« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日曜日)

神奈川フィル オール・プッチーニ プログラム

プッチーニ:交響的奇想曲
歌劇「ラ・ボエーム」より
歌劇「蝶々夫人」より
歌劇「妖精ヴィッリ」より
歌劇「トゥーランドット」ハイライト(演奏会形式)
大隅智佳子(ソプラノ並河寿美(ソプラノ) 西村悟(テノール)ジョン・ハオ(バス)井上雅人(バリトン) 
神奈川フィル合唱団(合唱)
現田茂夫指揮 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
(神奈川県民ホール)
.
本日は神奈川県民まで。代理で行かせて頂いたのだった。(そもそも行こうかなとは思ってたが)
有難いことに全部プッチーニ。前半はプッチーニのデビュー曲?的な管弦楽曲と有名なアリア集。後半は「トゥーランドット」のハイライト。しかしハイライトというよりは「ピンポンパンが出ないのでそれ以外はずいぶん演奏した」というイメージ。パンフレットによると、80分くらいやった。時間は計ってないので実際はよくわからない。
.
ところで。
.
私の神奈川フィルのトゥーランドット率は非常に高い。今まで見聞きしたトゥーランドット、人生最初のトゥーランドットがスカラ座引っ越し公演なのは除き、他は全部神奈川フィルである。まあ、そのうち2回はハイライトだけど。
.
どうも、「トゥーランドット」というと開演前に中華街で中華料理食べて、そのあと鑑賞するっていうイメージである(私の中で)。まさか、神奈川フィルが中華街が近いからと言って、トゥーランドットを得意としている・・・とかじゃないよね。
.
さて。
..
一曲目は初めて聴く曲。何でもミラノ音楽院の卒業作品だという。初めから「なんか悲劇が起こりそう」的な感じである。いかにもプッチーニ的な。で、普通に聴いているとそのうち突然非常に耳慣れた音楽が流れてくる。
.
あ、これか。これが(解説書によく書いてある)プッチーニの若き日の作品の引用か。
,
そう、「ボエーム」の冒頭が出てくる。結構重要なメロディ。これによって「ボエーム」ってオペラのの中の「若さ」とか「青春」的なものを表しているんだよね。しかし、オペラの冒頭に自分の実質最初の作品のメロディーを引用するなんて、きっとこの曲に自信があったんだろう。
.
そして「ボエーム」の第一幕の有名なミミとロドルフォの場面。お二人ともとてもフレッシュな歌唱。素敵だ。なんかカワイイとさえ思ってしまう(失礼)。
.
そして本日トゥーランドットを歌う予定の、並河さんが登場。「ある晴れた日に」を歌った。お綺麗で堂々たるスタイル。声も堂々としていて、声量もあり、凄い。期待できそう。
.
後半は「トゥーランドット」。前記のようにピンポンパンがいないので、奴らの活躍する部分とクイズを3問出す部分はカツ・アイ。なので、並河さんの歌う部分は結構少ない感じがした。かなすい。
.
いや、ホントに並河さんが他を圧倒してて物凄い声量でよかった。体中に声が響き渡っててぴんぴん響いている感じだった。ワーグナーとか歌ってもよさそう。ヴェーヌスとか歌っているそうだが。
.
ジョン・ハオさんが結構好きなので、楽しみにしていたのだけど、やっぱりそもそも歌うとこ少ない。もっと聴きたかったな。前半でアリア一曲歌ってもよかったのに。
.
この曲の最後はいつも盛り上がり、拍手大喝采となるのだが(みんなこの曲好きだよね)、本日もそうであった。だのに、マエストロ現田さんは早々に「バイバイ」と手を振って帰った。オケもしかり。打ち上げが控えていたのかなあ。
.
何にしろ、中華街のコース料理みたいな美味しい楽しい演奏会でありました。いい演奏を有難うございました。
.
1435492920782
.
演奏会で売ってるオケのグッズは(いかにも感が強いので)あまり買わないのだけど、このキャラは大変可愛いし色のセンスもいいので、ちっちゃいタオルを買ってしまった。安かったし。それと中華街であまりに色々な食べものを買ってしまい(海軍カレーやらベビースターラーメンやらシュウマイやら)、結構反省している。.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土曜日)

バルビローリのシベリウス集を聴きながら、北欧のお魚に想いをはせる。

icon icon

シベリウス:交響詩『フィンランディア』作品26
組曲『カレリア』作品11
交響詩『ポヒヨラの娘』作品49
『悲しいワルツ』作品44
組曲『レンミンケイネン』作品22第2楽章『トゥオネラの白鳥』
組曲『レンミンケイネン』作品22第4楽章『レンミンケイネンの帰郷』
交響曲第1番ホ短調
.
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団
.
今週は給与計算で忙しかった。自分の仕事はびっくりするくらいに早く終わってたのに、他の社員の仕事が遅くて手伝っていたからだ。月曜日など、12時過ぎまで会社にいて、電車がなくなってしまうのでやっと帰してもらった。タクシー券を貰って。
.
タクシーなど会社の前からどうやって拾うのだろう、こんな夜中にすぐ来るのだろうか、などと思いつつ車道に出ると、すぐにタクシーが拾えて、びっくりした。運転手は人のよさそうな気品のある老紳士だった。
.
会社からウチまで結構な距離だったのでどうしよう・・・こんな遅い時間に悪いかなあとか思ったんだけど、意外な事に運転手さんは大喜びだった。「今日はワンメータのお客さんばっかりで、やれやれと思って大手町からここまで来たんだけど、お客さんを拾えてよかった!結構な距離で感謝ですよ!」と。私もすぐに帰れてよかった。これってウィンウィンの関係といったらいいのか。
.
家に帰ってテレビをつけ、「月曜から夜更かしを見よう」と思ったらもう終わってて、録画で見た。なんと夜更かしを通り越してしまった。もうくたくた。
.
というわけで、ずっと残業続きで今週はとても長く感じ。まあ日曜はコンサートに出かけるし、「ラインの黄金」の発券をしたり、今年行くオペラの広告を壁にベタベタ貼ったりして、自分を元気づけた。過労死しちゃだめだ。まだまだ生きるんだ。
.
今日は来月シベリウスを聴きに行く予定なので、近所のスーパーで買ってきたゴマサバをさばきながらバルビローリのシベリウス集を。サバは全然関係ないんだが。北欧じゃサバよりは、やはりニシンとかシャケを食べるんだろうか。
.
北欧のお魚といえば、シュールストレミング。ま、これはスウェーデンだけど。
.
読者のよいこの皆さんの中に、シュールストレミングを食したことのある方はいらっさるのだろうか。私はないです。くさやはあるんだけど。くさやは画学生のときにお土産用の瓶に入ったのを職員室で開けたのをちょっともらった。かなりそのスメルも強烈で、公園のあんまり掃除の行き届いてないトイレで干物食べてるみたいな感じだった。味はまずくはなかったけど、自分で買おうとは思わない。そーいえば今日魚屋で瓶入りのを売ってたなあ。
.
シュールストレミングはくさやの6倍の臭さというから、もう想像の域を超えている。いくら魚好きでも多分私は無理だろう。
(と、この記事を書くためにウィキペディアを見ているのだけど、加熱前のくさやの臭さって納豆よりはちょっと数値的に低いんですね。納豆が大好きで毎日のように食べてるけど。外人が納豆を嫌がるのも仕方ないか。)
.
京都大学のサークル(クジャク同好会)が、シュールストレミングを鴨川で食す会を開いたというのをネットで興味深く読んだのだけど、100mくらい遠くから双眼鏡で見てみたかったなあ。それでも臭いんだろうけど。(というか、クジャク同好会に入りたいです)
.
さて。食べたことも嗅いだこともないシュールストレミングの話をしてもしょうがないので、話を戻そう。
,
バルビローリのシベリウスはとても親しみやすい。最初に購入した交響曲全集がベルグルンドだったのであんまり入り込めずに困っていたのだけど、バルビローリは熱っぽい演奏で(名物唸り声も入ってる)、あたしのようなシベリウス初心者にも入りやすい演奏ではないだろうか。ひさーしぶりにまともに(テレビや映画でなく)「フィンランディア」を聴いて「やっぱりこれは永遠の名曲だなあ」と思った。いまさら。
.
----
.
今週、いつだったか忘れたけど、「なつかしの日本の歌」的な番組をやっていて、初めて石原裕次郎の歌う「狂った果実」(佐藤勝作曲)を見聴きしたんだけど、なんかおされでかっこよかった(いや裕次郎さんではなく音楽が)。
.
https://www.youtube.com/watch?v=MS_LuCO3CI8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土曜日)

夢に見たオペラ「ザンパ」について調べる。

ついこないだ、家で夜寝ててヘンな夢を見た。私が友人に向って「この曲はね、エロールのザンパよ!」って得意げに語ってる。
.
夢から覚めて、はて。
.
エロールのザンパ?知らないなあ。そういう曲があるのは知ってるけど。
で、YouTubeで探して聴いたら、あ、これか!ってなった。かなり昔、FM-NHKのクラシック番組のテーマ曲だったような気がする。アマオケや吹奏楽で結構頻繁に演奏されるようである。日本じゃ序曲だけ有名なのね。
.
で、どのような筋なのか?とか思って。「歌劇大辞典」を引っ張り出した。
.
Zampa(ザンパ)ルイ・エロール作曲、ジョゼフ・メルスヴィル作詞。1831.5.3 パリ、オペラコミック。
.
部下を率いてカステル・ルガーノの島に侵入した海賊の親分ザンパは、無理にカミーユと結婚することになる。この出来ごとを海賊たちも祝っているうちに、ザンパは自分の裏切った娘アリスの像を嘲弄しながらその指輪をはめると、像はその指輪を返そうとしない。そして逃げ出したカミーユのあとをザンパが追いかけようとしたとき、像は彼を海中に引きずり込んで溺れさせてしまうという話。
.
歌劇そのものはすでに忘れられてしまったけれど、その序曲だけはいまでもひろく知られている。(大田黒元雄著 歌劇大辞典より)
.
序曲より、オペラ本体が聴いてみたいなあと思ったら、YouTubeにUPされていた(残念ながら音だけ)。聴いてみるとまあ・・・いかにもフランスのオペラだなあ・・・という感じ。しかし演奏は大層しっかりしたもので、かなり聴ける。キャストの記載がないが、コメント欄を見るとどうもパトリシア・プティボンがカミーユ役だということだ。(よく知らないので、彼女のファンの人は聴いてみて下さい)
,

,
エロールはオペラを作曲したい気持ちがはやりすぎて、飛び込んできた脚本はすぐ飛びついてしまい、失敗作が多かった・・・ようなことがウィキペディアに書いてあった。そういえば作品一覧の歌劇の名前が結構ヘンテコである。「アンリ5世の青春」「プラトニック・ラブ」「死せる作家、生ける作家」「医者なしの医術」など。ザンパの他に有名な曲は「おてんば娘リーズ」等。録音でピアノ協奏曲全集とかあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月曜日)

マーラー/交響曲第3番 豊島区管弦楽団

マーラー/交響曲第3番 ニ短調
指揮:和田 一樹
メゾ・ソプラノ:林 美智子
豊島区管弦楽団
女声合唱:東京アカデミッシェカペレ
児童合唱:東京荒川少年少女合唱隊
(6月14日 東京芸術劇場)
.
今月二回目の3番。どんだけ好きなんだこの曲。そういえば今年は3番の当たり年らしく、色々な団体が演奏するらしい。しかし、市民オケ(区民オケ?)が3番やるって結構チャレンジャー? でも今時アマオケがマーラー演奏するのって普通だからそんなに凄いことでもないのかな?
.
この日(日曜日)は18日の健康診断に向けてダイエット中のため家でおとなしくしている予定だったが、きっとゴロゴロしてしまうに違いない。だったらお出かけして、カロリーを消費したほうがいい。一蘭を見つけたり、カツサンドをついつい買ってしまったりとかしなければ大丈夫。今日は演奏会場でも誰にも会わないから、飲んで帰るとかいうのもなさそうだし。
.
券、持ってないのでお金は払った。でもたったの800円。800円でマーラーの大曲聴けちゃうの、東京って素敵なところ。こないだの読響なんて9000円強したんだぜえ。
.
(これで読響よりいい演奏だったら・・・困っちゃうなあ。)
,
指揮者が棒を振って、やっと始まる!と思ったらカメラのパシャバシャって音が。アマオケ色々見てるけど、こんなの初めてだ。もしここを読んでたら犯人は反省するように。
.
指揮者は和田一樹さん。初めて聴くと思う。写真と違って本物は顔も体型もザ・たっちみたいだなってオモタ(ごめんなさい)。しかし指揮はきびきびとして、とても快活に振る。たまに横顔が見えるけどとっても楽しそうだ。いいなあ。こっちまで楽しくなるよ。きて良かったあ。
.
トロンボーンのあの長い過酷なソロも頑張ってらした。たくさん練習されたんだろうなあ。
.
.
長大な第一楽章は、だんだんとテンポを上げていって、凄い盛り上がった。まだ第一楽章なのに終わったとたん「ブラボー!」で拍手が入った!うん、よくわかるよ。とてもよかったもん。
.
なんか申し訳ないけど、こないだのテミルカーノフより・・・テンポのとりかたは好きかも。
.
まあ・・・ソロや金管楽器はたまーにプロとは違うなって音を出していたこともあったのでドキドキしちゃったけれど、弦はうまいし(コンマスの音美しい!チェロもうまい)、比較的安心して聴いていた。
.
合唱や独唱が途中で入ってきた。うーん林美智子さん相変わらず美しい。今日はちょっとせくしいなドレス。声も美しい。彼女が歌いだしたとたん、何故かマーラーらしい空気が流れてきた。好き好き。
.
女声合唱団はたまに聴かせて頂くカペレの合唱団。素敵な歌声。児童合唱団もいい。3番てホントにいいな。
,
終楽章。静かな弦の音で始まり、舞台中に愛が溢れている感じ。なんかじーんと来るわ~~・・・って見とれていたらアラ、オケに知り合い発見。ちょっとびっくりした。
.
最後は拍手大喝采で。ホントに幸せな気分で会場をあとに。よかったよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日曜日)

近況とマイブーム

記事にするネタがないのだが、何か書かないと使い方を忘れそうなので更新。(最近の新入社員の中にはスマホの普及でPCが使えない子もいるってこないだ読んだので震えている。)
,
6月6日くらいからダイエットを始めたのだが、ウチのあんまり信頼性のない体重計によると2キロ痩せていた。しかしちっとも痩せた感がない。主に豆ばっかり食べているんだけど、これでいいんだろうか。豆ばかりと言っても豆腐、納豆、枝豆・・・意外と悲壮感はないわ、ヴォツェックと比べて。
,
まあ、大好きなとんこつラーメン(もちろん替え玉つき)やカツサンド、ビッグマックをやめていれば普通に痩せるのかなあと。アイスクリームと酒はやめてない。
.
見た目と体重が一致してないので、とりあえず健康診断のときに「ええええ?もう一度お願いします」とか言われないようにしないと。
.
<最近のマイブーム>
.
(食べもの)
・枝豆をトースターで焼く。洗って塩で揉んでちょっと置いてから銀紙敷いて焼くんだ。少しイケてない枝豆でも結構美味しくなるし、鍋でお湯を沸かす必要がないので残業で疲れたあとでもすぐできて便利。ちょっと堅めの方が私は好き。
.
・焼き鯖の缶詰のおにぎり。ただ、焼き鯖の缶詰が近所に売ってないのでまたアキバの物産コーナーに買いに行こうか迷っている。鯖水煮缶も好きなんだけどね。
,
(食べもの以外)
・ゲスの極み乙女。ただ、とくに何かを買ったりライブに行ったりとかはしてない。普通にテレビとかスマホとかで聴いているだけだ。何で好きなのか考えたら、ピアノ(といってもキーボードだけど)が活躍するから?かも。ピアノの音がたまに聴こえる曲が好きなもんでね、コルンゴルトとかシマノフスキとか(音楽は似てないけど)
.
・お侍ちゃんの江戸ラジオ。
.
・吉川市のゆるキャラ「なまりん」。実は、吉川市より従業員の差し押さえを命じられたのだか、送られる封筒にすべて「なまりん」が印刷されてきてかわいかったので。今は差し押さえ解除になったので送られてこなくなったんだけど。Tシャツとか欲しくて吉川市に買いに行こうかとか思っている。
Yjimage
・「俺物語!」。といっても漫画は読んだことなくテレビアニメしか見たことない。実写でするらしいができるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月曜日)

アンサンブル*コトカ  第23回定期演奏会

O.シェック: 牧歌的間奏曲「夏の夜」Op.58(日本初演)
J.デイヴィス: 「クッカム・ロックの夏の宵」Op.50 (日本初演)
W.ニーマン: 「アナクレオンの詩による春の気分と厳粛な神殿の輪舞」Op.50(日本初演)
S.コールリッジ=テイラー: 4つのノヴェレット Op.52(日本初演)
アンサンブル*コトカ
(6月7日 新お茶の水 ワラスコモンホール)
.
初めて聴かせて頂く弦楽のみのアマオケさん、そして初めて行くホールである。ホールっていうか・・・なんか会議室?みたいな。新しいのでとっても綺麗。新お茶の水駅にワラスコモンとかいう建物が出来てるのはちっとも知らず。とてもカッコイイ建物であたし好み。
.
1433667659094
,
それにしても、なんという秘曲揃いなのだろう。もう何でもいいから是非聴きたいと思ってしまった。全部日本初演、全部初耳である。
.
ま、オトマール・シェックとコールリッジ=テイラーは知ってるけど、あとの二人は知らない。シェックはスイスの人、デイヴィスはイギリス人、ニーマンはドイツ人、コールリッジ=テイラーはイギリス人(父はアフリカ系)ということでなんか色々。でもまあ、弦楽オケなので音色はほぼ同じだし、曲のテイストは微妙に違うものの・・・まあ似ている。優し癒し系の名曲揃いである。
.
まあ、タダで聴かせて頂く手前、演奏の感想はおいといて、曲の感想を。
.
シェックって作曲家は前にF=Dの歌う歌曲集「星の下で」のCDを持ってたんで知ってた。ナチス寄り?との誤解を受けて戦後は無視されていたが、F=Dらの努力により見直されたようだ。

1433667617501
.
この作曲家はとてもロマンティックでスケールの大きな作風という印象だが、今日聴いた曲もなかなか素敵な曲であった。曲のもとになったというゴッドフリート・ケラーの「夏の夜」という詩も頂いたパンフレットに載っていたので参考になった。「星の下で」もこの詩人なのでこの詩人が好きみたいね、
.
ジョン・デイヴィッド・デイヴィスという作曲家はさっぱり知らない。調べようもないし。解説書にもあんまりよくわかんないような感じで書いてあった。曲はやっぱり優しい感じで、まあ・・・たしかに全く無名な感じだなあという作風だけど、これはこれでいいなって思った。いかにも英国のミニアチュール的な。
.
ヴァルター・ニューマンという作曲家も全く知らなかったが、まあウィキペディアに項目はちゃんと日本語であるので、まあまあ有名な人なんだろうな。Youtubeにも何曲かピアノ曲がアップされているので聴いてみたけどなかなかよい。どっちかっつーと印象派っぽい要素が多いのかなと。今日聴いた曲は弱音のトレモロ?で始まってとても心惹かれる感じだった。すーっと心に溶け込む感じ。いいなあ。

1433667671765
.
休憩後、コールリッジ=テイラー。この作曲家のみ4曲あり、変化に富んでいるのでなんとなく小さいシンフォニーのようである。エキゾティックな要素もあり、なかなかしっかり作ってあるので楽しめた。
.
過去の演奏会の記録を見ると、なかなか未知の曲をたくさんするオケ(といっても15人くらい?)のようなので、また面白そうなのがあったら行きたいなと思った。(個人的にはカルウォーヴィチのセレナーデやって欲しいな。)
.

1433667600920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土曜日)

読響 マーラー/交響曲第3番 テミルカーノフ

マーラー:交響曲 第3番 ニ短調
指揮=ユーリ・テミルカーノフ
メゾ・ソプラノ=小山 由美
女声合唱=新国立劇場合唱団
少年合唱=NHK東京児童合唱団
(6月5日 サントリーホール)
.
奇跡的に会社が暇だったので、当日急に鑑賞を決意。「さあ!サントリーへ!いざ!」と思った定時1分前に「社会保険料が!合いません!どうしたらいいでしょう!?」というケーリからの恐怖の宣告。ホントにそれだけはヤメテ・・・と思ったものの、結局オッケーでホッとして出てきた。金曜の夜にもう仕事やだよう。
.
外は雨だったので、「きっと(足元悪くて)当日券残ってるに違いない」と思ってたが甘かった。窓口に行った時点で売り切れてた。でも諦めるなかれ。キャンセル待ちって手もあり。ちょろっと待って券は手に入ったものの、S席しか売ってなくてなんか突然の凄い散財。国内オケのコンサートとは言え満漢全席的はマーラー3番はお金かかるらしい。
.
前に実演聴いた(2011年)インキさん日フィルの3番の時は余裕で当日券買えたのになあ。やっぱりネームバリューなのか。ロシアの巨匠テミルカーノフさんのせい?
.
そう言えばテミルカーノフって指揮者は私はトンと縁がない。CD持ってない気がする。実演も初めて。名前も顔もよく知ってるのに。しかもマーラーなんて振るの?とか思ったけど「復活」のCDは売ってるのねえ。
.
テミルカーノフ、白髪でスリムでスタイリッシュなジジイ。開演前に注意事項として「拍手は指揮者がタクトをおろしてから」ってアナウンスがあった気がするけど、タクトもってないの彼。

Title0025          (若い頃のテミルカーノフ)
,
.
席が選べなかったため、一階の前の方。音は聴こえ過ぎるしなんかまとまってないし、頻発するミスやアクシデント?はよく聴こえるし。なんかなあ。スレンダー美女コンミスはよく見えたけどのう。
.
テミルさんの指揮は、第一楽章最初物凄く遅くて「この調子で行くとこの演奏会は何時に終わるんだろう?ビクビク」と思ったくらいだけど、すぐに持ち直した。ただ、イマイチオケと息が合ってない(初共演でもないでしょうに)感じがあって若干ずれがちょろちょろ。
.
まあ最終楽章ではとてもゆったりとしてて思い入れたっぷりでとても感動的だったし、あちこちで涙をぬぐっていたオヤジを見かけたけど。終わりよければすべてよし(か?)。まあ、前に聴いたインキさんのスイスイすぎる演奏とは真逆だったな。どっちがいいかというとわかんないわ。インキさんのときは「もっとゆっくりと歌ってほしいな」とは思ったけど、オケの演奏はよかったもんで。
.
合唱はとてもよかった。いつもながら新国立は素晴らしい。おこちゃま合唱団も子供らしい無邪気な歌声で(超プロ集団新国立とのコントラストが感動的)とてもよかった。憧れのディーヴァ小山さんは珍しく少し調子がお悪かったような?気がします(すいません)。
.
最後は大拍手とブラヴォーであった。舞台裏のポストホルンの奏者が出てきて大喝采だった。ポストホルン可愛いな(奏者じゃなく楽器が)。吹いてみたい。
.
開演前も後もまたしても男子トイレの長い行列。女子トイレはすぐ入れたのに。私の行くコンサートはおっさんおにいさんの花園なのねえ。
.
----
.
もうすぐ会社の健康診断なので、急にダイエットを決意。サントリーの帰りに最近楽しみにしている六本木一丁目駅の食料品店へ。「こんにゃくそうめん」なる物を買い「こんにゃく麺類はあんまり美味しくないけど我慢して食べよう」って思ったけど、家で食べてみたら予想外の美味しさ。しかも少量でもお腹にたまるようで、サブウェイの野菜オンリーサンドイッチとともに食べてお腹いっぱいになった。もっと買うべきだったなあ。毎晩食べてもいいやね。
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »