« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日曜日)

俊友会管弦楽団特別演奏会

ベートーヴェン/フィデリオ序曲
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
チャイコフスキー/交響曲第5番 ホ短調 Op.64 
指揮:横川晴児 ヴァイオリン独奏:ジェラール・プーレ

(学習院創立百周年記念会館 正堂)

-

いつも友人の友人のつてで聴きに行かせて頂いているのですが、あまりまともに感想を書いてなくてすいません。

いつも指揮している方がどうも私の音楽性(←そんな立派なもんないけど)と違うので、感想が書けずにいたのです。

本日の指揮者の方はN響の首席クラリネット奏者の方だったようです。ティンパニーもN響の方でした。

今日は最初のベートーヴェンからいつもと違っていました。音楽が息づいていました。ちゃんとベートーヴェンでした。

メンデルスゾーンのソリストの人はとても素晴らしい音色でした(有名な先生とのことで大いに期待はしていましたが)。芳醇なワインかブランデーのような音色でした。なんかグリュミオーを思い出しました(違うかな?)。久しぶりに素晴らしいヴァイオリンの音を聴いた気がします。この人でルクー聴いてみたい。とにかく幸せでした。

アンコールのバッハ無伴奏もちゃんとバッハの世界を表していて感動いたしました。ずっと聴いていたい感じ。さすがパガニーニ優勝者です。

チャイコフスキーの演奏もオケにロシアの憂愁とか空気が感じられました。ティンパニーも際だって素晴らしかった。このオケでは私の聴いた限り最もいい演奏だと思いました。すくなくともグレより全然よかった。(←あくまで自分の意見ですが)

次回のドッペルコンチェルトとマーラー5番も(呼ばれれば)是非行かせて頂きたい。

-----

幸せなひと時もつかの間。一緒に行った友人と渋谷で飲んだのですが、台風で東急線が全線止まってしまい、途中までバスで帰りあとは歩きました。ああ、しんど。

|

2012年9月22日 (土曜日)

コンタクトを作りに行く。

個人的に覚書的に。

オペラシーズンが始まり、オペラグラスを使うことが多くなったのだが、眼鏡をかけているのにそこにオペラグラスを使うということに前から抵抗があり(メガネをずらしてオペラグラスで見る)、コンタクトを作ることに。来月は珍しくも個人的にブリテン・オペラ祭だし(祭というにはどっちも何だか内向的な内容ではあるが)、どっちも席が後ろのほうなので。

まあ他にも理由は色々あったのだが。

・メガネのせいでとても仕事ができる女に見えてしまう。そんなでもないのに。
・メガネのせいで部署内で自分の存在が空気すぎる。
・メガネのせいで、カラオケでAKBを歌っても何だか似合わない。
・朝、懸命に目ぱっちりメイクをしてもメガネをかけてしまうので無駄である。見えてない。
・その他。
(以上、メガネのせいでもないのかもしれんが。)

ということで満を持して近所のメガネ○ー○ーに行ったのだが(眼科医がいるので)、まあ、こりゃまた想像以上に一苦労で。

もっと簡単に考えてたのだが、結構キツイものであった。やってる途中で「やっぱり新しいメガネにします」ってちょっと言いかけたくらい。

ハードコンタクトでいちばんソフトなやつにしてもらったんだけど、それでも痛い。初めて目に異物が入ったんだもん、痛いがな。こんなものつけて仕事とかできるのかなあ、みんなよくやっているな。友人は大体ワンデー?2ウィーク?アキュビュー?とかなんだけど。

なかなか目に入れられない。目が異物を拒否する。瞼が「なにやってるんっすか?気が狂ったんすか?ご主人様」とか言って閉じてしまう。なんだか「アンダルシアの犬」の映画を思い出し。

目に入れた感じは(とにかく痛いということの他に)、非常に下品な例えで申し訳ないが、今まで普通の下着を着ていたのに急に「ふーぞく」や「えーぶい」の女の子がつけるようなちっちゃいちっちゃい水着(いや、それ先っちょしかかくれてねーし)を着て世間に出て行くような。そんなもの凄い違和感が。

ピーター・グライムズまでに慣れるだろうか。。。。できあがるまで一週間かかるので間に合わないかも。まだメガネで観賞かもなあ。

----

夜、「キング・オブ・コント」をやっており、見てたら全く自分が昼間繰り広げてたようなコント(メガネ屋でコンタクトを作るという内容)をやっていて、デジャブだった。

最終まで残った芸人はしずる銀しゃり以外初めて観る人ばかり(または観ても忘れてる)で、正直そんなに・・・であった。客席の審査員として最終まで残れなかった芸人に好きな人がたくさんいて(モンエン、ニッチェなど)、なんか勿体なかった。優勝した人は面白かったけど、お腹が痛くなるほどではない。ロバートみたいなのがほしいな。

それに比べて、録画であとで観た裏番組の冷凍食品の美味しいのを決めるやつのほうが、ずっとエキサイトした。毎日の弁当でハードユーザーなもので。

|

2012年9月16日 (日曜日)

二期会/飯守さんのパルシファル 3日目

Kc460053_2舞台神聖祭典劇「パルシファル」全3幕
字幕付原語(ドイツ語)上演
台本・作曲:リヒャルト・ワーグナー

指揮:飯守泰次郎
読売日本交響楽団
二期会合唱団
演出:クラウス・グート



キャストは初日と一緒

(←上野といえばパンダ。最近「しろくまカフェ」にはまっててパンダ君に夢中。パンダの絵が書いてあるとなんでも買いそうになり、上野は危険地帯。)

別キャストを取ろうと思って失敗してしまった。でもまあいいやってことで今日も行きました。おかげでさんま祭りに行けなくて残念。

・初日のほうが、なんか凄く良かった。神入ってたっつーか。演奏は同じなんだろうけど、なんだろう。皇族いらしてたからかな。今日のほうが席はよかったです(一階前から8番目)。

・初日のほうが、歌手の方調子よかった気が(グルネマンツとパルシファル)。少しお疲れの様子。クリングゾルとクンドリは今日のほうが良かった感じです。あくまで私の印象ですが。クンドリは間近で見るとお綺麗ですね。

・第1幕でクンドリがポケットから出してそのへんに播いてたのはなんだったんだろう。花びらか何かかなあと思い。

・第1幕で隣席の女性(私より高齢)が咳込んでいた。で、幕間で「ごめんね、咳込んじゃって」と謝られて、「いえいえ~(ニコリ)しかたないですよ~にんげんだもの~みつを」とニコヤカに返した(セリフ後半はウソ)。

・第2幕の花の乙女のシーンが見たかったので、また見られて幸せ。おどりかわゆす。クラシックなAKBって感じ。

・もしかして日本のワーグナーっていまだにト書通りの演出でやってると一般的に思われているのでは・・・という心配。

-----

おやつにメルヘンの三元豚カツサンドを食べたのをすっかり忘れて、帰りに関山のちらし鮨を買って帰ってしまう私。貧血治療中なんだもの、体重なんかもうどうでもいい~。

Kc460054_5

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土曜日)

二期会/飯守さんのパルシファル 初日 

Kc460051_2舞台神聖祭典劇「パルシファル」全3幕
字幕付原語(ドイツ語)上演
台本・作曲:リヒャルト・ワーグナー

指揮:飯守泰次郎
読売日本交響楽団
二期会合唱団
演出:クラウス・グート

アムフォルタス  黒田 博
ティトゥレル  小田川哲也
グルネマンツ  小鉄和広
パルジファル  福井 敬
クリングゾル  泉 良平
クンドリ  橋爪ゆか

2人の聖杯守護の騎士 加茂下 稔
北川辰彦

4人の小姓 渡海千津子
遠藤千寿子
森田有生
伊藤 潤

6人の花の乙女たち 青木雪子
坂井田真実子
岩田真奈
鈴木麻里子
磯地美樹
小林紗季子

会場:東京文化会館 大ホール(9月13日)


(ネタバレあり)

初日に行ってきました。初日には記念品として?昭和42年の日本初演時に配られた対訳の復刻版をもらいました。まあ・・・普通に対訳です。当時は貴重だったんでしょうね。キャストを見ますと、私がクラシックに触れる前の人々のお名前が並んでいます。驚いたことにあの安田祥子さんもいらっしゃった。花の乙女役だったのかな?
表紙より裏表紙のフィリップスレコードの広告がいい。「クナッペルツブッシュ」って書いてある。あたしが中学生のときに一番最初に買ったワーグナーのレコードはこれよ。ジャケットが違うけど。

Kc460052

当時がどんな演奏だったのか、想像するしかないんだけどきっと今回のほうがずっとずっと高い水準だったんじゃないかなと思う。日本人だけで演じられ、演奏された最高水準のワーグナー。

開演前にロビーをうろうろしていたら、なんだか騒然としていたので「ははーん」と気がついた。皇太子殿下入場。拍手で迎えられた。ナマ皇太子さまは私は3回目。前はラトル/VPOの時だからずいぶん久しぶり。

第1幕。前奏曲。なんと滋味深い音楽。飯守さんの指揮は素晴らしい。舞台は草原を歩くはだしの足の映像が映される。これは全幕にわたって象徴的に形を変えつつ使われる。幕が上がると三人の紳士たち。(たぶん)ティトゥレルとアムフォルタスとクリングゾル。クリングゾルが仲間はずれになって部屋を飛び出す。(このオペラの始まる前の話の象徴である)

3幕とも同じセットなので(ちょっと塗りの落ちた白い建物)、しっかり組んである。ぐるぐる回り舞台でドリフのようである。4部屋くらいあるのかな。2階にショーケースが2つあり、片方に聖杯が飾ってある。

前奏曲が終わると病院の待合室のようなところに傷ついた兵士たちが座ったまま眠っている。頭に包帯とか松葉づえとか色々。中に長髪の男性がいて何だかけいれんを起こして倒れたりたりしている(ダンサーさんで、1幕と3幕に大活躍するけどあたし的には結構気になる)。グルネマンツ登場、みんなを起す。小鉄さんは相変わらず素晴らしい。いつも綱をもっていてそこらへんをぱしぱしする。

演出的に今回は病院の中ということらしい。ということで聖杯の騎士は白衣のお医者さんだし、小姓は看護婦だったり兵士だったりするわけだが。でもナルホド的だね。時代設定的には第2次大戦中か終わってすぐ?みたいな感じ。(後注: 演出家によると「物語の始まりを、1914年に設定し、第2幕では第一次世界大戦後の復興期へ、終幕でナチによるいわゆる「権力獲得」へとつなげる展開にした。」とある。)

クンドリ登場。髪型のせいか終始「椿鬼奴」さんに見えてしまう(あたしだけ?)。この演出だとクンドリはとってもいい人のように感じる。

パルシファルが白鳥を殺してみんなに怒られる。CDで聴いてると「なんで白鳥くらいでこんなに血相変えて怒るねん」とか思うけど、そうだよねえ、怪我の治療中にそんなもん見たらヘコむがな。

クンドリー、何故かパルシファルの出生のことまでよくご存じ。クンドリはホントに奉仕がしたいらしく、色々かいがいしく働いている。病人の世話とか。白いエプロン姿でバケツ持って雑巾がけしているクンドリには萌えた。

例の聖杯の儀式。病人たちが蓄音器を前に歌っている。2階ではアムフォルタスが聖杯を前に苦悩している。おとうさんのティトレル王が「早く儀式をやれ」とせかすんだけど、アムフォルタスはすごく嫌がっている。だってお腹の傷が治らないんだもーん。血が流れっぱなしってどうなの。血は大事だ(貧血症の今、実感)。アムフォルタスの今のヘモグロビン値は4か5hbというところか。

聖杯の儀式をみてもやってる意味がさっぱりわからないパルシファル(そりゃそうさ、あたしだってわからないもん)、グルネマンツに追い出される。幕

拍手はするべきかどうか迷ったけど、会場で拍手は起こった。あたしはしなかったけど。トイレは男性用は外まで列が。女性用はすぐはいれた。

第2幕。ズボンをはいて歩くはだしの足の映像。そしてクリングゾルのお城・・・でも第1幕と同じセット。でも丸いライトがあちこち設置されてる。クリングゾル、クンドリを起こし、「やれ!やれ!」とせかす。

パルシファルが登場。花の乙女たちはコスチューム的には昔のドイツのポスター広告のレビューの人みたいである。頭には羽飾りをして。ワンピースが色々なデザインでとっても可愛い。ぶら下げられた赤い提灯も昔のドイツの居酒屋みたいで可愛い。

「コーム♪コーム♪」と歌いながらパルシファルを誘う踊りも二期会の女性たちは一生懸命練習したんだろうなと感じ。なんかこの振り付け覚えたいなあと思ったわ。そしてクンドリが「ぱーるしふぁ~~る」と歌いながら着飾ってタバコを片手に登場。スパンコールきらきらの上着に素敵なロングドレス。第1幕とは全然違うしっかりメイク。これから青年を誘うのよん。

何故か舞台の上からブランコが降りてくる。「おや、宙乗りでもするのかえ?スギちゃんやソメちゃんの二の舞はごめんだわ」と思ったが、別にただちょっと乗って漕いだだけ。何のために??

クンドリはパルシファルを誘惑してちゅう。結構くんずほぐれずで熱狂的なちゅうをしていると、はたと気がつくパルシファル。クンドリは熱演のあまり裾がまくれあがってせくしいなお姿。サービス。パルシファルは急に賢くなる。あらもったいないわ。親分のクリングゾルを呼ぶクンドリ。パルシファルに槍を投げようとするがそこでストップ。パルシファルは槍を受け取ってその場を去る。急激に幕。それにしても飯守さんの指揮は入神といえよう。テンポに疑問が生じるところは一つもない。まるでバイロイトにいるかのような気になってしまう。行ったことないけど。ブラヴォー。

第3幕。また、歩く足の映像だけど、今度はちゃんと靴をはいている。パルシファルの成長を表している・・・のかな。この映像は、全幕同じセットでちょっと閉鎖的になってしまう感じを緩和しているのかもしれない。

同じ建物ながら、第1幕とは時の流れを感じさせるよう、あちこち朽ちている。手すりとかボロボロである。グルネマンツ他、登場人物も年老いている。クンドリも長髪のカーリーが白髪になっている。クンドリ、部屋を片づけている。何だか普通に会社で使っているようなファイルが散らばっている。けいれんするダンサーまだ生きてる。ひくひく。

覆面をした、槍をもった人登場。もちろんパルシファル。グルネマンツはとっとと態度が変貌。クンドリが、いつのまにか舞台上に登場した泉で足を洗ってあげ、髪の毛で足をふきふき。クンドリは許され、泣けるようになる。

(ここらへんの素晴らしい「聖金曜日の奇跡」の音楽の間中、兵隊さんやらパレスチナゲリラ?みたいな戦時の映像をえんえんと流していた。飯守さんの指揮する音楽を純粋に楽しみたかった私はちょっと気が散った。ちょっと説明しすぎ。ワーグナーの音楽だけで十分だと思うが。)

さあ最後の聖杯儀式だ。

別室。タキシードにシルク帽をかむった紳士たちが歌っている。ティトゥレル王の棺をあけて「ああ!!」と叫ぶ紳士たち。アムフォルタスに「最後の務めを!」と迫る。まだ生きてたのかアムフォルタス。彼のヘモグロビン値はもうほとんどないだろう。もうやぶれかぶれで衣服を開けて傷を見せる。「おれをいっそ殺してくれ~~」と。そこでパルシファル登場・・・といつものパターン。

その間、パルシファルに許されたクンドリは(誘惑するときに)今まで着ていた、スパンコールの上着を庭にぶんなげてそのへんの薪をのっけて油をかけてライターで燃やそうとしたりする(ああ、何かわかるわあ)。
そして皆が歓喜に包まれて歌う後ろで、茶色いスーツケースを持って旅に出るクンドリ。次回、「女もつらいの クンドリ心の旅路」をお楽しみに!!

そして最後の最後、別室でちょっといじけていたクリングゾル(生きてたのか!)が、元気になったアムフォルタスと和解して幕。いやそこまでせんでもいいのに。

----

・夕方5時から始まり、終わったのは10時過ぎ。でも何故か全く眠くならず完璧に全部観た。音楽が素晴らしかったからだろうな、きっと。

・指揮は勿論素晴らしく、読響もめいっぱいがんばってた。アマオケの方々に飯守さんの練習の怖さを聞いていたので、プロ相手だったらもっと怖いんじゃないかな(?)。人に聴かせるならば、ハンパなものは聴かせられない、という意気込みが感じられる。どこまでも音楽に厳しい飯守さんのワーグナーをこれからもたくさん聴けますように!

・歌唱は勿論素晴らしかった。みんな。プッチーニとかでよく聴く福井さんだけど、パルシファルも素晴らしい。こんなマイルドな美声のパルシファルもいいな。そして小鉄さんのワーグナーは世界レベルだと思う。

・演出は良くも悪くも・・・説明しすぎ。でも目が飽きることがないので、うとうとせずにすんだ。
.

・・・という感じで、全体的にとても素晴らしい公演でした。生きててよかったって何故か思った。これから行かれる方、楽しまれますよう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日曜日)

最近テレビで放映された映画

全チャンネル録画機を買ってから、(普段あんまりみない)映画をよく観るので手短に感想を。季節的にホラー・スリラー・サスペンス系(というか何故か鬱映画)が多い。ゴールデンタイムのは、ありません。

・ヴィレッジ
伝説によって外部との交流を断っている村人たちの話。エイドリアン・ブロディが知恵遅れ?の青年を演じている。主人公の盲目の女の子カワイイ。ハッピーエンド・・・なのか?
映像的には美しい映画だが・・・うーん。

・ミスト
ネット等で「後味の悪い映画」という項目があれば「ダンサー・イン・ザ・ダーク」とともに必ず挙げられる映画。一度観て見たかった。後味的にはダンサーなんちゃらよりは全然マシ。でもあまり薦めない。

・セブン
タイトルバックがとってもかっこいい。ブラピが犯人を追っている途中で建物の何階かから落ちて左腕を骨折したのに、まだ演技しているのが凄い。ブラピは左ききだそうだが。映像かっこいいけど結末が鬱な映画。

・運命のボタン
これも観たかった映画。ボタンを押せば大金が手に入る、だがその代わりに誰かが殺される。でもなんだかなあ・・・。これも結末鬱。

・ブラジルから来た少年
ナチスの生き残りがヒトラーの細胞からヒトラーのクローンを作るという企てとそれを阻止しようとするユダヤ人の話。ローレンス・オリヴィエやグレゴリー・ペックというそうそうたるメンバーなのに日本では劇場未公開。ジュリー・ゴールドスミスの音楽が印象的。さすがに見ごたえがあったが、なんとなく鬱結末。

・ビッグママ・ハウス
スタンダードなアメリカ黒人系コメディ映画。気がめいる映画ばっかり見続けたので、これはなんかホッとする。こういうのがいいな。ホントに下らねえけど普通に笑えてハッピーエンド。

----

先先月の健康診断で、他は全部A(所見なし)なのに血色素量(ヘモグロビン)だけ足りないらしく(とはいっても10にちょっとたりないくらい)、「貧血」で再検査になってしもうた。相変わらず元気だし食生活には気をつけているので何か別の病気かもと思い、念のため昨年も行ったクリニックへ。

診てもらったところ何ともなかったので(とげぬき地蔵でかなりお祈りしたしなあ)、ホントにただ血が薄いだけらしい。何かできものでも出来ててまた手術・入院かも、仕事どうしよう、とマジでガクブルしてたのでホッとした。医者に「心配しすぎなのが一番よくないよ!」と爆笑された。明るい医者はいいわ、根暗の医者は気がめいる。

鉄剤を処方されて帰ってきた。家で牛レバーのニンニク炒めを作って食べた。おいしかった。明日は血液再検査だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木曜日)

キリンチャレンジカップ UAE戦 の 試合以外のこと。

試合のことは、正直ここに書くほどサッカー詳しくないので、国歌斉唱のことなど。

UAEの国歌歌った須藤慎吾さんは、6年前にサントリーホールで聴いたのだった。日本イタリア声楽コンコルソの第一位の人だったはずである。そのあと何年かして飯守さんのトリスタンの端役で出てたのを見た(ホントに一声しか歌わんかった)。

生で聴いたときは、素晴らしい声の持ち主であるという印象であった。

過去記事:サントリーホールへ。

UAEの国歌なんて何だかわからない言葉だったけど歌唱は素晴らしかった。はるばる来てくれたUAEの選手に失礼のないよう、まことに真摯な歌唱であった。UAEの選手の人たちもなんか嬉しそうにしてた。
ビデオに取ってあるので、そこだけ3回も聴いてしまった。

なのに。なんだろう日本の国歌を歌った人は。男が4人も出てきて何かハモったりするのかと思ったが、ユニゾンだった。あがってしまってハモる人も全部同じ音になっちゃったのかなあとも思ったが・・・まるで結婚式の新郎の友人代表みたいな風情。
最近サッカーとかで君が代歌う人はイマイチな気がする。今日だって両方の国歌とも須藤さんが歌うか、別のオペラ歌手が出てもよかったのにね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »