« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水曜日)

4分33秒の思い出

今日は(もう昨日か)、テレビの林先生の番組で「4分33秒」が紹介されたようですな。さんざ残業して家に帰り、ネットで知ってビデオで見ました。(お勉強になりましたね。ハカセさんはブラームス好きなのかあ。)

この曲を聴くと(聴くもんじゃないけど)いつも思い出す。何年も前に、インターネットを繋いだばっかりの頃、ネットで知り合った方とメールでやりとりしてました。そこそこクラシック音楽に詳しいと思われる(自負している)方だったもので、ある日自慢げに「『4分33秒』という曲を知ってますか?どんな曲かわかります?なーんと!4分33秒の間なーんにも演奏しないんです!知らなかったでしょ?面白いでしょ?」というようなメールを頂きまして、はて、返答に困りました。

「いや、この曲は確か小学生の時に夏休みの自由研究でノートに書いたな(たぶん、作曲者の似顔絵付で)」って思ったけど、そんなこと書けないし。可愛くないし。うーん、どうしよう。

どんな返答をしたか忘れたけど。へええって言ったのかなあ。それとも知ってる知ってる!ってノリノリのメールしたのかなあ。今となっては忘れたわ。

----

今日は(もう昨日か・・・しつこい)土用の丑の日ということで、鰻を食べました。夜10時ごろスーパー行ったので、半額になってました。うな重が671円だった。残業してよかった。浜名湖周辺産ということで(ぶっちゃけ浜名湖ではないのか?)おいしかったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日曜日)

誕生会 または迷惑なたくらみ 序曲

今月私は誕生日を迎えたのだが、今年はなんの催しもしなかった。昨年はおうちで会社の人々を自慢の手料理でおもてなししたのだけど、今年は仕事が忙しすぎてそんな気力も体力もなく。それでもまーいいやと思ってた。それにW杯もあったしさー。

が。

なんかしらんが、部署内で私の誕生会(という名の飲み会)が計画されていて。いや、先月位からそんな話は出ていたものの、いつの間にか時は過ぎ「もしや、立ち消えになったのかなあ?それは助かった」ってホッと胸をなでおろしていたのだが。

結局、やっぱりやることになってしまった。嗚呼。

これを読んで、「別に誕生会やってくれるんならいいじゃん。幸せじゃん。何ていい会社なの? 羨ましい。」とか思う人もいるかもしれない。

いやそんなことないのである。世にも恐ろしい企みがここにあるのである。

ここに書いたかどうか忘れたが(嫌な思い出なので検索する気力もない)、昨年のソームの忘年会の2次会で、この私がソームブチョーに執拗に手を握られまくるという嫌な経験をし、私自身セクハラ相談員なのだが、もう一人のセクハラ相談員である仲良しのカチョーに相談し、ブチョーに厳重注意してもらった・・・という出来事があり。

ブチョーは酔ってて全く覚えてなかったが、話を聞いてかなり反省していたようだった。まあ個人的にも謝ってきたのでそれでまあいいや(一緒に飲まなければいいだけの話だし、無理して仲良くする必要もない)って思ってた。

その後、ホワイトデーのお返しと称してソームの男子が女性社員を招いて飲み会を催したのだが、その日がたまたま(ホントにたまたま)ブチョーの誕生日だったので、不本意ながらついでにプレゼントなどして(私はお金払ってない)祝ってやったのである。

それがどこで曲がって伝わってしまったのか、どういう考えに行きついてしまったのか知らんが、ブチョーは(なんも関係ない)私の誕生会を計画(というよりは部下に命令)したのである。全く私にとっても、店の予約とか計画を立てなければならない他の社員にとっても迷惑である。

ブチョーの酒癖は恐ろしく悪い。

私に対するハラスメントなど、本当にまだ序の口である。飲みの席で他の部署の女性社員の胸を触ったとか、嫌がるのにチューしようとしたとか(その女性社員は酔ってて全く覚えてなかったため事なきを得た)とか、他の部署の男性社員に「俺様に酒を注がないなんてけしからん、土下座しろ」と激しく怒ったため、みんなの前で土下座させられたとか、エピソードは数えきれないほど。普段はまあ普通に粘着気質なだけなのだが、酔っぱらうとホントに人格が悪化するのでみんな恐れているのである。ブチョーが飲み会に加わると、3次会4次会など当たり前、酔えば酔うほど説教のしまくり。誰もブチョーと飲みたいなんて思ってないはずである。

それに。
一番私がジレンマを感じているのは、そもそもお誕生会というのは(少なくとも)主賓が好きな人たちと好きなものを食べるものである・・・と、生まれてン年間ずっと思っていたのに、今回はわざわざ、なんで一番嫌いな人と過ごさなければならないのかと。主賓だから当然ブチョーの相手をしなきゃなんないだろう。誰も望んでないのに。

そーゆー話があって、私はなんとかこれを回避したいと一晩じゅう悩んで、カチョーに「飲み会は構わないのですが、私の誕生会ってのは無しにしてくれませんか?お金は普通に払いますので」とメールしてみたが・・・彼は返事もくれなかった。いつもは速攻返事くれるのに。上司の命令は絶対か。

せめて席順くらい主賓の私に決めさせてくれないかなあ・・・ブチョーと一番遠い席にしてくれるとか。どうしても隣は回避したいものである。

とにかく憂鬱だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月曜日)

マゼール死去

W杯決勝を見ようと思ってネットを見たら訃報が。

http://www.castletonfestival.org/news/item/maestro-lorin-maazel-19302014

近年よく来日なさってたので、お元気なのかと思ってたら・・・。マゼールは遠い昔に一度オペラを振ったのを見聞きしただけですが。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土曜日)

がんばれドイツ、がんばれクローゼ

サッカーはニワカながら。
私が二大会前くらいから応援していた(ただ、もともとポーランド人だから)クローゼ選手がこんなにクローズアップされるとは思わなかった。比較的地味な選手なのかと思ってたもので。

(ZIPだか何かの朝の番組で、小学生のサッカー少年に「どの選手のファン?」って大人がきいて、「エジル!」って答えたのを見た日にゃ~ちょっと負けたなって思った。好きな指揮者をきかれてギーレンとか言っちゃうレベル?)

ただ、ブラジル戦のときはハイドン作曲のあの国歌を聴いているうちに爆睡していて、目が覚めたの25分後で。いつのまにか3点取ってて「何コレ?あたし夢見てるの?」って思ってる間にもう1点取ってた。

だから、決勝は心を入れ替えてなるべく寝ないように頑張らなきゃ。国歌だって一緒に歌ってやるぜ。

まあ、そんなに・・・(好きな作曲家は多いものの)ドイツって国が好きなわけではないんだけど。

Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt,
Wenn es stets zu Schutz und Trutze
Brüderlich zusammenhält.
Von der Maas bis an die Memel,
Von der Etsch bis an den Belt,
Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt!

ドイツよ、ドイツよ、すべてのものの上にあれ
この世のすべてのものの上にあれ
護るにあたりて
兄弟のような団結があるならば
マース川からメーメル川まで
エチュ川からベルト海峡まで
ドイツよ、ドイツよ、すべてのものの上にあれ
この世のすべてのものの上にあれ

----

ゆふべ、W杯ないため安心して爆睡していたのに久しぶりに鳴った携帯のギュインギュインのお陰で飛び起き、ドキドキして眠れなくなりかなり寝不足だ。ホントに・・・ホントに恐かったなー。あの音って心臓弱い人は救急車で運ばれるレベル。でも、ないと困るんだよね、アレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火曜日)

タイ製オペラ

謎のタイ製オペラ。音楽的にはなかなか精妙で、R・シュトラウスかコルンゴルトがトムヤムクンすうぷに浸かってるような。「影のない女」か「ダフネ」あたりに影響を受けてる感じ。ただ、ずっと同じような魅惑的な音楽が続くので飽きる(なんで、半分しか聴いてない)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月曜日)

おめでとうメール

例によって友人より送られてきたお誕生日おめでとうメール。
今年はこんなものが。ののちゃん。誰が作ったんだうまいじゃないか。

Brmxa6eceaaf1l0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水曜日)

とても疲れたけどなんか書かせて

・このところずっと会社が忙しく、ブログどこじゃないのだが放っておいたらブログがコンカツの広告だらけになってるかも・・・と危惧したので、敢えて更新。

・先日、「ご当地パン選手権」的な番組を(残業後で朦朧としながら)録画で見たのですが、全く美味しくなさそうな「サラダパン」が優勝であった。アレ、食べたことある人いますか?本当にそんなに美味しいんだったら、次回のびわ湖行脚の時にでも食べたい。いつかわからんけど。

・先日、映画「呪怨」をテレビで見たのですが、全く恐くないばかりか殆ど意味がわからなかった。何かがマヒしている。

・こんなに毎日残業して疲れているというのに、長年の酷い睡眠障害のお陰で4時には目が覚める。なのでわりとW杯見てます。延長戦が多くてまったく関係ない国でも見ごたえがある。やっぱりレベルが違うなあと。

・ドイツのレーヴ監督は勿論カッコイイと思うんだけど、アメリカのクリンスマン監督も素敵だ。なんか普通っぽい感じが。やっぱりドイツ人で、あの元浦和レッズのギド・ブッフバルト監督と親友だそうな。(ブッフバルト監督大好きでよく浦和美園まで観に行ったもんだが、監督変わってから一回見てやめた。なんか・・・キライ)アメリカ負けて悲しいが、いい試合でした。

・毎年乗り換えの駅で短冊を書いて笹にくくりつけるという(マーラーと同じ誕生日のあたしにとっては大変有難くない)季節となりました。毎年「素敵な人にめぐり合えますように」だの女らしいことを書いていたんだけど、今年は「安定した老後が送れますように」と書いた。いや、もう突然の降ってわいたような幸せなど望まない。家にはこしひかりが5キロあるから当分食うには困らないし、辛いながらも手に職はあります。世の中には何の罪もないのに突然暴走してきた車に轢かれてしまう人だっているんだから。まだいいやって思う。

・最近、「夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください」というツィッターを(PCで)読むのが楽しみ。自分は・・・と言えば。
「今のマンションに引っ越してきて1年くらいはキッチンのバタバタ言う物凄いラップ音で夜中の3時くらいに毎日目を覚ましていたが、引っ越さなかった。2年目位から幽霊も諦めたらしくすっかり静かになった。」霊感ないので、あんまり面白い事が書けない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »