« マーラー/交響曲第一番 インバル/ベルリン・コンツェルトハウス | トップページ | 映画「ウインチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」を見ようと思ったら。 »

2019年7月20日 (土曜日)

映画「トイストーリー4」

Toystory4

日本橋tohoにて友人と鑑賞。事前に世間の感想を見たのだがかなり賛否両論。しかも否が多い気がする。しかし、休日で公開したばっかりということで映画館は大変混んでいた。事前にポップコーン買う予定だったのに、たくさん人が並んでいて買うのをあきらめたほど。

なお、普通に吹き替え版で鑑賞。というかオリジナルで観たことないんだけどトイストーリーシリーズ。

なんか意外とバッドエンドで暗い気持ちになったらどうしよう、とか心配したけど杞憂であった。絶賛公開中なのでネタバレは避けるけれど、私(と友人)はとても楽しんだ。一番大きなスクリーンで前から5番目で観たのでとても迫力があった。たくさん笑ったし、最後は周りはみんな泣いていた(わしゃ泣かんかったが)。

何が批判の対象になったのか、考察すると、今回のヒロインであるボー・ビープが何故か大変パワーアップしており、顔も服装も性格もまるで別人?って思うとこかなあと。意外な結末も、監督が変わった(セクハラ疑惑で降ろされた?)ということで「こんなの全然トイストーリーのことをわかってない!!」って思ったのかと。まるで「けものフレンズ」の監督が降ろされて、監督が変わったために続編がまるで違うものになっていたのとさも似たり。

しかし・・・私は「けものフレンズ」ほどの思い入れは「トイストーリー」にはないので(普通に全作をテレビで観てるくらい)、さほど細かい違いは気にせず楽しめたので、よかったと思う。

既存のキャラクターは相変わらずだが(声だけはどうしても時の流れを感じるが)、新しいキャラクターもみんな魅力的だった。子供が幼稚園で作ったプラスティックフォークのおもちゃ「フォーキー」も可愛くて可愛くて、声を当てている竜星涼さんも合っていた(何がどう合っているのかよくわからないのだけど)。最初不気味な感じだったアンティークおしゃべり人形のギャビーギャビーもだんだん可愛らしく見えてきた。新木優子さんの声もよかった。

しかし何といっても私がドハマりしたのがバニーとダッキーのつながったまんまのぬいぐるみであり。あのモフモフ感と毒舌、声はチョコプラだったのもとてもよくて(ただ、観る前に知らなくて最後の声の出演で知った)、ダッキー&バニーのぬいぐるみが映画館で売ってたら買って帰ろうと思って見に行ったくらい。残念ながらぬいぐるみはなくてポーチなどのグッズだけだったので買わなかったけど。

私のような?ホラー好きにもふつふつと楽しめる場面も若干ありよかったが、だれか知り合いのおさがりを貰うならともかく、そこらへんに置いてあるアンティークのお人形を拾って持って帰るのはちょっと怖いな、霊がついていそうな気がするしって思った。

----

先日、映画「海獣の子供」を観に行ったときに、いろいろな日本のアニメーションの予告を観たのだが、あんまりジャパニメーションジャパニメーションしたアニメは好きではないのだけど一つだけ本当に美しくて素晴らしい映像のものがあった。来年1月公開とのことで、絶対観に行こうと思ってた。その映画は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という。陰影や光の使い方がとてもアニメーションとは思えない美しさで、素晴らしいと思った。まあ、このアニメのことはネットでちょっと存在は知っていたし、「ヨーロッパの(東欧?)ある架空の国における戦乙女が、戦後に手紙の代筆をする仕事をすることで人間の愛情の何たるかを知る」的ななんかすっごい作り物な感じの物語がちょっとだけR・シュトラウスのオペラを思わせる感じですごく気にはなっていた。

それが。先日放火されて多数の被害者の出た「京都アニメーション」さんの作品だったなんて。こんな素晴らしいアニメーションを作る人々が殺されるなんて。あんなひどい目に遭うなんて。許せない。泣きました。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』新作劇場版告知PV

 

 

|

« マーラー/交響曲第一番 インバル/ベルリン・コンツェルトハウス | トップページ | 映画「ウインチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」を見ようと思ったら。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーラー/交響曲第一番 インバル/ベルリン・コンツェルトハウス | トップページ | 映画「ウインチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」を見ようと思ったら。 »