« 貧乏チキンカレー | トップページ | 映画「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」 »

2013年5月18日 (土曜日)

明治座五月花形歌舞伎 夜の部

Program_visual 一、将軍江戸を去る(しょうぐんえどをさる)
徳川慶喜 市川染五郎
山岡鉄太郎 中村勘九郎
間宮金八郎 中村亀 鶴
土肥庄次郎 大谷廣太郎
吉崎角之助 坂東薪 車
天野八郎 市川男女蔵
高橋伊勢守 片岡愛之助

二、藤娘(ふじむすめ)
藤の精 中村七之助

湧昇水鯉滝
三、鯉つかみ(こいつかみ)
片岡愛之助宙乗りならびに本水にて立廻り相勤め申し候

片岡愛之助
滝窓志賀之助実は鯉の精
滝窓志賀之助実は清若丸
釣家息女小桜姫 中村壱太郎
家老篠村次郎公光 坂東薪 車
篠村妻呉竹 上村吉 弥

過去記事:勧進帳&浮かれ心中

歌舞伎座が新装オープンしたというのにまだ一回も行ってない。これはまた明治座。東京者は実はこうしたもの。スカイツリーも完成してから一度も行ってないしね。

「花形歌舞伎」と名がついていても、実際は「ホントに?」みたいなのが結構あるけど、今回はホントに花形若手人気役者4人が勢ぞろい。染五郎、中村ブラザーズ、らぶりんと役者はそろった。旬ないい男を沢山見られて感激。

が。

4人の魅力をくまなく鑑賞するには、昼も夜も見なきゃならない。私が観た夜の部は七之助さんと愛之助さんがメインでだもんで。ソメちゃんも勘九郎さんも好きなあたしはどうしたらいいのだ。

でも、なかなか楽しく鑑賞した。今回夜の部にだけ特別に付いていた明治座弁当もいつもながら美味しかったし(だから夜にしたのだが)。

Kc460172

ただ、また苦手な「将軍江戸を去る」を見てしまった。過去記事にあるようにこの演目は歌も踊りもギャグもなく、つまんない。ソメちゃんの良さも(私が思うだけかもしれんが)ここではそんなに・・・。ソメちゃんは徳川慶喜なんてエライ人よりも世話物や人情物でいいな、と思う役者さんなんでな。

勘九郎さんはやっぱりお父さんに声がそっくりだなあ、と思いまた懐かしく。

藤娘の七之助さんは、幕があいて観客みんなが「わーきれい!」とか「かわいいい!!」とか思わず口に出してしまうほどのあでやかさ。歌舞伎ってこうじゃないとね。七之助さんはホントに女性のきゅんきゅんな表情がうまいなあ。きっと素敵なガールフレンドがたくさんいて(←いい意味で)、そこから表情を盗んでいるんだろうと想像。そこがまた素敵。奥様一筋のお兄ちゃんも好きだが、七さんの次男らしい自由さもまた魅力。

で、メインは「鯉つかみ」という演目。初めて見聴きするのだが東京ではかなり珍しい演目だそうな。上方歌舞伎の今や一番人気の愛之助さんが主役。愛之助さんがこんなに大活躍する演目を初めてみたので、ファンとしては嬉しい。

ところで、今回は我が母が取り給いし券だったのだが、奇跡的に前から3番目だった(ちょっと右端寄りだけど)。大入り満員だったはずだがどうしたのだ。で、休み時間にトイレに行って席に戻って来ると、我が母や周辺の人が謎のヴィニール風呂敷を被っていた。「どしたの?寒いの?」と聞くと「ここらへん、水被るんだって。このへんの人みんな配られた」とのこと。おお、憧れの水被り席か。ずっと夢だったんだぜ。愛之助さんの水しぶきだったら喜んで受けるぜ。

しかし、舞台上のプールの上で巨大鯉と格闘する愛之助さんは結構一生懸命水を観客席に撒き散らしていたものの、残念ながら私の周辺には水は来ず。ヴィニール風呂敷は別に役に立たず。

愛之助さんは鯉の着ぐるみを着ながら宙乗りしたり、かなり今回はダイナミックな役だった。演じているご本人も楽しそう。それにしてもイイ男である。小桜姫が恋煩いするのも無理はない。ああああたしだってあんな人がもし海外旅行の添乗員だったら惚れるわな(例えて言えば、だけど)。小桜姫を演じた中村壱太郎さんもとーーーっても素敵な役者さんで、女形ながら惚れてしまった。すごくカワイイっ。

ヴィニール風呂敷は毎日使うので返して下さい、とのことでした。まあ、いらないけど。

|

« 貧乏チキンカレー | トップページ | 映画「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」 »

コメント

はじめまして、今晩は。 歌舞伎好きと言うよりも中村七之助様大好きな私です。たおやかでしなやかで美しい…
昨年の勘三郎さんの死は本当にショックでした。
勘三郎さんの歌舞伎界のみならず演劇界への貢献度は図りしれないと思います。
大きな喪失感の後、勘九郎さんのご二男の誕生の嬉しい報せ。 今から七緒八くんと哲之くんの二人桃太郎を期待してしまうのは私だけではないと思います。
七緒八くんの愛らしさに心わしづかみ状態。 先月の特番で見て以来、メロメロなんです。七之助おじちゃまの擬似パパ振りも微笑ましいですよね。 中村屋(波野家)は最強という勘三郎さんの言葉に無意識に頷いていました。

投稿: なおなお | 2013年5月25日 (土曜日) 22時37分

>>なおなおさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。
七之助さんのファンなのですね。私も七之助さん大好きです・・・というか、勘九郎さんも同じくらい好きです。勘三郎さん親子が好きなのかもしれません。私も勘三郎さんが亡くなった朝は大声で叫んでしまうほどショックでしたよ。

なおや君に続いてのりゆき君、というと勘九郎さんはご自分のご両親をお手本にしているのかなあと思いました。なおや君は愛ちゃんそっくりでカワイイですね。愛ちゃんもなおや君もまだナマで見たことないんですけど。見たいです。

それにしても、この公演時に友人が歌舞伎座に行ったんですけど、若手を明治座に取られて見事にじーさんばっかりだったって嘆いてました・・・(笑)

投稿: naoping | 2013年5月28日 (火曜日) 22時19分

おはようございます。三度目お邪魔さまにございます。 先日「徹子の部屋」に出演なさった尾上菊之助さん。 新婚生活お幸せそうでなによりです。 お父上の菊五郎さんも仰っていましたが、この方もしや女性より男性寄りのご趣味の方かしら?なんて勝手に思っておりましたの…反省m(_ _)m
玉三郎様との競演の場面の一部放送されてましたが、二人同時の同じ振り付けが一糸みだれぬシンクロぶり。あの玉様にぴったり合わせられるとは実力もあり、努力も怠らないのだなと感心させられました。私の憧れの伯父様、吉右衛門様が義父と呼べる立場となった彼に益々注目していきたいと思っています。 鼻から口元がやっぱり寺島しのぶさんに似てますね。

投稿: なおなお | 2013年6月22日 (土曜日) 10時39分

>>なおなおさん

こんにちは。
徹子の部屋、わたし見れない時間なのでみてなかったのですが、 運よく録画に残ってましたので本日観ました。吉右衛門さんの娘さん、お父様にそっくりですね。ご結婚は意外なキャスティングでびっくりですが・・・まあ、梨園生まれのお嫁さんは、実情がよくわかっていてよいのでは。

それにしても菊之助さんは勿論ですけど、玉三郎さんって本当にずっとおキレイですよね。見とれてしまいます。

投稿: naoping | 2013年6月22日 (土曜日) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/51681556

この記事へのトラックバック一覧です: 明治座五月花形歌舞伎 夜の部:

« 貧乏チキンカレー | トップページ | 映画「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」 »