« フィギュアスケート 男子SP | トップページ | フィギュアスケート 男子FS »

2014年2月14日 (金曜日)

前半戦を淡々と鑑賞する・フィギュア男子SP

夕べ。時間的に見られなかった人々の感想。
.

1:リアム・フィルス(カナダ)魅惑のワルツ (フェルモ・ダンテ・マルシェッティ) 魅惑の?あ、この曲ね、という感じ。強豪揃いのはずのカナダで何故出場できたのか謎。

2:ヤコブ・ゴドロザ(ウクライナ)トスカより星ピカ 団体戦にも出たね。

3:ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)スティルゴットブルース、スティルゴットロック 羽生君と同じような曲だし振付もなんとなく似ているけどなんかダサイ。リスペクトラーメン二郎みたいな感じ。でも面白い。

4:ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)キャラバン 作曲:デューク・エリントン あー、この曲ね、第2号。表情を見るとうまくいったようだ。「うまくいった」以上のものはないけど。

5:マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)映画『ロミオとジュリエット』より (ニーノ・ロータ) フィリピンのショッピングモールににスケートリンクがあるとは。意外とがんばってる。感動した。こういう選手を見られるのでオリンピックは楽しい。

6:アブザル・ラキムガリエフ(カザフスタン)スウィングメドレー 出た!氷上のモンゴル相撲。4年間待ってたわ、君が出るのを。好きだ!ラキムガリエフ!投げキスとか似合わねえ~。そこが彼の魅力。指導はモロゾフなのか・・・。

7:エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)ぎっくり腰?で棄権。彼が棄権してロシアの人たちは帰ってしまったので空席が目立った?

8:ビクトル・ロマネンコフ(エストニア)ノートルダム・ド・パリ日本人だとみんな普通にうまいもんだから、見てる人は慣れちゃっててよくわかんないけど、こういうそんなにうまくない選手を見るとどんなに日本人が努力して練習しているかわかるよねえ。失礼な話だけど。

9:ブレンダン・ケリー(豪州)Nothing Else Matters 南半球からの刺客。結構美青年。南半球だから回転が逆とか、そういうのはないのか。うまくできなかったようだ。

10:ポール・ボニファシオ・パルキンソン(イタリア)Wolfgang's 5th Symphony 世界ランキング127位って何。「運命」の人だ。俳優の田中要次さんに似てる。

11:ジェレミー・アボット(米国)Lilies of the Valley 作曲:三宅純 五輪史上に残る壮絶な転び方でびっくり。でも演技は続けた。根性あるな。有香ちゃんコーチカワイイ。

12:ゾルタン・ケレメン(ルーマニア)ミュージカル『スイート・チャリティ』サウンドトラック 何度も言うがオペラ歌手ではない。ダサイ曲がたまらなくいい。東欧っぽい。

インターミッション。インタビューでキャンデロロがシブイおっさんになっててびっくり。

13:ビクター・パイファー(オーストリア)The Hours by Philipp Glass スキー強豪国オーストリアは氷上は弱い。曲は美しい。

14:ハビエル・ラヤ(スペイン)レ・ミゼラブル もう一人のハビエル。そんなに悪くない。ジャンプの失敗がなければなかなか良かったんじゃないの。

15:アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)スウィングキッズ by James Horner  髪形といいコスチュームといい、なんか1970年代のコメディ映画に出てきそうな容姿。このセンス嫌いじゃない。

16:ジェイソン・ブラウン(米国)クエスチョン・オブ・ユー by Prince 「4回転は飛ばない予定です」って実況が言うたびになんか前座的な雰囲気が漂うのは如何なものか。ステップとかはうまいのに。なかなかいいと思うな。

17:ケビン・レイノルズ(カナダ)バック・イン・ブラック サンダーストラック:AC/DC  顔はともかく(失礼)。スケーティングセンスは抜群だ。外人では好きなスケート選手の一人。かなり転んじゃって残念。アニメ好き?

---

東京は今週末もドカ雪。予定してた会議も飲み会も中止になり、あたしは大都会の交通の脆弱さを見越して45分早く退社。ぎゅうぎゅう詰めの電車に耐えて帰ってきた。

日本一熱い男シューゾーと日本一熱いソーセージ荻原兄弟がいないだけで日本はこんな寒い冬に。早く帰ってきて。

|

« フィギュアスケート 男子SP | トップページ | フィギュアスケート 男子FS »

コメント

管理人さま、こんばんは。フィギュア観戦のため毎日寝不足です。楽しく読ませて頂いております。
前半の選手でインパクトNO.1はイタリアの田中要次パルキンソンさんでしたわ。なんたって「ジャジャジャーン」の運命っすよ! どぎつい緑色の服にプリプリお尻に短めの御身足にヤバい額の22歳(らしいです)ですよ!
ケビン・レイノルズ…あ~あです。好きなんだけどな。プル様公式練習10分で切り上げた時点で何かあったのかと思ってました。16歳のデビューで、いきなり4-3-2の連続ジャンプ見せられた時はたまげたです。あれから15年か~(しんみり)プル様がデビューの年引退したキャンデロロほんっとにおっちゃんだぁ~(少しショック)人生いろいろ。 。 。ですね。

投稿: なおなあ | 2014年2月14日 (金曜日) 22時45分

>>なおなおさん

こんにちは。私も寝不足でこの土日に寝不足解消する予定です。

「運命」の選曲はびっくりですが(田中要次、くりーむ有田さんにも似てる)、彼22歳なんですね。それもびっくりです。スター選手ももちろん見てて楽しいのですが五輪のだいご味は予選落ちかギリギリのスケーターだったりします。今回も色々面白い選手がいて、楽しかったですね。

プルシェンコ、遠い昔に代々木のグランプリファイナルで優勝したところを見てるのですが、当時一緒に出てた選手たちはとっくに引退しているようです(スルツカヤとかヤグディンとか)。日本人なんて一人もGFに残ってない頃です。今回ロシア男子は(女子と違って)ソチまでに優勝を狙えるいい選手が育たなかったのでプルが出るしかなかったのですね。今回はメダル獲得者が薄い顔の東洋系ばっかりで一昔前からは想像もつきません。

投稿: naoping | 2014年2月15日 (土曜日) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/54996455

この記事へのトラックバック一覧です: 前半戦を淡々と鑑賞する・フィギュア男子SP:

« フィギュアスケート 男子SP | トップページ | フィギュアスケート 男子FS »