« LFJ2019 ボリス・ベレゾフスキーのカルト・ブランシュ | トップページ | LFJ 2019 ライヒ/ディファレント・トレインズ »

2019年5月 6日 (月曜日)

LFJ2019 丸の内無料コンサート(芸大生 声楽科) 5月5日

7017515739924010969d97e5562933e6

(写真は1日目のもの)

岸野裕貴(テノール)

松平幸、荒木里佳子、今状華乃子、出水巳子(ソプラノ)

朝11時半にぎりぎり間に合い、立ち見。藝大の大学院声楽科の方々による、アリアや歌曲など。まあ、こうもりだのボエームだの普通のポピュラー名曲ばかりだったが、最後の歌手さんがブリテンとウォルトンを歌い、珍しいなと思った。貰ったパンフレットによるとブリテンは「カリプソ」との記述だったが、ウォルトンは曲の発表なくいまだに謎。警笛を吹いたりやけに急いでいるような歌詞の内容だったが、英国歌曲はあまりに情報がすくないのでもやもやする。

_____

国際フォーラム外での屋台の食事が毎回楽しみだが、今月に会社の健康診断が控えているので、一人の時はサブウェイのサンドイッチ(野菜いっぱい、ドレッシングなし等)を食べていた。GWのため人でいっぱいの丸ビルだが、サブウェイはなぜかガラガラ。ゆっくりできて大変ありがたかったが、あまりに暇そうで店員のバイトのおにゃのこがチャラい男の人たちにナンパされていて気の毒に思った。

|

« LFJ2019 ボリス・ベレゾフスキーのカルト・ブランシュ | トップページ | LFJ 2019 ライヒ/ディファレント・トレインズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LFJ2019 ボリス・ベレゾフスキーのカルト・ブランシュ | トップページ | LFJ 2019 ライヒ/ディファレント・トレインズ »