« 「別れの曲」シネマ&リサイタル 近藤嘉宏playsショパン | トップページ | 「ボヘミアン・ラプソディ」4回目 DOLBY-ATMOS »

2018年12月 5日 (水曜日)

「ボヘミアン・ラプソディ」3回目 DOLBY-ATMOS

Thumbnail_1544012835197_2

また観に行ったのか!と呆れられてもしかたがない。しかし私は気に入ったものは何度でも観に行く、聴きに行く性分なので「おいおいトリスタン観に行くの何回目だよ」とか「またリングに行くのか」とか言われてもしょうがないように映画は何回でも行くのである。それにしても、3回なんてまだ少ないかもしれない。Twitterでアンケートをしていたので見てたら、すでに30回観たって人がいて、それってもしや毎日観てるの?とか思った。
.
えーと私は1回目は普通の上映形態で、2回目は応援上映で、それで3回目は音のいい「ドルビーアトモス」にした。そう、こないだ「カラヤン/ベルリンフィル」のコンサートを上映した、同じホールでね。ここはしかもTCX(TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)だからね。当日行っても多分売り切れているから2日前の早朝に携帯で予約。今回は初めて友人を連れて行った。彼女はクイーンとは年代的にずれるので、予習で見ておく動画を3つほどチョイスして送った(彼女は私と違って真面目なのでちゃんと全部観たらしい)。
.
いやはや、やはり日曜日なので当日は売り切れ。人気は相当である。しかもリアタイ世代の人だけでなく、結構若い女の子たちとかも多くて、私の隣の女の子たちなど、結構早い時間からぐしゅぐしゅ泣きだして。そしてびっくりしたのが一緒に行った友人がライブ・エイドのシーンで泣きだしたことで・・・ああ、そうなの、クイーンあんまり知らない人でも泣けるんだなあと思った。ドルビーアトモスの効果は素晴らしく、最初の20世紀フォックスのファンファーレ「じゃんじゃかじゃーん、じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃんじゃかじゃーん、びびょびょびょびょ~~~ん、びょびょびょびょ~~~ん、びょびょびょびょ~ぐいいいいいい~~んぐうううううううん、じゃん!!」から凄い。(アレはブライアンとロジャーの演奏だそうだから実質クイーンの新曲である。)
.
結論から言うと、この映画は音の良い映画館で観た方が3倍くらい感動する、と思う。普通の上映でも感動したけど、ドルビーアトモスで観たら全然感動の度合いが違った。とくに最後のライブ・エイドのホントの観客と一緒にいる感がものすごい。すぐ横にウエンブリーのお客さんいるような気配がする。最後はもう感動して立ち上がれなくなっている(映画館の)お客さんもかなりいて、面白かった。
.
正直、脚本とか結構普通の音楽映画でとりたててアレなんだけど(そんなこと言ったら非難ごうごうかな)、とにかく最後のライブシーンが素晴らしいので何回でも観たい。また行こうかな。、

|

« 「別れの曲」シネマ&リサイタル 近藤嘉宏playsショパン | トップページ | 「ボヘミアン・ラプソディ」4回目 DOLBY-ATMOS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/74720268

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボヘミアン・ラプソディ」3回目 DOLBY-ATMOS:

« 「別れの曲」シネマ&リサイタル 近藤嘉宏playsショパン | トップページ | 「ボヘミアン・ラプソディ」4回目 DOLBY-ATMOS »