« ポーランド音楽史の本は結構しんどい。 | トップページ | ルジツキ/バレエ音楽「パン・トヴァルドフスキ」 »

2018年10月20日 (土曜日)

2018年秋ドラマの感想

そんなに色々見ているわけではないのだが、見たものの感想。 あ、フジテレビがない・・・
.
リーガルV
「ドクターX」再放送からの流れでみることに・・・というか林遣都君が出てるからなんだが。前作から話に深みがないのは相変わらずだけど、あまり考えないで楽しく見れるのでいいかな。小鳥遊さん駅弁食べてるの見られるの楽しいし。視聴率高いようで本当によかったです。
.
相棒
相変わらず安定の面白さ。今期異動してきた同じ部署の女性が相棒ファンで話が合うので有難い。
.
獣になれない私たち
「圭モバイル」に加入しているほどのタナカーなのに、見てない・・・というか録画しておいて圭タナカの出てるとこだけ飛ばしてみてる。なのであらすじがあまりわからず「なんで八嶋さんは土下座してるのかなあ?」とか思ったりする。見てるのが辛いのでいっそ打ち切りにならんかなあ(それも出演者は困るか)。流れる音楽もダメなくらいトラウマ。好きな女優さんの一人の黒木華さんがあんな役でホントかわいそう。つか、登場人物の誰も好きになれない、珍しいドラマ。
.
下町ロケット
相変わらず濃い演出が素晴らしい。土屋太鳳ちゃんは前作の学生からもう働いている役になったようなのでホッとしました。もう23なのだから高校生役とかやめようよ(またその手の青春映画に出るみたいだが)。
.
今日から俺は!
賀来賢人さんは勝地涼さんと並んで好きな(イケメンなのに顔芸個性派)俳優さんなので主演は嬉しい。これはホントに面白い。映画「コーヒーが冷めないうちに」に出てた伊藤健太郎くんも共演でカワイイ。それにしても日曜日の夜の「下町ロケット」からの「今日俺」は濃すぎる。
.
大恋愛〜僕を忘れる君と
そもそもムロツヨシさんは好きだったのだが・・・それは「どうしたろうかしゃん」とか「勇者ヨシヒコ」のメレブなどの面白ムロツヨシさんで・・・要するに、神様どうか私に(このドラマの役の)ムロツヨシさんをください。ちなみに私もヒロインと同じ「なお」なのでうれしい。でもアルツハイマーにはなりたくないのでやっぱりいいです。あと、なんとなく「シェイプ・オブ・ウォーター」みのある音楽もよい。まあ、騙されたと思って「けもなれ」のあとにでも見て。ムロツヨシ>田中圭になるから。

そのあと「今日俺」を見てリセットされますけど。

|

« ポーランド音楽史の本は結構しんどい。 | トップページ | ルジツキ/バレエ音楽「パン・トヴァルドフスキ」 »

コメント

いつも興味深く、また楽しく拝読しております。
すみません。余計なこととは思いながら。

 クラフトビールが好きなので「けものになれない私たち」を見始めました。(毎回、ビールの小ネタあり)
 
 そうですよね。大変な意欲作だと思いますが、登場人物全員がそれぞれに「生きづらさ」抱えているので、見ていてしんどくなる。
 ドラマの「いたたまれない」空気感、演出の水田伸生(宮藤官九郎脚本「ゆとりですが何か」、坂元裕二脚本「anone」も彼の演出)のカラーかもしれない、と思ったりします。
 
 でも、このドラマの俳優さんたち(のたたずまい)、嫌いではないのです。
 田中圭さんの「外面のよいだめな人」。だめな人を説得力をもって演じられる俳優さんは、とても魅力的。
 黒木華さん。私も「みをつくし料理帖」や「重版出来(「けものに」と同じ野木亜紀子脚本)」の役柄の方が好きですが、彼女はけっこう嫌な役もやってきていますね。彼女の芸が幅広いゆえ、今回はダークサイドに振れたかと。健気な役柄は今大河ドラマでやっていますし。

 とはいえ、今後、登場人物全員が「落ち着ける場所」にたどり着いてくれればいいなあ、とは思います。

 ただ、このドラマは、音楽(いわゆる劇伴)が過剰でつまらない、と思っています。

 長々と失礼しました。

投稿: saiyo | 2018年10月24日 (水曜日) 16時15分

>>saiyoさん

いつも読んで頂き、コメントありがとうございます。
コメントのお返事をするために、切ろうと思ってた「けもなれ」を昨日また見てみましたが、なんというか「他人の体の中の細胞を電子顕微鏡でみている感じ」でした。いろいろとくっついたり離れたりしてるけど、私には関係ないなあと。いつか興味が持てるようになるのでしょうかね。

クドカンの「ゆとりですがなにか」も会社勤めのリアルを描いていて見てて苦痛なところもあるドラマでしたが、実は私はこのドラマ大好きで全部観ました。視聴率悪かったと思うのですが何故か続編まで作られたので評判良かったのかもしれませんね。このドラマの登場人物、みんな大好きでした。

黒木さんの「みをつくし」は最近ケーブルテレビでやってるので何本か見ました。好きな女優さんなのでなんか「けもなれ」の役は気の毒・・・でもこんなにうざく思えるのも彼女の演技力のせいなのかも。

まあ、このドラマを最後まで見るかどうかわかりませんが、このままでは終わらないとは思うのでなんとかしないといけませんね、視聴率も下がってきているようなので(視聴率関係ないとはいうけれど、録画で観る人はCMは飛ばしてしまうのでスポンサーは困るかと)。

(私は金曜の「大恋愛」が楽しみで生きております。ドラマ見てない友人に「ムロさんがかっこよく見えて困る」と申したところ、「嘘だ!絶対嘘だ!」と叫びました。)

投稿: naoping | 2018年10月25日 (木曜日) 22時57分

かえって時間とお手間をとらせ、すみません。
「けもなれ」、私にとっても「他人の体の中の細胞」なのですが、私と遠いところで生息する、けっこう興味深い動きがある「細胞」なので、落ち着いて見ていられるのでしょう。
視聴率、『逃げ恥』再びの期待を裏切られて急落という感じなのでしょうか。今のカオス状態をどう収束するのか気になるので、打ち切りは避けてほしい。
クドカン、「登場人物全員が愛おしくなる」脚本を書きますよね。大風呂敷の畳み方の上手さにも毎度うなっています。
「大恋愛」、実は私の今期の楽しみ「昭和元禄落語心中」と同じ時間帯でして、ノーマークでした。見てみます。
「落語心中」、落語でこの世界はないよと思いつつ、楽しんでいます。けっこう力作。山崎育三郎ともども「『ゆとり』のまーちん」がなかなか頑張っていて、「安藤サクラもきっと褒めてくれるはず」と思いながら見ています。

投稿: saiyo | 2018年10月26日 (金曜日) 15時17分

>>saiyoさん

コメントありがとうございます。
いえいえ、水曜日は友人と飲んだ帰りだったので酔いも手伝ってふつうに観れました>>「けもなれ」

大恋愛、回を追うごとに内容はしんどくなってきますがドハマりしており最後まで見れそうです。

落語心中、頭の隅にはあったのですが忘れてました。まーちん好きなのに・・・。

投稿: naoping | 2018年10月26日 (金曜日) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/74434464

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年秋ドラマの感想:

« ポーランド音楽史の本は結構しんどい。 | トップページ | ルジツキ/バレエ音楽「パン・トヴァルドフスキ」 »