« クーベリック/グレの歌 | トップページ | 避難体験オペラコンサート in 新国立劇場 »

2014年8月23日 (土曜日)

夏風邪の中で。 Part2

過去記事:夏風邪の中で。

注)この記事にオチはありません。

このところ会社が激務なので、お盆休みは飲み放題食べ放題に友達と行っただけで、(仕事に支障をきたさぬよう)とてもおとなしくしていたのですが、休み明けに隣の席のシュニンに大風邪(家族で海水浴に行って、子供にうつされた)をうつされまして。

一昨日、半休取って早退。苦しくてもういても立ってもいられないくらい。炎天下の中這うように帰宅して、テルモちゃん(ウチに最近導入された電子体温計)で計ったら。

テルモちゃんが39度を叩きだした。

えーと、インフルエンザ以来だこんな高熱。このままだと死ぬかも。病院行くレベル。

風邪引くといつも行く駅前の病院へ(絶対空いてるので)。たった3分で着くはずが、歩いても歩いても着かず。30分くらいに感じ。

病院で再度熱計ったら。病院のテルモちゃん?は39度2分を叩きだした。ちょっと上がっている。多分熱中症も加算されたものと思われる。

病院で薬を入手して、中をみたらウチの常備薬「ロキソニン」だった。あんまり意味がないかも。

しかし、ロキソニンといつも風邪引くと貰う白い粉薬を飲んで、夜までグッスリ寝たら、37度5分まで下がった。夕飯のうどんを作って食べて、お風呂入って薬飲んで寝たら、朝には36度5分まで下がった。大丈夫だ。会社行けるぞ。

それにしても39度以上も熱出したのに、半休取っただけで復帰した自分の回復力にびっくり。ロキソニンの効き目にもびっくり。恐いくらい。

皆さま、夏風邪は苦しいです。体を温めてよいのか冷やしてよいのかわかりません。どっちでも辛いです。マスクした人や咳を激しくしてる人には近づかぬよう、お気をつけて。熱下がったとは言え、まだまだ鼻づまりと咳で苦しい。寝れない。

で。

ウェーベルンの「夏風の中で」はいい曲です。

---

最近好んで毎週観ているドラマは、「家族狩り」と「獣医さん、事件ですよ」です。全く正反対な感じですが、どっちも好きだ。

追記。病床で「君が僕の息子について教えてくれたこと」というNHKの番組を録画で見た。東田直樹さんについては初めて知った。7割くらい下らないと思うことが多いテレビだけど、こういう、ものの考え方を変えるくらいのすごい番組があるから、全番組録画機って勤め人にはありがたいと思う。

|

« クーベリック/グレの歌 | トップページ | 避難体験オペラコンサート in 新国立劇場 »

コメント

こんにちは。
夏風邪大変ですね。お大事に。
私も1か月くらい前にひいてましたが、夏風邪は長引きます。
治るまで2週間くらいかかった記憶が。
熱が下がっても油断なさらず、しっかり養生してください。

投稿: 木曽のあばら屋 | 2014年8月23日 (土曜日) 12時52分

>>木曽様

お見舞いの言葉、ありがとうございます。
来週から出張が続くので、今日明日は家でごろごろして過ごします。喉から熱に症状が移り、今は鼻水との戦いです。でも、高熱出したわりには早く治りそうな気がします。

投稿: naoping | 2014年8月23日 (土曜日) 18時00分

 お久しぶりです、「コメントご無沙汰」の状態が続いてしまいました。
   
 「夏風邪の中で」・・・ "Im sommergrippe" でしょうか・・・この曲、手持ち盤が無いような気がしますが、探してみることにします(嘘)。
   
 9月下旬のお彼岸のあたりまでは「暑いなあ」の感覚に悩まされるのが例年のこと、いちはやく体調回復され、気力も体力も充実させていただけることを願っております。

投稿: クラシカルな某 | 2014年8月24日 (日曜日) 22時14分

>>クラシカルな某さん

お久しぶりな上にコメント遅れましてゴメンナサイ。

「夏風邪の中で」はウェーベルンがアメリカ兵に射殺されたあとに発見された幻の作品で、今のところマデルナ盤が残されているだけと聞いております(大嘘)。

松岡修造氏が海外に行かれているせい?か日本は過ごしやすい気候となり、お陰さまでわたくしの体調も順調に改善しています。しかし松岡氏が帰国したらまた暑さが戻ってきそうで心配でなりません。

投稿: naoping | 2014年8月29日 (金曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/57161241

この記事へのトラックバック一覧です: 夏風邪の中で。 Part2:

« クーベリック/グレの歌 | トップページ | 避難体験オペラコンサート in 新国立劇場 »