« CDの並べ方に苦悩する。 | トップページ | ユッシ・ビョルリング スウェーデン歌曲集 »

2013年6月24日 (月曜日)

IKEAのファブリックコーナーはかなりヤバイ。

一昨日、またIKEAに行ったのだった。お客用の取り皿とガラスのコップを買おうと思ったんだけど、実はファブリックにもちょっと気になるものがあった。

でも、計って切ったりするのをお客自身でしなきゃなんないってやつなので、前回は買い方がイマイチわかんなかった。でも、一回覚えれば大丈夫。

お気に入りの反物を布切り台まで持って行って、机にくっついている物差しにあわせて、溝に沿って欲しいだけジャキジャキと切る。

       ↓

計りのカゴに切った布を入れる。カタログ帖で自分の買う布を探して、バーコードでピッとやる。

       ↓

値段のシールがガーっと出てくる。それを布に貼って、あとは最後のレジで買うだけである。

最初なので(よくわからないので)ちょうど1メートル買った。しかし、クッションカバーを作ろうと思っただけなんで、こんなにいらなかった。クッションカバー3つできるくらいの大きさがあったけど、2つでいいや。そんなに同じ柄のいらないし。でもこんな布がメートル千円弱だぜえ。しかもこれは厚手でとっても丈夫そう。

Kc460180

こんなのちょちょいのちょいでできちゃう。(←自慢げ)

IKEAのカタログよりファブリック
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/Textiles/10655/ 

マリメッコとかの北欧の布は大変高価なので(可愛いけどのう)、それに比べるとこの安さは素晴らしい。しかも150cmのダブル幅でこのお値段。私のようなファブリック中毒者には危険地帯である。気をつけないとまた家が「縫わない布」だらけになってまうぜ。 

|

« CDの並べ方に苦悩する。 | トップページ | ユッシ・ビョルリング スウェーデン歌曲集 »

コメント

 今晩は。
   
 絞った色づかい、染め抜き、枝葉の描かれようとともに、やはり鳥が、しかし、いいあんばいで主役になってくれるこの花鳥図柄は全体的にも部分的にも魅力的ですね。背景カラーは「ほうじ茶」っぽいものなのでしょうか、それとも金色っぽいのでしょうか。いずれにせよ、これはいいですね。

投稿: クラシカルな某 | 2013年6月25日 (火曜日) 21時41分

>>クラシカルな某さん

素敵な布でしょう。私、一目ぼれしてしまいました。
鳥模様の布は他にもあったので、次はそれにしようかなあとか考えています。

バックの色は実はベージュ(とブラウン)です。PCで色を調整したらこのような色に。これもIKEAで買ったカーペットです。

投稿: naoping | 2013年6月26日 (水曜日) 22時13分

ファブリックというのが何のことなのかわからないオッサンの自分がいとおかしい私です。
最近はクッションのことをファブリックって言うのかな?

投稿: 木曽のあばら屋 | 2013年6月29日 (土曜日) 21時21分

>>木曽さん

生地や織物のこと。インテリアの世界では、生地や織物の総称から少し広い意味で用いられることが多く、カーテンやテーブルクロス、椅子やソファの張り布地、クッション、ベッドカバーなど、布を使ったものを全般にさす。

...です。

投稿: naoping | 2013年6月29日 (土曜日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/52166069

この記事へのトラックバック一覧です: IKEAのファブリックコーナーはかなりヤバイ。:

« CDの並べ方に苦悩する。 | トップページ | ユッシ・ビョルリング スウェーデン歌曲集 »