« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月23日 (日曜日)

ウィーン・モダン  クリムト、シーレ 世紀末への道  国立新美術館

B23d798b58ff4bd0ab986a29a7c08781

金曜日に半休をとり、ギュスターヴ・モロー展に行ってそのあと電車を乗り継いで国立新美術館へ。モローはもうおしまいに近づいてたのでものすごく並んでおり70分待ちという有様であったが、ウィーン・モダンのほうはびっくりするくらい空いていた。待ち時間ゼロなんてこの美術館では初めてかも。

まあ、空いていたとはいえガラガラではない。そこそこ人はいた。そんなにイライラしないで見られるレベル。金曜日は夜8時までやっているのでそんなに急がなくてもよくて、私は何時間いたのだろう。

クリムトとシーレを中心に、ウィーンの近代から世紀末あたりまでの美術や歴史(まちづくり的な)の展示である。随分前にウィーンに3度ほど渡航したことがあり、懐かしく感じた。ウィーン美術史美術館はもちろんだけど、ウィーン市自体の展示のあるウィーン博物館にも足繁く通った。いや、何のことはない、元日にあいてたのがこことシュテファン寺院くらいだったというだけだけどさー。(なお、今回の展示によると現在ウィーン博物館は工事中で閉館とのことだった。)

ウィーンも今はもっとかわっているんだろうなあ。

というわけで、ウィーン大好き女なので今回の展示はほとんど見覚えがある。しかしシーレは久しぶりだし、ココシュカもそんなに日本にはこないんでありがたく見た。写真はなぜかエミーリエ・フレーゲの肖像だけオッケー。まあ、一応写真は撮ったけど(ピンボケごめんなさい)、別にまあ・・・いいかな。

まあ、クリムトを見たかったら上野に行った方がいいと思うし、もちろん両方行った方がいいと思う。ついでに「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」という映画も今やっているので(たまたま会社の帰り道の映画館でやっている)、それも見ようかと思う。

今回の美術展では、クリムトやシーレの絵画が中心でそれも凄いことなんだけど、我々クラヲタにはもう鼻血の出るような部屋がある。もうね、「私、今日ここに泊まる。寝袋持ってきて、一晩過ごす。」って思うくらい。なんたってもう、ウィーンの三大作曲家(私にとって)が勢ぞろいしているのだ。横に並んで。

・ゲルストル作シェーンベルクの肖像画。

・シェーンベルク作アルバン・ベルクの肖像画。

(マーラーのお葬式を描いたシェーンベルクのヘッタクソな絵を挟んで)

・ロダンが作ったマーラーの彫刻

これがどんなに物凄いことか。鑑賞者の何割分かっているのだろう。たまに老夫婦やカップルの男性のほうが「あ、シェーンベルクの絵が! このゲルストルという画家はシェーンベルクの奥さんとできちゃってね、自殺しちゃったんだ」などと説明しているのを聞いたが、女性のほうはハテナ顔。

あああ、もしもここに泊まったら、夜中にこの3人の作曲家の喋ってる声とかがブツブツ聞こえないかな!(ホラー?) でもドイツ語だからわかんないかな。

(以下、私の想像)

78889a6d25a6475daab41e59cb50fb24オレ、今東京に来ている・・・らしい。話によると東京というところは、週に一回か、それ以上?にオレの交響曲が演奏されてるって聞いたぞ(注:筆者の印象です)。何でもアマチュア・オーケストラでさえ、オレの9番とか、あの8番でさえ普通に演奏しているらしい・・・。全く、ウィーンの口うるさい評論家のやつらに聞かせてやりたいわ。なあ、アーノルド。



6b56d748a32c4fc4b898735ec1bc9036東京ってのは凄いところだ!何でも今年の春にオレの「グレの歌」を別々の団体で2回も演奏したって聞いたぞ。ウィーンじゃなくて東洋の島国の日本の東京でだ!また川崎って東京とあまり離れてないところでも秋に演奏する予定だってよ! この調子でオレの絵の展覧会もやってほしいなあ・・・へ、ヘタクソだって?やかましいわ!そんじゃ日本で流行りの卓球でもするわ。


B966c09ff2a748ee8f4bd8271a9da34a
ヘタクソに書かれた・・・もとい、シェーンベルク先生に有難く肖像画に描いてもらったベルクです。東京というところは凄いですね。私のオペラも何年か・・・いや何十年か一回は上演されるというではないですか・・・ヨーロッパから遠く離れたアジアの島国で、有難いことです。いやもう私って筆が遅いから、オペラは2曲しかないし、全体的に作品少ないし・・・いや、作曲してるときは「俺って天才じゃね?ベートーヴェンじゃね?」とか思うんだけど、改めて考えてみると「せいぜいビゼーくらいかも・・・」などと落ち込んでしまうし・・・え、何ですって?ビゼーのカルメンの上演回数は私のオペラの上演回数の何百倍ですって? いやあもう、ルルもヴォツェックも演奏が難しいですからねえ。なんでも日本じゃルルは第2幕までしか練習間に合わなくて、主役が降りちゃったって話も・・・ゲホッゲホッ、なんだろう喘息の発作が・・・ああ、今日はちょうど23日か、喘息記念日。

0037dbc2_20190623110101あの・・・アルバンさんにシェーンベルク師匠・・・なんで私を置いて行ってしまったんでしょう・・・。私の肖像画ってたしかココシュカさんが描いてませんでしたっけ・・・(泣) 置いてかないで~~~~

 

 ---ー

今回の展覧会は(最近はいつもそうだけど)グッズ販売がものすごい。みんなもしかして展覧会よりグッズ買いに来てるんじゃないの?って思った。私もバッグだのファイルだの結構買ったけど、「なんかこの蛍光ペン、太くていっぱいインク入ってて長持ちしそう」とか「このボールペン書きやすそう。」などと思い、展覧会とは何の関係もないオーストリア製の安い普通の文房具を(会社で使うのに)買ってしまった。レジのおねいちゃんがこれらをみて何故か「う、うっぷぷ」とかなってたけどおかしいかな。

 

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土曜日)

映画「アラジン」(字幕)

765cb58051384e0bb4983d15341ca3af

auマンデーに鑑賞。都心に仕事で出張、直帰になったので日本橋へ。ヒットしているようで結構映画館は混んでいた。アラジンは子供の頃に絵本かなんかで読んだし(「アラジンと魔法のランプ」って題名だったな、子供の頃は)、ディズニーのアニメ版もテレビで見た気がする。多分途中から見たんじゃないかな、という程度。

敢えて字幕版にしたのだけど、テレビでの情報によると日本では吹き替え版の方が観客動員数は多いそうな。人気の俳優さんが声を当てているからなのかな。良いことだと思う。

それにしても・・・アニメのも相当面白かった記憶があるのだけど、今回見た実写版も相当面白かった。最近かなりディズニー映画をちゃんと映画館で見てるのだけど、アニメにしろ実写にしろ、本当にハズレがない。あまりに入場券が高いためこのところディズニーランドには行ってないが(おいおい、何万もするオペラには行くくせに何)、1100円で座ったままでディズニー行った気分になれるので、ディズニー映画は本当に有難い。疲れないし。

(全く異論を唱えられても構わないんだけど、ディズニー映画のテンポとか世界観が、大好きなR・シュトラウスのオペラに似てるんだよなあ。いやなんで嘘でしょと思われてもいいんだけど。)

ちょっと今回は現代風にアレンジしてあるかなあ、と思ったのは、この映画の主人公は実はアラジンじゃなくて相手役の王女ジャスミンである、ということ。女の子は国王にはなれないのはおかしい、あたしはこの国の王様になるの!という意思を持っているのが現代風。ハリウッドでも女性が強くなっているせいかなあ。それと・・・今の日本の皇室問題?も思い出した。次の天皇、女性になっても(私は)全然構わないし、イギリスのエリザベス女王みたいでかっこいいんじゃね?というスタンス。

とはいえ。全体的に一番目立っているのはやっぱりウィル・スミス演じるところのジーニーである。まあCGに頼っている部分は多いとは思うけど、とにかくよく喋りよく動きよく踊る。よく踊る、と言えばインド映画みたいな感じもする映画である。お猿さんは可愛いし(もしかして全部CGなのか?)、魔法のじゅうたんもなんか可愛い(欲しい)。まったくの悪役の国務大臣のジャファーも、なんか声が高めでなんかセクシーだなとか思ってしまった。

ジャスミンもアラジンも全然知らん俳優さんだが、どちらもとっても可愛いかった。吹き替え版ではアラジンの声は人気の中村倫也さんだが、アラジンの俳優さんは賀来賢人さんに似てるなあとか思って見てた。それって、あ、あたしだけ?

ーーーーー

ラーメンブームが来ているので(私に)、またラーメンの画像が。

555f93deb8ba4c84be87977e603c08b5 7b24ff878c7e4192bdd5420769a1f1b5

新橋の人気店。男性サラリーマンに混じって、並んで食べた。女は私しかいなかった。若干恥ずかしかった。並ぶだけあって美味しかったけど、新川の中華料理屋のタンメンの方が美味しい。あああああ、忘れられない。食べたい。

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金曜日)

東京アカデミッシェカペレ第57回演奏会 ツェムリンスキー「春の埋葬」他

 A4c91dfd24a143968a72e5ae8b7eecdd

A. ツェムリンスキー / 「春の埋葬」
G. マーラー / 交響曲第9番

東京アカデミッシェカペレ

指揮:海老原 光
独唱:坂井田 真実子(Sop.) 与那城 敬(Bar.)

後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム

(6月16日 すみだトリフォニーホール)

家庭の事情で感想を書くのがすっかり遅くなってしまった。いつもお世話になっているアカデミッシェカペレさんの演奏会。今回は珍しいツェムリンスキーの合唱曲と、この季節にはちょっと重いかな〜(いやいつ聴いても重いわ)マーラー9番。まあ、このところ東京美術界ではウィーン関係の美術展が多く、ちょっとしたウィーンブームかなあと思っているくらい。ウィーン気分満喫の演奏会である(私だけ?)。

(他にも演奏会やオペラと美術展が偶然被った?と思われるものも。二期会の先日のサロメと、新橋のPanasonic美術館でのギュスターヴ・モローのサロメ展が被ったかな、と。しかしモロー展は大盛況で1時間待ちとかなのに、二期会のサロメのガラガラ加減は何と申したら。絵でサロメを見たら、音楽も聴いてみたいとか思わないのかな。なんかコラボ的に宣伝すればよかったのに。)

さてまずはツェムリンスキー。この曲はこの演奏会のご招待がなければ全然知らんかった。どこから見つけて来たのだろう。まあ、予習と称していつものようにYouTubeで探したりしてたんだけど、学生オケ?でのライブがあり、他にCDにツェムリンスキーではおなじみのコンロン先生のものがあるくらいか。学生オケの演奏を半分だけ聴いて、正直あまり面白くなくてギブアップしてしまった。おかしいなあ、大好きなツェムリンスキーなのに。

正直、曲については解説書を頼るしかないんで(山田先生すいません)、かいつまんで書きますと、この曲はツェムリンスキーにしてはかなり初期の作品で、アマチュア合唱団のために作られた曲だということである。しかしまあ、19世紀末ウィーンのアマチュアと現代の東京のアマチュアとの実力の差は歴然で(いや、その時代に生きてないので知らんがな)、この日は大変素晴らしい演奏でした。「埋葬って何それ怖い」などと思っていたのだけれど、解説によると「春」を擬人化しておりまして春の終わりから夏の訪れを迎え、亡くなった春を悼んで妖精やら森の動物やら集まってお葬式をする的な感じなのでおどろおどろしいものは何もない。ウィーンらしい美しさに溢れた曲である。

なんとなーく、であるけれど若干エルガーの「ゲロンティアス」を思わせるような部分もあるが、悲しい感じではない。だって春はまた来年も来るもんねえ。歌詞にも「新たに、そしていつまでも、春は蘇るのだ」という歌詞はマーラーの復活や「大地の歌」を思わせる。

合唱団やオーケストラは演奏に定評のある方々だが、今回ことさら素晴らしいと思ったのは二人の独唱の方である。この曲では「長老」の歌詞を主に歌う、二期会ではお馴染みの与那城さんの素晴らしさは当然だし、私は恐らく初めてお声をお聴きした坂井田さんというソプラノ歌手さんは本当に素晴らしい美声で、もっともっと聴いていたいと思わせるほど。舞台姿も大変美しいので、さぞオペラでは舞台映えしそうだなあと思ったのだけど、解説書のプロフィールではどうも難病を患ってらっしゃるらしい。またいつか声を聴きたいな、お元気で天性の美声をたくさん聴かせてほしいな、と思った。

さて、今回の本当のメインのマーラー。今やアマチュアオケがマーラーの9番を演奏するのなんて全く珍しくないのだが、私はこの曲があんまり得意ではないので(もちろん好きな曲ではあるのだけど、マーラー死んでワルターが初演したんだとか悲しいウィーンを思い出し気分が重くなるので聴くときは家で人に会わない日とかである)あんまりのめり込まないようにしていた。見ていると指揮者の方のオーバーアクションが面白く、まるでマーラーのカリカチュアみたいだな、なんて思った。ずいぶんテンポは速いなあと(少なくとも第1楽章は)思った。あんまり生でこの曲聴いたことないんで、あまり深い感想が書けなくてごめんなさい。演奏は、素晴らしかったです。

ーーーーーー

演奏会前に行った、店内をレトロに作ってあるラーメン屋さん。ボンカレーの広告がいい。

Ca596f64c7074e5aa40f0e0c86625a2e68769eba7d19417c98d2cf87b134cb00

84053b32f0d04226847e5685e3ae0809

味は普通のトンコツラーメン。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火曜日)

ハッピーバースデイ!

本日6月11日はリヒャルト・シュトラウス大先生のお誕生日なのだそうです。

で、たまたまネットを見てたらこんな催しをみつけました。

6b290914c39b4db6a48749ea93354e9a

167757a4ab3745aa9418d4ec1843774a

大阪なので全然行けませんけど、いいなあ。あたしもとことんシュトラウスについて語りたい。でも今日は新垣結衣さんもお誕生日だそうですよ。おめでとうガッキー!

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日曜日)

東京二期会/R・シュトラウス「サロメ」

 

70a9a1035f014f829c81236bb9b33348

東京二期会オペラ劇場 《サロメ》

2019 6. 8〈土〉 14:00  東京文化会館

【ハンブルク州立歌劇場との共同制作】
《サロメ》全1幕 日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ

読売日本交響楽団
演出=ヴィリー・デッカー

ヘロデ=今尾滋
ヘロディアス=池田香織
サロメ=森谷真理
ヨカナーン=大沼徹
ナラボート=大槻孝志
ヘロディアスの小姓=杉山由紀
ユダヤ人1=大野光彦
ユダヤ人2=新海康仁
ユダヤ人3=高柳圭
ユダヤ人4=加茂下稔
ユダヤ人5=松井永太郎
ナザレ人1=勝村大城
ナザレ人2=市川浩平
兵士1=大川博
兵士2=湯澤直幹
カッパドキア人=岩田健志

全く行く予定なかったんだけど、急に思い立って当日にネットで券取って行ってきた。4階席8000円。二期会は手数料なしでコンビニ発券できるので良心的。怖い絵展で買ったサロメハンカチを持って鑑賞。人生初の生サロメ(舞台上演)。演奏会形式は昔、N響で聴いたことあり。

Ab4e2b25885946f1a7cb3d497bebb557

 この日はちょうど大阪でも大フィルがサロメを上演するらしい、という情報を得た。そもそも尾高さんの予定がデュトワに交代。キャストはサロメがバイロイト歌手のメルベートと強力。他の役も東京二期会のドイツ物常連のメンバー、福井さん加納さん望月さん友清さんなどがキャスティング。東京二期会はこの方々なしでシュトラウスを上演するのか。

それでもなお、やや若手で組まれたこの日のキャストは強力。前に「ポッペアの戴冠」で素晴らしい歌唱を聴かせて頂いた森谷さんがサロメ。こないだ見事なイゾルデを聴かせて頂いた池田さんがヘロディアス。日本で数少ないジークフリート歌いの今尾さんと万全である。一番楽しみだったのが池田さんで、きっと強烈な歌唱を聞かせていただけると思ったが期待以上だった。自分が一番最初に(中学生のときに)聴いていたカラヤン盤のバルツァを彷彿とさせる・・・いやもっと強烈かも。

情けない役の今尾さんは、美声ながらサロメ親子に圧倒されまくりで情けない感がすごく出てたし、スケベハゲ親父な演出が多いこの役がやや若めな役作りで観やすかったなあと。というかこの演出は全体的にエロ演出少なめで安心する。

最初の方で死んじゃうナラボート役の大槻さんの美声も印象に残り。この役は美声のリリックテノールがキャスティングされるけど、いつも早く死ぬからもったいないね。

ヨハナーンの大沼さんは最初は某尊師みたいな感じもあったけど(日本人が演じるとどうしてもそうなっちゃうよね)、見慣れるとやっぱりいつものカッコイイ大沼さんで、歌唱も見事。サロメも惚れるよなあと。

しかしやはり一番ブラボー(ブラーヴァ)をもらってたのはサロメ役の森谷さん。普段は蝶々さんとかリリックな(でもまあ蝶々さんはドラマティックでもあるけど)役を歌ってると思われる歌手さんだが、声量もあり清楚な印象ながら地声もなんか怖いし、良かった。ただ、お綺麗な方なのに(演出によって)瀬戸内寂聴さんみたいなツルツルの頭だったのでなんか悲しかった。だからと言ってサロメってそもそもどんな髪型が正しいのかなとか思ったけど。なお、ザロメタンツは踊るというよりは階段の昇り降り運動。

演出は、ヴィリー・デッカー。見渡す限り白い階段、歌手たちの衣装もモノトーンで地味。首切りナーマンの王冠だけが何故か真っ赤。演出上はとくに変わった事はしてない印象。印象に残ったのはサロメがヨハナーンの上着を取っちゃって、ヨハナーンの首と上着を組み合わせて階段上に置いて、首だけでなくちゃんと死体が横たわっているように見えるところにサロメがキスするのでグロテスク要素が減って良かったなあと。まあ、首が出てくる時点で十分グロいんだけど。首に血がべっとり、とかもないので良かった。もっとスプラッタな演出がお好みの方は物足りないかもだけど。

そして最後の最後に、サロメが○○する(あと一公演あるので敢えて伏せ字)のは「おお」と思った。そうね、その方が衝撃は少ないかも。

ヴァイグレの指揮はこの曲にある官能があんまり出てない印象。ダイナミックさを前面に押し出した感じ。もっとねっとりドロドロ演奏がお好みな人は物足りないかも。現代的でこれはこれでいいのかな。

終わった後、謎の感動。緊張感で手をぎゅっと握り続け手汗をかいてた。

それにしても気になるのは大阪の演奏会形式のサロメ。相当良かったようでTwitterに興奮が溢れていたが、私の行った上野の上演と大阪の公演は時間が重なっているので、絶対に両方見聞き出来る人は(タイムマシンでもない限り)いないので優劣は付けられない。でも大阪のが聴けた人は羨ましいなって思った。でも上野も大満足。ただ、舞台が奥行きのある階段なので、後ろの方で歌うと声があまりよく聞こえなかったこと、私がケチったので4階の右端のほうの席だったので若干舞台が見切れるところがあったこと、など心残りもあった。ただ、オケはよく聞こえたし演奏するところがよく見えたので安い席もありかなと思った。

ーーーーー

これなーんだ。

221d284fec7747c5828bb66dcd180e48

 

| | コメント (2)

2019年6月 6日 (木曜日)

まだ、寝てる?

まあ、どうでもいい話なんですけどね。

 

おととい?だかの朝、6時に目が覚めて非常によい目覚めだったのです。で、「ああ、いい感じに目覚めた」と喜んでテレビをつけたのですが。

 

「南海キャンディーズの山ちゃんと蒼井優、結婚!!」

 

って文字が目に入ってきまして。

私、寝ていながら起きて会社に行く夢をよく見るもので。ああ、私やっぱり起きてないや、夢を見ている。大変早く起きなきゃ、と思ってほっぺたをパシパシしてみたりしましたが。

どうも起きてたみたいです。おめでとうございます。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土曜日)

フォン・アイネム/ダントンの死 ウィーン国立歌劇場ライヴストリーミング

A773b115f8f74128840ba6ed566ff55b

ゴッドフリート・フォン・アイネム:歌劇「ダントンの死」

DIRIGENT Michael Boder
REGIE UND LICHT Josef Ernst Köpplinger
BÜHNENBILD Rainer Sinell
KOSTÜME Alfred Mayerhofer
CHOREOGRAPHISCHE MITARBEIT Ricarda Regina Ludigkeit

George Danton Tomasz Konieczny
Camille Desmoulins Benjamin Bruns
Hérault de Séchelles Michael Laurenz
Robespierre Thomas Ebenstein
Lucile Olga Bezsmertna
Saint Just Peter Kellner
Herman Clemens Unterreiner
Simon Wolfgang Bankl
ein junger Mensch Wolfram Igor Derntl
1. Henker Wolfram Igor Derntl
2. Henker Marcus Pelz
Julie Szilvia Vörös
eine Dame Ildikó Raimondi
ein Weib Lydia Rathkolb

(2019年5月29日 ウィーン国立歌劇場)

先日入ったウィーン国立歌劇場のライブストリーミングにて鑑賞。生中継は見なかったが72時間は何回か観られる。

ベルクの「ヴォツェック」(正確にはヴォイツェック)と同じゲオルグ・ビュヒナー作の戯曲によるオペラである。まあ、雰囲気的にはヴォツェックと似た感じながら、音楽はヴォツェックよりは聴きやすい。作曲年はヴォツェックより新しいながらバリバリの無調ではなく、場面場面間の音楽はジャズっぽくもありなかなか親しみやすい。とはいうものの・・・ヨーロッパ旅行でたまたまスケジュールが合ってこのオペラしか観られないよ、という事情がない限り、金払ってまで観ないよなあという印象。今回はちゃんと日本語字幕つきということで貴重なので鑑賞。まだ無料期間なのでありがたい。

話としては(歴史が苦手なのでざっくりした印象しか書けないけど)、フランス革命で活躍した政治家ジョルジュ・ダントンが、ロベスピエールによって仲間とともに捕らえられ、ギロチンで処刑される、という内容である。1幕もので休憩なし。100分くらい?でそんなに長くはない。

ワーグナーの諸役で日本にもよく来てくれる、今や世界中で大活躍のコニエチュニーが主役のダントンを歌っている。彼は10月に上演される「パワーアップ“影のない女”」でバラクを歌うようでそれも楽しみだが、今回はバスバリトン歌手には珍しいタイトルロールなので張り切ってる感じ。肖像画の本物ダントンとなんとなく外見も似ている。あと、お友達のカミーユ役(だと思う)のテノールの人もとっても美声でよいなと思った。あとは、イルディコ・ライモンディが知ってるかなあというくらいであんまりよく知らない歌手。私が最近の歌手を知らないだけなのでゴメンして。

最後はブラヴォーが飛んだものの、観客の「なんだかなあ」感はテレビからも伝わってくる。次はの配信はマスネのマノンでフローレス出るらしい。多分見るかな、あんまり知らないけど。

ーーーーー

健康診断がやっと終わったので、昨日の残業後に一ヶ月ぶりにラーメンを食べた。三代目てらっちょという前から気になっていたお店だが、トンコツラーメンとは言えサッパリとしてクリーミーであまり塩っぱくなくて美味しかった。味玉も美味しかったし。でもコッテリ好きの人にはさっぱりしすぎかも。引き続き塩分控えめ生活をするつもりなのでスープ半分残してしまったが、お店の人怒ってなかったかな。美味しかったので1ヶ月後くらいにまた行きたい。

めん吉ってトンコツラーメンのお店も美味しい。安いし中盛りや大盛りにしても同じ値段なのもいい。餃子もあるので夜のみしたい。サッパリクリーミー系てらっちょと比べてこってり背脂系。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »