« おめでとうメール | トップページ | がんばれドイツ、がんばれクローゼ »

2014年7月 8日 (火曜日)

タイ製オペラ

謎のタイ製オペラ。音楽的にはなかなか精妙で、R・シュトラウスかコルンゴルトがトムヤムクンすうぷに浸かってるような。「影のない女」か「ダフネ」あたりに影響を受けてる感じ。ただ、ずっと同じような魅惑的な音楽が続くので飽きる(なんで、半分しか聴いてない)。

|

« おめでとうメール | トップページ | がんばれドイツ、がんばれクローゼ »

コメント

こんちは。
バンコクオペラですな。
相変わらず、自国臭ぷんぷん。
たしかに、後期ロマン・世紀末+トムヤンクンですなぁ(笑)
酸っぱ辛いものを欲するけど、中途半端な感じ。
指揮者とオケの服の色も珍しい。
対訳があれば、1時間くらいは大丈夫かもですね。

投稿: yokochan | 2014年7月12日 (土曜日) 09時41分

これは、珍しいものをありがとうございます。といっても、ずっと見るのはつらいですね。

投稿: Herbertoka | 2014年7月12日 (土曜日) 10時50分

>>yokochanさん

反応頂きましてありがとうございます。
珍しオペラ好きとしましては、この手のオペラの陥りやすい悪い点がよくわかるなあという作品です。でも、ところどころ素敵な所もあるんですよ。(全部聴いてないけど)ちゃんと対訳があれば結構イケそうな感じもします。

投稿: naoping | 2014年7月12日 (土曜日) 19時29分

>>Herbertokaさん

いえどういたしまして(笑)。珍しい面白そうなオペラを見つけるのが趣味なもので。

投稿: naoping | 2014年7月12日 (土曜日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/56703664

この記事へのトラックバック一覧です: タイ製オペラ:

« おめでとうメール | トップページ | がんばれドイツ、がんばれクローゼ »