« LFJ2015  レミ・ジュニエ/バッハ ピアノ協奏曲第5番 他 | トップページ | 美味しいけど教えたくないパン屋 »

2015年5月 5日 (火曜日)

LFJ2015 BCJ カンタータ2曲

J.S.バッハ:カンタータ「神の時こそいと良き時」 BWV106
J.S.バッハ:カンタータ「天の王よ、よくぞ来ませり」 BWV182
ドロテー・ミールズ (ソプラノ)
青木洋也 (アルト)
ハンス・イェルク・マンメル (テノール)
ドミニク・ヴェルナー (バス)
バッハ・コレギウム・ジャパン
鈴木雅明 (指揮)
鈴木優人 (チェンバロ)
(5月4日 ホールC)
.
前日、さんざん神に召されてきたのにまた召されてしまった。どんだけ召されたら気が済むのか。
.
今年のLFJに行っておいて、一回もBCJに行かないのもどうかな。と思って。鈴木パパと王子の共演。
.
初めてなのBCJ。鈴木王子は先日、サントリーホールで遊ぼうのとき横浜シンフォニエッタ振ったのは聴いたけど。鈴木パパは初めて。
.
BCJって勝手な想像でおっさんばっかなのかと思ったら(ごめんなさい)、結構新入社員っぽい若いおにいさんも多いのね。
.
今さらなんだけど、BCJなんか凄い。独唱者以外は日本人っつー。それって凄い。しかも、ヨーロッパの有名なレーベルから普通にCD出てるし。普通にヨーロッパに演奏しに行ってるし。キリスト教の音楽を日本人が演奏して高い評価。
.
マタイに行けなかったので、どういう演奏だったか想像するしかないんだけど、コルボのヨハネの時とは違ってもっと人数が絞られていて、ロマンティックな演奏というよりは本来の教会音楽として切り詰められた演奏だったんじゃないかな。日本人が本来っぽいってのもなんか不思議だけど。
.
想像で発言してごめんなさい。マタイは聴いてないのに。
.
演奏中、実はこの人たち全員仏教徒だったりして!とかなんか下世話なことを色々考えてしまったが、演奏は全然違和感なくバッハしか感じないのは不思議だ。合唱、少人数でもなかなかいいなって思った。リコーダーの音がなんか懐かしかった。
いずれはちゃんと一万円だか?お金を普通に払って、今度は愛するマタイに足を運んでみたいな。ま、今回はお試しサイズということで。
.
今年の有料コンサートはこの演奏でおしまい。バッハを沢山(でもないのかな)聴けてよかった。
.
---
.
いつも一人でLFJなので、有料演奏会終わってから友人をさそって無料演奏会へ。
.
友人は来る途中「なんか派手目な白いモーツァルトみたいな扮装の人を見かけた」だの「なんか町娘的なコスプレをしている集団を見かけた」だの言ってた。私でさえもムッシューP会ってないのにずるい~~。コスプレ集団は「カルメン」の合唱団のようだった。
.
色々見聴きするも、屋台はやっぱり激混みだったため、近くのイタリアンへ。『最近、泥酔するとバッハのマタイ受難曲への愛を語りまくって人を困惑させるので今日はしない』と心に誓ったのだが、ダメだった。10年以上付き合いのある友人が実はクリスチャンだとわかり、「えーじゃあもしかしてキリスト好きなの??すごーい、嬉しい!!」などと、まるで密かに好きだったアーティストが被ったくらいの喜び。
,
私「えー、じゃあさーキリストが張りつけになるじゃん、洋服とかユダたちが取り合いして、ぱんつだけは布が分けられなくてくじ引きしたの知ってる??」友「うーん??」 私「でもさー、あんまりキリストのことわかんないんだよね。今回結構勉強したんだけど。なんかいい本ないかなあ??」 友「そりゃ・・・聖書じゃないの?」
,
しかし聖書を読むなんて敷居が高すぎる(ウチ、真言宗なので)。友「じゃあ『聖☆おにいさん』を全巻貸してあげる」(注:マンガです)楽しみだ。これでもっと受難曲がわかるようにな・・・らないかな?
,

国際フォーラムに戻ってまたビールを飲んでいると、人々が何やら行列を作っていたので「もう演奏は終わったのに」と訝しがっていると、どうも会場を飾っていたポインセチアやカーネーションを配っているようだった。別にいらないや、って思ったけど酔った勢いで写真のような可愛いピンクのポインセチアを貰ってしまった。
.

今は反省している。(ウチ、日当たり悪いもんで)

1430803877709

|

« LFJ2015  レミ・ジュニエ/バッハ ピアノ協奏曲第5番 他 | トップページ | 美味しいけど教えたくないパン屋 »

コメント

「神の時~」は昔弾きました。ビオラー2人で弾く間奏曲みたいなところがあって(本当はガンバで弾く)、しみじみとしたいい曲です。

ちなみにヨセフ・スークはドヴォルザークの娘婿。機関車好きな義理の父とのおもしろいエピソードがあったような気がするけれど忘れてしまった。思い出したら書きます。スーク・トリオでヴァイオリニストのヨセフ・スークはその孫に当たります。
ドヴォルザークがVn弾く息子のために書いたソナチネ第1楽章
https://www.youtube.com/watch?v=DHB6Huj-1Ng

投稿: uma- | 2015年5月 5日 (火曜日) 18時37分

>>uma-さん

ドヴォルザークに関するエピソードというと「何か今日は鉄道の走行音がオカシイ」と駅員に言ったところ、故障が発見されて事故を防いだ・・・っていうのが有名ですが勿論そんなじゃないですよね。(←スーク関係ない)

投稿: naoping | 2015年5月 6日 (水曜日) 11時48分

検索して調べたらすぐ見つかりました(happy01)。

日課だった駅見学が仕事によりできない時は、自分の弟子であり娘の恋人であるスークという作曲家に様子を見に行かせていた。
ある日新しい機関車がデビューするという話をドヴォが聞きつけて、スークに製造番号を確認させに行かせた。しかし、鉄ヲタではなかったスークは間違った番号を調べて報告した為、ドヴォは激怒。娘に「こんな基本もわからない男とお前は結婚するつもりか!」と本気で怒った。

投稿: uma- | 2015年5月 6日 (水曜日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/59885565

この記事へのトラックバック一覧です: LFJ2015 BCJ カンタータ2曲:

« LFJ2015  レミ・ジュニエ/バッハ ピアノ協奏曲第5番 他 | トップページ | 美味しいけど教えたくないパン屋 »