうだったけど、漫才師さんのディズニー映画の吹き替えはこのところ結構当たりであると思う。漫才師ミキの弟さんのほうがミーアキャットのティモンの声をしているが(何故選ばれたのだろう、オーディションかな)、なんとなく顔も似ているしなかなか自然でよかった(つか、動物しゃべるのって自然じゃないんだけど)。

それと。福田監督ファミリーの俳優さんは大好きなので、やっぱり主人公シンバ役の賀来賢人さんと佐藤二朗さんの共演はいろいろ嬉しい。声だけ聞いているとこの二人はまるで「今日から俺は!」を見ているようである。佐藤二朗さんはイボイノシシの役なのだが・・・なんというか(ごめんなさい)もう後半は佐藤二朗さんにしか見えなくなった。セリフの間とか、もう普段の佐藤二朗さんだ。大仏の恰好して出てきてもいいと思う。

というわけで、感動もなにもなかったんだけど(なにそれ)、佐藤二朗さんのファンは是非吹き替え版でご覧になるよう、強くおすすめする。映画はなかなか面白かった。なるったけでかい画面で観た方がいいね、まあどの映画でもそうだけど。(「アラジン」「トイ4」「ライオン」立て続けにディズニー映画を早々と観たけど、どれがよかったかなあ・・・。)

ところで、いつ「心配ないさ~~」って歌うのかな、って待ってたんだけど歌わなかった。アレ、劇団四季じゃないとやらんのね(←ミュージカル素人)。

-----

あとで気が付いたのだけど。もうすぐこの映画館でもやるはずの「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のチラシを貰うのを忘れていた。あまりにも混んでたんでそれどこではなかった。まあ、ネットフリックスでぶっ続けで半分観ただけのニワカだけど。でも一応あの事件の前から観るつもりだったんだよん。テレビ画面でみてもめっちゃ画像が奇麗だしめっちゃ泣けるけど、映画館では号泣しそうで怖い。

|

« オーケストラ・ダヴァーイ 「アレクサンドル・ネフスキー」 | トップページ | 貧乏でも美味しい鶏胸肉サラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーケストラ・ダヴァーイ 「アレクサンドル・ネフスキー」 | トップページ | 貧乏でも美味しい鶏胸肉サラダ »