« マーラー祝祭オーケストラ 大地の歌  | トップページ | 青ひげ公の城 新日本フィル »

2015年8月30日 (日曜日)

オーケストラハモン  マーラー/交響曲第7番

Hamon_33rd_design マーラー/交響曲第7番 ホ短調
メンデルスゾーン/劇音楽《真夏の夜の夢》序曲
指揮:冨平 恭平  オーケストラハモン
(8月29日 ミューザ川崎シンフォニーホール)
.
.
先週に引き続いてミューザ。アマオケの券は天下の回り物(悪いわねありがとねこれからもよろしくね♪byPUFFY)。
.
川崎というと。
先週ラゾーナのフードコートで大好きな釜玉うどんを食べたんだけど(セルフさぬきうどんやさん、ウチの近所にないの。ふじそばはあるのに、何故)、そこで帰りに目に入った、福岡の有名明太子屋さんの定食。激烈うまそうだったのでそれが食べたかった。明太子、釜で炊いたご飯、具がたっぷりのトン汁でセット。これにオプションで鯖塩焼きをチョイスして千円弱。高いのか安いのかよくわからんけど、とても美味しかった。お腹いっぱい。写真はなし。夜行ってこれでビール飲みたい感じ。
.
(ラゾーナ楽しいね。ダイソーもウチの近所のとは段違いに広くて楽しい。クラフト関係充実で、レジン作成キットとか買ってしまった。シルバーウィークにでも作るか。飯守泰次郎キーホルダーとかw)
.
さてマーラー。7番はそんなにナマで聴いたことない(あまりやんないのかな)。何年か前に、飯守さんの指揮で聴いたのが最後。なんかまあ、精神的に辛い曲だなあと思った。ガンガン来るんだよね、なんか。
.
でまあ。ハモンさんてオケは聞くの初。名前もあんまり覚えてなくて、チラシは可愛いなあと思ったのくらいの印象。知り合いがいないからかも。そんなに今でもオケの知り合いはたくさんいないんだけど。ここは「上手なオケ」というのは人に聞いた。
.
アマオケで金管のソロ(または重奏)のある曲ってなんかいつも心配したりするんだけど、こちらは金管さんがうまいという印象。アマオケにありがちのホルンがひっくり返ったり、唾がたまってごりごり言ったりすることはない。安心して聴ける。かといって別に弦がヘタという印象もない。指揮者の方はガリガリガツガツした印象もなく、プレーンで安心して聴ける印象。(合唱指揮もよくされているようで、帰りに合唱団員の知人にばったり会った)
,
マーラー演奏では、舞台一面に並ぶ団員と、いろいろな打楽器とマンドリンとか、色々あって面白い。これに慣れちゃうから、ブルックナーとかたまに聴きに行くと目がさみしい。「マーラーのカリカチュア」みたいな鉄棒になんかぶら下がってるものが四角くてやぶさめの的みたいで、早く叩かないかな~とかわくわくした。
.
7番はいつも最後だけ妙に明るくて異様な違和感(とっちらかった感)があるんだけど、今回の演奏はそういった違和感がなかった。何故だろう。演奏がとてもまとまってたせいなのかしら。それと結構後ろのほうで聴いていたのに、物凄く金管の音が大きくて、ちょっとびっくりした。ダイナミックレンジ広いの、このオケの持ち味なのか。ロマン派系レパートリー多いようだから合ってる感じ。「ローマの祭」とかやったら凄そう(すでに過去に演奏済)。
.
で。
.
わたくしの横の方に「小学生の男の子とおかあさん」という(鬼門の)観客がいて、小学生は案の定飽きてぐずりだしたので第3楽章くらいで退場して一安心してたのに、終楽章くらいで戻ってきた。「そんな無理せんでも」と思ったものの、終楽章の大音響に何故か苦しみもがき出し、おかあさんにとり抑えられていた。あんまりじろじろ見るのも気の毒であまり見なかったのだが、その苦しみ方が医学実験中のモルモットみたいだなあと思った。
.
コンサートはブラボーも多く。いやもしそれがサクラのブラボーであるとしても、ブラボーに値するいい演奏でした。アマオケ恐ろしや。
.
-----
.
帰りにラゾーナの野外ステージでちょうど(本物の)PUFFYのお二人がライブをなさっていたので、大観客とともにちょっと鑑賞。よく見えなかったのでナマで見聞きした有難味はあまりなく。往年よりも歌唱に若干「よいしょっと」感が聞かれた(ごめんなさい)。

|

« マーラー祝祭オーケストラ 大地の歌  | トップページ | 青ひげ公の城 新日本フィル »

コメント

こんばんわ、ディーリアス好きのじゅ。でつ
その急転換なしの違和感なさ加減はあの演奏が最初から明るく最後まで明るかったからだと思います
一方前プロの真夏の夜の夢序曲が暗めだったのが秀逸でした

投稿: じゅっぴ〜 | 2015年9月 7日 (月曜日) 19時35分

>>じゅっぴ〜さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね、たしかにあの曲には珍しい明るさでした。ひょっとしたらマーラーらしくない?かも。

投稿: naoping | 2015年9月 7日 (月曜日) 22時20分

たしかにマーラーらしからぬ人生微速漸進の演奏でしたが、かっこよさとかそういう点ではじゅ。的には大野和士/都響を凌駕しました。
インバル/都響に勝るとも劣らなかったかも。
第1楽章の再現部の小太鼓のとことかサンダーバードのかっこよさに匹敵っす

投稿: じゅっぴ〜 | 2015年9月 8日 (火曜日) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/61387461

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラハモン  マーラー/交響曲第7番:

« マーラー祝祭オーケストラ 大地の歌  | トップページ | 青ひげ公の城 新日本フィル »