« 新元号は「令和」 | トップページ | 新国立劇場「フィレンツェの悲劇」「ジャンニ・スキッキ」 »

2019年4月 7日 (日曜日)

サントリーホールで遊ぼう!2019

会社の移転・及び毎週の日曜倉庫作業(いずれも遠い)にてブログの更新が滞ってしまった。(ココログの作成画面がリニューアルされてかなり使いづらくなったのもあり。写真の貼り方とかコピペの仕方とか)

それと。先週の月曜に歯医者の帰りに携帯が作動しなくなり(画面に触ってもうんともすんとも言わない)、au屋に慌てて飛び込んで強制終了してもらったけれど、もう携帯もあまりに古いので新調。こないだスティーブ・ジョブズのオペラを調べたので、なんかの縁かなと思い、人生初リンゴ。

しかも最新機だぜい。

通勤が長いので、「読書をする時間ができたぜ」と喜んで推理小説などの本を電車で読んでたら、持病・遺伝の「良性めまい症」を発症。だもんで、文字を読むのはやめて電車内で映画やYouTubeを見るためにでかい画面のアイホンにした。

しかし。au屋の口車に乗せられてiPadまで購入。何でもiPadつけたほうが毎月のお支払が安くなるとのことだったのでほんとかなとか思いつつ、なんかiPadもうちにきた。お風呂で観たり便利は便利だけど会社に持ってくには重いかな。

ということで今回より写真はアイホンで撮ったものとなります。あんまり変わんないかな。

4月6日、何年かぶりのオープンハウス(サントリーホールで遊ぼう)。花見日和ということもあり、カラヤン広場はとんでもない人手で賑わった。こんなにたくさんの赤子や幼児を観るのはほんとに久しぶり(人って日々生まれているのね)。さらに、友人を誘って行ったが最近働きづめで会社と肉親以外の人に会ったの一か月ぶり。また、音楽の生演奏は先月の読響のグレの歌以来。

Openhouse1-2

カラヤン広場にたくさん出ていた屋 台で買ってお昼ご飯を食べた。大好きな麻婆豆腐がご飯付きで600円と安価だったのでそれにした。リケンとかじゃなくて(リケンはリケンで美味しいがのう)本場系の麻婆豆腐だったらしく、本当の味がして美味しかった・・・かなりしょっぱかったけど。周辺のファミリーたちを眺めているとかなりの人がこの麻婆豆腐を召し上がっているのを見たけどみんな大丈夫だったのかな。かなり辛かったけど(私は辛い物大好きだから平気だけど)。ご飯の友というよりはビールに合う感じ。

Openhouse2-2_1

今回の生演奏はオルガンコンサートと、小ホールでのピアノトリオとフィガロの結婚のハイライト。かなり並んでたけどどちらも座れた。

Openhouse4-2_1

オルガンコンサートはバッハの「トッカータとフーガ」と「ツァラ」冒頭と、デュリュフレの「ソワソン大聖堂の鐘の主題によるフーガ」。音楽聴くの久しぶりのため、バッハを聴くと泣いてしまう謎の病気にかかっており、ピアノ・トリオコンサートでも演奏されたもんで困ってしまった。

ピアノトリオの方々はまさかのショスタコを演奏。会場の泣き叫ぶ幼児にショスタコ、かなり新鮮。

「フィガロの結婚」はまともに全曲聴いたことないので(もしかして一度も聴かずに生涯を終わるかもしれない)あんまりよく知らないところもあったが、みなさん新鮮な歌声でよろしかった。ケルビーノ役の子可愛かった。フィガロと伯爵は一人二役だったけど「あ、フィガロと伯爵って別の人だったの」ってなくらいのモーツァルト音痴。疲れているのもあるかな。(人間関係がまるでわかってないの。ワーグナーのリングはわかるのに。)

桜はすでに葉桜になってたけど、きれいだった。サントリーホール近辺の桜は一番落ち着く。宴会客がほとんどいないからかも。

Openhouse3  

こんな短い記事を作成するのも(メモ帳に書いてはりつけるだけなのに)すごく時間がかかった。なんとかしてよココログ。アメーバに移っちゃうぞ。

|

« 新元号は「令和」 | トップページ | 新国立劇場「フィレンツェの悲劇」「ジャンニ・スキッキ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新元号は「令和」 | トップページ | 新国立劇場「フィレンツェの悲劇」「ジャンニ・スキッキ」 »