« 食パンを求めて | トップページ | ポーランド音楽史の本を見つけた。 »

2018年10月 8日 (月曜日)

メシアン「アッシジの聖フランチェスコ」カンブルラン/読響(CD)

.
昨年聴きに行ったメシアンの「アッシジ」のCDが発売されたというのでぽちった。すでに実演の感想で述べた通り、行ける予定はなかったのに、当日券30枚に並んでいた私の前に天使が舞い降りてきてS席(多分関係者席)の券をタダで下さりお金を払ってないので、迷いもなく購入。今日届いたので聴いている。
.
実演の時はとくに思わなかったのだが、改めてCDで聴くとはじめの方はやはり日本のオケの音がする。小澤さんの初演盤(おふらんすのオケである)を聴きなれていたせいなのだろうか。ちっとも悪い意味ではなく、お米、お醤油、お味噌汁、なんか聴いていて落ち着く感。キリスト教関係の音楽なのに何かお経とかお能に近いものも感じる。

演奏(というより曲)についての感想は過去記事にもあまり書いてない(もう、現場に居られただけで有難い感があったもんで)んだけど、CDでの感想はとにかく長い長い。はじめのほうはまだしもCD3枚目くらいからは、「終わるよ~終わるよ~」と思わせておいて、「やっぱり終わらないよ~」と続く。いや、退屈というのではないのだけどね。なんだろう、お寺で延々とお経を聞かされても、「なんかずっと同じ繰り返しだけど、なんか落ち着くな」と思うのに似ている。
.
しかしまあ、さすがにフランチェスコの死にさしかかり合唱が「フランソワ~」と歌うあたりから実演の感銘を思い出しグッとくる。合唱がほんとうにうまい。ところでこのCDは外国でも発売されるのかしら。ようろっぱの人にも是非聴かせたい。日本の合唱団とオケはこんなにすごいんだぞって。
.

CD化されたのは素晴らしいし有難いとは思うものの、映像でも見たいなあというのも正直なところ(夜中の読響のテレビ番組で一部は見聞きしたが)。美しい天使役の人も観たいし、ワーグナーのオペラに出てくる性格テノールっぽい皮膚病の人もまた観たいし、何より最後のほうの打楽器の人々の熱演とか(ほんっとに凄かった)、オンドマルトノの演奏とかも(1階席からはよく見えなかったので)見たいなあと思った。
.
(HMVで買う人はこちら)

『アッシジの聖フランチェスコ』全曲 シルヴァン・カンブルラン&読売日本交響楽団、ヴァンサン・ル・テクシエ、他(2017 ステレオ)(4CD) icon

----

余談だが、ノットのゲロンティアスもCD化してほしいね。東響だけど。

|

« 食パンを求めて | トップページ | ポーランド音楽史の本を見つけた。 »