« ウォルトン/交響曲第1番 尾高忠明/新日本フィル | トップページ | 織田選手、トリスタンで滑る。 »

2017年10月 1日 (日曜日)

東京地下オーケストラ演奏会 ティル&巨人

R・シュトラウス:交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
マーラー:交響曲第1番 「巨人」

指揮:池田開渡
東京地下オーケストラ

(杉並公会堂 2017年9年30日)
.
新日本フィルの英国コンサートのあとに飲み会をして、知り合いがこれから行くというので一緒についていった次第。わたし非常に酔っぱらっていたので、今考えるとシラフでは絶対行かなかっただろうなと。非常に魅力的な(美味しい)プログラムだったにせよ。
.
東京地下オーケストラさんはアマオケだが初めて聴くオケである。全く宣伝とかしてないらしいし、開始時間も夜8時。これは・・・客入らないなあとは思ったけど。
.
思った通りだった。
観客はオケと同じくらいの人数。まあ、ティルも巨人も大編成のオケでする曲なのだが、人数は50人くらいだったかな。1000人ちょい入るホールなんだけど、こんなにガラガラのコンサートを初めて見た。普通にアマオケだってもうちょっと入ると思う。採算あわなそう・・・というかそもそも無料なんだけど。
入口で配られたのは、立派なパンフレット・・・なわけもなく曲目と出演者の書いてあるコピー用紙(A4紙っぺら)一枚。
.
「え、本当にこれでやるの?」みたいな雰囲気の中演奏は始まった。期待はしてなかったものの・・・ええ、結構うまいんじゃない?このオケ。まあ、たまにはおかしな音を出す管楽器の人も若干(ホントに若干)いたものの、弦は大変お上手。(ネットで見たら、弦の人は音大卒の方とかが混じっているようであった。道理でねえ)
.
わたし的には力いっぱい大拍手のつもりだったんだけど、パラパラの拍手。このような人数のお客さんでやりがいはあるのだろうか、とかなり心配。
,
10分ほどの休憩のあと、マーラーは始まった。うーん。圧倒的に人数が足りない(ついてった知人は「(ワルター指揮の)コロンピア交響楽団みたい」と言ってたが、物は言いようだなと思った)。いつもなら舞台裏で心地よく響くバンダのトランペットがいない。舞台上のトランペット奏者が弱音器を付けて?吹いてる。
.
演奏は指揮者がなかなか盛り上げ方が上手なようで(恥ずかしがり屋なのかホルンが立ったりベルアップとかなかったけど)、わたし的には楽しかった。一緒にいた友人2人は「うーん・・・悪くないけど・・・」という感じであった。まあ、酔っぱらってたので何でもよかったのかもしれない、わたし。
.
帰りは、他のアマオケさんならロビーで「〇〇さん!素晴らしかったですう」とか「来てくれてありがとう!」みたいな感じでにぎやかに盛り上がるのに、そういうのもなく・・・なんか誰か死んだのかなくらいのお通夜状態だった・・・って思ったのは気のせい?他の場所では打ち上げで盛り上がったのかなあ(と、思いたい)。
.
次いつやるのかなあ。このお通夜状態がクセになりそうなので曲目によってはまた行きたいですね。(←ええええ??)

|

« ウォルトン/交響曲第1番 尾高忠明/新日本フィル | トップページ | 織田選手、トリスタンで滑る。 »

コメント

11/11にも企画がございます。
よしなにどうぞ。

投稿: 出演者 | 2017年10月 8日 (日曜日) 20時05分

>>出演者様

ありがとうございます。

ショスタコーヴィチ:祝典序曲
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ラフマニノフ:交響曲第2番
所沢ミューズ 2017.11.11 13:30

所沢・・・

投稿: naoping | 2017年10月 8日 (日曜日) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/71860067

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地下オーケストラ演奏会 ティル&巨人:

« ウォルトン/交響曲第1番 尾高忠明/新日本フィル | トップページ | 織田選手、トリスタンで滑る。 »