« あれこれ | トップページ | 二つの「死の都」、どうだった? »

2014年3月15日 (土曜日)

コルンゴルト「死の都」新国立劇場

Kc460284 コルンゴルト:歌劇「死の都」

トルステン・ケール(パウル)
ミーガン・ミラー(マリエッタ/マリー)
アントン・ケレミチェフ(フランク/フリッツ)
山下牧子(ブリギッタ)
平井香織(ユリエッテ)
小野美咲(リュシエンヌ)
小原啓楼(ガストン/ヴィクトリン)
糸賀修平(アルバート伯爵)
エマ・ハワード(マリー)
白髭真二(ガストン)

ヤロスラフ・キズリング(指揮)
東京交響楽団 新国立劇場合唱団
世田谷ジュニア合唱団 
カスパー・ホルテン(演出)
エス・デヴリン(美術)

(3月15日 新国立劇場大ホール)

過去記事:びわ湖ホール/「死の都」(第一日目)

(ネタバレあり)
やー、行ってきました。新国立劇場。A席でした。2階席の左のせり出したところで見やすい席。「ピーター・グライムズ」の時と大体同じような感じ。かなり前にセット券で買ったのでこんなラッキーな席なんだね。

期待し過ぎてあんまり良くなかったらどうしようと思ってたんだけど、本当に良かったです。初日の感想をちらちらと見て行ったので、演奏や歌唱のキズ、そして演出が結構つまんなかった的な感想を読んでたので心配してたんだけど、2日目だったので初日よりきっとこなれていたのでしょう。

今回はノーカット上演。びわ湖は第2幕の「悪魔のロベール」の部分はまるまるカットしてたけど、実はここんとこの音楽はわたし好きなもので、ちょっと悲しかった。ちゃんとやってくれてうれしい。

それにしても、「死の都」日本初演が、ほぼ同時期に二つ重なるなんて。1920年の世界初演がドイツの二つの都市(ハンブルクとケルン)で同じ日に行われたなんて話はずっと前から知ってたけど、そしてこの話は「けっ、どうせ有名音楽評論家の息子だから、コネもあるんでしょ」みたいな感じに受け止めてたけど。初演から94年後(!)の日本初演で同じような事が起こったのだから、この演目の実力は認めていい。日本の二人の名指揮者、尾高さんと沼尻さんがチョイスしたこのオペラはホントに素晴らしいのだ。すくなくとも公演を見た人はそう思ったに違いない。

びわ湖の公演は日本人だけのキャスト・スタッフで、本当に素晴らしいものだったのですが、惜しむらくは(ほとんどの人がおっしゃっていたように)演出が、まともに「演出」じゃなかったこと。ほぼ演奏会形式のように、歌手はただ舞台に立っていて、観客に向って歌ってるだけだったこと。わたしは「これはこれで曲の良さが感じられて、ヘンな読み替えとかされるよりは、よっぽど良かったんじゃないかな」って思ったけど。

今日の演出は良かった。この曲を結構聴きなれていると思う私でも、色々発見があった。なるほど的な。演出ってこういうことなのね、と思った次第。

一言で言えば今回の演出は映画「シックスセンス」のような感じである。第1幕の最後にちょっとだけ歌うだけの妻・マリー役が、全くの出ずっぱりで舞台にいる(歌わない女優さんが)。そんでもってその姿は最初はパウルにしか見えない。親友のフランクやその他の人には全然見えないのだ。だから、「ああ、この人はちゃんと死んだ奥さんと寝起きをして一緒に生活してるんだ、他の人には見えなくても」って観客はパウルに共感できる。(じゃあそれでいいんじゃねえの?って思ったりもするんだけど)

で、妻マリーの亡霊は第3幕になってマリエッタに見えるようになる。普通の演出だと(パウルと関係を持ったあとの)マリエッタはただ見えないマリーに歌ってるだけなんだけど、この演出だとマりーと向き合って対決するって感じになる。なるほど的である。ちゃんと考えられていていい演出だな、と素直に思った。

そんでもって、とにかく色々とネットでも言われてたけど舞台装置が大変美しい。なんでもレディ・ガガのコンサートの舞台を作ったり、ロンドン五輪の閉会式の装置もやった人らしい(女性である)。わたくしの性能のいいオペラグラスで見ても、小道具まで実に細かく作ってあるのがわかる。舞台後方に見える、グーグルアースから作ったというブルージュの立体地図模型も素晴らしい(パウルがそこに向って空を飛んでいるようなしぐさをしたりする)。第2幕のちょっと舞台が暗くなったところで、小さな建物が小道具として舞台上にちりばめられているものに灯りがつく。あれも美しかったなあ。

第2幕のマリエッタの仲間たちが舞台中央の大きなベッドから次々と登場してくるのも楽しい。舟をこぐ長い櫂がずるずると出てくるのも面白かった。ま、所詮はパウルの夢の中の事なんだもんね。しかしヘビーな夢だこと。

しかしまあ、演出よりも歌唱よりも舞台装置よりも何よりも良かったのがコルンゴルトの音楽。こんなに美しいメロディーが溢れているオペラって他になくね? プッチーニもひくくらいだわ。多分、コルンゴルトは幼少より「美しいメロディが頭に溢れすぎる病気」だったんじゃないかなって思う。サヴァーン症候群?なのかも。あまりに観客がみんな引き込まれ過ぎているのがわかった。第3幕でマリエッタが殺されて(夢で)、バタンって倒れたときに観客が15人くらい小さな声で「あ」って言ったもん。「映画かよ!」って思ったわ。

あと、歌詞の素晴らしさ。パウル・ショットって実はコルンゴルトのお父さん(とコルンゴルト自身)のペンネームだったんだ。パウルは役名、ショットは楽譜屋さんのショット社から採られてんだねたしか。いやはやホント胸に沁みる台本だわ。実はびわ湖のときは前から2番目の席だったので字幕があんまり見えなくて。いや見ようと思えば見えたんだけど、そうすると舞台が全然見えなくなっちゃうの。今回は2階席だったから一緒に観ることができました。第2幕のピエロの歌の歌詞なんかグッとくるし、最後のパウルの歌の歌詞がまたいいねえ。対訳売ってたので勿論買いましたわ。私、輸入盤しか持ってないもんで。

で、歌手について。

調子悪いように聞いてたパウル役のケールでしたが、わりと今日は調子良かったみたい。高音が確かに苦しいところもあったけど、打率は5割くらいで良かったです。声量はそんなにない気はしたけど、私の席はよく聴こえました。ウチにあるDVDのパウルはケールなので同じ人なんだなあって感慨はありました(あの、人形オタクのやつね)。髪形が違ってたけど。声がひっくり返っちゃったりは今回はしてなかったでした。

ミーガン・ミラーはとても美しい人だと写真やYouTubeを見て思ってたのだけど、結構ふくよかな方だったのでびっくりした。ケールと似合いのカップルでしたわ。マリー役の女優さんがスマートなのであんまり似てないかと。しかし、大変立派に歌われていました。声量もあったし良かったでした。ただ、私の好きな声質でない(んーと、ジャニーヌ・アルトマイヤーとか?)ので、アレでしたけど。それと、わりと知性的な感じでマリエッタの奔放な感じやコケットリーな感じも全然なかったし。(そう考えるとびわ湖の砂川さんが忘れられない。ホントに可愛かったし、色っぽかったし、魅力的な歌唱だったなあ。アレを聴いた人は関東地方でも再演をする運動をしてほしい。)

フランクの人は、眼鏡に軍服、まるでムスカ大佐のようだった。タイプだった。フランク役の時はよい歌唱だったし、歌舞伎的早変わりでいつの間にか登場、ピエロの歌を歌ったけれど、なんか・・・あの魅力的な歌がとっても真面目な歌(ベートーヴェンみたい)になってたのが至極残念。やっぱりあの歌はカバレットの流れを汲んでいる歌い方じゃないと(カヴァーで入ってた萩原潤さんのほうがきっとうまく歌えたかも。やっぱりあの歌はベッグメッサーとかカルミナ・ブラーナとか歌う歌手じゃないとダメよ)。

オケは、2回目とあってとても馴染んでいた感じ。私の席からはとてもブレンドされててちょうどよく聞こえました。オケは全然違うとこですけど、びわ湖の時は初日だったので少しオケが馴染んでなかった気が今考えるとする。どっちがいいとかは、わかんね。テンポは今日の公演のほうが私はしっくりきたなあ。それにしてもほんとに・・・いい曲だった。

最後は、拍手が待ちきれない観客たちによってフライング拍手。でも・・・今回は仕方ない気がする。本当にいい曲だったし、みんなそう思ったに違いない。拍手はなかなか鳴り止まず。公演に対する拍手だけでなく、この素晴らしい(珍しい)オペラに対する拍手でもあったと思う。すべてにブラヴォー。

帰る道々、この曲初めて聴いたと思しきカッポーの会話(リア充氏ねとかは思わない)で、「いい話だったね~。それにすっごくいい曲だね~」って言ってたのがきこえて、こっちもホンワカしました。

「死の都」ロスを心配し、もう一回行こうかなとも思ったのだけど、お金ないしあまりにそれってキ●ガイじみてるので(いくらなんでも同じ曲3回はねーわ)、この最後のパウルの歌とともに「死の都」と今回はお別れしたいと思う。(いや、2・3日経ったら気は変わるし、当日までわからんのだけどね。) 

この身にとどまるしあわせよ
永遠にさらば いとしい人よ
死から生が別たれる
憐れみなき 避けられぬ定め
光溢れる高みで この身を待て
ここで死者が蘇ることはない


(訳:広瀬大介)

Kc460285
「死の都」の次の演目は「ヴォツェック」という、不思議の都、東京。ここはウィーンかと。でもお寿司はウィーンより美味しいよ、たぶん。

-----

|

« あれこれ | トップページ | 二つの「死の都」、どうだった? »

コメント

こんばんは。同じ日だったですね。コルンゴルト、後期ロマン派音楽が好きな僕ですが、真面目に聴きこんでいなくって、ほとんどまっさら状態で観ました。
演出、分かりやすかったことは同感。マリーとマリエッタが常にパウルを挟んで対峙し、その距離感がパウルの二人に対する感情の変化が分かるという演出には、納得でした。
それとステージの装置が単純なのに、効果的なセット。普段のステージののり面より、70㎝近く高く作られていたのは、第3幕で合唱の何人かがピコピコ出てくるためでしたね。なるほど(マリエッタが消える方法も、それの応用?)。このセットを考えたエス・デヴリン、才能あるわ。そして美しい照明も。
タワーでDVDが売り切れで残念でしたよ。
不思議でならなかったのは、マリーとマリエッタを同じソプラノが歌うのに、舞台で歌っているのはマリエッタのミーガンだけだと思われ。別にマリーのパートを録音して流していたのかなぁ。
歌手。ミラーがよかったです。エリーザベトを歌った時より、ちょっと二の腕がたっぷりしたのは気になりましたが、声は「タンホイザー」の時より出てましたね。ケルルは後半疲れが出ていたと思ったけれど、アリアは説得力があったです。二人に「ブラヴォー」や「ブラヴァー」が出ていたのは当然でした。
ただね、東京交響楽団(りゅーとぴあの準フランチャイズなので、彼らのコンディションが良くわかるんですが)、普段の綺麗な音が出てこなかったなぁ。これは指揮者の問題でしょう。

投稿: IANIS | 2014年3月15日 (土曜日) 22時45分

>>JANISさん

そう、同じ日でしたね^^。
盛況で良かったですが、いつもながら休み時間の新国のホワイエの混みっぷりは閉口します・・・。満員電車かと。休めないわ~

今回は仕掛け一杯、夢いっぱいの演出と舞台装置で初めて観る方にも十分楽しめたものと自負しております・・・って私この公演とは何の関係もないただの観客なんですけど。

美術のエス・デヴリンさんよかったですね。色彩がヨーロピアンな感じ。ロンドン五輪閉会式ってあんまり覚えてないんで「どーだったかなー」的ですが(帰宅してちょっとビデオで見てみましたけど)。

マリーの声は舞台裏でマイク使って歌ってたのかなあ・・・とか思いました。

オケについては、オペラ以外であまり聴いてないオケなんで何とも言えませんが、まあ・・・破綻をきたしてなかったので良かったと思いました。もっと官能的な、とかウィーン的なうねりが、とかの思いはありますがもう、ちゃんと演奏してくれただけでも大感謝です。普段演奏してるマーラーとかR・シュトラウスとかとは違いますからね。

投稿: naoping | 2014年3月16日 (日曜日) 08時49分

びわ湖は2日目、新国は同じ15日に参りました。どっちも(部分的には色々あるけど)、十分満足しました。
この曲が違うプロダクションで連続してみられるなんて、何て幸せ。
(21日にも行っちゃいます(笑)

投稿: ガーター亭亭主 | 2014年3月16日 (日曜日) 10時53分

>>ガーター亭亭主さん

おお、びわ湖も行かれたのですね。
よかったですよね、びわ湖はびわ湖で。
日本人が誇るべき公演だったと思います。

ネットで見ると、3回も行く方結構いらっさるのですね。いいなあ。

私は券買ってないしもうこれ以上散財できないので諦めます。

投稿: naoping | 2014年3月16日 (日曜日) 20時54分

naopingさん

誇るべき公演だと思います、びわ湖。演出だけは、新国の方が断然好きでしたが、でも、びわ湖の(超トラディショナル?)を観たから新国のが心地よい驚きで楽しめた気もします。
オケと指揮は、私は沼尻派です。1つ後のエントリーでnaopingさんが書かれているとおりで、清国の指揮とピットは音は厚かったけれど(編成が大きかったし)、メリハリや気合いは段違いでびわ湖が良かった。
歌手は、2日目の山本さん、ご自分の声を行かしながら最後まで歌いきってましたが、音程がちと不安定で。。。ここだけはケールに軍配です(事故は一カ所有ったと思うけれど)。後は互角かなぁ。
いずれにしても、もうワクワクの日々です。

投稿: ガーター亭亭主 | 2014年3月17日 (月曜日) 07時31分

>>ガーター亭亭主さん

いやあ、我々もうすっかり「死の都」のとりこですよね。(前から?)
ネットで感想を読みまくっていますが(何かしないと悲しくていられないので)、こんなにマイナーなレパートリーなのに初心者の方もすごくよかったって発言しているのが印象的です。このぶんだと何年後かに再演されるかなと期待。それか・・・この曲の評判を受けて二期会さんがやってくれるかも?

びわ湖の山本さんはピンチヒッターとのことで、あの難役をよく頑張ったという話は承っております。

投稿: naoping | 2014年3月17日 (月曜日) 22時29分

こんにちは。
昨日、コメントしたと思ったら、飛んでましので再度。
酔ってたかしら??

ようやく、土壇場で観劇してきました。
すべての情報を遮断して、当日を迎え、終演後、いまもプログラムすら読んでません(笑)。
それだけ、自分の世界にて完結して、心の中に、思い出として封印したい、そんな素敵な上演でした。

そして、思いを込めて記事にして、naopingさんのところに訪問したら、構成や想いがそっくり!
コルンゴルティアンで、「死の街」対策委員会のわたしたち、会長お願いします!

思えば思うほど、びわ湖行きたかった。

一気にやらないで、1年おきぐらいに、どこかで上演して欲しいもんですね。
気温も緩む、春先がいいです。

カラオケ屋さんに、ふたつのアリアをレパートリーに入れるように、署名活動しませんか(笑)

いやはや、今週は寝ても覚めてもコルンゴルトでございます。
多くの方が、今月は、そんな風になってるのでしょうかね?
大騒ぎせず、静か~に、流行って行って欲しいものです。

川崎に、怪獣酒場なる素晴らしい居酒屋ができたようですが、コルンゴルト酒場なんか、誰かやって欲しいですな。
やっちゃおうかな?

投稿: yokochan | 2014年3月26日 (水曜日) 20時14分

>>yokochanさん

貴ブログに書き込み中にコメント頂いたようで(何と言う以心伝心)、こちらにもお返事。

日本初演(舞台での)のびわ湖に行けたので、本当に良かったでした。「死の都」ってなんぞや?な人が初めて観て心から感激し(結構、1日目は空席があったようなのに、評判を呼んで2日目は当日券が結構売れたとか)、それが東京に飛び火してあれだけの評判になったみたいです。とくに「生まれて初めてオペラ観た」って人が「ホントに素晴らしかった!楽しかった!感動した!泣いちゃった!」的な感想がネットに溢れていて、それを見て涙出たりして(何者なんだ私)。いい意味でコルンゴルトの音楽の大衆性を感じました。

「死の都」対策委員会の会長ですか。もう「コルンゴルト広め隊」どこの騒ぎではなくなってきましたね。今月だけで広めすぎだわ(笑)。

寝ても覚めてもコルンゴルト、っていう感じはわかります。私もびわ湖で観たあとは2~3日はお布団に入ってうとうとして、何を考えても「死の都」のメロディが頭に流れ込んでしまう、という現象に見舞われましたから。今もずっと「死の都」のメロディが頭に流れつつ仕事をしています。

え、怪獣酒場に行ってみたい・・・じゃなくてコルンゴルト酒場ですね。私は客商売苦手なのですが、ちーままくらいはやってもいいですね。カラオケに「ピエロの歌」と「マリエッタの歌」は必須です。とくに「ピエロの歌」は歌いたいです。

投稿: naoping | 2014年3月26日 (水曜日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/55384278

この記事へのトラックバック一覧です: コルンゴルト「死の都」新国立劇場:

» コルンゴルト 「死の都」 新国立劇場 [さまよえるクラヲタ人]
新国立劇場で行われていた、コルンゴルトの「死の都」の上演、千秋楽を観劇してきまし [続きを読む]

受信: 2014年3月26日 (水曜日) 00時15分

« あれこれ | トップページ | 二つの「死の都」、どうだった? »