« スピーカーを買う。 | トップページ | ピーターラビット展 BUNKAMURAザ・ミュージアム »

2016年9月22日 (木曜日)

ラングストレム 交響曲第2番他 オーケストラ<エクセルシス>

ヴィルヘルム・ステーンハンマル(1871-1927)
(大浦智弘による管弦楽編)
スヴァーリエ(スウェーデン)
トゥーレ・ラングストレム (1884-1947)
交響曲第2番 ニ短調 「わが祖国」
ヴィルヘルム・ステーンハンマル(1871-1927)
交響曲第2番 ト短調 Op. 34

指揮:大浦智弘 オーケストラ《エクセルシス》
アンコール曲:ステーンハンマル 交響的カンタータ「歌」~間奏曲

(2016年 9月10日 杉並公会堂)
.
給与計算で忙しく、二期会トリスタンもあったために感想文が遅れてしまい申し訳ない。せっかく券をいただいたのに(いつもありがとうございます)。
.
(新しいPCはとても書きづらい。早く慣れないと。すごくボタンが薄いので押しづらいのだ。しかもWindows10がさっぱりわからない。メモ帳の出し方をネットで調べるという・・・)
.
今回はスウェーデンプログラム。いつも珍しい曲をするアマオケさんなのだが、一時期私もスウェーデンものにはまっていたので、今回の予習は楽であった。今回のプログラムは全部CD持ってるぜ。「スウェーデン」なんて最初のほうは歌詞つきで歌えるし(北欧歌曲集のCDを買うと大体入ってる)、ステンハンマルなんて二種類CD持ってるし(まあ、このオケにしたらステンハンマルなんてかなりメジャーな方だと思うが)、ラングストレムは交響曲全集持ってる。ただ、ラングストレムは第3番ばっかり聴いていたので(自身の歌曲と同じメロディなので、ロマンティックで聴きやすい)、2番はハテナ?と思ったので予習がちょっと必要だった。
.
この日大変残念なことに、なんかのコンサートとかぶったのだろうか、いつもより観客が少ない。マイナーな曲だからとか、へんぴなところにあるホールだからとか、そういうことでもない気がする。面白いのにもったいないなあ。
.
演奏は、いつも通り(曲への愛を感じる)であり。ナマで聴くのは初めてであるし、おそらくラングストレムはもう一生ナマでは聞けなそうである。CDもそんなにないので(まあ、広島の「聖地」に行ったことがないのでよくわからんのだが)、本国でも有名なのかどうか。2番も祖国への愛が感じられるいい(聴きやすい)曲である。
.
ところで、私のラングストレムの曲の全体的な印象は「何を聞いても作曲家の孤独感を感じる」というものなのだが、この演奏会の打ち上げの時に団員さん等に述べたところ誰からも(まっっっったく)共感を得られなかった。夜、北欧の大きな空の下に独りぼっちで夜空を見上げてる感じがしないだろうか。あたしの感性がおかしいのかなあ。そこが好きなんだけど。
.
アンコール曲、大変美しい。
..
・打ち上げでちょっとだけ指揮者の方とお話しできてうれしかったです。うふ。
.
・前に「ラフ」という作曲家の演奏をしたという、京都のアマオケの方が聞きにいらしてたので(私は聴きに行かなかったが知人2人がわざわざ京都まで出かけたのは知ってた)、初対面だが少し(かなり)お話しをした。まあ、同じようなスタンスのオケということではるばるいらっしゃったようである。ラフって最初ラフマニノフの略なのかと思ったくらい全然しらなくて、この日も「ああ、レフの曲やったオケですよね」とか言ってしまった。惜しかったよね。

|

« スピーカーを買う。 | トップページ | ピーターラビット展 BUNKAMURAザ・ミュージアム »

コメント

あの日はエレティールとかぶってたね。
ブラ3と画家マチス、江戸川。
レセ中、放置気味だったけど…楽しめてたんね。
良かった〜♪

投稿: やったー | 2016年9月23日 (金曜日) 07時39分

>>やったーさん

どうも。いやあ、楽しかったすよ。
まあ、演奏会よりも飲み会のほうが時間的にずーっと長かったけど(あはは)。

投稿: naoping | 2016年9月23日 (金曜日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/67609751

この記事へのトラックバック一覧です: ラングストレム 交響曲第2番他 オーケストラ<エクセルシス>:

« スピーカーを買う。 | トップページ | ピーターラビット展 BUNKAMURAザ・ミュージアム »