« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月25日 (日曜日)

飯守さんの「さまよえるオランダ人」/新国立劇場

1422183720331_2ワーグナー:「さまよえるオランダ人」
ダーラント:ラファウ・シヴェク
ゼンタ:リカルダ・メルベート
エリック:ダニエル・キルヒ
マリー:竹本節子
舵手:望月哲也
オランダ人:トーマス・ヨハネス・マイヤー
飯守泰次郎指揮 東京交響楽団
新国立劇場合唱団
演出:マティアス・フォン・シュテークマン

(2015年1月25日 オペラパレス)

<あらすじ>
二次元の男にしか興味が持てないイタイ女子の話。

待たせたな!(←誰に)

本年初ライブ。飯守さんのオランダ人は聴くの2度目だが、前はアマオケでアマ合唱団(しかも演奏会形式)だったから、プロ集団では初めてである。しかしまあ、アマオケさんでも相当素晴らしかったので(いやあもう大感激)、今回もとても期待していた。

が。なんか印象が違う。なんでかっていうと。

前回(アマオケ)は1幕版だったのである。ワタシは何故か1幕版に慣れているため、3幕版だと「あ、そこで終っちゃうんだ」っていうちょっと気抜け感があり。1幕のあと25分も休憩。やはり通常の舞台演出付だと1幕版はいろいろ忙しいよね。序曲もなんか微妙に終わりが違う・・・のか?

ところで、この演出を見るのは初めて。前回の新国のは行かなかったのだった。なんで行かなかったのか忘れた。うーん。お金なかったのかな。

飯守さんのお話によると、再演だと大体は演出家本人は再来日しないのだけど(助手が練習に立ち会う)、今回はシュテークマン本人がまた来たらしい。珍しいことだそうだ。なので、前回とは微妙に演出違っている、らしい(知らんけど)。

でも、さほどヘンテコ演出ではない。まあ普通かと。「ピーター・グライムズ」みたいに「海もの」だと、舞台って読み替えしにくいよなあ。宇宙ものにするとか?(そりゃないなあ) 水夫の衣裳とかは多少は現代的だったけど。(水夫の衣裳は綺麗に並ぶと船の上のマストとかになるんだね)

そうそう、衣裳が可愛い。色のセンスがいい。日比野克彦さんの奥さんのひびのこづえさんが担当。前に歌舞伎の「舌切すずめ」の衣裳もやられてたのを見たなあ。少しくすんだパステルカラーがセンスがいい。水色と赤茶色をベースにした感じ。水夫の衣裳も可愛かったけど、何と言ってもダーラントの衣裳がよかった。コートの裏地が水色で、セーターがレンガ色で。いい着こなしなった。あの色のセーター欲しいわ。

美術はっていうと、「幽霊船~~~!!」的な不気味さや重厚さはさほど~ない。船もやや抽象的で普通。簡素な感じ(形から「船かなあ?」的な)。舞台の床が左右にスライドするので、お笑い番組のレッドカーペットを思い出した。アレ、やらないね最近。

歌手。

ダーラント役のシヴェク。聴くの初めて(たぶん)。なかなか舞台映えしてかっこいいが、普段の写真はスキンヘッドなので舞台ではカツラ被ってるみたい。声、素晴らしい。ザラストロとかフィリッポ二世とかシブイ役が持ち役。

ゼンタ役のメルベート。さすがバイロイトで活躍しているだけあって、声の馬力が違う。イチズな乙女というよりは、なんかオリンピックの女子重量挙げの選手みたいだった。とんでもない高い声からいきなり歌わなきゃならんゼンタのバラードとか、全然余裕で持ち上げてたし。私二階席だったけどめっちゃ声聴こえたわ。声の質からいうとエヴァ・マルトンに近い?(違うかも)。全く歌唱とは関係ないけど、ゼンタの衣裳がどうもドラえもん的な色彩。痩せてりゃ多分可愛いワンピなんだけど。体格的に仕方ないかあ。

オランダ人のマイヤー。見るの3度目である。前はヴォツェックとマンドリーカ。んもうね、マンドリーカにしかもう見えなくて私。だって衣裳もメイクもさほーど変わんないし。で、役柄ポジション的に全く同じっつー。

だってさー、設定的にどっちも主人公のとっつぁんが勝手にムコを決めて連れてきちゃうじゃない。財産に目がくらんでさ。しかも娘のほうはそのムコに対してあらかじめ何らかの前情報があって、恋心を抱いてるし。しかも娘には前々から(あんまり気に沿わない、金持ちでない)求婚者もいて。で、めでたく婚約したムコさんは、のまえからいる求婚者とヨメとのちょっと誤解を生じる現場を目撃して、この結婚は破談になりかけ・・・。

で、ハッピーエンドになるか、アンハッピーエンドになるかの違いだけだよね。場所や時代や下敷きになるものは全く違うけど、設定はよく似ていると思う。

合唱はいつもながらうまい。というか合唱がうまくないとこの曲はキツイ。歌うメロディにも細かい表情がついていてとても表現力豊か(とくに女声)。むかしバイロイト音楽祭のリハーサル風景のヴィデオを持っていて、この曲の合唱のシーンがあったけど、あれを思い出す。

オケは・・・んんんどうだろう。昨年のパルシファルの時に「日本のオケもこんなにできるんだあ!」って感動したのでちょっと。たまーに飯守さんの音楽についていってない感があるのは何故。あれから(わたしは比較的ゆるい聴き手なのだが)ちょっと耳が厳しくなってしまった。飯守さんの音楽づくりは相変わらず古式ゆかしいワーグナー。

演出上、最後はゼンタが幽霊船に乗りこみ、船は沈み(なんかゼンタの体重で沈んだ感)オランダ人は陸に残って倒れて息絶えるって感じ。ふうん。死を与えられたってことで、オランダ人は救済されたんかしらん。よくわからん。そもそもこの曲の筋書きはどこも共感できないんだが。

最後は盛大なブラヴォー&ブラヴィー。ネットで書かれていたようなブーはなく。ダーラントとゼンタの歌手にブラヴォー(ブラーヴァ)が多かった。何にしろ、飯守さんの指揮でワーグナーを見聴きできるこの幸せは何物にも代え難く。バイロイト組の飯守さんと三澤さんの幸せそうな顔もまた嬉しい。

----

終演後。

30分の休憩のあと、飯守さんの来シーズンの演目のご説明をきく。正直あんまり人が残らないかもって思って(だったらかわいそうに思って)残ったんだけど結構人残っててびっくり。みんな熱心だねえ。あたしなんか来シーズンは多分3演目くらいしか行かないけどね。

飯守さんはあれだけの指揮をしたにもかかわらず、1時間もお話した(すげえ元気だ)。普段、コンサート前とかの飯守さんの曲目解説はなかなか面白いし勉強になるのだが、今回もなかなか楽しめた。飯守さんは「リングの話を細かくすると、3時間くらいかかっちゃうんで今日は手短に・・・」とかおっしゃってたけど、わたし的には飯守さんのワーグナーの話だったら3時間くらい聞いてもいいかもと思った。

で、今回の東京リングでは、スティーヴン(ステファン)・グールドが4部作全部出る予定らしい。ローゲ、ジークムント、ジークフリートと。まあ、同じ年に演じるわけではないので体力的には問題ないけど。なので今一生懸命グールドはローゲの練習中ですって。ローゲ役好きなので楽しみ。(行けるかどうかはまだわからんが)

あと、飯守さんは「ローエングリン」と「夕鶴」は相通じるものがあるということを力説してはったが、考えてみるとまーそうかなと思った。・・・単に白い鳥が出てくるだけじゃね?って最初思ったけど。

----

たまたま、中劇場にて「ズボン船長」ってのをやってて何だろうって思ったら角野栄子さん原作のミュージカルらしい。同じ海もの・船ものだけど、こっちのほうがなんか明るくて楽しそうだ(←え)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

こういう普通の演出のリングが観てみたい シアトル・リング

久しぶりです。生きてます。
新国立劇場の今度やる飯守リングの発表があったけど、演出がゲッツ・フリードリヒなんすね。わたくしが遠い昔に生まれて初めて観たリング、トンネル・リングとはまた違うんでしょうね。 

嗚呼。

前にも書いたけど、普通の演出のリングって一生見れないのかなあ。日本に居る限り。メトで観れるようなあーゆーのが観たいな。毛皮着てるジークフリートみたいな。しかしわざわざアメリカまで行くのもなあ。

ところで。

昨年出たシアトル・オペラの「リング」全曲の指揮者、アッシャー・フィッシュだが、全然頭の中で繋がってなかった。2011年のルービンシュタインコンクールの最終選考で、イスラエル・フィル振ってた指揮者だった。

ルービンシュタイン・コンクール ファイナル協奏曲その2-1日目

この時聴いたのは大変素晴らしい熱のこもったブラームスで(感動で暫く耳に残ってたくらい)、てっきりイスラエル・フィルが上手なせいかと思ってたが、このフィッシャーってなるほど「リング」をあちこちで振ってるくらい実力のあるワーグナー指揮者だったのね。あんまり知らなくてごめんね。

で。この指揮者のリングにはオーストラリアの歌劇場で振った全曲もある。どっちも(私の現在の感覚から言うと)大変高価なセットなので買う予定はないけど。そんなに素晴らしいなら聴いてみたい。安くならんか。

YouTubeに劇場宣伝的な動画があったので見てみたけど、これがまたアメリカらしい演出で。古式ゆかしい。アーサー・ラッカムの世界。こーゆーの観たいな。わざわざシアトルまで行くのもアレだが。シアトル、トランジットで空港なら行ったことあるけど。

icon icon

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月曜日)

蟹を買う

Kc460330_2
お正月に風邪で寝ていたため、福袋とか買ってない。もう近所の商店街でも福袋的なものは売ってないので、福袋買ったつもりでたらばがにを購入。

正月過ぎたので蟹はもうあんまり売ってなくて、唯一これだけ魚屋で売ってたのをゲット。今はぶりか牡蠣が旬なのかな。ぶりも美味しそうだったけど。

けっこうでかいのにこれで2500円ならまあ安いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日曜日)

年末年始のテレビ視聴について2015

毎年恒例の年末年始テレビ番組の感想。

過去記事:年末年始のテレビ視聴について2014

そういえば、昨年おもしろ荘で見て面白かったエレキテル連合が大ブレイクしていたので、先見の明があったなあと思った(私だけじゃないのか?)。(先見の明と言えば、サムラゴウチさんも常々怪しい怪しいと思ってたので、それも当たってたなあ)

・ガキ使
何と言っても振分親方の金八先生が面白かった。金八先生を振分親方にやらせようと思った人誰なんだろう。天才だわ。

・紅白歌合戦
副音声のバナナマンを聴きながら鑑賞。西川貴教さんのレリゴーは怒られてたけどうまかったなあ。全曲聴きたい。さりげなくヒム子が出てたね。

・久保みねヒャダ
オリジナルソング「We are the ひとり」は我が事のように沁み入った。でも社会性はあるもん。とびないさんと会ってみたい。

・今年ツキたい人グランプリ
フジは年末年始低視聴率だったようだが、ゆるーい感じでおもしろかった。バカリズムのナレーションが秀逸。新垣さんとどぶろっくやダイヤモンドユカイさんのコラボセッションも貴重であった。

(ところで、MCの坂上忍さんだが平成生まれの会社の子は「突然現れた口の悪いオジサン」という認識しかないらしく。「昔、とっても人気のあった子役だったのよ」と教えてやった。)

・ニューイヤー駅伝
箱根で昨年活躍したスターが結構出てたので面白かった。応援は行かなかったけど。東洋大のファンなのでシタラ兄弟の活躍は嬉しい。

・箱根駅伝
毎年ながらそこそこ面白かった。青山学院優勝してよかった(別に知り合いはいないけど)。東洋はスターの抜けた穴をどうする?

・ゴットタンマジ歌選手権
楽しみにしていたし、今年も面白かったけど「東京03」の大竹マネージャーが好きだったので、もうでないのかなあ。お父さん似でカッコイイし才能もあるのに残念。

・ニューイヤーオペラコンサート
「世界のフジムラ」さんに歌わせるメゾのための有名なアリアをあんまり残さなかった楽聖たちを恨むなあ。毎年カルメンも何だしロッシーニも違うしなあ。

・クラシックハイライト
広瀬さんには昨年は本当にお世話になりました・・・全く面識ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日曜日)

年賀状の憂鬱

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年は・・・今年の年末年始はまた姉の家に転がり込んでたんだけど、出かける前の日に体のふしぶしが痛くなって、のども痛いし熱もちょっとあるし。「これってインフルかも?でもまあまだ動けるから大丈夫」とか勝手に思ったんだけど、やっぱり行かないのが吉であったかと。

というのは姉の住む所は私の住む東京23区よりも3度くらい気温が低いんで、もう冷蔵庫で寝起きしているようなもんでしたわ。普通に毎朝外は氷点下でしたし(わたしのコンシェルジュ・・・じゃなくておせっかいなスマホが勝手に気温を教えてくれるもので)

というわけで、体調は当然のことながら悪化。体温は計らなかったけどおそらくピーク時は40度近くあったかも。1日の夜など意識が朦朧としてたし。一晩じゅう自分を責めて苦しんでおりました。あまりの苦しみに隣室にいる姉を起こそうか迷った。まあ翌朝は結構楽になったけども。

で。

そんなこんなで自分の部屋に戻ってきたのが昨日で。12月は仕事が忙しすぎて全然年賀状なんか書く暇がなかったんで、今日来てた人の返事だけ書いたんだけど(いつも凝った年賀状を作るんだけど、プリンターが年末ぶっ壊れたので今年は印刷してあるやつです。手抜きですいません)、今年年賀状下さった方すいません。来年はがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »