« 読書嫌いが読むカズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 | トップページ | 大手町は結構賑わってた(というどうでもいいブログ更新) »

2017年11月 3日 (金曜日)

おだしを離さないで

わたしの名前はnaoping。おでんをもう30分も煮ています。ずいぶん長く、と思われるでしょう。確かに。長いことは何の自慢にもなりません。大事なことは具に味を染み込ませることです。おでんなんか粉末の「おでんの素」やおでん種セットに付属しているおでんスープで十分とかいう人もいるかもしれません。しかし、考えてもみて下さい、おでんのだしに拘るだけで、おでんの美味しさは何倍にもなります。
.
naoping、あいつはいいさ。おでんのだしを選べるんだから、と言われるかもしれません。でも、おでんのだしを選べるようになったのはほんの最近です。わたしだって、最初は他の人同様、スーパーで売ってる「おでんの素」や付属スープを使用していました。でも、おでんのだしは自分で選べるのがほんとうではないでしょうか。おでんは機械ではありません。せいいっぱいを尽くそうとして、かつおぶしのだしを取ってキッチンペーパーで濾したり、煮干しの頭や内臓を取ったりいちいちしていたら、最後は疲れ果ててしまいます。忍耐とエネルギーには限りがあります。
.
先日、日本橋に行って「茅乃舎のだし」と「海生堂のおでん昆布」を買ってきました。これでいつものおでんが、何倍も美味しくなります。値段はそこそこ張りますが、美味しさには代えられません。そのかわり、おでん種はうんと安く、いつもの「業務スーパー」のものにしました。「茅乃舎のだし」は紙パックにかつおぶしや焼きあご、こんぶなどが粉末になって入っており、これを煮出すだけでそれは美味しいだし汁がとれるものです。しかもこのだしパックは1回目の提供で終わりではなく、2回目の提供が可能です。だしを取ったあとのだしがらを取っておいて袋から中身を出し、ちぎった海苔やじゃこ、いりごまなどと一緒にフライパンで乾煎りし、醤油などで調味すればそれは美味しいふりかけになります。これは市販のふりかけとは比べ物にならないほど美味しいものです。
.
話がそれました。わたしは普段おでんにはこんぶを入れたりしないのですが(おでん種に最初からこんぶが組み込まれていれば話は別ですが)、日本橋のこんぶ屋「奥井海生堂」にふと入ってみたところ、最初からリボン結びになった乾燥こんぶ「おでん結び昆布」なる商品を発見しましてすかさず購入しました。これはこんぶを結ぶ手間もなく、おでんに投入するだけで、だしも取れ結びこんぶも美味しく頂けるという優れものです。トミーやルースにも教えてあげたいです・・・二人を失った今ではそれはかなわないことですが。
,
この二つを使うだけでいつものおでんが何倍も美味しくなること請け合いです。ただ、もう一つ皆様にお伝えしたいのは、おでんをさらに美味しくするコツとしまして、一度おでんを一通り煮込んだあと、一度火を止めて時間を置いて冷ましましょう。そして食べる直前にもう一度火をつけ、また煮るのです。そうすることによって味の染みにくい大根や玉子にもおだしの味がじっくりと染みます・・・おだしの味を離さないで。
.
2017113_0624_2.
----
.
(元ネタを読んでないと全くわからない記事ですいません。)

|

« 読書嫌いが読むカズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 | トップページ | 大手町は結構賑わってた(というどうでもいいブログ更新) »

コメント

トミーやルースのところだけが全くわかりませんでした。もとネタを知っていれば何倍も面白いのでしょうね。もとネタは見ることができるのですか?

投稿: wagmahbru | 2017年11月 5日 (日曜日) 16時54分

>> wagmahbru さん

ごめんなさい。カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳「わたしを離さないで」(ハヤカワepi文庫) 

投稿: naoping | 2017年11月 5日 (日曜日) 18時52分

😅😫想像力が足りませんでした🙇お恥ずかしい限り

投稿: wagmahbru | 2017年11月 5日 (日曜日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/72127710

この記事へのトラックバック一覧です: おだしを離さないで:

« 読書嫌いが読むカズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 | トップページ | 大手町は結構賑わってた(というどうでもいいブログ更新) »