« フェスタ サマーミューザ2018 センター争奪、灼熱のアリアバトル | トップページ | 藤田嗣治展 東京都美術館 »

2018年8月12日 (日曜日)

モネ それからの100年 横浜美術館

Mone1(8月10日)川崎の演奏会から横浜美術館へ。みなとみらい駅ではピカチュウ祭りが開催されており、凄い人混み。世界中からファンが集まったようで、外国語も多数聞かれた。かくいう私は・・・あんなにポケモンGOにハマっていたのに、なんかどうでもよくなってしまった。本当に私のブームは終焉が早い。ピカチュウがなかなか手に入らなくて、初めて手に入った時の喜びは忘れられないが・・・今はそんなでもない。
.
友人が横浜勤務のため、待ち合わせて美術館へ。この日は夜8時半まで開館していたので夜モネした。モネはそん・・・なに好きでもないのだけど、昨年行った徳島の大塚国際美術館でモネの「大睡蓮」などのレプリカを観たので展覧会も是非行こうと思った。まあ、たまたま半休取って川崎で演奏会に行ってついでもあったのだけど。
.
今回の展覧会はモネの絵はもちろんたくさんあるのだけど、モネの絵に影響を受けた画家や美術家や写真家の作品もたくさんある。「モネ展だからモネばっかりあるのだろう」などと思って出かけるとちょっと困惑するかもしれないし、現代美術が苦手な方はもしかして「うーん」と思う人もいるかも。まあ、一緒に行った友人(徳島にも一緒に行った)も「何これ絵具ぶん投げただけじゃないの?どこがモネ?」と何回か言ってたので、例えば音楽で言えばモーツァルトに影響を受けた現代音楽のコンサートに初心者を連れて行って、意外と無調音楽ばっかりで面食らわせるような感じ?かな(そんなコンサートあるのかな)。
.
私は現代美術ももちろんオッケーなので(たまーにダメなのもあるけど)、かなり楽しめた。とくに映像を組み合わせた動く自然の風景の作品は涼し気で、ずっと見入っていた(友人は興味なさそうだったけど)。鈴木理策さんという写真家で、何か展覧会とかしたら行ってみたいなと思った。あーゆー写真撮りたいな。無理だけど。
.
他、常設展にあったでっかいカラスのオブジェが異様にツボにはまった。写真撮りたかった。

|

« フェスタ サマーミューザ2018 センター争奪、灼熱のアリアバトル | トップページ | 藤田嗣治展 東京都美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/74021601

この記事へのトラックバック一覧です: モネ それからの100年 横浜美術館:

« フェスタ サマーミューザ2018 センター争奪、灼熱のアリアバトル | トップページ | 藤田嗣治展 東京都美術館 »