« 「ボヘミアン・ラプソディ」5回目 応援上映in六本木 | トップページ | バッティストーニ&ブライアン・メイの共演 »

2018年12月22日 (土曜日)

日本のボヘミアン・ラプソディ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」が話題ですが、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」より10年も前に「流行歌としてラジオで流すのには長すぎる」「いろいろなジャンルの音楽で構成されている劇的な楽曲」などと、この曲と同じような特徴を持つ名曲が作られ、発売されていました。しかも日本で。

.

「俵星玄蕃」っていうんですけどね。

|

« 「ボヘミアン・ラプソディ」5回目 応援上映in六本木 | トップページ | バッティストーニ&ブライアン・メイの共演 »

コメント

いくつかあがっている「俵星玄蕃」の中で、この映像が一番脂が乗ってる感じですごく好きです。まさに見事の一言。

ボヘミアン・ラプソディはイギリスの俵星玄蕃だったのか…。

投稿: ぜん | 2018年12月24日 (月曜日) 05時02分

>>ぜんさん

んま~、仮説ですけどね。私の。
でも、すごーく構成が似てると思うのですよ。
三波先生もシベリア行ったりある意味ボヘミアンだし(←違う)。

投稿: naoping | 2018年12月24日 (月曜日) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のボヘミアン・ラプソディ:

« 「ボヘミアン・ラプソディ」5回目 応援上映in六本木 | トップページ | バッティストーニ&ブライアン・メイの共演 »