« 神奈川フィル オール・プッチーニ プログラム | トップページ | グローバル・フィル 第54回定期演奏会 »

2015年7月 4日 (土曜日)

悲愴・月光・熱情を聴いて幼き頃を懐かしむ。

icon icon
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op.13『悲愴』
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2『月光』
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op.57『熱情』

ウラディミール・ホロヴィッツ(ピアノ).

今日は日テレで音楽番組をずっとやっていたので、ヒマつぶしにたまーに見ていた。ずっと見ていたわけではない。苦手な歌手(さ○○○し、など)はすっとばしていた。それにしても2曲歌う歌手もたくさんいるのに、ゲスの極み乙女。は一曲しか歌わなくてがっかり。ところで森高千里はいつになったらオバサンになるんだろう。外見だけでなく声もあんまりかわんないのが不思議。(ゲスの極みさんたちは、ドラムのいこかさんばっかり注目されているけど、私はピアノのちゃんmariさんに注目。だって幻想即興曲とか弾いちゃうんだぜ、かっこいい。).

そうそう、この手の番組を見ていると思う、自分が子供の時に聴いてた音楽を聴くと何かとても懐かしい気分になるものなのだろうが、歌謡曲はそんなでもない。すごく覚えているし、何でも歌えるが、何か心をきゅんとつかまれるような感じはない。この歌手のあの歌を聴くとあの事を思いだす・・・とかそういうのがない。.

これってクラヲタあるあるなのかな?.

私は小学生の時はホロヴィッツのショパンと、ヴィルヘルム・ケンプの3大ソナタ集を熱心に聴いていた。おこづかいで買ってたものだから、そんなにたくさんレコードは持ってなかったので、たぶん3年生くらいの時はこればっかり聴いていた。.

そのうち習ってたピアノをやめてしまったので、ピアノは大嫌いになった。そんでマーラーとかシュトラウスとかワーグナーに出会ってしまったのもあり、ピアノものはずっと聴かなくなった。そんなこんなで、ベトソナは今聴くととても懐かしい。(そーいえば、習ってたピアノの先生は何故かとても絵が上手で、自分で書いた絵をたくさん部屋に貼っていた。後年、私はその先生の出た学校に通うことになった・・・その先生、音大じゃなくて美大出身だったのだ).

実をいうとケンプのレコードはCDで買いなおさなかったので、今聴いているこれらの曲はホロヴィッツの演奏である。ケンプの演奏はこの曲のスタンダード演奏だったのかな。当時「どの演奏が良いか」なんて知るよしもない小学3年生の私は、行きつけの商店街のレコード屋さんで「たまたま」売ってたケンプ盤を購入したのである。.

まるでベートーヴェンの化身のような演奏で(←記憶によるとだけど)、いかにもドイツグラモフォンの基本みたいなジャケットだったので、こーやってホロ様の演奏で聴いていると何故かほんの少し違和感が(アレレ?)。

ピアノ・ソナタ集(悲愴、月光、ワルトシュタイン、熱情) ケンプ icon
.

----

毎年7月になると、大手町駅の七夕かざりの短冊にお願い事を書くのが楽しみなのだけれど、今年は「さあ書こう」と思って短冊を引っ張り出した勢いで人差し指を切ってしまい、出血した。「お前の願いなど聞けぬわ!」ということなのだろうか。まあ、めげずに書いては来たけれど、血染めの短冊に。

----

夕べ、たまたま夜中にやってた「ど根性ガエル」(昔やってたアニメのほう)を見たのだけど、今見ると結構凶暴だったのね、ぴょん吉。ちょっと引いたわ。

|

« 神奈川フィル オール・プッチーニ プログラム | トップページ | グローバル・フィル 第54回定期演奏会 »

コメント

今でこそ「悲愴」の2楽章はイージーリスニングとかヒーリングミュージックとかでアレンジされることが多いですが、子供心にそれは違うなと思っていた一人でした。早くからベートーヴェン本人が大変な思いを込めて書いた曲だとわかったし、そんな風にアレンジして聴かれるべきじゃあないと思っていましたねえ。そんな純粋なハート今いずこ。

最近、食事中にテレビから流れてきた懐かしいアニソンが仕事中も頭から離れない。エースをねらう齢でもないのに。
https://www.youtube.com/watch?v=6_rTNqoxMIs
どこかにたなぼた、ないかね。

投稿: uma- | 2015年7月 5日 (日曜日) 23時12分

今年の七夕は大雨でした(@四国)。
私も子供の頃、家にケンプのベートーヴェン3大ソナタのLPありました。
けっこう聴きましたがなぜかあまり印象に残っていません。
ブレンデルの「皇帝」とかハイフェッツの「メンチャイ」には電流ビビッとなって、
あげくにこんなクラオタに成り果ててしまったのですが・・・。
やっぱりピアノ・ソナタは子供には「?」なんでしょうかね。
ケンプのベートーヴェンは、CDも持ってません。
いま聴いたらどう思うかなあ。

投稿: 木曽のあばら屋 | 2015年7月 8日 (水曜日) 20時04分

七夕を思い出す曲だとピアニストの舘野泉がかつて言っていた曲。
シベリウス:即興曲Op.5-5
https://www.youtube.com/watch?v=S0QwAyJ0j9Q

投稿: uma- | 2015年7月 8日 (水曜日) 21時55分

>>uma-さん

昔、ビリー・ジョエルが歌ってましたね。

投稿: naoping | 2015年7月 8日 (水曜日) 22時33分

>>木曽さん

東京は七夕は曇りでした。このところ毎年あんまり天気がよくない気がします。

ケンプの演奏はまあオーソドックスなドイツ風といった感じなんでしょうか。あまり色々聴いたことないので私はわかりません。幼少の刷り込みなのかなあと。かなりジジイになってからの演奏なので「熱情」のコーダはいまひとつ遅い気はします、

何年か前に初めて生で「熱情」を(もちろん他のピアニストで)聴いた時は、「なんかオーケストラみたいに聴こえる」って思ったので、録音では本当の良さはわからんのかもとも思います。

投稿: naoping | 2015年7月 8日 (水曜日) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/60619948

この記事へのトラックバック一覧です: 悲愴・月光・熱情を聴いて幼き頃を懐かしむ。:

« 神奈川フィル オール・プッチーニ プログラム | トップページ | グローバル・フィル 第54回定期演奏会 »