« 月刊フラワーズ、ゲット! | トップページ | 千人の交響曲 ハーディング/新日本フィル »

2016年6月15日 (水曜日)

メシアン/トゥーランガリーラ交響曲 ル・スコアール管弦楽団

メシアン/トゥーランガリーラ交響曲
独奏: オンド・マルトノ 原田 節
ピアノ 安田 正昭
指揮:田部井 剛
ル・スコアール管弦楽団
(2016年6月12日すみだトリフォニーホール)
.
アマオケさんがトゥランガリラを演奏。素人目に見てもこれは凄いことだと思う。券を頂いたので有難く行かせて頂いた。「この曲が日本で演奏されるのはとても珍しい事です」と、演奏会のたんびに言われるのだが、なんと(群響に続き)今年2回目である。人生において4回目?5回目かな?しかも「演奏されれば絶対行くぜ!!」ってほどこの曲LOVEってほどでもない。
.
というわけで、そんなに熱く語れるほどメシアンに精通しているわけでないので(ええっと、メシアンでこの曲の他に持ってるCDはもしかしてオペラ「アッシジの聖フランシスコ」の全曲だけかも?日本でやらないかな)普通に鑑賞。演奏前にこの曲の演奏では(日本では)だいたい登場する原田節さんと、メシアンの奥さんの弟子っつーピアノの安田さんと指揮者のお話があった。安田さんは「メシアンに別荘に呼ばれてメシを食った仲」と言っていた。無論、原田さんもメシアンとは非常に関係が深い。オンド・マルトノの説明は(今さらながら)なるほど的で。あのスピーカーみたいな丸いやつってドラが入っているのね、打楽器の。ふうん。
,
この曲は(素人なのでよくわからんが)かなりいろんな拍子が入り組んでいて、合わせるのが大変なんじゃないかなあと。自分がオケに入ってるわけでもないのに何故か拍子を勘定したりしながら聴いてしまう始末。しかし、オケが迷子になってしまったりとか、そんなことは(私が思う限り)なかったし、何と言っても曲のテーマが愛だったり、性愛だった(うはっ)するわけなんだがそれは演奏から何故かすごく感じた。なんだろう。演奏者さんたちの演奏することに対する愛なのかもしれない。すみトリの3階席の横からオケを見下ろす席で鑑賞。打楽器奏者が沢山いるなあ。マラカス4本持ちしてる奏者もいて、アレあたしできないわ、手が小さいから。
.
まあホントにすごい迫力。練習大変だったろうな。お疲れ様でした。ありがとうございました。ごめんなさい大したこと書けなくていつも。
,
-----
,
先日、テレビでやってた「ファミリーツリー」(N響)を前の方だけ観た。この曲ではいつも思うんだけど、タケミツさんは年若い可愛い(13~4の)女の子に公衆の面前で「う○ち」とか「お○○○ん」とか言わせるためにこの曲作ったんじゃないかなあと。聴けば感動する、とてもいい曲だけど。(ごめんなさい、言ってみたかっただけです)
.
-----
.
仕事上、給与計算をしているのでよけい考えるんだけど、自分の毎月払ってる高い住民税が都知事のチャイナ服とかホテル三日月代になってたのかと思うと、もう頭に来るしいやんなっちゃう。こないだ行ったばっかりなのにまた選挙に行かなきゃならんのか~とも思うし。でももし、次の都知事が元柔道金メダリストになったら、私は真面目に東京都民を辞めるか、ふるさと納税に切り替えることを考えるわ。ふるさと東京だけどさ。東京大好きだから、できれば離れたくないんだけどね。
.
----
.
こないだ、アンドレアス・シャーガーさんの写真を見て「かっこいい~」と言ってた友人は、フロリアン=フォークトさんの写真を見せても「かっこいい~」って言ってたので何でもいいんだなって思った。(ちなみに彼女はフィギュアスケートのジュベールの大ファン)

|

« 月刊フラワーズ、ゲット! | トップページ | 千人の交響曲 ハーディング/新日本フィル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/66039025

この記事へのトラックバック一覧です: メシアン/トゥーランガリーラ交響曲 ル・スコアール管弦楽団:

« 月刊フラワーズ、ゲット! | トップページ | 千人の交響曲 ハーディング/新日本フィル »