« 科博「チョコレート展」 | トップページ | 近況というか最近思うこと。 »

2013年1月 6日 (日曜日)

年末年始のテレビ視聴について2013

恒例?の年末年始テレビ番組の感想について(順不同)。今回は恐ろしい数のテレビ番組を観た(全チャンネル録画機のため)。こんなにテレビばっかり観てたの初めて(オリンピック時以外)。お笑いばっかりでごめんなさい。

・もてもてナインティナイン「究極の御曹司SP」(再放送)
・同上「銀幕スター御曹司が歴史を語る」?なんちゃら

NHKがやってもいいくらいの内容をよしもと芸人たちが語るという斬新な番組。再放送のほうはとても勉強になったし、本放送の昔のスタアの話は破天荒で面白かった。もっといろいろやってほしい。

・ガキの使いじゃあらへんで
毎年楽しみにしているが、楽しみにしすぎて見る人のハードルがあがっている気がする。今回はあまり意外性のあるキャスティングがなかった。ELTの伊藤さんももう3回目だし、あまり笑えない。芸人運動会と蝶野とダチョウ倶楽部のシーンは見てない。江戸時代タイムスリップは好き。

・紅白歌合戦
録画で見たが、半分くらい飛ばし飛ばし。MISIAがアフリカの砂漠に行ったり猿之助が宙乗りしたり色々頑張ってたが、最後に印象に残ったのは結局「ヨイトマケの唄」だけだった気が。

・ニューイヤー駅伝
「山の神」柏原君が応援してる会社を抜いて行ったのがとても複雑な気分だった。

・箱根駅伝
柏原君の偉大さを思い知らされた。

・相棒
相棒は「エンターテイメント視点」のと「政治視点」のがあるが、今回は後者で。あたしはエンターテイメント視点のほうが好きなのは回あんまり・・・だった。最後に来て「あああ~~~そういうことか~~~」ってのもあんまりなかったし。前の「ピエロ」のほうが面白かったなあ、オペラ(道化師)出てきたし。

・ぐるナイおもしろ荘
「流れ星」が優勝したのでよかった。もっと売れてもいいのに。

・ロケットライブ2013
あんまりテレビで見ない「ビーフケーキ」が出てきたので嬉しかった。でも「ペペペドミア共和国」のネタのほうが好きだ。

・新春レッドカーペット
(眠い中、印象に残った芸人)
長江もみ(どこかの県のテーマパーク?の紹介)、タブレット純(メルルーサ)、テンダラー(暴れん坊将軍)、キンタロー(前田敦子のまね)、チーモンチョーチュウ(鶴の恩返し)

・新春お笑い名人寄席
サンドイッチマンが推薦した「母心」という漫才師が面白かった(歌舞伎ネタだったので)。あとボンサイトが懐かしかった。

・哀すべき「エ~!?」な人 さまぁ~ず×カトゥ×サンド
「着ぐるみなのに美人」とか一般常識的には哀しい?人生を歩んでいる人の特集だが、第一位が「オーケストラ団員なのにシンバル」で、出演した人が神奈川フィルの打楽器奏者だった。あたしはそれの何が『エ~!?』なのか新春早々悩んだ。神奈川フィルは「英雄の生涯」を演奏し、いかにシンバルが暇かを検証。

・イロモネア
柳原かな子ちゃんの「ものボケ」が面白かった。

・タカトシの日本ゆるツボスポット
「家族で作成・経営の地獄のテーマパーク」みたいなのには行ってみたい。

・めちゃイケ 厄除けに開運に初笑い
ナインティナインとSMAP中居くんがガリタ食堂の旅。ジャニーズがあんなヨゴレでいいのだろうか?と驚愕。あと、春日のよく言う「トゥース!」ってアメフトの「集まれ」って意味なんだって初めて知った。

・らららクラシック 音楽ハイライト
カラヤンの娘が年取ってますます父そっくりになってて驚いた。エリエッテは元気なのだろうか。

・ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート
毎年途中で飽きるので全部見ず(ウィンナワルツがどれもほとんど同じに聞こえるため)。メストが楽員に縫いぐるみやハエ叩きなどプレゼントしてるのを見たけどあれは何?

・ニューイヤーオペラコンサート
藤村さんの愛の死は圧倒的な名唱だったが、それより「死の都」のマリエッタの歌がテレビで放送されたということが大変感慨深い。木下美穂子さん素晴らしかった(オセロ中島さんが出てきたかと思ったけど)。全体的になかなか見ごたえがあり、NHKに見に行かなかったことを激しく後悔(というかすっかり忘れてた)。

|

« 科博「チョコレート展」 | トップページ | 近況というか最近思うこと。 »

コメント

ニューイヤー・コンサートでは
初演の歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲、
良かったですよ。
まさか飛ばして見ていなかったの?coldsweats01

投稿: ほんみりん | 2013年1月 9日 (水曜日) 10時26分

「相棒」は、本当に“水谷豊祭り”だなと思いました。おいしいところを持って行きすぎじゃねぇ?ショパンが切なかったです(いろんな意味で)
今期の相棒自体、甲斐くんのうるささについて行けない私。亀山~時代が懐かしくて涙しました。

ニューイヤーでヴォータンを歌った妻屋氏とは、仕事上のつながりがあり個人的に何度も飲んでます。ステキ過ぎるおっさんです。今、極秘に××プロジェクトが進行してまして、夏ぐらいには形になるかと・・・。

投稿: yoshida | 2013年1月10日 (木曜日) 11時13分

>>ほんみりんさん

おお、もちろんローエングリンはちゃんと聴きました。
いい演奏でしたね。
毎年ニュー・イヤー・ワーグナー・コンサートだったら全部聴くんですけど。

投稿: naoping | 2013年1月14日 (月曜日) 16時01分

>>yoshidaさん

今頃ですが、本年もよろしくお願いします。
やっぱり「特命係の亀山~」って言われてる頃のがよかったなあと再放送見ると思います。
個人的に成宮くんはタイプなので見ていますが。

妻屋さんは新国で見るとエキセントリックな役が多いので、ヴォータンの歌唱は貴重でした。XXプロジェクトって・・・?アリア集か何か。

投稿: naoping | 2013年1月14日 (月曜日) 16時10分

確かに、ある年齢になると(ごめん)
だんだん物事に執着しなくなるのかもしれないですね。

私も最近欲しいものがなくなってきましたよ。

働いているのだから何か使わないといけない。
という変な義務感で皮のバッグを買うくらい。
気に入らないとすぐにヤフオクに出しちゃうし。

妻屋さんは、あのキャラを生かして・・・
と、プランが進んでいるの。情報解禁になったら
まっさきにお知らせします!!

14日の「バベルの塔」は、もう何回も見たけど
いろんな意味で美味しかった。やっぱり亀山heart

投稿: yoshida | 2013年1月16日 (水曜日) 17時17分

>>yoshidaさん

今年の相棒の正月スペシャルは今になってみるとどんな内容だったっけ?な位印象が薄くなってしまいました・・・。前の山本學さんの回のほうが印象が強いです。最近は映画の宣伝なのか、伊丹さんをクローズアップした演出が多いのですね。私生活ではやっとご結婚されたのに、劇中ではいまだに独身なのですね。

「バベルの塔」は「相棒」の最高傑作かもと・・・思います。シリーズ全部見てるわけではないのですが。今回は雪のせいでテレビが映らなくなったりしたので(ウチだけ?)見ませんでした。最後に出てくるココリコの遠藤さんがいい!です。

投稿: naoping | 2013年1月19日 (土曜日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108585/48619389

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始のテレビ視聴について2013:

« 科博「チョコレート展」 | トップページ | 近況というか最近思うこと。 »