« 東京・春・音楽祭 ジークフリート | トップページ | ちょっとばかりですが。(2016) »

2016年4月16日 (土曜日)

フィンジ/霊魂不滅の啓示  読響

201604014_omote

池辺晋一郎:多年生のプレリュード

ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調 作品36
フィンジ:霊魂不滅の啓示 作品29

読売日本交響楽団
指揮=下野 竜也

テノール=ロビン・トリッチュラー
合唱=二期会合唱団

合唱指揮=冨平 恭平
(4月14日 サントリーホール)
.
(演奏会から2日経ってしまった。サントリーから家に戻ってネットを見たら、熊本県が大変な事になってたので、とても感想など書く気にはなれず・・・今もあまり気が進まないんだけど、一応記録のために更新。東京も地震はあったみたいだったけど、全然気づかなかった。)
.
本日は、日にち的に全く演奏会に行ける気がしなかったんだけど、たまたま仕事が片付いたので、定時で会社を脱出。大好きなフィンジだけど、最近トンと聞いてない。アレレ、ホントにワタシ、イギリス音楽ファンだったのかしら。
.
というわけで、最初はいけべーさん。池辺さんは本物を何度かナマで見ているし、ちゃんとオペラも観ている。「鹿鳴館」面白かったなあ・・・まあ、内容は暗い話ではあったものの。音楽もわかりやすくてよかったし。アレはオペラ初心者でもおすすめできる。
.

「多年生のプレリュード」は読響の第500回定期演奏会の記念のために委嘱されて2011年1月22日に初演された曲だそうである。おお震災直前か。今回は再演。いかにも日本の現代音楽という感じも少々ありつつ、比較的わかりやすい曲である。多少ショスタコーヴィチ風味なのもよい。「ナントカ風味」というのがあると聴き手は安心する。大喝采のあと作曲者登場。特にサントリーの温度を下げるようなダジャレを発することもなく、ニコヤカに聴衆に応えていた。
.
ベト2はあんまり馴染みのない楽曲なので、よくわからず感想はなし。「よかったんじゃないの」とだけ。ごめんなさい。
.
お休み時間のあと、お待ちかねのフィンジ。その時気づく、何故に新国の合唱団でないの。あのピーター・グライムズの合唱団でないの。
.
この曲CD持ってたっけ?ないっけ?と記憶を巡らせながら音楽は始まったのだけど、最初の30秒くらい聴いて「ああ、知ってるわこの曲」と思った。美しい管弦楽。いかにもイギリスのテノールといった感じの繊細な声。美しい・・・と思いながら後ろまでちゃんと聞こえてるのか心配。最初すこーしだけ合唱団に違和感。クラシックの英語の曲は日本はあまりやらないので難しいね。聴くほうもイギリスの合唱曲はイギリスの合唱団の歌ったものしか聴かない(ていうか、他の国の合唱団はわざわざ録音しない)もので発音等耳が慣れない。逆に、イギリスの合唱団の歌うマーラーやワーグナーにはほんの少し違和感を感じることもある(ワタシだけ?)。
.
曲は・・・いかにもフィンジ節が満載ながら、ところどころエルガーの「ゲロンティアスの夢」風味だったり、ウォルトンの「ベルシャザール」風味だったりで、ふうんそうなのって思うとこ多数。でも、ワタシはそういう盛り上がるところよりもいかにもフィンジっぽい(上がり下がりの多い)メロディの溢れるところのほうが好きだなあ。具体的にどことは言えないんだけど。フルートの独奏の部分がとても美しかったのだが、近隣にいた老夫婦のおじいさんの方が飴の包み紙をぐしゃぐしゃとりだしてた音にかき消されてとても残念だった。いかにもフィンジ聴きそうな素敵なご夫婦だったのになあ。
.
ついこないだまで上野のあの強烈なジークフリートの音楽(とシャーガーさんの声)が耳について離れなかったんだけど、春の優しい息吹や秋の収穫を思わせる少し陰りのある音楽を聴いて、ワーグナーの深い森からやっとイギリス片田舎のリンゴ農園まで抜け出した感。都会まであと少しだ。
,
Twitter等を見ると、結構フィンジ好きという方はいらっさるようで、これを機会に他の曲も演奏されるといいなあと思った(クラ協奏曲聴きそびれたけど)。
.
----
読響といえば、昨年の「トリスタン」が素晴らしかったのだけど、夜中の読響シンフォニックライブでハイライトやってたのを見た。長いので前後篇に分かれてたけどそれでもハイライト。トリスタンのパートなんかカットして第3幕冒頭の牧童の歌とかクルヴェナールの歌をたくさんやってほしいよ。
.
こないだシャーガーさんのジークフリートを聴いて、ワーグナーを最後までちゃんと歌えていたのだけでオンの字だった時代は終わったと思った。放送見ながらいかに自分がこの程度(ごめんなさい)のトリスタンで我慢していたのかがわかった。もう我慢しないでいいんだね。
.
----
・・・
このブログ書きながらも、テレビからはしょっちゅう緊急地震速報が流れてくる。とても心が痛い。朝起きて夜中にまた大地震が起こってたことをテレビで知って、泣いてしまった。東日本の震災のトラウマがよみがえってくる(東京なのであまり酷くなかったんだけど)。でもやっぱり何もできない。これ以上地震が起こりませんようにと、祈るばかり。
.
1460768290906
.
震災に遭われた方、被災された方に心よりお見舞い申し上げます。熊本行ったことないけど、くまもんもとんこつラーメンも大好きです。何か自分にできることを考えよう。・・・募金をしたり熊本の物産をたくさん買ったりくらいしかできないけど。

|

« 東京・春・音楽祭 ジークフリート | トップページ | ちょっとばかりですが。(2016) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/65004339

この記事へのトラックバック一覧です: フィンジ/霊魂不滅の啓示  読響:

« 東京・春・音楽祭 ジークフリート | トップページ | ちょっとばかりですが。(2016) »