« アッシャー・フィッシュのマーラーなど | トップページ

2018年11月10日 (土曜日)

2018年秋ドラマの感想2

すいません、今週残業続きで疲れてるし(毎晩10時って何なの)今週土日なんか行きたい演奏会がない・・・今後行く予定はあるのでもうちょっと待ってね。 
.
とりためてた録画の感想。
.
大恋愛~僕を忘れる君と
相変わらずハマって観ている。ネットで見ると「泣けた」とか「号泣」とかの感想であふれているけど、実は私泣けてない。ムラサキさんの登場で「何やってるのムネタイラさん」とか思って爆笑してしまう。手帳がムラサキ色なのも狙っているでしょ。(いかん、勇者ヨシヒコ大好きなもんで)
.
ネットで「ムロさんとエリカちゃん本当に結婚して欲しい」とかの感想であふれているので、「それじゃ百恵ちゃんと三浦友和さんじゃ~ん」とか思い、ネットで探して「赤い疑惑」を鑑賞。今更気づく岸恵子さんの尋常でない美しさ。そういえばピエール・カルダン全面協力ってすごい。あ、これもTBSドラマなんだ。大恋愛もタイアップ多いし、納得ね(←何が)。
.
たまたま録画機にこないだの「TBS感謝祭」が残ってたので(「大恋愛」放送前)ちょっとだけ見た。番組紹介でムロさんが「僕とエリカちゃんが恋人役です」と言ったらみんな爆笑してて島崎和歌子さんが「面白いドラマですね~」とか言ってた。まあ、放映前はそうだよねえ。私も笑ったもん。
.
獣になれない私たち
一応タナカーの端くれとしてちゃんと見たいとは思っているので、毎回頑張ってるけど、今週も社長の登場で心が折れて途中リタイア。素敵だったらしい京谷かーちゃんのなれそめドラマも見てないけど、ネットの感想や記事でだいたいの筋書は理解。可愛いウサギちゃんの写真を見てもビクっとする。黒木華ちゃんは好きなので明日は「みをつくし料理帖」を観なくちゃ(ケーブルテレビで)。
.
・・・翌日第5話を全部見ました(早送りなしで)。まあ前よりは話が進んできたのかな。何が私ダメなのか気が付いたのだけど、たまに流れる「うふ♪あは♪」っていうスキャット入りの元気な音楽がですね。笑っていいところなのか(大体ガッキーがかわいそうに思ってしまうので)、どう反応していいのかわからない。あと、ガッキーが歌う「幸せなら手を叩こう」はネットで「怖い」って書かれてたので、心の準備ができてたからそんなに怖くないだろうと思ってたけど、画面にクラップする手が何度も映るところが怖いのですね。誰の手なのあれ。あと、晶は女友だちいないのかな。

(Twitter見ると「辛い辛い」と言いながら毎週見ている人のなんと多いことか。でも「#田中圭」で検索すると結構みんなこのドラマとは関係ないことばっかり呟いてるのがおもしろい。ケンカツのときは「京極かっこいい~」とかめちゃくちゃワイワイしてたのに。私もケンカツは喜んで全部見てたなあ。あ、けもなれも頑張って観ますよ私。)
.
黒木華ちゃんは笑うとくしゃっとしてほんとに可愛い(みをつくしを見て思った)。
..

相棒
ネットでかなり話題だった「シャブ山シャブ子17歳」はほんとに怖かった。話題の太賀君のパパが出てたけど、「あ~やっぱり似てるな~」って思った程度で(シャブ子で)全部ぶっとんだ。相棒コラボのドラエもんは見忘れた残念。
.
今日から俺は!
このドラマ、お子様に大人気らしいのでもうちょっと放送時間を早くしたらどうだろう。猪塚健太さんが珍しくセリフが多く、干し柿の下りは一番笑った。暫く思い出し笑いするくらい。(あ、ポルノグラファーよかったなあ。)
.
昭和元禄落語心中
大恋愛のウラなので全く見てなかったが、途中から見始めた(まだ2回くらい)。やばい。好きだみよ吉。録画機2局録れるの買ってよかった。
.
あなたには渡さない 
面白い!この時間枠大好き!ただ、料理人役で萩原聖人さん出てて「みをつくし」と混じるぜ。
.
----
.
映画「怒り」
前から見たかったのだが、amazonプライムで鑑賞。ただただ広瀬すずちゃん(の役の人)がかわいそうで、綾野剛さん(の役の人)がけなげで可愛い、そんな映画。当然だけど坂本さんの音楽が素晴らしい。
.
----
.
なんか最近、マーラーの6番に凝りだして、以下の動画を鑑賞。知らない指揮者だけど、ベルリン・フィル振ったり最近ご活躍のご様子。なかなか演奏素晴らしい。オケもうまいのかな。

|

« アッシャー・フィッシュのマーラーなど | トップページ

コメント

「大恋愛」、ご紹介ありがとうございます。私もはまりつつあります。安定感のある話の運びに、TBS金曜10時という伝統のドラマ枠の力を感じます。誠実ながら迷い多きキャラ、想像以上にムロツヨシに合ってますね。(松田龍平は「きもい」と毒を吐くでしょうが)
「けもなれ」は、それぞれの(軽いとは言えない)バックグラウンドが姿を現しつつあって、シャバダバなスキャットがいよいよ違和感…。田中圭、「自己評価の低さゆえに自分本位の決断ができない」ダメな人だったか…。そうなった過去が出てきたりするのでしょうか。田中美佐子の過去が語られたように。
「今日から俺は」も見始めてしまい、太賀と矢本悠馬のツーショットが嬉しくてたまりません。一緒に「鳥の民」で働いてましたが。
「落語心中」の会長は、安藤サクラの父親でしたね。山崎育三郎がいい人過ぎて、毎回涙。
長文失礼しました。

投稿: saiyo | 2018年11月13日 (火曜日) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/74574637

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年秋ドラマの感想2:

« アッシャー・フィッシュのマーラーなど | トップページ