« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月21日 (月曜日)

トゥーランガリラ交響曲 群馬交響楽団

ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
メシアン/トゥーランガリラ交響曲*
原田節(オンド・マルトノ)*
児玉桃(ピアノ)*
大友直人 指揮/群馬交響楽団
(3月20日 すみだトリフォニーホール)
,
楽しみにしていた演奏会。群響さんは以前「戦争レクイエム」を聴きに行って以来だ。
.
トゥーランガリラじゃ大編成だしイレギュラーな楽器が必要なため、日本ではそうそうしょっちゅうやる曲ではない。だもんで私が生で聴くのはたったの3回目である。しかし、昨年は鈴木王子が指揮したし(行かなかったけど)、今年の何月かには某アマオケさんがこの曲を演奏するという(予習でいらした楽団員さんが何人も)。既に「現代音楽」じゃなくて「古典音楽」になりつつある。
.
いつもながら、オンド・マルトノは原田さんである。この曲か「火刑台上のジャンヌダルク」の時はいつも原田さんがオンド・マルトノである(他の奏者をナマで見たことがない)。初めて見てから何十年も経ってるはずだ。だのに・・・原田さんはずっと容姿に変化がない(前も書いたけど)。若さを保つ秘訣はなんだのだろう。教えてほしいわ。そしてオンド・マルトノって今も製造してるのかしら。
.
この曲がなければ、多分この楽器は他の電子楽器の先祖とともに絶滅してたのかもなあと思う。この楽器の演奏法とかあんまんりよくわかんないのだが、普通の鍵盤楽器的な部分と、変なヒモに指サックみたいなのがついている部分があって、それをスライドするように演奏すると、「びよおおおおおおおん」という音がして、それがなんかウルトラマンの変身みたいでかっこいい。この楽器の音は独特なため、特殊な効果を狙って映画音楽とかドラマの音楽にたまーに使われたりする。
.
外見的にも(木造のオシャレなデザイン家具みたいで)物珍しいので、お休み時間に群衆が集まって不思議そうに眺めているのは、いつもの光景。原田さんがチューニングとかするのかな、と思ったので私も席から眺めていたのだけど、出てこなかった。チューニングがあってなくて本番で弾いてみてビックリ!ってことはないのだろうか・・・と心配になる。
.
さて演奏。最初のドビュッシーは非常にアンニュイな演奏で、まあそもそもアンニュイな曲なので「そんなもんかな」と思っていた程度。フルートの外国の方と思われる奏者はなんかやっぱり上手だった。メインの曲がアレなので、相性を考えて(官能的で静かな)この曲にしたのかな。突然「威風堂々」とか「ウィリアムテル序曲」とか騒々しい曲はカップリングはしない。
.
お休み時間の後、メインのメシアン。大友さんのメシアンというのが全然想像がつかなかった(ええ、イギリス音楽の時に行くことが多いからね)んだけど、蓋を開けてみるとなかなか凄い演奏であった。もっとゆるい演奏を勝手に想像してたので(すいません)。そんで前から15番目の席だったのだけど、あまりのド迫力に圧倒された。緩急の差が激しくて、第5楽章が物凄くテンポが早かった。ただでさえ恐ろしい演奏技術を必要とするピアノがホントに大変そうで、素敵なドレスに身を包んだおしとやかな感じの児玉さんが、演奏では人が変わったみたいに北斗の拳みたいな、「あたたたたた」とか言いそうなくらいの早い打鍵で、圧倒された。私はあんぐりと口を開けて見ていた。手先を写真に撮ろうとしてもきっと写らないんじゃないか。オケの皆さんも頑張ってついて来てて凄かった。
.
ああ、行って良かった。
.
終楽章も大迫力で、「こんなでっかい音、なかなか他の曲では聴けないなあ」とか思ったんだけど、私の隣のおじさんはほぼずっとお眠りになられていて。いや、さすがに眠い楽章の時はわかるんだけど、あの大音響の中でよく眠れるなあと。まあ寝てるだけなら別にどうでもいいんだけど、イビキがねえ・・・。隣にいた奥さんがたまに起こしたりしてたけど、そんな退屈だったら聴きに来なきゃいいのに。ねー。
.
ヲタ知人2人と会場で会ったので、帰りに飲んで帰った。初めて入る店だったが美味しかった。唐揚げと生グレハイがとくに。彼らによると演奏はメシアンのみ大好評。
.
---
.
すみとりに向う前に、アルカキットのダイソーであみぐるみセットを購入。(多くの初心者を絶望と挫折に追い込んだ)ミニーちゃんを作ったので、もう立体的なものも悩むことなく製図を見て編めるようになった。マフラー以外編めなかったのに凄い進歩である。しかも半日で完成。来年は手袋でも編んでみようかなあとか思う。
.
ただ、異常にヘタクソであるが。
.
1458541303519
(何の生物か今一つわからないが、ネコである。)
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土曜日)

ベート-ヴェン/ヴァイオリン・ソナタ集 スターン

130「アイザック・スターン・プレイズ・ベートーヴェン」より
ヴァイオリン・ソナタ全集(第1~10番)

ユージン・イストミン(ピアノ)
.

何年か前に人に頂いたセット。殆ど聴いてなかったんだけど、「春だしな~春らしい曲が聴きたいな」とか思ったので、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ「春」を。なんだこのセット、全集入ってるのか~とか思ってソナタを全部聴いた。聴いたというよりは流しっぱなしにしてただけであるが。

ベートーヴェンのソナタってなかなかいい。聴くと心がすっきりするような「春」もいいし、「クロイツェル」もかっこいい。いやまず「クロイツェル」って名前がかっこいいだろう。他もなんかいいなって思うものが何曲もあった(何番かわからんけど)。
.
ストラディバリとグァルネリの音色の違いは私はよくわからんのだけど、大体「いい音だな~」と私が感じる時はストラディバリよりグァルネリの時が何故か多いので、グァルネリ使いのスターンの音は好きな音である。
.
さて。
本日はラ・フォル・ジュルネの一般発売日だったので、何コマか予約をしてみた。いつも美味しい食事に誘ってくれる友人が「naopingさ~ん、私もクラシックのコンサートに連れてって下さいよ~」と常々言っていたので、「LFJはチャンス」と思って一つだけ誘ってみた。全くの初心者を連れていく際でも、私は容赦しない。初心者向けの「新世界」とか「田園」とかは選ばない。自分が行きたいものしか行かないのである。でもまあ、安いしせいぜい1時間だからそんなに退屈はしないだろう(現代音楽の無調のやつとかは勿論誘わないよ)。
.
これをきっかけに「クラシックってこんなに退屈なつまんないものだったの」と思って、二度と一緒にコンサート行こうとは言わなくなってしまうかもしれない。それはそれでしょうがない。合わない音楽だってあるんだし、正直私にはよくわからない、初心者のことは。
.
そういえば。
会社が昨年合併したときにやってきた、相手方の営業のブチョーがロックバンドに入っていて、私が音楽好きということを誰かから聞いたのか(多分取締役から聞いたのだろう)、会社の飲み会の時に「今度ライヴをするから聴きに来てよ・・・会社の他の人には言ってないんだけど」としつこく誘われた。
.
しかし。音楽の内容はさておき、会社にやってきた殆どあったばっかりの人のよくわからないライヴを一人ぼっちで聴きに行くことなどとても私にはできないので(クラシックならほいほい行くのだが)、始めは断ったもののあまりにしつこかったので嫌々「もう・・・しょうがないですね~」とか言ってしまった。でも、酔っぱらって覚えてないふりをして結局スルーしてしまった。
.
私は人に音楽を強要するのは嫌いだし、されるのも苦手なの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日曜日)

クラシック音楽館を見て

日曜は友人の家で遊んできて、夜遅く帰ってからスクロヴァチェフスキのブルックナーを録画で見ていた。演奏自体も素晴らしいと思ったけれど、とにかく何よりも90歳を超えているのにこの長い交響曲を、椅子も使わずに立ったまま指揮するのがすげえなあと。普通なら立ってられないし、頭がボケててもしょうがないと思う年である。スクロヴァチェフスキの指揮しているのを見ていると、小学生の時にかろうじて生きているのをTVで見た巨匠指揮者らを思い出し、なんだか懐かしい気分にさせられる。
.
それと。
普通のことなんだけど、曲が終わってからすぐに拍手が起こらなかったところに酷く感銘を受けまして(じ~~~んとしました)。ちゃんと指揮者が腕をおろしてから間があって拍手。こういうコンサートは本当に有難い。当たり前のことなのに、これがどうしてできないのだろう、一部のワグネリアンさんは。何故「トリスタン」の最後の音が止むまで、そして止んでからのたったの数秒を、何故待てないのだろう。あの美しい「ワルキューレ」の炎の音楽の、最後の和音を、何故ぶち壊す気になれるのか。私にはわからん。恥ずかしくないのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土曜日)

ツムツム完成。

21222018c3a54bf9c402876333beb725d_2
パソコンがまたもや不調のため、画面がシマシマになってしまった。そのためものすごく画面を拡大して入力をしており。ド近眼の人みたい(まあ、そもそもド近眼ではあるのだが)。
.

先週近所の本屋で購入したキットの、ミニーちゃんのあみぐるみが完成した。裁縫と違い編み物は苦手で、マフラーしか編んだことなかったので、こんな立体的なものがちゃんと形になって嬉しい。段数を数えたり目を減らしたり増やしたり大変だったが(目が悪いので)、やればできるんだな。ただ、図の通りに編んだはずなんだけど、ちょっと太めのミニーさんになってしまった。スカートはウェストが太すぎて足りないし、中に詰めるワタも全然足りなくて、ウチにあったワタを追加して詰めた。おかしいなあ。
,
髪形とか体型がちょっとだけ「ニッチェ」のえのうえさんに似ていると思った。えのうえさん好きだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土曜日)

ボッティチェリ展(東京都美術館)

1457136077416_3
昨日、上野のボッティチェリ展へ。金曜日は夜8時までやっているので、東京下町勤務者には有難い。土日にトビカンの人気ハイライト演目に出かける勇気はないし、有給までとって普通の日に行くのもどうかと。いや、それもいいんだけど。
.
しかしまあ。定時に上がって地下鉄より上野公園に向うと、いつもながらなんて辺りは暗い・・・。昼間ならひょいひょい歩ける上野公園も、夜になると明かりは少ないのでどこが何かよくわからず。草野球場が見えて文化会館の明かりが見えてやっと・・・トビカンに着くのである。目が悪い上に方向音痴なもので。
.
1457137466914 .
トビカン周辺も暗い。
,
しかも。ボッティチェリ展内部も暗い。なんせ500年以上も前に描かれた絵なもんで、光は禁物。保存のためにとにかく場内が暗くて。なんかあたし、鳥目になっちゃったのかと。ビタミンAが足りないのかしら。おかしいわねあんなにニンジン食べてるのに。
.
しかし展示は面白かった。昔だなあと。描き方がね、昔なの。人間のフォルムがね。頭の後ろの方、ちょっとへこんでる感。デッサンもちょっとだけ、甘い。しかしこんなに昔なのに、意外と色の保存がいい。青とか退色してない。いい絵具使ってたのかな。さすがメディチ家の庇護を受けているだけあるわね。
.
ボッティチェリの描く女の人、独特。すぐわかる。そして独特のポージング。下からぐいっと振りかえる感じ。アレはボッティチェリだなあと。ポスターになってる「聖母子」の赤ちゃんも、まるでボッティチェリの描く独特の美女のように視線がなまめかしい。
.
昔の絵なので、木の板に描いてる。だからなんだか真ん中が反ってるのが見受けられる。
.
展示は、ボッティチェリのだけじゃなくて、師匠のフィリッポ・リッピの絵と、フィリッポ・リッピの息子のフィリッピーノ・リッピの絵も多く展示。どっちもそれぞれよい。とくに息子リッピの絵はボッティチェリのライバルと言われただけあって、かなりいいし、作風も似ている。ただ、顔の描き方はまた別だな。
..
あと、ボッティチェリの工房で描かれた絵もあって、そこらへんは下絵をボッティチェリが描いて、細部は工房の人々が描いたのかな。なので、細部の描写がすんごい。植物とか。一人で描いてるんじゃないもんで、すべてのパートが全力投球で描かれている。
.
他にはポッライオーロ?とかいう人の「竜と闘う大天使ミカエル」の絵がかっこよかった。なんか大天使ミカエルとか大天使ガブリエルって名前の響きはかっこいいね、いつも思う。(そんで、こういう宗教画を沢山見ると、マタイ受難曲が聴きたくなってしまう。)
,
ボッティチェリの絵はどれも素敵だったけど、とくに「書斎の聖アウグスティヌス」がね、めっちゃかっこいい。ダンディ。宙を見つめて、何かが振ってきそう。展覧会での扱いが地味なのに絵はでかい。しびれるう。
.
展示が結構もりだくさんで、もっとゆっくり見たかったのだけど、とても間に合わなかった。1時間半くらいいたんだけど最後のほう駆け足。ちゃんとじっくり見るのであれば2時間は必要。グッズもなかなか素晴らしく、チケットファイルとか缶入りキャンディとか買ってしまった。だめだなああたし(ジークフリート買っちゃったのにい)。しかし、金曜の夜は意外と空いており、普通に見られるのでよいね、おすすめ。展示は4月3日までなのでお急ぎ下さい。西洋美術館でやってる、カラヴァッジョも観たいな。
.
1457136063247_2 .
画家ご本人も来日。一緒に写真撮らせてくれるよ。紙みたいにうすっぺらい人だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

このごろの外食(日記的に)

最近の食べもの日記。

.
先週の土曜、友人と三人で近所の大阪風くし揚げ屋さんで一杯。最近増えてきたなあ、くし揚げ屋。
.
1457137848664_3
.
店の前にビリケンさんの金の像のある、この店はよく行くのだけど、とーーーーっても安い。そんでもってまーまー美味しい。メニューに馬刺しとクジラ刺しがあるのもポイント高め(今回は馬刺し)。店内インテリアは「なんちゃって大阪」風味がすごい。一緒に行った友人の一人(元男性)が関西出身のため、この店はどうかな?ってちょっと心配してたけど、「なんか学生時代を思い出す。こんなお店ばっかり行ってた」と好評価だったので、ほっとした。
.
最初はびっくりしたけど紅ショウガのくし揚げが意外と癖になる味で毎回注文。メニューに寿司とかもあるんだけど、揚げものでお腹がいっぱいになってしまうので、そこまで行きつかない。最後は雪見だいふくのくし揚げでしめた。美味しいんだよねこれがまた。
.
---
.
トラック協会の36協定のセミナーで、四谷にてランチ。生まれて初めてグルメバーガー類に挑戦。ハンバーガー大好きだけど、グルメバーガーの値段の高さにおそれおののいて今まで避けていたのだ。
,
1457137832393_2
.
メニューを見るとハンバーガー類は何でも普通に千円以上するので、照り焼きチキンバーガーにする(960円)。まあ、ポテトもついてるしランチでドリンクサーピスなのでこんなもんかな。しかしやっぱり高いだけあって、恐ろしく美味しかった。某日本由来バーガーチェーン店の照り焼きチキンバーガーもいつも「美味しい美味しい」と激賞しながら食べてるんだけど、もう全然違う、格が違う。別物だった。あっつあつの中身もうまいけど、バンズがまたふかふかで美味しい。こんなに美味しいんだったら、1300円くらいするホントのハンバーガーにすればよかったなあと後悔。
,
でも、大きさがなあ・・・値段が値段なのでもっとでっかいのかと。くいしんぼうの私には足りないなあ。コスパで言えば、バーガーキングでいいや。
,
---
.
上野で買った、駅弁。また鳥。外食じゃないけど。
,
1457137481803
.
パッケージがレトロで素敵。味はまあ、昔食べたのと一緒。900円だし。
.
----
29の日に表参道まで出て友人と韓国焼き肉食べに行ったんだけど、写真を録るのを忘れてしまった。道には迷うし、しかも期待し過ぎ。味はまあまあ。ワイン一本あけたので、割引でも一人5000円以上もしてしまった。うーん、節約しなきゃ(反省)。
,
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金曜日)

今年の上野のジークフリートは?

お久しぶりです。生きてます。
最近は、とにかくコンサートの券を予約したり、買ったりしてますよ。何に行くかはお楽しみに!というわけで・・・。
.
もうすぐ春なので、やっぱりこの季節は桜や花粉とともにやってくる・・・上野のワーグナーですな。毎度ながら演奏会形式のわりに高いけど・・・やっぱり行かないと。前にN響で聴いたジークフリート、素晴らしかったしね。
.
さて。最近の歌手にうといヒストリカルな私は今回のジークフリート歌う歌手は初めて聞く名前だ。東京でトリスタン歌ったらしい?んだけど、行けなかったもんでね。どんな人かなあ?と思ったら結構YouTubeにUPされてますね。
.
鍛冶屋さんの場面
.
森の中の場面
.
なんか容貌は・・・ジークフリートっぽくない。野性児みたいな感じじゃなくて、ドイツのエリートサラリーマンのよう(オーストリア人らしいが)。声はなかなかいいみたいだけど、パワーは最後まで持つかな?少し心配?いや楽しみです。
.
ついでに・・・
「エジプトのヘレナ」より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »