« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月27日 (日曜日)

映画「グランド・ブダペスト・ホテル」「犬ヶ島」

映画「グランド・ブダペスト・ホテル」(吹替版)
加入しているauビデオパスのビデオコインの期限が切れるので、テレビで映画を鑑賞。
.
アカデミー賞4部門、他にも数多くの映画賞を獲得している映画。何故か映画館では観なかったのだけど、テレビなんかで観ないで映画館で観るべき映画である。ウェス・アンダーソンってヨーロッパの映画監督なのかと思ったらアメリカ人であった。しかもまだ40代という。
.
「ズブロフスカ」という架空の国の(かつての)高級ホテルの話。最後の最後にシュテファン・ツヴァイクの著作にヒントを得たとのクレジット。どの作品なのだろう。とにかく美術がすばらしいし色彩のセンスを感じる。内容もウィットに富み、間やテンポが小気味よい。アカデミー賞レギュラーメンバーのデスプラの音楽もよいし、ここにいらっさるようなよいこのお友達には誰にでも薦められる名作である(今更だけど)。
.
映画「犬ヶ島」(吹替版)
ブダペストホテルがあまりに良かったので、同じ監督の「犬ヶ島」を鑑賞。同じ監督ながら・・・全然違う。こっちはめったやたらに薦められない感じである。日本人が見てるからかもだけど「突っ込みどころ満載」どころか「突っ込みどころだけで作られたような映画」である。全体に監督の「日本への愛」と「黒澤明への愛」(あと、宮崎駿愛)が溢れまくっている。内容はなんというか・・・犬版「七人の侍」とか、逆「生類憐みの令」みたいな内容である。
.
あまり前情報を入れないで観たので全部CGなのかと思ったら「ストップモーションアニメ」であった。縫ぐるみを何百体も作り、何度も撮影してアニメにするってアレである。正直・・・そんなふうに見えなかった。あんな手のかかる手法と今時やってるのって「ウォレスとグルミット」くらいかなと思ってたので大きな驚きであった。
.
舞台は日本の「メガ崎市」。外人が思う「勘違いニッポン」だらけの映画である。もう・・・ここまでやってくれたら「ここが違う」とか「なんかここがヘン」とか言ってられないくらい凄い(お寿司作るシーンとか)。なんか違う国の話だと思っていい。
.
音楽はまたもやデスプラだが、かなり「七人の侍」の音楽が使われており、これっていいの?(私は日本の映画音楽も好きなのでいいんだけど)とか思った。いやほとんど早坂文雄でしょう。
.
まあ、「グランド・ブダペスト・ホテル」と内容は全然違うけど、カメラワークとか(やたらとまっすぐ横方向、縦方向の撮り方が多い)、ちょっとした間とかは似たところは多い。
.
なお、この作品は第91回アカデミー賞に作曲賞と長編アニメ賞でノミネートされている。なんか取るかな。
.
なんやかんやごたごた言いながら、2日間で3回観てしまった。(なお、犬好きが観るの辛いとか、そういうかわいそうな映画ではないのでご心配なく。)
.
----
.
会社が移転するので(もう泣きたい)、新しい定期券を買いに行き、ついでに東京駅のキャラクターストリートに行ってみたが、欲しかった「チコちゃんに叱られる」グッズが全部売り切れていてがっかり。マグカップとかTシャツとか欲しかったんだけどなあ。カラスのキョエちゃんも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土曜日)

新響:トリスタンとイゾルデ(2019)

Shinkyouワーグナー;楽劇「トリスタンとイゾルデ」
第1幕への前奏曲、第2幕全曲、第3幕第3場
(演奏会形式・日本語字幕付き)
トリスタン:二塚 直紀、イゾルデ:池田 香織
マルケ王: 佐藤 泰弘、ブランゲーネ:金子 美香
クルヴェナール:友清 崇、メロート:今尾 滋
牧童:宮之原 良平、舵取り:小林 由樹
飯守泰次郎指揮 新交響楽団

(1月20日東京芸術劇場コンサートホール)
.
新響:トリスタンとイゾルデ
.
飯守さんの「トリスタンとイゾルデ」inティアラこうとう
.
(会社で)法定調書作成作業に追われていて、演奏会より1週間近く経ってしまってちょっと記憶が飛んでる部分もあるけど今頃感想。
.
新響さんのトリスタンは以前2006年に聴かせて頂いた。今や普通にアマオケさんのコンサートに行かせて頂いているが、実はその日が初のアマオケ鑑賞である(友人知人関係以外)。それと、初飯守さん。「アマオケなんて」とか「日本人のワーグナーなんて」と若干ナメてた感があり。全部覆されて今の私がある。
.
前回は1~3幕の抜粋版であったが、今回は第2幕全曲と第3幕最後の場面(と前奏曲)。合唱も入った抜粋版(というか短縮版)は素晴らしかったがやはり全曲聴きなれた人にとってはちょっとブチブチと中抜け感があった。今回は第2幕全曲滞ることなく聴けて、本当にありがたかった。普通の上演では結構ある二重唱の中間カットもなく。
.
まあ、この調子で全幕聴きたいとは思ったのだけど、第2幕だけ演奏するってことで題名役二人は全力投球であったから、これはこれでよかったかなと。昔、バーンスタインがトリスタンの録音を一日1幕づつライブ録音したのを思い出す。どの幕を単独で取り出しても素晴らしいのだから、他の日に1幕だけとか3幕だけとかやってほしいな、このメンバーで(マルケ王は別の人がいいかな)。
.
歌手の方々は・・・題名役二人は本当に素晴らしかった。まあ二期会の上演の時の池田さんのイゾルデの評判は良かったので(私は二期会の時にはダブルキャストのもう一方を取ったので残念ながら見てないのだけど)期待通りで、いや期待をはるかに上回ってよかった。なんだろう、オケの後ろに歌手が配されていたのだけど、よく通る美しい声が印象に残る。わたし的にはカンブルラン指揮の時のレイチェル・ニコルズ以来の名歌唱だったと思う。
.
それと並び・・・トリスタン役の二塚さんが本当に発見というか素晴らしかった。このところトリスタン役を外しまくってた(スティーヴン・グールド以外)ので、日本人でこれは凄いと思った。もちろん3幕とも歌ったとしたらこのパワーを保ち続けるのは大変だとは思うけど、それでも・・・びわ湖の時やカンブルランの時の外人トリスタンよりは全然いい。二塚さんはびわ湖のときはまだ水夫を歌ってらしたのねえ。ヘルデン・テノールというよりはリリックで、しなやかな美声。さすがにびわ湖4大テノールである。
.
バイロイトも経験ありの金子さんのブランゲーネも素晴らしく。2幕は歌うとこ少ないクルヴェナールの友清さんはなんか勿体ない感じ。この役好きなのでもっと聴きたいな。メロートの今尾さんはジークフリートを歌う日本で数少ないヘルデン・テノール。いつかトリスタンも・・・。
.
今回も友人(さほど詳しくない、普通のオペラ好き)と鑑賞したのだけど、トリスタンは全く初めてだったものの、「なんか・・・お話し自体は夜だの朝だの色々言っててなんかめんどくさいけど曲はすっごく良かった」などと言ってて、堪能してたのでよかった。長くて退屈だったらどうしようかと思ったので。あと、第2幕全部聴いて「あの・・・このオーケストラの人って普段別の仕事してるってこと?めちゃくちゃうまくない?」と言ってたので「アマオケだもん、他に仕事してるよ(違う人もいるかもだけど)。」と答えた。いや、アマオケの演奏レベルは今は高いけどね。ここのワーグナーは格別。だって飯守さんだもの。プロオケだってこんな名演奏はできるとは限らない。滔々と流れる大河のように長い曲を滞ることなくここまで・・・。
.
今回この演奏会は全くノーマークだったので連絡・手配頂いたオケの方に大きな感謝を述べたい(述べてるけど)。また!飯守ワーグナーの時は宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月曜日)

ROHシネマ「ワルキューレ」パッパーノ指揮/キース・ウォーナー演出

1547466362702ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」
【演出】キース・ウォーナー
【指揮】アントニオ・パッパーノ
【出演】スチュアート・スケルトン(ジークムント)
エミリー・マギー(ジークリンデ)
ジョン・ランドグレン(ヴォータン)
ニーナ・シュテンメ(ブリュンヒルデ )
エイン・アンガー(フンディング)
サラ・コノリー(フリッカ)他
ロイヤル・オペラ・ハウス
【上映時間】5時間1分
【料金】5,000円
.
3連休。正月から体調が悪くて2日間ゴロゴロしていたが、今朝は調子が良かったので日本橋に映画に観に行く事に。たまたまAUビデオパスを見たらポップコーンとドリンクセットが100円、映画は1100円ということだったので、行く事に。ボヘミアンラプソディは・・・ちょっと考えたけどまだ1月ぐらいはやってそうな気がしたので、もうすぐ終わってしまう「私はマリア・カラス」に行く事にした。
,

ところが。
カラスが終わって1時間くらいあとにロイヤル・オペラ・ハウスの「ワルキューレ」の映画を上映するということに気が付いたので、ついでに観ることに。というか、「ついで」が上映時間5時間というのもなんだかなあという気もしたが。ボ・ラプの2倍だぜえ。
.

券を買い(AUのたまりにたまったポイントで買ったのでタダ)、こないだ行って閉まってた小諸そばでカツどんを食べ(500円だけど出来立てで美味しかったあ)、福徳神社で初詣をし(宝くじ買う前に行くべきであった)、正月のお雑煮で使い果たした茅乃舎のだしパックを買い(美味しいの~)、映画館に戻る。
.
まあ、休日だったせいか、(ちっちゃいホールだったけれど)席の半分くらいはうまってた。ワグネリアンらしき男性たち多数。
.
今回の公演のポイントは色々あるんだけど、何と言っても「トーキョー・リング」を演出した実績のあるキース・ウォーナーが演出だってことだと思う。あんなに面白い、ポップでキッチュな演出をする人なので、現在は本国でどんな演出をするのか興味があった。あと、エミリー・マギーとニーナ・シュテンメというキャスティングも大いに惹かれた。あと、ずいぶん昔に実際に聴いたロイヤル・オペラ管弦楽団の高性能っぷりはいわずもがな。名指揮者パッパーノもどんな指揮するんだろう・・・など。
.

まず演出だが。同じ演出家か?と思うほど全然違う。キッチュでもポップでもなく、全体的に暗い感じだし、普通のヨーロッパの歌劇場の演出ってな印象。でも、ドイツの歌劇場やザルツブルグでするようなヘンテコ演出ではない。まあまあわかりやすい。まあ、世界中の映画館で上映するんだもんね、あまりヘンテコ演出も困るし。「トーキョー・リング」を唯一思い出させるものといえば、神々の世界から下界?に降りる細い長いハシゴがあったことくらいで・・・。
.

あと、ワーグナーのト書きのちょっとしたことを演出に反映させて「ああ、そういうことだったの・・・」と感心するところはこの演出家かなあとおもった。例えば。第3幕のワルキューレの騎行の場面でヴァルトラウテがジークルーネに「何ぐずぐずしてたの?」と聞くとジークルーネが「ちょっといっぱい仕事があってね」と答えるところ、普通なら流してしまうところを・・・収集するべき英雄がバラバラ死体だったりとか。そのあとみんなで死体を組み合わせてちゃんと昇天させてあげるとこ(映像でね)とか、「なるほどなあ」ってなった。
.

歌手は。なかなかの豪華メンバーだと思うが、期待してたマギーたんが若干調子が悪そうだったのが残念。ジークムントとヴォータンはなかなか頑張っていたものの、おととし新国立で見聞きした同役・・・スティーヴン・グールドとグリア・グリムスレイには(私の中では)どうしても勝てず・・・まあナマで聴いたものと比べてもしょうがないか。フンディング役の人は悪かっこよくてよかったし、フリッカもかなり熱演だったしちょっと若いころの草笛光子さんに似ててかっこよかった。
.

しかしまあ、今回の一番の功労者はやっぱりニーナ・シュテンメだと思う。本当に素晴らしい。随分前にROH現地で(工事中だったので場所はロイヤルアルバートホールだったけど)見聞きしたヒルデガルト・ベーレンスを思わせる声と表現であった。素晴らしい。第2幕のジークムントに死を宣告するシーンでは泣いてしまった。ああ、ナマで聴いてみたい・・・まあ、聴いたことあるんだけどマルシャリンだったもんでな、ワーグナーを聴きたい。マルシャリン12年も前か。
.
あと、日本ではできなそうだなあと思ったのは、最後のブリュンヒルデを火で囲うシーンで。本当の火を使うのはよその国では当たり前なのだけど、ヴォータンが固形燃料的なものを手のひらにくっつけて、火をつけると火柱がボッと出るやつをやってて、あれ、手品師じゃあるまいしかなり怖くないかなあと思った。
.

あと、幕間で指揮者やコレペティトールや楽団員にいろいろとこの演目についてのインタビューをしてたのだけど、他の人はこの作品が「何回やっても難しい」だの「天才的」だの言ってたのに、ハープの女性が「いつもハープって1人か2人なので、ワルキューレは6人もいて楽しい」だの「ちょっと間違えても他に5人いるから誰かがフォローしてくれる」だの「終わったらみんな(元の楽団に)戻ってしまうからさみしい」だの言ってて、とっても可愛かった。
.
・・・などと色々書いているけど、家帰ったらやっぱりクイーン聴いてるんだ私。なんじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土曜日)

NHKスペシャル「新・映像の世紀」

71z25m3dl_sy355_正月から体調があまりよくなく、仕事始めからずっと残業続きで会社も休めなかったのでやっとお休みを迎えてゴロゴロ。そういえば最近まったくケーブルテレビを視聴してないし(正月に観たい番組がまったくなかった)、値段も高いのでそろそろ契約を切る手続きをしようとしたのだが。
.
番組表を見てびっくり。本日は日本映画専門チャンネルでNHK「映像の世紀」をずっとやっており。行きたかったけど何だか行かなかった日フィルの映像コンサートの模様も放送した。まあ、本日気が付いたのがちょっと遅かったので、すでにウィニフレッド・ワーグナーが出てるあたりからだったけど、楽しく(?)観た。色々心にささるシーンもあるけど、やっぱりデヴィッド・ボウイのベルリンの壁コンサートのシーンは何回見てもグッとくるし、パリの例のテロのあとのイスラム教信者の人のハグして下さい?シーンは涙が出た。しかし、コンサートのほうはナマ演奏で聴くのがよかったかなとやっぱり後悔。迷ったら行くべし。
.
なんかこの局で2月に「日本フィルハーモニー物語」って映画をやるらしく、予告編で見たら渡辺暁雄さんも出てたのでちょっと見たいなって思った。だもんでケーブルテレビの契約切れない・・・ううううん。お金もったいなので今は米津玄師特集を視聴中。この人見るとまた徳島行きたくなるな。
.
---
.
(以下、食事中の方は読まないで下さい)
実は今年の初夢は「有名人のウン〇の展覧会」という変わった内容だったので、何しろこんな夢は見たことはないので、ネットで調べてみたら「ウン〇の夢を見たらすぐに宝くじ買うべし!」と出てた。「うわっそうなの」と思い、すぐに近所の商店街に行って「初夢宝くじ」を20枚ほど買ったんだけど・・・いやあやっぱり・・・当たらんがな。200円のは二つ当たったけど。まあバラで買って二つ当たったから良しとするか。それとも、これから別のウンがあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日曜日)

年末年始 テレビ・ラジオ等

新年明けましておめでとうございます。(今頃)
すでに仕事始めだった方もいらっさるかと思いますが、私はがっつり9連休でした。しかし正月早々風邪に見舞われて、寝正月。まあ、風邪薬を飲んでテレビを見ながらゴロゴロしているのは、あまり罪悪感はないし気分もよいなあと。しかし明日から会社なのでちょっと今ブルーになっている。
.
福袋なるものは、カルディでイタリアンワインを購入したのみ。6000円超のものを3500円で買ったのだけど、これいつ開けようかなあ。
.
そーいえば年頭の運試し!とワイン買ったポイントで福引をしようと思ったのに、何ポイントか足りなくて一度も引けず。ああ、私の運なんてどんなもんやと。
さて、いつものように年末年始に見聞きしたテレビなどの感想。
.
ガキの使いじゃあらへんで
年々飽きてきた。良かったのは「マリコンヌ」をやったアンミカさんで、つい何回も見てしまった。私もやりたい(どこで)。あと杉咲花ちゃんの壊れっぷりもよろしい。
.
ドラマ「アンナチュラル」総集編(ディレクターズカット)
石原さとみちゃん主演なのでてっきり恋愛ものなのかと思って本放送は観なかったのだけど、見てみたら科捜研もの?であった。いやほんとに面白かったけど、あんなに自分の身の回りで血みどろの事件が年がら年中あるのはしんどい人生だなあと。
.
紅白歌合戦
何といっても琵琶法師・・・じゃなくて三蔵法師・・・じゃなくて米津玄師さんが私がおととし行った徳島県の「大塚国際美術館」のシスティーナ礼拝堂で歌ったことがよかったな。テレビの影響で今すごく混んでるのでは。また行きたいなあ。あ、「アンナチュラル」の挿入歌なのね。(いろいろ情報が遅くてすいません、クラヲタなもんで)  会社で米津ファンのおにゃの子に自慢してしまった。うふ。   あ、あと椎名林檎さんと宮本浩次さんもよかったな。あとMISIAさんも大好き~~。
.
家康、江戸を建てる
湊かなえサスペンス「みかんの花」

田中圭さんがサイクリング旅行先でお世話になった家の貯金通報(800万円)をくすねようとして殺されて埋められる役で、林遣都君が小判を作る工房で金片をくすねて追い出される役で、二人とも今までになくクソ野郎な役で二人のファンとしては複雑な気分だった。
.
ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート
楽友協会の前でガラスケースの中の中谷美紀さんを眺めたい人生だった。
.
NHK-FM「しりすぎてるうた ▽ボヘミアン・ラプソディと不滅の男のすべて」
Twitterでやってるのを知って慌ててラジオをつけたら異常に聴きなれた音楽が(クイーンでない)流れてきてびっくりしたが、「ボヘミアン・ラプソディのオペラ部分の元ネタはシュトラウスの『ナクソス島のアリアドネ』じゃないか(錦織さん説)」という仮説の話だった。どっちの曲もよおーく知ってるけど、別に・・・そう思ったことはないな。まあ、確かにどっちもスカラムーシュ出てくるけどね。
ただ、ボ・ラプの最初のほうで 「Im just a poor boy,i need no sympathy-Because Im easy come,easy go,」 という歌詞の中の「easy come」の意外なメロディー展開はR・シュトラウスを思わせるものはあると思う・・・ていうかポピュラー音楽であの展開はないだろう。オペラ好きのフレディならではのものだと思う。
.
----
,
今年の年賀状。題してフレディ・”ミャオ”キュリー。映画見てないとわからんがな。パソコン印刷ではなく、一応シルクスクリーン版画です。
.
Freddi1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »