« 美味しいけど教えたくないパン屋 | トップページ | おうちでイカ墨パスタ »

2015年5月22日 (金曜日)

オーケストラ・ニッポニカ 1958年の交響作品撰

Concert20150517_1_a_3芥川也寸志:エローラ交響曲(1958) 
三善晃:交響的変容(1958) 舞台初演
武満徹:ソリチュード・ソノール(1958)
矢代秋雄:交響曲(1958)
,
指揮/野平一郎
オーケストラ・ニッポニカ
(5月17日 紀尾井ホール)
.
今週は給与計算の週だったので忙しくてちっとも更新できない。家帰るの夜11時過ぎとか。だもんでずっと感想も書けず。やっと今日は定時に帰ってきた。が、明日は出勤予定なり。
.
で。先週の日曜のコンサートの感想。(正直かなり忘れている。)
.
---
.
おお、作曲家の名前にカタカナが一個もない。こんなコンサートは生まれて初めてである。大丈夫なんだろうか。アウェイ感がハンパない。
.
たまたま知人(の知人)から回して頂いた券。正直言って大冒険。でも、一応日本人なのだから、(ドイツもんやポーランドもんばっか聴かないで)日本人の作品も聴かなきゃね・・・と意気込みだけは大いにあったのだが、少々不安。
.
でもまあ、聴いてみたらそんな心配するほどでもなかった。
.
まずは。芥川さんの作品から。
.
芥川也寸志。芥川龍之介の三男である。ちなみに次男の芥川比呂志は俳優である。どっちも(客観的に見ても)イケメンである。どっちかっつーと比呂志さんのほうがお父さんに似てるかと。神経質そうな感じが。
.
今回演奏のエローラ交響曲。インドの世界遺産、エローラ石窟寺院群を訪れた際の印象より作曲されたということらしい。実は私、この世界遺産を実家にいた頃にNHK-BSかなんかで見て、いつか行きたいなと思っていたのである。ただ、何ていう建物なのか全然忘れていたのだけれど。
,
275pxellora_cave16_001 普通、寺院は何もないところに建物を建築して出来上がるものだが、エローラは逆で、岩山を掘って建造物を作っているのである。なんとカッコイイのだ。軍艦島と張るくらいのカッコよさ。テレビで見てこんなにカッコイイのだから、本当に行って見たらどんなに感銘を受けるだろう。全く楽才のないあたしでもシンフォニーを一曲書けちゃうかもよ。(んなこたあない)でも、スケッチはしたいなあ。
.
で、曲の素直な印象。さすがは芥川龍之介の遺品のストラヴィンスキーのレコードで育っただけあって、なんかストラヴィンスキーの匂いがそこはかとなく。ダイナミックで意外と聴きやすい。ウィキペディアにあるようなエロティシズム云々はさっぱりわからんのだが。まあ、芥川はせいぜい「砂の器」くらいしか知らんので、こんなもんだわ、あたしの感想なんて。
.
二曲目、三善晃。アニメ「赤毛のアン」の作曲家である。パリのコンセルバトワールで学んだということで、どんな作品でも何かシャレオツな風味に感じる。今回聴かせてもらった曲は、全然関係ないけれど何だか私の好きなアルバン・ベルクの作風に似てるかなと思った。だもんで、前半二曲は意外と聴きやすく、全く眠くなることなく聴けた。大変喜ばしいことだ。
.
休憩後。世界的なネーム・ヴァリューでは日本一の作曲家ではないかと思われるタケミツ。何でそう思うかっつーと、ピアノコンクールなんかで外人のコンテスタントが普通に弾いてくれちゃってるからである。
.
しかし。
.
なんか今回の演奏会の曲は正直あんまり覚えてない。何日も経ってしまったからだろうか。聴きながら考えていたことは、今度どっかで演奏される「ファミリー・ツリー」の語りの人は決まったのだろうか・・・ということで。決まってないんならまた遠野さんでやったらいいんじゃねえの?少女の頃の遠野さんも懐かしいけど、あんなんなっちゃった現在の彼女でも面白そう・・・とか。(どうも決まったらしい・・・日フィルのサイトより)
.
最終曲、矢代秋雄。すいませんお名前しか存じあげなくて、作品聴くのまったく初めてである。マニアの間ではネ申的存在である・・・らしい。この人もパリのコンセルバトワールで学んだ人らしく、ナディアたんにも学んだという。曲の印象としては、非常にトゥランガリラである。メシアンの授業も受けたらしいし。トゥランガリラと同じようなメロディも頻出する。最後の楽章など響きがまるでオンドマルトノ。どうしたらあんな響きになるんでしょう。不思議不思議。
.
野平さんの指揮はきびきびして、(素人目に見て)とても見やすそうな感じだった。オケの女性は緑や濃い青の服で揃えていたようで、私の好きな色だった。たまたま私も当日似たような色のスカートだったなあ。
.
こんなマニアックな曲目にも関わらず、小さめのホールだけどなかなか盛況で。かなり盛り上がった演奏会であった。観客もなんか濃いなあ・・・自分がなんだか凄く薄い人のように感じた稀有な演奏会であった。女子トイレはガラガラだった。
.
こんな貴重な演奏会に行かせて頂き、どうもありがとうございました。・・・ってこんなブログ読んでないと思うけど。

|

« 美味しいけど教えたくないパン屋 | トップページ | おうちでイカ墨パスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/60098141

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ・ニッポニカ 1958年の交響作品撰:

« 美味しいけど教えたくないパン屋 | トップページ | おうちでイカ墨パスタ »