« このところの心の悩みをはきだしてみる(小ネタ) | トップページ | ラッキー・アンド・アンラッキー。 »

2013年10月21日 (月曜日)

俊友会管弦楽団 第51回定期演奏会

追悼演奏:エルガー/創作主題による変奏曲「謎」(エニグマ)作品36よりニムロッド
ドビュッシー/小組曲
プーランク/バレエ組曲「牝鹿」
ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」

指揮:御法川 雄矢 / 俊友会管弦楽団 

(10月20日(日)杉並公会堂)

.

昨日の演奏会。豪雨の中、はるばる杉並まで行ってきた。ご招待なので行かないと。友人と道中びちょびちょである。しかし行ってみると意外と席は埋まっており。

先日、この楽団の音楽監督の堤さんがお亡くなりになったので、追悼としてニムロッドを演奏。大好きな曲なので嬉しかったが、出だしがなんかすっごくテンポ遅くてびっくり。こんなもんなんだろうか。

以下、あまり自分のテリトリーではない曲のため、演奏の感想というよりは曲の感想を。

・ドビュッシーのこの曲を聴くと、なんか小学生の頃にNHK-FMで色々な曲を聴いてたのを思い出す。多分ラジオでよく流れてたんだと思う。

・プーランクは初めて聴く曲だった。まあ・・・プーランクだなと。

・展覧会の絵は、なんというかテレビや色々な場面で使われ過ぎていて、どうも入り込めない。最後はどう考えてもナニコレ珍・・・。こういうの、何とかならないでしょうか。

アンコールは「くるみ割り人形」よりこんぺい糖の精と王子のパ・ド・ドゥ。この演奏が一番よかったな。大好きこの曲。

(感想短くてほんとに済まぬ。)

----

最近、炊飯器を用いてチャーハンを作るのに凝っている。
米を研いで分量の水を入れ、調味料と細かく切った具を入れて混ぜて「チャーハン」にセットして炊く→ごま油と卵を溶いて掛ける→ちょっとだけ加熱→混ぜて出来上がり。ちゃんと固めのぱらぱらチャーハンになるのが凄い。

まあ、調理に30分くらい時間はかかるんだけど、テレビの前に座ってフィギュアスケートとか見ながらでも勝手に作ってくれるのでありがたい。最近の炊飯器ってホント優れ物。

|

« このところの心の悩みをはきだしてみる(小ネタ) | トップページ | ラッキー・アンド・アンラッキー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/53678078

この記事へのトラックバック一覧です: 俊友会管弦楽団 第51回定期演奏会:

« このところの心の悩みをはきだしてみる(小ネタ) | トップページ | ラッキー・アンド・アンラッキー。 »