« 新響 第229回演奏会 橋本國彦/交響曲第2番 | トップページ | ピカソと20世紀美術 東京ステーションギャラリー »

2015年4月29日 (水曜日)

バッハ/ヨハネ受難曲 ラミン/ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団 

icon icon
バッハ:ヨハネ受難曲 BWV.245

エルンスト・ヘフリガー(テノール:福音史家)
カール・ケルヒ(バス:イエス)
アグネス・ギーベル(ソプラノ)
マルガ・ヘフゲン(アルト)
ハンス=オラフ・ヒューデマン(バス)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
ギュンター・ラミン(指揮)
録音:1954年
(注:このジャケットは持ってるのと違うんだけど、こっちのほうがかっこいいので載せました。演奏は同じものです。それにしても安いなあ。)
.
.
もうすぐ人生初ヨハネに行くので、予習。でもまあ、内容的にはマタイと変わらないのでそんなに怖くはない。マタイより短いし。
.
<第一部>
.
イエスが弟子たちと園の中に入る。
ユダが兵士たちとともにやってきた。
イエス「誰を探しているのか?」
ユダたち「イエスだ」
イエス「それは私だ」
イエス捕まる。
下女「お前もイエスの弟子の一人ではないのか?」
ペテロ「違う」
群衆「お前はあの男の仲間ではないのか?」
ペテロ「違うって」
大司教の手下「園であの男と一緒にいたではないか」
ペテロ「違うってば」
鶏が三回鳴く
ペテロはイエスの予言を思い出し激しく泣いた。
.
<第二部>
.
ピラトのイエスに対する尋問。
「イエスは何をしたのだ?」
ユダヤ人たち「この男は自らをユダヤの王と名乗った。こいつを死刑に!」
兵士たちはイエスに茨の冠を被せ、嘲笑しべしべしと平手打ちを浴びせる。
.
ピラト「この男は何の罪があるのか?」
民衆「イエスを十字架につけろ!」と叫ぶ。
ピラトはイエスを釈放しようとする。
民衆「自らを王と名乗る者を釈放することは、皇帝を裏切ることになる!」
ピラトはイエスをユダヤ人に引き渡す。
.
イエスは罪人二人とともに十字架に張り付けにされる。
兵士たちがイエスの着てるものを剥がして分け合う。何を貰うかくじびきする。(聖書の言葉の実現である)
イエスは十字架の傍らにいる母をヨハネに託す。
イエス死ぬ。
すると地震が起こり大地が裂け、お墓が開きたくさんの人が甦る。
イエスを十字架から下ろす。イエスのわき腹を槍で突くと、血と水が流れ出す。(聖書の言葉の実現)
弟子たちによって手厚く埋葬される。
.
.
リヒターでも鈴木さんでもラトルでもなく、うちにある唯一のヨハネはラミンの指揮である(しぶい)。ラミンさんはなんでもリヒターの師匠なんだそうである。このCDを(マタイのついでに入ってたんで)入手しなければ、この指揮者はとんと知らんかったが、この分野ではかなり偉大な人のようである。
.
まあ、時代的にはモノラルなんだけども、聴きづらい音ではなく普通に聴ける。合唱団は2012年にマタイを聴きに行った聖トーマス合唱団である。しかしまあ、ここで歌っているお子たちは現在の団員のじーちゃん?に当たるくらいの世代なのかね。そしてオケはもちろんゲヴァンドハウス。
.
合唱や演奏は勿論本家本元の素晴らしいものだが、とにかく若きヘフリガーのエヴァンゲリオン・・・じゃなくてエヴァンゲリストが美しすぎる。この声ならば安心してキリスト様も成仏できそうである。他の歌手(エルダ役でお馴染みマルガ・ヘフゲンとか)も素晴らしいけど、ヘフリガーを聴くためだけにこのCD買ってもいいくらいだ。
.
マタイの券取れなくてがっかりしてたけど(鈴木王子人気だなあ)、ヨハネも美しい。楽しみ。

|

« 新響 第229回演奏会 橋本國彦/交響曲第2番 | トップページ | ピカソと20世紀美術 東京ステーションギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/59817098

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ/ヨハネ受難曲 ラミン/ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団 :

« 新響 第229回演奏会 橋本國彦/交響曲第2番 | トップページ | ピカソと20世紀美術 東京ステーションギャラリー »