« LFJ2019 丸の内無料コンサート(芸大生 声楽科) 5月5日 | トップページ | LFJ2019 ペルト/スターバト・マーテル 他 »

2019年5月11日 (土曜日)

LFJ 2019 ライヒ/ディファレント・トレインズ

作曲家・藤倉大が考えるボヤージュ

ライヒ:ディファレント・トレインズ

笹久保伸/藤倉大:マナヤチャナから「Puyu(雲)」

藤倉大:サイレンス・シーキング・ソレス[日本初演]

一番楽しみにしていたコンサート。っていうか、他に楽しみにしていたコンサートがなかった。これってどうなんだろう。主催者側の問題じゃなくて、私の問題かと。実は最近家で音楽を聞くことがあまりなく、コンサートホールに行く回数も以前より減っている感じ。あとで知り合いなどにあったりして話を聞くと、LFJで結構たくさんのコンサートにいっているようだった。なんか私、情熱が減っている? クラヲタの間であんなに話題になってた矢代秋雄さんの交響曲も、まったくノーチェックだったし。

まあ、それはさておき。

私は今年のLFJのテーマが旅になったって知った瞬間から「もしかしてディファレントトレインやらないかな?」って思い、「ぜひやってください!」とこのブログに書いた事がある。(自分のいくコンサートの予定を一切書かない主義なので、演奏が決まった瞬間にその記事は消したけど)てっきり中の人が私のブログを読んでくださってプログラムにしてくれたのかと一瞬思ったけど、どうも人気作曲家の藤倉さんが自ら選んだようで、まあ、同じ事を考える人もいるっちゃいるんだなと思った。

そして当日。予約までして買ったわりには券は残っており。やっぱり現代音楽は人気がないのだなあという実感。ライヒも藤倉さんも知らない子連れファミリーも見かけることもなく、非常に快適であった。まあホールは若干響きがコンサート向きではないかなあという気もしたけど。

ディファレント・トレインズ。人生初生ライヒである。舞台に登場する弦楽四重奏団が、あらかじめ録っておいた弦楽の演奏、インタヴューの音声、汽車の音などの録音に合わせて演奏する。なんか不思議に思ったのは、藤倉さんの曲には歌詞を訳したカードが配布されたけれど、ライヒのほうは全くなかったし、曲の内容の説明もほとんどなかったこと。自分で調べろってことなのかな。最初から訳付きの映像で見た人なので(セリフがかなり頭に入っているので最初の「特殊カーペット」とか空耳で頭の中に出てくる)、全く何の情報もなく聞いた人はどんな感想を持ったのだろう。知りたいなあ。まあ、録音と合わせて演奏をしているので「うわあ、やっぱり生演奏は違うなあ」とかそういうのはなかったが、異常な緊張感の中で観客と息を殺して聴いているのはなんか現代音楽らしくていいなと思った。なんかもう、生きてるうちに生で聴けると思わなかったので感激。最後の「more,more」もグッとくるところだが、みんなどう思ったかな。

あとは、藤倉さんの曲が2曲。藤倉さんの曲は前にBSで放送された作品集を聞いていて「こんな感じなのね」という印象。一曲目のギターと作曲家自身によるキーボード演奏で、ギタリストさんはなんかどっちかっつーとユザーンさんとかと共演しそうな風貌だが(違うかな)、演奏は見事であった(よくわかんなかったけど)。ギター好きなので聞けて嬉しかった。

藤倉さんの2曲目が圧巻だった。まあ、私が歌物好きというせいもあるけど、大変良かった。配布された訳を読んだのでまあまあ歌詞も耳に入ってきたし曲に合っていて少年ぽくてステキな詩だなあと思った。何より、歌ったソプラノの三宅理恵さんの声が清澄で大変素晴らしかった。どうも藤倉さんの「ソラリス」初演の時も出演してらしたようだ(行こうかなって思ったまま時は流れて行った)。ライヒを聞きに来ただけだと思ってたけど何故かこの藤倉さんの曲の方が印象に残った。

演奏が終わって、Eホールで無料コンサートを楽しんでから次のコンサートの移動中にエスカレーターで藤倉大さんにすれ違った(そういえば、1日目にもルネ・マルタンとフツーにすれ違ったっけ)。「あんさん天才やーーーー」とか言ってあげたくなったが、もちろん言わなかった。

友人と飲み歩いてたら解説カードがカバンの中でぐしゃぐしゃですが載せますすいません。

A26044ea73b8488e819198bd3907a6e2

|

« LFJ2019 丸の内無料コンサート(芸大生 声楽科) 5月5日 | トップページ | LFJ2019 ペルト/スターバト・マーテル 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LFJ2019 丸の内無料コンサート(芸大生 声楽科) 5月5日 | トップページ | LFJ2019 ペルト/スターバト・マーテル 他 »